在宅ワークをする際の心構え

2016.06.02
Pocket

在宅ワークをするにあたり抑えておきたいポイント

【在宅ワーク】って簡単に出来る!と考えている方、とっても多いと思います。
かくいう私もそうでした。 実はそれが、ブッブー×なのです!
在宅ワークを内職と思っている方もいるかもしれませんが、イコールではありません。

厚生労働省のガイドラインでは、“情報通信機器を活用して請負契約に基づきサービスの提供等(例えば、テープ起こし、データ入力、ホームページの作成、設計・製図等)を行う在宅形態での就労をいう”と定義されています。

では【在宅ワーク】は具体的にどんなところがポイントになるかというと・・・
①多くは業務委託になるので、個人事業主と同じ扱いとなります。
 扶養範囲内であれば問題ありませんが、収入が多ければ確定申告も必要となります。
②パソコンは必須。スキル例:word・Excel・PPT
 貸与してくれる場合もありますが、ほとんどは自前です。
 【在宅ワーク】なのでミーティングや仕事のやり取りをオンライン上の
 Skypeやチャットワークを使う場合もあり、それなりの知識も必要になります。
③ネット環境も必要ですね。例:ADSL以上、光回線、Wi-Fi等
④ウイルス対策も忘れずに!例:ウイルスバスター、マカフィ等
⑤仕事をする際のパソコンは家族と共有は原則NG(情報漏えいの可能性もあるので)
 パスワード設定も必須です。
⑥スマートフォンだけで完結するお仕事はあまりありません。
 (中にはスマホのみで出来る仕事もありますが)
⑦秘密保持契約を締結するので家族にも仕事内容を話す事が出来ません。
 家族だからといって、機密情報をしゃべってしまうと契約違反になってしまうので注意が必要です!
⑧案件内容や仕事量は様々でそれによって報酬も違うので、毎月報酬はバラバラです。
⑨期限(納期)のある仕事がほとんど。期限は必ず守るのがルール!
 依頼した会社の信用問題にもなってしまうので、
 自分が期限までに出来るかキチンとした判断が必要です。

色々とお伝えしましたが、ポイントを抑えてクリアできれば新しい世界が待っています。
自分のスキルをこんな形で使えるんだ!新しいスキルを手に入れる事が出来た!など楽しくお仕事をする事が出来ます。
私自身【在宅ワーク】を始めてから知る事も沢山あり、とても勉強になりました。
そして、今までにはない充実した日々を送っています。
もちろんスキルアップも出来ています。まだ日々、勉強ですけどね(苦笑)
【在宅ワーク】は自分の世界を広げる第1歩だと思います。
私はやってみてそう思いました。専業主婦(夫)から兼業主婦(夫)へ。
新たな社会との繋がり方だと思います!
どうですか?ちょっとやってみたくなりましたか?

Pocket

次

pagetop