ライターになるには | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

ライターになるには

2018.06.22
Pocket

在宅ワークの中でも特に人気の高い仕事が、記事や原稿を執筆する、ライターという職業です。SNSなどで多くのフォロワーを持つ人気ライターもたくさんいて、なんだか花形の職業のように思えますよね。
今回は、ライターになる方法や、ライターとしてよりお金を稼ぐためのノウハウについて、ご紹介していきます。

ライターになるには、資格が必要?

ライターとして働くにはどうすれば良いのか?何か資格や特別な能力が必要なのか?と疑問に思う方も多いかと思います。
結論から言うと、ライターになるために必要な資格等は一切ありません。
日本語で文章を書くことができる方なら、誰でもライターになることができます。
極端な話、今日から私はライターになります、と宣言してしまえば、誰でもライターになることができるのです。
この参入障壁の低さが、ライターという職業の魅力でもあります。

ライターとしてお金を稼ぐための方法

ライターは、誰でもなれる職業であるということが分かりました。
しかし、ライターとして実際にお金を稼ぐことができないと、仕事として成立しませんよね。
ここでは、ライターとして文章を書きながら、実際に収入を得るための代表的な方法についてご紹介していきます。
【ママワークスを利用する】
ライターとして、お金を稼ぐために、まずは「ママワークス」のような在宅ワーク向けサービスを利用してみましょう。
ママワークスには、ライターを始めとした、在宅で作業ができる様々な仕事が募集されています。
ライターですと、未経験からでも始めることができる案件がたくさんあり、初めてライティング業務に関わる人にも最適のサービスです。
ご自身の状況に応じて、様々な形で働くことができるため、ぜひ利用してみましょう。
ライターとしての単価が低い場合もありますが、経験に応じてランクアップしていくことも可能です。
 
【ライターの募集を行っている会社に入社する】
ライターの募集を行っている企業もあります。
ジャンルで言うと、求人広告やWeb制作の分野で、募集を行っているケースが多いようです。
しかし、この場合は募集の窓口が狭く、また経験者のみの応募を行っている企業も多いです。
一方で、ライターとして企業に入社すると、記事を書くだけではなくインタビューや編集など、付随する多くの仕事を体験できる場合もあるので、ライターとしてのスキルアップに期待できます。
定期的に、募集がないかどうかチェックしてみて、もし未経験可で採用の窓口が開かれている場合には、積極的にチャレンジしてみましょう。
 
 【ブログアフィリエイトで収益を得る】
上記2つの方法とは異なり、自分自身で収益化の仕組みを構築することができるのが、ブログアフィリエイトです。
ブログアフィリエイトとは、簡単に説明すると、自分のブログで商品を紹介し、読者がその商品を購入することで、自分にも収入が入ってくる仕組みのことです。
うまくいけば、何もしなくても自動的にお金が得られますし、実際にアフィリエイトによって大金を手にしている人もいます。
ただし、ブログアフィリエイトで収入を得るためには、ただ記事を書くだけでなく、ビジネス的な視点が必要になるので、どうしても難易度は高くなってしまいます。
アフィリエイトについて説明しようとすると、ここには書ききれないほどの必要知識が出てくるので、気になる人は個別に調べてみると良いでしょう。
 

ライターとしてよりスキルアップするためには

ライターのなり方、ライターとして実際にお金を稼ぐ方法について、ここまで紹介してきました。
最後に、ライターとしてよりスキルアップし、収入を増やすための方法についてご紹介します。

【執筆スピードを上げる】
すごく基本的なことですが、より短時間で多くの記事を書くことができれば、当然収入も増加します。
記事を書く速度は、ライターとしての信用にもつながります。もちろん、速く書こうとするあまり、記事の内容が雑になるのは本末転倒ですが、なるべく速く書けた方が良い、ということは常に意識しましょう。
たとえば、新聞記者は1日に平均して5本の記事を書くと言われています。
文章を生業にするためには、良い記事を書くだけでなく、速く多くの記事を書く、ということも重要な要素でしょう。
 

【知名度を上げる】
稼いでいるライターを見ていると、多くの場合、SNSなどで多くのフォロワーがいます。
つまり、個人の知名度が高いのです。
知名度が高いと、なぜ良いのか。それは、コンテンツの拡散力にあります。
たとえば、多くのフォロワーがいるライターの場合、自分が書いた記事をSNS上で拡散させることで、多くの人に記事を読んでもらうことができます。
記事を依頼するクライアントからしたら、当然、多くのユーザーに記事を読んで欲しいはずです。
この点から、知名度が高いライターは必然的に拡散力を持つこととなり、ライターとして価値が高い人材となります。

【自分の書いた文章を積極的に発信する】
上記にも関連するのですが、自分の書いた文章をSNSなどを通じて、積極的に発信していくことが大切です。
発信すべきなのは、自分の書いた記事だけではありません。時にはお金にならないブログなどの媒体でも、積極的に発信し、人の目に触れさせましょう。
発信することで、ライターとしての知名度アップにつながります。
また、人の目に触れる文章を意識することで、自然と読まれる文章を書こうとする意識が働き、書く力も向上します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ここまで、ライターになるには、というところに焦点を当てて、ライターとして働くために知っておいてほうが良い情報をご紹介してきました。
ライターは、在宅ワークの中でも特にオススメできる職業です。
自分のライフスタイルに合わせて仕事ができ、かつ頑張り次第でどんどんスキルアップし、収入を上げていける仕事であるといえます。
ぜひ、ライターの仕事に挑戦してみましょう!

Pocket

pagetop