今すぐできる!ライターの構成の作り方とは? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

今すぐできる!ライターの構成の作り方とは?

公開日: 2018.03.15
最終更新日: 2021.09.29

今すぐできる!ライターの構成の作り方とは?
在宅ワークとして一番多い職種が「ライター」です。
小さなコラムやまとめ記事など、その募集は多岐に渡ります。
募集も多く、初心者でも始めやすい在宅ワークの1つです。
しかし、いざパソコンを前にすると、何を書いたら良いのか、どうゆう風に書いたら良いのか、どんな文章だとよく読まれるか、頭を悩ますことも多いですよね。
 
ライターをする上で、もちろん記事の内容も大事です。
そして、実は「書き方」も重要なポイントになってくることをご存知ですか?
書き方1つでも、読まれるか読まれないか決まってきます。
面白い内容でも書き方が悪いと、読み手に負担となり読んでもらえません。
ライターとして、読んでもらえる面白い記事づくりは、報酬アップにもつながります。
 
今回は、今すぐに出来る「読みやすい文章の作り方・書き方」をご紹介したいと思います。

Webライターのポートフォリオとは

ポートフォリオとは、自分の「作品集」のことです。
もともとはデザイナーやアニメーターなどと言ったクリエイターを中心に使用されている言葉でしたが、Webメディアと呼ばれるWebコンテンツやアプリなどが発展するにしたがい、WebライターやWebデザイナー、プログラマーなどにも使われるようになりました。
基本的には、“自分がどのようなものを作ってきたのか”を説明するために作ります。
なぜなら、自分がつくってきたデザインや記事をいくら言葉で説明しても、相手にはどういったものか伝わりにくいものだからです。
いっぽうで実際にその作品を見れば、その人がどのようなものを作ってきたのか、どのようなものを作ることができるのか一目瞭然です。
だからこそクリエイターやWebライターにはポートフォリオが必要と言われるのです。
とはいえ、ポートフォリオは単に作品を並べれば良いといったものではありません。
見る側が分かりやすいよう整理したり、魅力を感じるよう工夫しながら形を整えることが基本となります。

 

◆Webライターにとってポートフォリオが必要なときって?

すでに仕事を請け負っている相手に渡すものではなく、自分があらたな仕事を請け負いたいときに使用します。
具体的には以下のような場面で求められることが多いです。

 

・クラウドソーシングでの募集枠に応募するとき
・求職サイト、または企業の人材募集ページに掲載されている募集に応募するとき

 

応募方法に、「ポートフォリオの提出」などと書かれている場合は、必ず必要になります。
未経験者OKと書かれている案件の場合は、とくにポートフォリオの提出は求められませんが、出すことで採用される可能性があがりますし、単価を交渉できる可能性もあります。

 

◆ポートフォリオは仕事獲得のための重要なツールである

ではなぜ、ポートフォリオの提出が求められるのでしょうか。
それは、企業側は、Webメディアの路線にそった記事を書けるWebライターと契約したいからです。
仕事をお願いしたものの、専門知識が乏しくコンテンツとして不十分だったり、誤字脱字が多く修正が必要だったりといったことになれば企業側は困ったことになります。
もしその方が過去に有名なWebメディアで書いていた、またはその専門分野の仕事をしていたと履歴書に書かれていれば当然期待してしまいますが、実際にライティングをお願いしたら求めるレベルに達していなかったということでは業務に支障を来す場合もあります。
そこで、応募してきたWebライターがどのようなものが書けるかを見極めるために、その人が過去に書いたものを見るということを行うのです。
ということは逆に言うと、学歴や職歴、ライター歴の長さよりも、実際にどのようなものを書いてきたか、どのようなものが書けるかといったところで判断してもらえるということです。
したがって、ポートフォリオは、自分をPRできる重要なツールであるということが言えるのです。

 

もし、これまでWebライターに応募をしてきて、「なぜ自分は受からないのだろう」と悩んでいたのであれば、それはポートフォリオが原因である可能性があります。
同じ案件に応募してきた方はポートフォリオを提出していて、それが企業側に好印象に映り選ばれていたかもしれません。
とくに専門性が高いものや高単価が設定されている案件の場合、ポートフォリオが重要視されると言えるでしょう。

Webライターのポートフォリオに載せるべき項目

Webライターにとって、ポートフォリオは重要性だということはお分かりいただけたと思います。
では次に、具体的に何を載せれば良いのかについて解説していきます。

 

・自己紹介・・・名前、住所など一般的な事柄のほか、簡単に自分が何者かを説明

・経歴・・・学歴、職歴などを記載します

・対応可能な分野・・・Webライターとして書けるジャンルを列挙します。医療系、株式などの投資系、税金系、子育て系などおおまかな内容でOK

・対応可能な分量・・・1週間あたりの本数や文字数など。

・実績・・・Webライターとしてどのようなものを書いてきたかを列挙します

・サンプル記事・・・実績の中から、いくつか具体的な作品をサンプルとして掲載します

・希望単価・・・1文字あたり〇円と文字単価で書くのが一般的です。

・PR・・・長所などアピールできるポイントを書きます

・連絡先・・・連絡がとりやすい携帯番号やメールアドレスなどを記載します

 

これはあくまで一例ですが、それぞれの項目のポイントについて説明していきます。

 

≪自己紹介と経歴≫

ここは、単に名前や住所、学歴などを記載するだけでなく、自分がどのような人間で、どのようなことにこだわりをもっているかをPRする場所です。
たとえば、以下のようなことです。

 

「私は学校を卒業してから、5年ほど化粧品の販売員を勤めてまいりました。
そのとき、自社製品に限らずもっと多くの素晴らしい商品を紹介していきたいと強く感じ、これまで得た知識をもとに、コスメに関するWebメディアのライティングを書いてきました。
その後、化粧品だけでなく、身体の内側からきれいになるために必要な栄養素やそれを取り入れるためのレシピなどに興味を持ち、野菜ソムリエや薬膳コーディネーターの資格を取得しました。今後は化粧品だけでなく、美容にかかわる総合的な記事を書けるWebライターを目指しています。」

 

以上の文からは、ライターとしての経験を積んでいるだけでなく、進んで知見を広げていること、
化粧品だけでなく、今後美容にかんするさまざま分野での活躍が期待できそうなことが伝わってきます。
このように、自己紹介といっても、さりげなく人となりをアピールする文面を入れるのがおすすめです。

 

≪対応可能な分野≫
簡潔に分野を列挙していけば大丈夫ですが、美容と一言でいってもさまざまなジャンルに分かれるため、「ダイエット」「漢方」「エクササイズ」などより細かいところまで記載することがおすすめです。
なお、応募するものが美容にかんするライターの募集だとしても、ほかの記事も取り扱っている場合もあるので、たとえば株式投資など、一見関係のない分野でも専門的な知識があれば記載しておくと良いでしょう。
なお、ライティングのなかには取材が伴うものもあります。
その場合は、都内またはその近郊など、取材可能範囲も記載しておくことがおすすめです。

 

≪対応可能な分量≫
本業としてライターを行うのか、副業で行うのかは人によってさまざまですが、1週間でどれくらい書けるのか記載しておくことがおすすめです。
企業としては、そんなに何人ものライターと契約するのを避けたいところもあるので、週に10本以上こなせるような人に限定している場合もあるためです。

 

≪実績≫
これまで書いてきた実際の記事や掲載元を記載しておきます。
そのときに、その掲載元のWebメディアの内容も記載することがおすすめです。
応募する企業の担当者がそのメディアのことを知らない場合、その記事の善し悪しが伝わりにくいからです。
なお、基本的に記事を納品した場合はその企業のものになりますので、ポートフォリオとして掲載する場合は、その納品先の企業に了承を得る必要があります。
ちなみに、いくら自分が知っている知識だとしても、他の人が書いた記事を、自分が書いたと偽って掲載することは絶対に辞めてください。

 

≪サンプル記事≫

これは、実際に過去に掲載した記事ではなく、もし応募先で記事を書いた場合に、このようなものが書けるということをアピールする部分なので、仮に書く記事となります。
なお、このサンプルについては、実際に応募する企業にむけて書くことが望ましいです。
まったく関係のない分野でも、構成や文面などは参考になりますが、FXや暗合資産などのWebメディアならば同じくFXや暗号資産などに関する記事か、少なくとも株式などへの投資系の記事をサンプルとしたほうが、企業側が判断しやすいからです。
なかには、テストライティングを条件としている場合もあります。
それと同じよう、サンプル記事を作ることによりその分野にどれだけの知見があるか分かってもらうことが大切なのです。

 

≪希望単価≫
もともと単価が固定されている案件に応募する場合は特に書く必要はありません。
「スキルに応じて」と書かれている場合で、自分に希望単価がある場合は記入しましょう。

 

≪PR≫
自己紹介とは別にとくにPRしたい部分があればここでアピールします。
仕事への意気込みなどを書いてもOK

 

≪連絡先≫
連絡先やメールアドレスを記載します。
Web上に公開する場合は、申し込みフォームを作製するなどして、個人情報が漏れたり、迷惑メールが届くことを阻止することがおすすめです。

 

これらはあくまで一般的な項目です。ほかに、人間性を分かってもらうため、好きなこと、趣味などを記載しても良いと思います。

ポートフォリオの作り方【Webライター初心者でもOK】

◆ポートフォリオ用のWebサイトを開設しよう

 

ポートフォリオは、現在、Web上で公開することが一般的です。
以前は、紙やWordなどのファイルで用意することが多かったのですが、現在はインターネット上で見られるようにすることが当たり前になりつつあります。
たとえば、ある企業の募集に応募したいときは、ポートフォリオとなるホームページを作成し、該当のURLを担当者に知らせるといった方法です。
「え!わざわざ応募するためにホームページを作成するの?」と驚かれる方も多いと思いますが、現在はWordやPowerPointなどを使用して作るのと同じような感覚でホームページを作成できるサービスが増えています。
場合によってはものの数分で立派なホームページを作成できてしまうのです。
とはいえ、Webサイトを一から製作するとなると敷居が高いので、ポートフォリオ作成サービスやテンプレートが豊富なホームページ作成サービスを利用することがおすすめです。

 

以下、おすすめのサービスを5つご紹介いたします。

 

 

ポートフォリオとなるホームページは、上で紹介したサービスで比較的簡単にできますが、大事なのはその内容です。
見た企業の担当者が「この人に頼みたい」と思ってくれるような内容の濃いポートフォリオを目指しましょう。
ちなみに、ポートフォリオは、応募するときだけでなく、普段からPRのため公開しておくこともおすすめです。
ホームページを見た企業からスカウトされる可能性もあるからです。
そのためには、応募する企業にむけたポートフォリオを作成するのではなく、万人に見られることを想定したポートフォリオを作成することが重要となります。そのときには、SNSと連携し発信をしたり、お問い合わせができるように申し込みフォームを設置すると良いでしょう。

採用率を上げる!Webライターのポートフォリオ作りのコツ3つ

◆誤字脱字や表現の誤りがないように徹底する

Webライターという職業上、もっとも気をつかなければならないのが、誤字脱字や誤表現です。
Web上でメディアに掲載する記事ではなく、自分自身のポートフォリオだからといって、誤字脱字や誤った表現があれば、企業から信頼してもらうことはできません。
実際のライティングには校正者や編集者のチェックが入るものですが、ポートフォリオの場合は自分自身でチェックが必要です。
目視チェックや声に出して読んで見て間違いがないかチェックするとともに、人に読んでもらったり、構成ツールなどを利用するなどしてミスがない状態にしておきましょう。

 

◆人となりや経験をしっかり伝えよう

Webライターのポートフォリオでは、実績に重きを置く方が多いです。
確かに、どのような文章を書いてきたのかは、企業が知りたいポイントでもあります。
とはいえ、仕事をするうえで「この人は信頼できそうだな」と思ってもらうことも大事です。また、1つの企業で取り扱うメディアは1つとは限らず、さまざまなジャンルにまたがっていることもあり得ます。
したがって、自分がどういったことにこだわっているのか、どのような趣味をもっているのか、どのような経験を積んできたのかが伝わるものにすることをおすすめします。
「この人は、熱意があるし、この専門以外でも書けそうだな」と思ってもらえれば、採用の確立は格段にあがると言えるでしょう。

 

◆更新を忘れずに

ポートフォリオは定期的にチェックして、常に最新の状態にしておきましょう。
少なくとも企業の応募する際は、改めて見直し、新しい実績を入れるなどして更新しておきたいものです。
もし実績が1年以上前で止まっていたら、「あれ?最近は仕事をしていないのかな」などと思われてしまいます。
一方できちんと更新されていれば、「仕事を常に得ている、きちんとしたWebライターだな」といった好印象を与えることができるのです。

参考にしたい!先輩Webライターのポートフォリオ

今回は参考にしたい先輩Webライターのポートフォリオの中でも、全くタイプが異なる2つを抜粋してご紹介していきます。

◆てい えみさんのポートフォリオ

 

 

ていえみさんのポートフォリオである「ていちゃんねる」は、Wordpressで作成したものです。
ていえみさんのポリシーや作品感をそのまま表しているような雰囲気のデザインで、彼女らしさがよく出ていると言えます。
まるでブログのような柔らかい雰囲気ですが、トップの画像に、「お仕事実績&お仕事依頼ページ」と書かれているので、これがポートフォリオであることもすぐに分かります。
これは、先述したように、人となりが出ている良い例だと言えると思います。
ときおり自分の写真も掲載するこにより、このポートフォリオ自体が1つの記事となっているように見えます。また、彼女自身が楽しく仕事をしていることも感じられ好感が持てるのではないでしょうか。
基本的に箇条書きではなく、まるで記事やブログのような体裁をとりながら、重要なところは太文字にして、伝わりやすくしているところもポイントです。
なお、ていえみさん自身もポートフォリオ内で紹介しているように、基本的に記事は「20〜30代の働く女性」に向けたものを書いているそうです。
男性むけのガジェットや投資系のWebメディアからの仕事は狙っていないからこそ、こういったデザインや書き方にしており、きちんとターゲットを絞り込んでいると言えます。
アフィリエイトもやっているのか、記事内に広告も入っていますが、最小限にとどめられておりあまり気にならない範囲です。
また、「tei-chan.com」と、独自ドメインを取得しています。

 

◆丘村奈央子さんのポートフォリオ

 

 

丘村奈央子さんは、同じライターでも、企業のWebサイトに掲載する理念や事業案内、またはインタビュー記事などを中心に執筆している方です。
さきほどのていえみさんとはターゲットが異なるということもあり、ポートフォリオのデザインも全く違います。
まずは簡単な自己紹介の後に、「実績(ジャンルでの表記)」「具体例」「書籍」と続きますが、その次に「実際に取材を受けた方の感想」が掲載されているのがポイントです。
これにより、インタビュー記事を制作して欲しい側がどのような形でインタビューされるのか、その具体的な画面が想像できたり、丘村さんの人柄が分かるようになっていると思います。
これなら、初めてのことで迷っている方でも、「自分も相談してみようかな」と思わせることができそうなので、同じようにインタビュアー兼ライターを目指している人はぜひ真似したいやり方です。
なお、丘村さんのポートフォリオには画像はほとんどなく、文字中心のポートフォリオとなっています。
繰り返しになりますが、このようにターゲットに合ったポートフォリオを目指したいものです。
なお、ポートフォリオのほかにも、プロフィールの書き方や聞き方のコツなど、ライター向けのチップスを詰め込んだページもあるので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

 

ポートフォリオ作成時の注意点

ポートフォリオに掲載すべきことや、目指したい具体例を見ていただきましたが、今度は、「やってはいけないこと」、つまり作成の注意点をご紹介していきたいと思います。

 

◆企業との契約に違反していないか

ポートフォリオに実績を載せるのは必須事項と言えますが、これまで自分が作成した記事でも、自由に掲載して良いというわけではありません。
企業から依頼され書いた記事は、ほとんどのケースで、公開するかどうかの権限がクラインアントにあるからです。
そこで、以下のようなことを確認することをおすすめします。

 

・募集時にどのような案内となっているか
業務委託契約で記事の取り扱いをどのように規定しているか

 

「このような場合はどうなるのか?」「どのような載せ方までなら良いか」などが分からない場合は、企業の担当者に連絡をとり、確認をとることをおすすめします。
もし、契約に違反したり、実害を与えてしまった場合は、罰則が与えられたり、訴訟に発展する場合もあるのです。
将来にわたりフリーランスのWebライターとしてやっていきたい場合は、新たな企業から仕事を請負う際には、あらかじめ掲載の有無について確認しておくとスムーズです。

 

◆個人情報の流出や機密事項の漏洩となっていないか
ポートフォリオを作成するうえで、できるだけ内容を濃くしたいという思いから、具体的に書きすぎてしまうことがあります。
個人を特定してしまえる内容だったり、その企業と取引した人でないと知り得ない秘密情報を漏らしてしまうと、関係がまずくなったり訴訟問題に発展する恐れがあります。
そもそもそのWebライターに仕事を依頼しようとポートフォリオを見た企業からも信頼されなくなってしまうので逆効果です。
リテラシーをしっかり意識したうえで、ポートフォリオの作成にのぞんでくださいね。

日本語を使い分けて読みやすい文章を作ろう!

まず、読み手にとって読みやすい文章とはどんな文章だと思いますか?
 
例えば、
きょうはてんきがいいですね
今日は天気が良いですね
今日は天気がいいですね
今日は、天気が良いですね
今日は天気が、いいですね
 
この5つを比べてみると、同じ文章でも漢字の使い方や句読点の打ち方の違いで、読みやすさや印象が違ってきます。
どの文章が一番良いとか悪いとかではなく、単純に自分だったらどの文章が読みやすいか?という基準で
 
日本語は漢字・ひらがな・カタカナの3つを使って表現することができます。
そしてこの3つの使い方によって、文章の印象が違ってきます。
ライターとして活躍するためには、ただ文章を書くだけではいけません。
読みやすく、なめらかに頭に入ってくる文章を意識して書くことも大切です。

一文は短くして、読みやすさアップ!

例えば、
「私は在宅ワークでライターとして毎日5時間仕事をしていて、とてもやりがいのある仕事で気に入っています。」
という文章。
読んでいて、少し長いと感じませんか?
 
一文に情報がいくつも入っていて、スッと頭に入ってくる文章ではないですよね。
 
こういった文章を作った場合は、分解してみてください。
一文を短くし、読みやすさを意識して書き換えてみましょう。
 
 
例えば、
「私は在宅ワークでライターとして仕事をしています。毎日5時間、自宅で活動していて、とてもやりがいを感じています。とても気に入っている仕事です。」
このように3つに分けてみると、1文1文がスッキリしました。
一文が短くて、理解しやすく、分かりやすい文章になります。
読み手も理解しやすく、読まれる文章になります。
 

文章内にキーワードを含ませるメリットとは?

もしあなたが何か調べたいことがある場合、どのようにネットで調べますか?ほとんどの人が検索キーワード(ワード)を入力して、ピックアップされた記事を読むのではないでしょうか?

このような記事は、「SEOキーワードを意識したライティング」を前提として書かれています。つまり、SEOキーワードをタイトル・サブタイトル・文中にSEOキーワードが含まれているということになります。
これがSEO対策です。キーワードを文中に含むことで、書き手側も文章を書きやすく、読者にも明確に文章の内容を幅広い世代の読者にも伝えたいキーワードが伝えることができます。ライターとして文章を執筆する時は、このキーワードを意識することでまとまった文章に仕上げることができます。

テーマに関連性があるキーワードの出し方

では、キーワードを含ませた文章を書くには、先ほどのSEO対策の他にどんなポイントや方法があるのでしょう?

これは私自身の書き方なのですが、まずはそのキーワードをネット検索します。書きたいと思う記事や類似記事がたくさん出てきますが、この時に記事を選択する時に意識しているポイントは「自分が知り得たい内容が記載されているか?」です。「自分が知りたいことを読者にも伝いたい」という思いがあるため、これらを意識して文章を書きます。
その他にも、ニュース記事を読んだり、テレビを視聴することも有効的です。

また、この方法はまだ行ったことがありませんが、抽出ツールを活用して文章を構成しているという人もいらっしゃるようです。

いろいろと書きましたが、「だらだら書きはしない」ことを1番に注意しています。伝えたい要件をわかりやすく簡潔にまとめることが、最も重要なことです。

最後に

読まれる文章づくりはライターをしている人にとって、とても大事なことです。
はじめにも言いましたが、スキルアップは仕事の単価アップにも繋がります。
在宅ワークをしている人にとって、とてもありがたいことですよね。
文章作りは、ただ書くだけではなく、「内容」と「書き方」の2つの要素が重要です。
この2つのポイントを気をつけて、読みやすく面白い記事を執筆してみてください。