クリエイティブ の在宅ワーク求人一覧

求人件数472




















クリエイティブについての情報

  • Qクリエイティブ職の種類

    A

    クリエイティブ職には以下のような種類があります。

    1:グラフィックデザイナー
    広告やポスター、商品のパッケージなどのデザインを手掛けるのがグラフィックデザイナーです。
    デザインのセンスはもちろん、グラフィック系のソフトの習得が必須となります。
    広告代理店やデザイン会社、一般企業の宣伝部などで働くのが一般的ですが、前者の場合はクライアントの担当者とデザインについて打ち合わせをしたり、イラストレーターなどへの指示を行ったりといった業務もあるため、コミュニケーション能力も必要です。

    2:CGデザイナー
    映画やアニメなどのエンターテイメント業界、またはチラシやポスターを制作する広告業界、治療や手術などに使用する医療業界など、活躍する幅が広いのがCGデザイナーです。CGソフトを使いこなすのはもちろんのこと、基礎となるデッサン力を磨く必要があります。
    場合によっては世界中で活躍できる仕事のため憧れる人も多いでしょう。
    納期があるので、自己管理能力も必要になります。

    3:VFXクリエイター
    映像制作の現場において、現実と仮想の映像を合成し、まるで実在しているような映像を作るのがVFXクリエイターです。
    3dsMAX、Maya、AfterEffects、Photoshopなどの映像ソフトを使いこなせることが必須条件であると同時に、臨場感を生み出すためにはどうすればいいのか、その表現力も求められます。
    当然イメージする力が必要であるうえ、クライントの依頼・要望をうまくくみ取れるコミュニケーション能力も欠かせません。
    VRやプロジェクションマッピングにも使用されるため、今後期待される職業と言えるでしょう。

    4:VRクリエイター
    自分がその場にいるような臨場体験をさせてくれるのがVRです。
    そのVRを作るのがVRクリエイターと呼ばれる職業です。
    エンターテイメントの世界だけでなく、教育や医療の現場でも大きな期待が寄せられている注目の分野であり、世の中の役に立てる仕事です。
    まだまだ未発達の分野であるため、どういったVRが今後必要とされるのかを見据えて専門性をつけていけば、市場価値の高いクリエイターになることができるでしょう。

    5:Webデザイナー
    Webサイトのデザインを行うのがWebデザイナーの仕事です。
    人によって、どんなWebサイトを手掛けるのか、どこまで担当するのかに大きく違いがあります。ワイヤーフレームの作成、UXデザイン、コーディングまでを行う、またはコーディングはコーダーに任せてそれ以外の部分だけを担当する場合などがあります。
    Webサイトの需要は多い一方で、IT技術の発達により、より高度なWebデザインが求められています。技術革新が激しい分野なので、一度習得しただけでなく、その後もスキルを高めていきたいという方におすすめです。

    6:ゲームクリエイター
    現在ゲーム人口が広がりを見せています。
    スマホでゲームが行えるようになり、小さい子どもからシニアまで手軽にゲームを楽しめるようになりました。
    ゲームクリエイターは、スマホ上で動くゲームアプリや、昔からあるコンシューマーゲームでゲームを開発する仕事です。
    企画をする担当、実際にプログラミングを行う担当、それらをディレクションする担当とさまざまな立場・役割がありますが、1つのゲームをチームで作り上げていく、やりがいのある仕事といえます。

NEW JOB OFFER

7月25日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!