営業・マーケティング の在宅ワーク求人一覧

求人件数390





















営業・マーケティングについての情報

  • Q在宅営業の導入が進んでいる

    A

    インターネットの発達や政府の掲げる働き方改革により、在宅ワークという働き方が広まっています。 社員が望むワークライフバランスを叶えてあげることによって、満足度があがるだけでなく、企業側にもメリットがあるため率先して導入している会社も多いです。 もともと営業は在宅ワークに不向きだと言われていましたが、在宅業務を後押しするIT技術やツールの発展により、営業職でも在宅ワークの導入が進みつつあります。

  • Q在宅営業が導入されている背景

    A

    在宅営業の導入には以下のようなメリットがあります。

    ◆生産性が向上する
    社内にいると、ほかの社員に話しかけられたり電話対応に追われたりして、集中ができないといった声があります。
    せっかく集中しているのに話しかけられてしまうと、思考が中断され、効率が悪くなってしまいます。
    在宅ワークの場合には、ほかの社員と離れた場所にいるため、気軽に話しかけられることはなくなります。集中して仕事が行えることにより、生産性が向上する傾向があります。

    ◆時間に無駄が出ない
    営業の仕事においては、取引先や新規営業先に訪問することが多いですが、一度会社に出勤してからまた出かけるとなると、その分移動に時間がとられてしまいます。
    一方で在宅ワークの導入により出社する必要がなくなった場合には、自宅から客先に直接行けるので余計な時間がかからなくなります。
    その分、ほかの業務に従事することができ、残業時間が減ったり、新規の顧客開拓が可能になったりといったメリットがあります。

    ◆人材確保がしやすい
    人材の確保は企業にとって重要な課題です。
    特に、優秀な人材となれば、なおさら獲得が難しくなります。
    在宅ワークを導入すれば、獲得できる人材の幅が広がります。
    応募する側にとって、通勤に1時間以上かかるような会社でも、在宅ワークとしての募集であれば関係ないからです。場合によっては遠く離れた地方在住者でも働くことができます。
    そもそも、在宅ワークを導入している企業しか選ばないという方もいるため、そういった潜在的な労働者の確保が期待できます。
    また、せっかく自社で実績を積んできた社員が、子育てとの両立が難しいという理由で退職してしまうことを防ぐこともできます。
    結果、企業は優秀な人材を確保しやすくなるというわけです。

    ◆コスト削減につながる
    在宅ワークの導入により、定期代などの通勤費負担がなくなるため、大幅なコスト削減につながります。
    出社する人間を限定すれば事務所も小さくて済みますし、光熱費も節約することができます。
    従業員の時間の無駄がなくなり残業が減れば、残業代の減少も実現できます。

  • QWebマーケティングは在宅ワークがしやすい

    A

    Webマーケティングという仕事は、インターネットを使って業務を行うことがほとんどであり、会社に行かなくてもパソコンさえあれば在宅ワークができるという特徴があります。またどの企業も、利益をあげるためのツールとしてWebサイトを重要視しているため、需要が高く、在宅ワークでの業務委託案件を見つけやすいのも特徴です。

  • Q在宅ワークのWebマーケティングとは

    A

    Webマーケティングとは、IT技術を活用して、ものやサービスが売れる・選ばれる仕組みをつくることです。
    売上げをあげるために、商品企画を行ったり、折り込みチラシやイベントなどのプロモーションを決定・実施したりすることをマーケティングと言いますが、WebマーケティングではSNSやバナー広告、Webサイトなど、インターネット上の技術やツールを駆使してこれらのことを行います。

    在宅ワークにおけるWebマーケティングでは特に、Webサイトへの流入方法や数などを調査し、改善や広告の実施などの企画・提案を行います。
    インターネット上の施策は業種やターゲット層により変えていく必要があり、簡単に正解がわかるものではありませんし、めまぐるしく発展するIT技術への対応も必要です。
    企業に所属せず業務委託で在宅ワークを行う場合は、自己研鑽が欠かせないといえるでしょう。

  • Q在宅ワークのWebマーケティングの仕事内容

    A

    在宅ワークにおけるWebマーケティングの主な仕事内容には以下のようなことが挙げられます。

    ◆新規顧客獲得や既存顧客のLTV向上を目指し、インターネット上での宣伝活動を企画します。また、それにかかる費用を計算して社内に報告したり、クライアントにプレゼンしたりといったことを行います。 具体的には、リスティング広告やバナー広告、SNSの活用といった方法です。
    ほかにもSEOやWebサイトのコンテンツ強化、全体リニューアルなどを企画します。
    SEOとは検索エンジンの最適化をすることです。
    ターゲットとするユーザーが検索しそうな語句を想定し、そのキーワードで検索した際、検索結果の上位に表示されるように対策を行います。
    一般的によく使用されている検索エンジンであるGoogleでは、この検索結果の順番の基準を突如変更することがあります。
    昨日まで当たり前だった知識が使えなくなることもあり、変化をいち早く捉えて新しい対策を講じることが必要とされます。
    ユーザーの志向も常に変化しており、1度対策をすれば良いといったものではないため、継続して仕事を行うことが必要となるのが特徴です。
    なお、プロモーション手段の1つとして重要視されているSNSに関しては、自分自身が代行する場合もありますが、そうでない場合はどのようなSNSを発信するべきかのアドバイスを行います。また、TVCMや電車の中吊り広告などのオフライン上のプロモーションと連動するといったやり方もあるでしょう。

    ◆分析・調査
    実施した宣伝活動やWebサイトにした対策の効果を検証します。
    実際に成果をあげるためには、施策の結果がどうだったのかを確認することが重要になります。
    一般的にはアクセス解析ツールを用います。
    ユーザーはどんなキーワードで訪れているのか、どのページのどのあたりがよく見られているかなどを把握し、ユーザーのニーズの把握や改善案を考えます。
    そして再び改善策の結果を分析し、それをさらなる改善へと繋げるといったPDCA(Plan、Do、Check、Action)を実行するのです。

NEW JOB OFFER

10月21日の新着求人

関連コラム

おすすめコラム

体験談からわかる
在宅ワークの実態をご紹介!