編集・制作 の在宅ワーク求人一覧

求人件数431





















編集・制作についての情報

  • Q在宅ワークの編集で求められるスキル

    A

    動画編集における在宅ワークは、基本的に編集スキルさえあれば受注可能です。
    動画編集の実務経験がある方と書かれているものもありますが、とくに条件に挙げられていない場合も多く、未経験者でも始めることができます。
    ただし、企業が求める業務がこなせること、そして一定以上のクオリティがあることが前提です。
    一般的に以下のような編集スキルが必要です。

    ・カット編集
    ・テロップ挿入
    ・BGMや・SE(サウンドエフェクト)の挿入

    これらは最低限求められる技術のため、テロップは入れられるがカット作業はできないという状態では厳しいです。また、案件によってはイラストや背景の挿入なども求められる場合があります。
    文字にすると簡単ですが、実際に視聴する人が見て分かりやすい、面白い動画にすることが求められるため、ただ技術的に編集ができるというだけでは仕事を継続して受注することは難しくなります。
    また、スピードも重視される傾向にあり、1日あたり〇本などと具体的に書かれている場合もあります。
    つまり、未経験だとしてもある程度の数をこなして、企業の求めるクオリティを保ちつつ指定する納品日までに提出できるようなスピード感を備えておく必要があるのです。

  • Q在宅ワークの編集に必要なソフト

    A

    完全に在宅ワークで動画編集の仕事をしたいという場合は業務委託契約が基本となるため、自分で編集ソフトを揃える必要があります。
    ただし動画ソフトの中には高額なものも多いので、最終的には予算と自分の目的に応じて使い分けましょう。
    特におすすめのソフトには以下のようなものがあります。

    ・AdobePremierePro
    クリエイターには定評のあるAdobeの動画編集用ソフトであり、映像業界ではスタンダードな存在です。
    高額であり、初心者には少しハードルが高いこととスペックの高いPCが必要であることがデメリットですが、その分高度な編集が可能になります。動画編集の仕事でも将来高額な案件を受注できるようになりたい方はチャレンジをおすすめします。

    ・PowerDirector
    使いやすさに定評のある人気のソフトです。
    画面構成が分かりやすく、初心者向けであるうえ、月額517円~と価格もリーズナブルです。エフェクト、トランジション、テンプレートも揃っているので、初心者でもプロ並みの映像を作ることができます。
    Windows版、Mac版と両方あるのもポイントです。

  • Q在宅ワークの編集に必要なパソコンスペック

    A

    動画編集を行う際は、インターネットサーフィンや動画の視聴よりずっと大きな負荷がかかるため、スペックの低いパソコンではスムーズに作業が進まない恐れがあります。
    たとえば、編集したデータのプレビューを見るのに時間がかかるといった具合です。
    ある程度のスペック以上でないとストレスを感じることとなるでしょうし、スピードが重要視される動画編集の仕事においては、そこがネックになる恐れもあるのです。
    もちろん、取り扱うソフトウェアや動画の重さによって必要なスペックは変わってきますが、参考までに、一般的に動画編集に必要とされているスペックについて説明します。

    ・CPU・・・Corei5、またはRyzen5以上。※Corei7以上あると良い
    ・メモリ・・・8GB以上 ※長時間動画やフルHD動画を編集する方は16GBが望ましい
    ・グラフィックカード(グラフィックス・ビデオカード)・・・ フルHDを編集するのであればNVIDIAのGeForceGTX1660SUPER、4Kを編集するのであれば、同じくNVIDIAのGeForceRTX3070など、グラフィックカードがあるほうがおすすめです。もちろん、例に挙げた最新版(2021年3月現在)でなくても問題ありませんが、ノイズ除去やさまざまなエフェクト処理をするのであれば、オンボードだけで対応しようとすると処理に時間がかかり、作業効率に影響が出る恐れがあります。

    ・ストレージ:ストレージに動画をたくさん保存する場合はその分の容量を確保する必要がありますが、とくに大量の動画を保管しておく必要がないのであれば、一般的に販売されているパソコンのHDD、またはSSDで十分であり、とくにこだわる必要はありません。
    ※編集ソフトがインストールできる、またはパソコンが処理するための最低限の空き容量は必要です。

  • Q在宅ワークの制作について

    A

    ●WEBサイト制作は最も需要の高い在宅ワーク
    厚生労働省の『在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン』「在宅就業調査」(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株))によると、在宅ワーカーへ依頼する可能性がある仕事の中で、WEBサイト制作が1位となっています。

    WEBサイトは現在、政府や企業、個人経営のサービス・店舗といったさまざまなユーザーにとって欠かせないものとなっています。それに伴い、WEBサイト制作会社の仕事量が増え、自社で全てを受け持つことが難しくなった仕事を外部に依頼するという流れにより、在宅ワークの制作ジャンルの案件量が潤っているという状況です。

    WEBサイトがあれば、企業や店舗などに訪問予定のユーザーが詳細情報を事前に仕入れることができるうえ、今では「WEBサイトを持っている=きちんとした企業・店舗」という見方をされる時代に突入しています。今後もWEBサイト制作の仕事は安定して受注が見込めると考えてよいでしょう。

    ●在宅ワークのWebサイト制作とは
    在宅ワークのWebサイト制作の仕事は、1件あたりの単価が高いことが特徴です。1案件だけで、契約にもよりますが10万円~20万円前後の収入を得ることができます。また、上級スキルを持っているワーカーの場合は、基本スキルに上乗せするような形でクライアントからより良い条件を提示してもらえる可能性があります。

    さらに契約金額を増やしたい場合は、制作業務だけでなくサイト運営などの知識も身に付けるとよいでしょう。

    ●在宅ワークのWebサイト制作に必要なスキル
    Webサイト制作には、サイトページのデザインやプログラミングのスキルが求められます。ただし、これは最低限必要なスキルであり、その土台にはコミュニケーション能力が必要不可欠です。クライアントの意見をうまく取り入れながら、デザインと機能性どちらも満足してもらえるようなWebサイトを作ることが、在宅ワークとして仕事する場合のゴールとなります。

    特に、Webサイトのデザインは訪問するユーザーに大きなインパクトを与えるため、こだわりたいと考えているクライアントが多いのが実情です。クライアントの希望を形にするためには、「グラフィックソフトを使いこなせるか」「使いやすさを追求しながらプログラミングできるか」が問われます。

    制作の過程でクライアントが変更を申し出てくるといったことも十分に起こり得るため、どのような場面にも柔軟に対応できるワーカーこそ、これからの時代は重宝されると思っていいでしょう。

    ●在宅ワークのWebサイト制作の収入
    在宅ワークのWebサイト制作の仕事は、1案件あたり10万円~20万円と高単価。出社勤務のある正社員を含めた全てのWebデザイナーの平均月収は25万円~33万円。一方で在宅ワーカーに絞った月収は、厚生労働省の統計データから読み取ると、35%が月収20万円以上となっていました。Webサイト制作は、在宅ワーカーとしても十分に高収入が狙える職種だといえます。

NEW JOB OFFER

9月21日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!