SCHOOL BLOG
スクールブログ

楽しく体の軸を鍛えよう!からだをうごかそう・体幹編レポート

授業レポート

『オンライン de キッズスクール』では、2022年5月19日、特別講座として「からだをうごかそう 体幹編」を開催しました!

普段の生活で“からだの軸=体幹”を意識することは少ないかもしれませんが、意識するのとしないのとでは、大違い!

最近の子どもたちは、生活の中で体幹を使うことが減っていて、その弊害が腰痛、肩こり、集中力低下などあらゆるところに生じていると言われています。

レッスンでは、からだを動かすことで、体幹と向き合い、楽しくトレーニングをすることができましたので、その様子をお伝えします!

体幹を使おう!

いまの子どもたちの生活は、からだの軸=体幹を使う機会が減っています。
長時間座っていることが多く、猫背になりやすい環境にあります。

猫背

人間の頭の重さは、体重の8〜10%を占めるそうで、意外と重いものです。

猫背で、その重い頭を無理な姿勢で支えてしまうと、からだの筋肉に負荷がかかります。すると、子どもでも肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

また座る姿勢が悪いと、勉強に対する「集中力」にも悪影響が及ぶとも言われています。

今回のレッスンでは、骨盤を正しい位置におき、体幹を程よく使いながら、姿勢を維持できる「からだ」を作っていきます。
こうすることで、脳を働かせて集中力を上げ、肩こりや腰痛の予防にも繋げていきます。

ですが、からだを動かすことを30分間楽しんで参加してもらうことが1番です!

当日は、小・中学生の兄弟姉妹・親子での参加も含めて総計27名もの方が参加して、みんなで体幹を鍛えました。

今回、レッスンを指導してくださったのはSATOMI(さとみ)先生。

さとみ先生

まずは、お水を一口飲んでから開始です!

気持ちよくからだを動かす

レッスンは、ノリの良い洋楽が流れる中で始まりました。

まずは、あぐらをかいて座り、右肩に右手を、左肩に左手を置いたまま、ひじで円を描くように回します。
このとき、できるだけ遠くに円を描くように回していくと、からだが伸びて、血の巡りがよくなっているのを感じることができます。

これだけで、カラダが温かくなっているのも感じられます。

肩回しの様子

次に、両手を体の目の前で組み、手の甲を前に押し出しながら、背中を丸めておへそを見ます。これも、腕が気持ちよく伸びるとともに、からだの軸である体幹を感じることができる動きです。

肩甲骨を伸ばします

ゆるめてから、今度は背中側で、手のひらを背中に向けるように両手を組み、肩を内側に入れて、手を下に向かって伸ばしていきます。

少しずつ指と肩が遠くになるように伸ばしていきます。
目線も少し上を見上げます。
肩甲骨のあたりを中心に、気持ち良さを感じることができるポーズです。

胸を開くポーズ

そして、先生の合図で開放してあげます。

こんな風にレッスンは進んでいきます。

ヨガをやったことがある方ならわかるかもしれませんが、無理をせずに、ゆっくりと動かしてあげることで、からだが喜んでいるのをすぐに感じることができます。

あっという間の30分間

先生は後半に“チャレンジポーズ”という、少し難しいポーズを用意してくれていました。

立ったまま、両手を腰に置き、右足に体重を乗せて、少し右足の膝を曲げてから、左足の足裏を、右の足首か右のふくらはぎか、いけそうな人は右の太ももにおきます。

太ももに置く場合は、左足の裏を右の太ももに押し合うとうまくバランスが取りやすくなります。
バランスが取れたところで、両手を上に上げます。
このポーズを30秒キープします!!

チャレンジポーズにもトライ!

下半身だけでなく、からだの軸がないとぐらぐらしてしまうポーズです。
左右を交替して、さらに30秒!

ポーズの最中は、
「上に引っ張られながら、お尻の穴は縮めていくような、そんなイメージで!」
「きついときはお休みしても大丈夫。また戻ればいい!」

と先生は声掛けされていました。

先生にカウントしてもらい、アドバイスをもらいながら、みんなで取り組んでみると、いつも以上に頑張れることを実感できるはずです。

チャレンジポーズでは、難しくてぐらぐらしてしまい、なかなかポーズを維持することができない子もいましたが、先生の声掛けに励まされ、何回もポージングに挑戦している姿が見られました。

また、チャレンジポーズでも、難なく綺麗な形を維持できている子もいました。すでに体幹がしっかりしているのだと思います。

最後は、からだをゆるめるような体勢や呼吸を深めながらクールダウンし、終了です。

お疲れ様でした!

参加者の感想

レッスンが終わってみんなが解散する直前、子どもたちからは「疲れた!」「苦しかった!」「まだできる!」「楽しかった!」という声が次々と聞こえていました。

そこからも、みんなとても頑張ったのが伝わってきました。

終わってから、改めて参加者の親御さんからいただいたアンケートでは、以下のような感想が届きました。

「途中体勢が崩れても“大丈夫大丈夫”って声をかけてくださり、諦めないでトライしていました。ありがとうございます!」

先生からの声掛けはとても励みになるようですね!

「猫背が気になる子どもと、一緒に身体を動かせて楽しかったです。」

親子で運動する機会がなかなか作れないという方も多いかもしれません。
おうちで、親子で参加できるこの企画は、気軽で良いですよね。

「親子共々身体を動かすことをしていないので、習慣化できればいいと思います。」
「次回もある様でしたら、親子で参加したいと思いました。」

このように、またの開催を期待する声も多くいただきました!

『オンライン de キッズスクール』では今後、継続レッスンにすることも検討しておりますので、その際はぜひご参加いただければと思います!

みんなでからだを動かして、体幹を鍛えましょう!

◇監修者プロフィール◇
SATOMI(さとみ)先生

全米ヨガアライアンスRYT200取得
ピラティス&ヨガスタジオ BRIGHT 講師
FTPベーシックマットピラティスインストラクター
ヨガレッスンの活動を通して「こころとからだ」の整え方や豊かな毎日を送るヒントを伝えている。
COCO&KARAを運営。

さとみ先生プロフィール写真

『オンライン de キッズスクール』では、今後の講座のスケジュール、および各講座へのお申し込みを以下のページから受け付けています。

開講案内・講座スケジュールはこちら

インスタグラムでは、#ママワークスキッズスクールで今までの参加者の方々からの投稿も見られますので、重ねてチェックしてみてください。

オンラインdeキッズスクール公式インスタグラムはこちら

一人でも多くのお子さんがこの講座で楽しく学んで、働くママの負担が軽減されますように!
https://mamaworks.jp/kidscourse/

この記事を書いた人
【ママワークス在宅ライター 高原温子】
保育士兼ライター。新卒で入社した会社で、営業・広報・コールセンターと勤務するも、幼児教育に興味を持ち、労力・時間を集中させるために退職。
その後、教育に関する知識と経験を増やすため、保育士資格を取得して、パートで保育士をしています。
今は小学生男子の母です!

CONTACT
お問い合わせはこちら

オンラインdeキッズスクールに関するご質問やご相談、講座の詳細につきましては、こちらからお願いします。

株式会社アイドマ・ホールディングスは、ママワーカーの働く機会創出に貢献する活動に取り組んでいます。ママワーカーにとって安心して働ける仕組みやサポートは欠かせません。サステイナビリティ活動・社会貢献活動(CSR活動)としてお子さまの教育サポートに取り組み「オンラインdeキッズスクール」を運営しています。