産前産後の在宅ワークについて | ~ママのライフスタイル向上委員会~|在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

産前産後の在宅ワークについて

2018.03.29
Pocket

今回は産前産後の在宅ワーカーの過ごし方について書きたいと思います。
 
出産。女性にとって人生の中で一大イベントの一つですよね。
女性にとって…というより、もはや人間の神秘です。
 
私が在宅ワーカーになろう!と選択したのは長女を出産してすぐの頃でした。
今後の自分の人生を考え、何よりも優先すべきはもちろん「子育て」。
夫や仕事など、大切なものに順序を付けたわけではないのですが、
とにかく子どもとの時間を少しでも多く持ちたい!という強い思いがあったので、
家事育児に支障のないように…と、夫にも相談の上、少しずつ始めました。
 
子どもの生活時間帯もだんだん定まってきた頃に、
寝ている娘の横でそ~~っとパソコンを開いてカタカタ…
ひっそり、静かに、本当に少しずつ進めていきました。
 
今もし、出産を間近に控えていたり、産まれたばかりの赤ちゃんを抱えたママが
在宅で仕事をしようかな?と考えているとしたら、まずは絶対ご自分を優先して下さいね。
 
人って、身動きができない時ほど「何かやりたい!」
という気持ちばかりが先走ってしまう時がありますから。
大切な期間に、何も無理して在宅ワークを始める必要はないと思います。
 
しかし、リサーチしたり、自分に合った仕事は何かな?と考えたり、
未来の家族の理想の形を思い描いて書き出したり…
よし!在宅ワークを始めよう!応募してみよう!
という時がきたらすぐに動けるよう、基礎を作っておくことはできると思います。
 
私には何ができるかな?
独身時代の仕事が在宅ワークに役立つかな?
家事育児の合間に、1日どれくらい時間が確保できるかな?
この辺りをきちんと整理しておくと、気持ちが焦ることもなくなりますよ。
それよりも、近い未来の予定を立てていると思えば、楽しいくらいです。
 
そんなこと言ったって、自分にできそうな在宅ワークが分からない…
というママに、私は「コラムのライターさん」をおススメします。
 
そう、私が今書いているような、記事を書くお仕事です。
なぜか?
それは、出産を経験しているママさんの体験談って、
もうそれだけで人に伝える価値のあるものだからです!
 
私の場合、長女を産むまでには切迫早産で3ヶ月の長期入院、
そして最後は緊急帝王切開という、割とハードな出産でした。
もうこれだけでもじゅうぶんドラマチックなお話になりますし、
まさに今同じく長期入院中で不安を持つ妊婦さんにとっては
「先輩ママの貴重な体験談」として、安心できたりするものです。
(実際、私も入院中そうでした)
「出産」についてだけでも、書こうと思えば十人十色、様々な体験談があると思います。
 
そしてそこから始まる「育児」「仕事」「保活」などなど…
ママのリアルな体験談って、知りたい人も大勢いると思うんです。
 
文章を書くのは苦手だし…と二の足を踏んでしまう方もいるかと思いますが、
まずは応募してみる!というのも、前進する方法のひとつですよ。
 
採用不採用を決めるのは募集している側ですからね(^^;)
産前産後で在宅ワークを考えているママさん、有意義な時間を有効に使って、
ご自分の理想を叶えるきっかけになるお仕事に巡り合えると良いですね♪
 
お読みいただき、ありがとうございました。
Pocket

pagetop