めざせ人気ライター~読みやすい文章の作り方~ | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

めざせ人気ライター~読みやすい文章の作り方~

2018.03.15
Pocket

在宅ワークとして一番多い職種が「ライター」です。
小さなコラムやまとめ記事など、その募集は多岐に渡ります。
募集も多く、初心者でも始めやすい在宅ワークの1つです。
しかし、いざパソコンを前にすると、何を書いたら良いのか、どうゆう風に書いたら良いのか、どんな文章だとよく読まれるか、頭を悩ますことも多いですよね。
 
ライターをする上で、もちろん記事の内容も大事です。
そして、実は「書き方」も重要なポイントになってくることをご存知ですか?
書き方1つでも、読まれるか読まれないか決まってきます。
面白い内容でも書き方が悪いと、読み手に負担となり読んでもらえません。
ライターとして、読んでもらえる面白い記事づくりは、報酬アップにもつながります。
 
今回は、今すぐに出来る「読みやすい文章の作り方・書き方」をご紹介したいと思います。

日本語を使い分けて読みやすい文章を作ろう!

まず、読み手にとって読みやすい文章とはどんな文章だと思いますか?
 
例えば、
きょうはてんきがいいですね
今日は天気が良いですね
今日は天気がいいですね
今日は、天気が良いですね
今日は天気が、いいですね
 
この5つを比べてみると、同じ文章でも漢字の使い方や句読点の打ち方の違いで、読みやすさや印象が違ってきます。
どの文章が一番良いとか悪いとかではなく、単純に自分だったらどの文章が読みやすいか?という基準で
 
日本語は漢字・ひらがな・カタカナの3つを使って表現することができます。
そしてこの3つの使い方によって、文章の印象が違ってきます。
ライターとして活躍するためには、ただ文章を書くだけではいけません。
読みやすく、なめらかに頭に入ってくる文章を意識して書くことも大切です。

一文は短くして、読みやすさアップ!

例えば、
「私は在宅ワークでライターとして毎日5時間仕事をしていて、とてもやりがいのある仕事で気に入っています。」
という文章。
読んでいて、少し長いと感じませんか?
 
一文に情報がいくつも入っていて、スッと頭に入ってくる文章ではないですよね。
 
こういった文章を作った場合は、分解してみてください。
一文を短くし、読みやすさを意識して書き換えてみましょう。
 
 
例えば、
「私は在宅ワークでライターとして仕事をしています。毎日5時間、自宅で活動していて、とてもやりがいを感じています。とても気に入っている仕事です。」
このように3つに分けてみると、1文1文がスッキリしました。
一文が短くて、理解しやすく、分かりやすい文章になります。
読み手も理解しやすく、読まれる文章になります。
 

最後に

読まれる文章づくりはライターをしている人にとって、とても大事なことです。
はじめにも言いましたが、スキルアップは仕事の単価アップにも繋がります。
在宅ワークをしている人にとって、とてもありがたいことですよね。
文章作りは、ただ書くだけではなく、「内容」と「書き方」の2つの要素が重要です。
この2つのポイントを気をつけて、読みやすく面白い記事を執筆してみてください。
 
Pocket

pagetop