ライティング・翻訳 の在宅ワーク求人一覧

求人件数199




















ライティング・翻訳についての情報

  • Q翻訳の仕事内容

    A

    翻訳の仕事はおもに4つのタイプに分かれています。
    それぞれ見ていきましょう。

    ◆実務翻訳(産業翻訳)
    実務翻訳は産業翻訳とも言われており、ビジネス全般で使用される文書を翻訳する仕事です。
    契約書やマニュアル、医療文献、法律、規約など、ビジネスで用いられるありとあらゆる文章を対象とします。
    ポイントは、英語や中国語などの外国語だけでなく、各分野における専門知識が必要とされることです。
    医療系の翻訳では、病気や薬などにまつわる知識が必要ですし、金融なら投資や景気に関する知識も必要です。たとえば車の特許申請を行うのであれば、車に関する技術的な知識はもちろん、特許に関する知識も必要となります。

    ◆出版翻訳
    出版翻訳とは、おもに海外の書籍を日本語に翻訳する仕事です。
    小説などのフィクションや自己啓発本のようなノンフィクション、絵本や児童書といったものを訳しますが、基本的に1冊すべて1人で担当します。
    外国語の知識のほか、その本のテーマや主張を読み取り、それを読者にわかりやすい日本語の文章で表すため、日本語での表現力が必要となります。

    ◆映像翻訳
    映像翻訳とは海外の映画などの字幕や吹き替えを作る仕事です。
    字幕翻訳には、映像の視聴者がその文字を見て内容をぱっと理解できるよう、簡潔で適切な表現に翻訳することが必要です。

    ◆Webサイト翻訳・アプリケーション翻訳
    最近多いのがWebサイトの文章を翻訳する仕事です。
    海外のサイトを翻訳するほか、日本の会社の商品説明文を海外向けに翻訳するといった作業もあります。
    また、ゲームアプリを海外でも利用できるよう外国語に翻訳するといったことも。
    仕事の幅は広いですが、在宅ワークで受けられる仕事が多いのも特徴です。

  • Q在宅ワークでの翻訳のメリット・デメリット

    A

    ◆メリット◆
    1:家にいながらお金が稼げること
    在宅ワークで翻訳をすることの最大のメリットは、なんといっても出社することなくお金が稼げることです。

    十分スキルがあるにもかかわらず子育てや介護といった理由で通勤ができない場合にも、在宅ワークであれば家にいながら仕事で収入を得ることが可能です。

    現在サラリーマンで給料をもらっている方でも、帰宅後に副業として翻訳の在宅ワークを行えば、その分収入は増えることになります。
    本業ではなかなか収入が上がらない場合も、帰宅後の時間や休日を利用してお小遣い稼ぎができるとすれば、経済的な余裕が生まれるほか、翻訳の仕事が本業に役立ったり、気分的にリフレッシュできたりといったメリットがあります。

    2:自分のペースで仕事ができること
    在宅ワークでの翻訳業務は、正社員と違って仕事量を選べるものが多いです。
    なかには1日フルで働くという契約スタイルもありますが、ほとんどの場合が案件単価制のため、1週間あたり10時間くらいの作業量分だけ受けるといったやり方や、本業が忙しい時期はしばらく受けないということも可能なのです。

    3:気軽に仕事が始められる
    翻訳の仕事に憧れはあるけれど本当にできるか自信がないという場合、在宅ワークなら気軽にチャレンジしやすいというメリットもあります。
    翻訳に関する勉強を特に行ってきたわけではないが、留学経験はあるという方などが、在宅翻訳のアルバイトを始めることも。
    専門知識があまり必要とされないものであれば、未経験でも仕事を見つけることは可能です。

    ◆デメリット
    ・収入が安定していない

    完全在宅ワークで翻訳を行いたい場合、業務委託で仕事を受けることがほとんどになります。
    給与制ではないため、やればやっただけ稼げるというメリットがある反面、なかなか仕事が受注できず収入が減る月も出てきてしまいます。
    スキルを上げる、業務委託を多く紹介する求人サイトやクラウドソーシングサイトを活用するなど、工夫して安定的な受注を目指しましょう。

  • Qライターの仕事の種類

    A

    一般的にライター、または記者と呼ばれる人たちには以下のような種類があります。
    ただし、きちんとした定義があるわけではないので、求人情報に掲載されている一部の企業のみが使っているような職種名も入れています。

    ・新聞記者(ジャーナリスト)
    ・報道記者(プレス)
    ・ルポライター
    ・コピーライター
    ・トラベルライター
    ・グルメ(フード)ライター
    ・Webライター
    ・メディカルライター
    ・コスメライター
    ・SEOライター
    ・求人広告ライター

    SEOライターやコスメライターも、Webサイト上の記事を書くという点においてはWebライターに入るため、これらのライターがひとつひとつ独立した種類というわけではありません。
    また、グルメ記事もコスメ記事も記事全般を書くというオールラウンドなライターもいます。

  • Qライターに必要な能力

    A

    ライターにはどのような能力が必要なのでしょうか。
    主に以下のようなことが挙げられます。

    ◆文章力
    ライターは「文章を書くこと」が仕事なので、何にも増して文章力が必要です。
    どのような内容を書くにしても、基本的には読む人にとって分かりやすい文章を書くことが重要ですし、読んでいて面白いと感じてもらえるよう、人を惹きつける文章を書くことも求められます。
    もちろん、これらは正しい日本語で書くということが大前提となります。

    ◆構成力
    文章には「起承転結」が大事だと言われます。
    特に小説などのストーリー展開に、起承転結は欠かせません。
    また、解説記事やコラムが、読者にとって分かりやすい記事、心に残る記事になるかは、話をどのように進めていくかという構成が大きく影響します。
    小説の起承転結にしろ、話の運びにしろ、記事全体の構成を考える力は、文章力と同じくらい重要です。
    構成力はすぐに身につくものではなく、良質な記事を読むことで少しずつ体得することができます。

    ◆企画力
    どんなに構成を組み立てるのが上手でも、そして文章が巧みでも、題材とするテーマが良くなくては人を惹きつけることはできません。
    雑誌やWebメディアの記事などでは企画を決める人が別にいて、ライターは与えられた企画やテーマに対して書くことが一般的ですが、新聞記者やコラムニスト、また企業の方針によってはそれ以外のライターも、大枠のなかで自由に書くことができます。
    その場合は当然、ライター自身の企画力が求められます。

    ◆ネタ集め
    ライターは良いネタを集めてくる力も不可欠です。
    良いネタでなければ、人が面白いと思ってくれるような記事にならないからです。
    多くの人に読んでもらいたい場合には、大勢が興味を持ってくれるようなネタを集める必要がありますし、まだあまり知られていない新鮮なネタを集めることも重要です。
    また、新しくないネタだとしても、新しい切り口から書くというスキルも必要といえるでしょう。
    ネタ集めという工程は、ちょうどダイヤモンドの原石を見つけるのと同じです。その原石を磨いて記事へと昇華していくわけですが、良い記事になるかどうか、原石を見極めるスキル自体が必要となります。

    ◆好奇心とアンテナ
    ライターの原動力は好奇心です。
    好奇心が旺盛であるからこそ、人々に読んでもらえるような記事が書けるのです。
    ライターにもいろいろありますが、とくに、さまざまな記事を請け負うオールラウンダータイプの場合は、美容系の記事を書いたと思えば、翌日には不動産管理の記事を書くことになる場合があります。
    美容系と不動産系はまったく違う分野で共通点はありません。したがって、それぞれの分野に対して下調べを行い、知識を得ていくことが必要です。
    好奇心が旺盛で「知りたい!」と感じるような方であれば苦になりませんが、文章を書くこと自体は好きでも、ものごとにあまり興味がない方だと苦痛な作業となることでしょう。
    好奇心旺盛でアンテナを常に張り巡らせ、いろんな情報をキャッチする力のある方がライターに向いているといえます。

    ◆チャレンジ精神
    ライターには、ハードルの高い案件がくることもあります。
    専門的な知識が必要であるとか、納期までにあまり時間がないが大量に書かなければならないなど、本当に自分にこなせるのか不安になるような難易度の高い依頼です。
    不安でも飛び込んでみる、何事にも食らいつくといったようなチャレンジ精神が必要になります。

NEW JOB OFFER

7月25日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!