「働き方改革」で注目度UP!テレワークと在宅ワーク | ~ママのライフスタイル向上委員会~|在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

「働き方改革」で注目度UP!テレワークと在宅ワーク

2018.03.16
Pocket

最近、テレビでよく取り上げられている「働き方改革」。
読んで字のごとく、働き方を改革するんだろうなぁということは想像できますが、
実は詳しいことはあまり分からないという方も多いのではないでしょうか。
(筆者もそのひとりでした。。。)
 
働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。
多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、
格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、
働く人の立場・視点で取り組んでいきます。(首相官邸ホームページより)
 
首相官邸ホームページには、この改革の詳細がPDF化され、
誰でも閲覧できるようになっています。
しかし、すべてに目を通すには結構な時間と覚悟が必要で、
しかも羅列された言葉にゲシュタルト崩壊を起こしそう…
(決して資料をけなしたいわけではありません)
 
簡単に言ってしまえば、
日本経済の再生のためには、労働者のモチベーションを上げて労働生産性を高めることが最良なので、政府も労働者の立場になって働きやすい環境づくりを行っていきます
ということのようです。

在宅ワークにも焦点が当てられている!

働き方改革実行計画第5章では、
柔軟な働き方がしやすい環境整備について触れられています。
テレワークは、時間や空間の制約にとらわれることなく働くことができるため、子育て、介護と仕事の両立の手段となり、多様な人材の能力発揮が可能となる。(首相官邸ホームページ資料より)
 
ここで言われている「テレワーク」とは、
「tele=離れた場所」と「work=働く」を合わせた造語で、
情報通信技術を利用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。
 
テレワークは、次の3つに分類されています。
在宅勤務:自宅で仕事をし、会社とは電話やメールなどで連絡する
モバイルワーク:顧客先や移動中にパソコンを使って仕事をする
サテライトオフィス勤務:勤務先以外のオフィススペースで仕事をする
 
筆者は、自宅でこの記事のライティングを行っているので、在宅勤務に当たります。
カフェでよくお見かけする、コーヒーを片手にパソコンを開いているサラリーマンやOLの方は、モバイルワークに当たりますね。
 
話が少し逸れてしまいました。
「働き方改革」で一翼を担うことが明確に記されているテレワークですが、
改革が進められ、自由な働き方が今より受け入れられれば、
テレワークの1つである「在宅ワーク」の幅もぐっと広がります。
出産・育児等で退職することなく仕事を続けられますし、
「在宅」という選択肢を持つ職種や求人が増えれば、
キャリアを活かした再就職もしやすくなります。
 
筆者も出産・育児のために退職した身ですが、
「働き方改革」でテレワークが出社する仕事と同じように社会に浸透し
ママでありながら社会人としても活躍できる場所が増えてほしいと願っています。
筆者が就職活動をしていた5年ほど前には、
それほどメジャーではなかった「在宅ワーク」。
現在では次世代の日本を支えるための改革に取り入れられるまでになり、
その注目度UPは必至です。
今後も、その動向を見守っていきたいと思います。
Pocket

pagetop