めざせ人気ライター②~読みやすい文章の作り方~ | ~ママのライフスタイル向上委員会~|在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

めざせ人気ライター②~読みやすい文章の作り方~

2018.03.22
Pocket

前回の「読みやすい文章の作り方」はいかがでしたか?
引き続き今回も、読みやすい文章の作り方とコツをご紹介します!
少し意識するだけで格段に読みやすく、わかりやすい文章作りが出来ます。
かつライターとしての腕も上がるので、是非参考にしてみてください。

より具体的に書くことを意識する。

文章を作る上で、分かりやすく書くことはとても大事なことです。
書き手(ライター)にとってはわかりやすい文章を書いたつもりでも、読み手にとってわかりにくい文章では意味がありませんよね。
 
では、読み手にとって、分かりやすい文章を作るためには、どのような点に気をつけて記事を書く必要があるのでしょうか?
それは「具体的に書くことを意識する」ということです。
当たり前のことのように聞こえますが、具体的に書くことを意識すると、格段に読みやすさと分かりやすさはアップします。
 
例えば、
「今日はとても天気が良いですね。」
「今日は、太陽の光があたたかく、とても晴れた天気の良い日ですね。」
この2つの文章。
どちらも天気が良いということを述べた文章ですが、まったく違う印象を受けます。
後記は、【どのように】天気が良いのか、その景色を想像しやすい文章になっていますよね。
 
このように具体的に書くことを少し意識するだけで、わかりやすい文章になります。
わかりやすい文章は同時に説得力のある文章にもなります。
ぜひ具体的に書くことを意識して見てください。
難しく考えずに、まずは「意識する」ことから始めてみましょう。

タイトルには目を惹く工夫を

タイトルはとても大事です。
読み手がまず目にする部分、いわば第一印象。
読むも読まないもタイトルで決まるといっても過言ではありません。
かといって、短ければよいというものでもありません。
パッと見ただけで読める短いタイトルが目を惹くとも限らないのです。
タイトルは長くても、目を惹く工夫をすると読んでもらえる確率がグンと上がります。
 
例えば、ライター向けの記事にタイトルをつける場合。
『 ライターの極意 』
というタイトルは、パッと見ただけで、ライターをする上での情報が書いてある記事だと分かります。
 
しかし、これを見ただけで「読みたい!」と読み手の意欲を掻き立てることが出来るでしょうか?
読み手の意欲をかきたてる為には、ポイントがあります。
上のタイトルをこのように変更してみてはいかがでしょうか?
『 【ライター必見】読まれる記事5つの極意! 』
 
このタイトルには2つのポイントがあります。
まず、【ライター必見】の部分。
【】を使うことで、目を惹くことができます。
読まれるためには目を惹くことが大切です。
 
そして「5つの極意」という部分。
記事の内容は、5つの項目に分かれて書かれていることが分かります。
読み手からすれば「5つのポイントさえ抑えればよいのだ!」という心理になります。
 
このように、タイトルには目を惹く仕掛けを作り、記事の内容を小出しにしてみることで、
読まれる確率もアップし、ライターとしての評価アップにもつながります。

まとめ

いかがでしたか?
 
『より具体的に書くことを意識する』
『タイトルには目を惹く仕掛けをつくる』
ぜひ、この2点に気をつけて、記事を書いてみてください。
Pocket

pagetop