データ入力・タイピング の在宅ワーク求人一覧

求人件数197





















データ入力についての情報

  • Qデータ入力の仕事内容

    A

    データ入力の仕事とは、紙などに手書きで書かれた文字や、ファイルやインターネット上の文字・数字をフォーマットに従って入力するというものです。
    ただし、単純に入力するだけでなく、インターネット上で“調べる”という行為が必要なケースもあり、その種類はさまざまです。
    例としては以下のようなものがあります。

    ・スキャンされたアンケートの名前や属性、回答内容を入力する
    ・レシートの画像を見ながら、品目、金額、購入場所などを入力する
    ・PDFで作られた資料をWordなどの別のファイルに入力する
    ・特定の分野の企業を検索し、企業名、住所、電話番号、メールアドレスを入力する
    ・ECサイトやオークションに商品情報を登録する

  • Qデータ入力に必要なスキル

    A

    データ入力には、高度で専門的な知識が求められることはありません。基本的なパソコンスキルさえあれば、仕事を受けることが可能です。
    おもに以下のようなパソコンスキルがあるとよいでしょう。

    ・ブラインドタッチ
    ブラインドタッチとは、キーボードを見ずに文字を打ち込むことですが、これができるとできないのとでは、仕事のスピードがまったく変わってきてしまいます。
    文字を打ち込むのに、手元の資料を見て暗記し、それからキーボードを見ながら打ち込んでいく場合と、手元の資料を見ながらそのまま打ち込むのとでは、後者のほうが圧倒的に時間を短縮できます。
    ブラインドタッチはまだできていない、苦手だという方はタイピング練習することをおすすめします。

    ・ExcelやWordの基本操作
    データ入力には、ExcelやWordを使用することが多いです。
    Excelの場合、あらかじめフォーマットが作られている場合がほとんどですが、入力や削除、保存などはもちろん、文字の大きさを変更したり、枠線を引いたり、確認のために印刷をしたりといった作業もできるとよいでしょう。

    ・コピー&ペースト
    効率的に入力するにはコピー&ペーストの操作が欠かせません。
    特にインターネット上で特定の情報を調べてリストアップするといった作業の場合、企業名や商品名などの固有名詞、また、住所・メールアドレスなどといったものは、一般的な文章と比較してミスが生じやすく、入力の速度アップや打ち間違いを防ぐ意味でもコピー&ペーストは欠かせません。
    その際に、 “形式を指定してペースト”など、ペースト方法を選択できると便利です。

    ・検索スキル
    インターネットから情報を検索してリスト作成するといった仕事の場合、検索スキルで仕事の出来が左右されます。
    たとえば、ハウスメーカーをリストアップするといった仕事の場合、「ハウスメーカー」だけで検索するのと、「ハウスメーカー」「建築会社」「工務店」などと複数のキーワードで検索するのでは表示件数が変わってきますし、ホテルや旅館のリストアップの場合は、一つ一つ個別で探す前に比較サイトなどを利用すると手間が省くことができます。
    データ入力の中でもリストアップ系の場合には、入力のスピード以上に検索スキルが重要になるといえます。

    データ入力に必要なスキルは以上になります。ただし、場合によっては以下のように少々高度なスキルも必要になってくることがあります。

    ・Excelにおける関数の知識・・・SUMやVLOOKUP、COUNTIFなどの関数。集計や重複データのチェックを行う作業で必要になります。
    ・外国語・・・海外のECサイトを見ながら商品のリストアップをする、または海外のECサイトに出品するためのデータを作るといった場合、外国語にある程度通じている必要があります。

NEW JOB OFFER

10月21日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!