webライターになるには | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

webライターになるには

2018.07.09
Pocket

スマートフォンの普及によって以前よりインターネットが利用されるようになってきた影響で、ここ10数年程でウェブに関する様々なサービスが生まれました。

オークションやフリマサイトなどもここ最近有名になってきたサービスですね。

このようにインターネットを利用したサービスが世の中に増えてきましたが、それに伴って新しい働き方ができるようになりました。

 

そんなインターネットに関係する働き方の中でも始めるハードルが低く、人気を集めているのがウェブライターです。

なぜ人気を集めているかと言うとインターネット環境とパソコンがあれば始められるので初期投資もほとんど必要なく、空き時間に自分のペースで働くことができるからです。

 

あなたはウェブライターにどのようなイメージを持つでしょうか。

一般的には記事を執筆するために専門知識が必要だったり、時間をかけて情報を集めたり、インタビューをしたりといったことが必要になってくるようなイメージがありますよね。

実はウェブライターは、特別な知識もなく執筆経験もない人が記事を書いている場合も多いのです。

具体的には、ウェブライターが執筆する記事はコラムやキュレーションサイトと呼ばれるまとめサイトだったり、経験談や恋愛観など特別な知識を必要とせず書けるものがほとんどです。他にもアフィリエイトを運営している人のブログ用記事を依頼を受けて執筆するものもあります。

ブログ記事の代行の場合は普段の生活でこなしていることをテーマに記事を書くことが多いので、主婦の方であれば日常生活の知恵を生かすことができます。

そういったハードルの低さから、時間の制約があって働けない人たちもたくさん活躍しています。

 

 ではそんなウェブライターになるには、何から始めれば良いのでしょうか。

まず思いつくところでいくと、ウェブライターとしての知識をつけるために専門の書籍を購入したりセミナーを受けたり、通信講座やスクールに通うといった方法もあります。

しかし実際には時間やお金もかかり、中々難しいことも多いかと思います。

そこでおすすめなのが、ある程度ブログやSNSをやっていたりしてネット上の記事に慣れているのであればそのままライターとしてお仕事を始めてしまうことです。

 

 具体的なウェブライティングのお仕事を受ける方法には、求人を見つけてお仕事を始める方法と、クラウドソーシングを利用して個人で仕事を受ける方法があります。

 

時間に余裕があって日中の時間をある程度利用できるのであれば、求人広告を探して企業に勤めてしまうのも良いでしょう。

転職サイトのような求人サイトを使ってお仕事を探す方法があるので、手軽にお仕事を探すことが出来ます。

まれにフリーペーパーや地域新聞などにライターの募集が出ている場合もあるので、そういったものをこまめにチェックしてみるのも良いですね。

ウェブライティング未経験の場合は主に2つの方法があります。

1つ目がアルバイトや契約社員からスタートし、ゆくゆくは正社員として契約を結ぶ方法です。こちらは未経験から企業に勤めた場合給与を受け取りながらウェブライティングの基礎をしっかり教えてもらえるメリットがあります。

2つ目は案件ごとに報酬が発生する業務委託方式があります。

業務委託は時間に縛られず自分のペースでお仕事を進めることができるメリットがあります。

 

空いた時間を活用し、副業としてウェブライターになりたい場合ママワークスなどの在宅ワーク求人サイトを利用することをおすすめします。

例えば通常会社に勤めていると発生するデータ入力や請求書作成をネットを介して、その業務だけ社外の人にお願いするのです。

今は様々な在宅ワーク求人サイトがあるので、まずはサイトを利用してお仕事を受注すると良いでしょう。

在宅ワーク求人サイトを利用するとクライアント(発注者)から仕事を受けることになりますが、クライアントによっては未経験者向けにかなり細かいマニュアルを用意してくれている場合もあります。

修正を含めて改善点をフィードバックしてくれる場合もあるので、未経験でも充分に稼げるまでに成長する人はたくさんいます。

 

そうは言っても自分が書く文章がどの程度のものかも最初は不安を感じると思います。

社会人歴が長ければ長い程、勉強から離れている期間も長いので文法や文章構成にも自信が無い人も多いかと思いますが、一般的に社会人として生活しているのであればある程度の『読みやすい記事』を書くことは難しくないはずです。

知識はまずはインターネットや書籍、身近に専門家がいればそこから仕入れれば良いので、まず仕事として1本記事を書いてみましょう。

お仕事を選ぶ際には、できるだけサポート体制がしっかりしているものを選べば安心してお仕事ができます。

それを継続して行っていくことによって、自身の成長やキャリアアップを目指していきましょう。

Pocket

pagetop