在宅ワークで本当に手に入れたいものは? | ~ママのライフスタイル向上委員会~|在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークで本当に手に入れたいものは?

2018.03.29
Pocket

在宅ワーカーにとって、明確な目標を持つことは非常に大切です。
在宅ワークを通して自分がどうなりたいのか?
 
ここを見失ってしまうと、いくら心地よい自宅で家事育児の合間に…
というメリットに惹かれて始めたはずの在宅ワークが、いつの間にか辛いものになってしまいます。
 
特に「何に照準を合わせて頑張るか?」というところに注意したいですね。
最初からお金ばかりに目を向けすぎることは、あまりおすすめできません。
もちろん、仕事をして収入を得ることは生活の上で大事なことです。
時間の制約がある子育て真っ最中のママが在宅ワークを始めても、
すぐに大きな収入につながるような仕事はなかなか難しいですよね。
 
家事・育児のすき間時間なんて微々たるものです。
それでも子どものお昼寝時間や就寝後、または早朝など…
工夫して時間を作り出して、その中で頑張る。
これが生活の一部になるまでは、はっきり言って全然楽じゃありません。
通勤時間や子どもの送迎時間などを考慮すればメリットの方が多いですが、
納期のある仕事をする毎日は結構ハードです。

そこで提案したいのが「理想の自分」をまず自分で知る!ということ。

今より世帯収入を増やしたい…
子どもの成長を一番近くで見ていたい…
みんな様々な理由で在宅ワーカーの道を選んでいると思います。
そこでこの理由を、もう少し具体的に掘り下げていきましょう。
 
収入を増やしたい→月にあと〇万円あれば〇〇ができる。
子どもの成長を見守りたい→いつまで?小学校にあがったら働きに出る?
 
ひとつずつ具体的に「〇〇したい」の先を考えてみてください。
そこには、どんなビジョンがありますか?

理想の自分から逆算して、今日から行動する!

私の場合、子どもが新生児の時に在宅ワークを始めましたが、
それは「早めに!」とこだわったわけではなく、だいたいの時間を逆算して、
ちょうど良いスタート時期がたまたまその時だった、という感じです。
 
これはどういうことかと言うと、上記のように
具体的な「少し先の未来にいる理想的な生活をする自分」
から逆算した、という意味です。
 
こうなりたい!と思った理想形が具体化したところで、
ではその状態に辿り着くまでには、どれくらいの時間が必要か?
自分のことなので、だいたいは分かりますよね。
(この時のポイントは”少し余裕を持って時間を設定する”ことです)
 
そして、もうすでにその生活をしている自分の状態から逆算して行動するんです。
『子どもが〇歳になった時自分は〇歳で、□□の仕事を在宅ワークで△△円稼いでいる!』
 
そしてそのためには今、何をすべきか?
今月中にまずは仕事をゲット!
仕事をしながらスキルアップ!
慣れてきたら収入アップも視野に入れて…などなど。
 
正解はひとつではないので、ここは自由に想像を膨らまして、
ワクワクしながら計画をたてましょう!
本当に手に入れたいものって、意外とすぐに答えられないものなんですよね。
良い機会だと思って、ぜひ未来のビジョンを描いて行動してみて下さい♪
 
お読みいただき、ありがとうございました。
Pocket

pagetop