Webライターになるには?必要なスキル・スキルアップ方法をご紹介 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

Webライターになるには?必要なスキル・スキルアップ方法をご紹介

公開日: 2018.07.09
最終更新日: 2020.04.29

Webライターになるには?必要なスキル・スキルアップ方法をご紹介

在宅ワークでは、おもに自宅で気軽にできることが多いのが注目的です。そんな在宅ワークは、ちいさな子を持ったママさんたちにはありがたいお仕事であると思います。
子育てをしつつも、お仕事が自宅でできる。そして、決して時間に縛られずに、じぶんの時間とじぶんのペースでできる。子育てをしながら、そして、家事そこなさなくてはいけない主婦にはまさに理想的な職業であります。
そんな在宅ワークでは、アンケートやデータ入力。そのほか、情報収集などとさまざまな種類の仕事がありますが、とくにライティング関係が多いところも注目点となります。
そんなライティングを仕事にし、フリーライターへと目指す主婦たちについて、収入やらコツなどをまとめていきます。

フリーライターという仕事について

フリーライターの仕事であるライティングは、専門的な知識や経験がなくても、基本的には誰にでもできることが特徴的です。また、ライティングには、得意分野となる分類があれば、それを武器にして文章の、質・量が多く打てるために、評価にも大きく変わるはずです。
ですが、おもなライティングの単価はまちまちであり、約1記事あたり、数百円のものから、提供している企業によっては1記事数千円という、大きな差があります。ですので、ライティングひとつでの収入では不安定なものとなっております。
ですが、ときとすれば受注が確保し、長期の依頼を受けることができれば、安定した収入へとつながることにもなります。

ライターの業務内容

一口にライターと言っても所属する業界によって仕事内容は異なります。

例えば出版会社や新聞会社に勤めているライターの仕事は、執筆の業務もこなしながら企画や取材、編集などの業務もこなしていくことになります。

簡単に言えば雑誌や書籍、新聞などの一つのコンテンツを作る一連の業務を行うということになります。

次に広告代理店などに勤めているコピーライターという職種があります。

こちらは短い文章で「宣伝したいもの」の魅力を読み手に伝える仕事です。

最後に紹介するのが「webライター」です。

インターネットが発展し誰でも簡単にインターネットを利用できるようになった今、SNSやブログなど自分の情報配信ツールを持つことができるようになりました。

更にウェブサイトを中心とした情報配信サイトも多数存在していますし、様々な企業が自社サイトのコンテンツを利用しコンテンツマーケティングを展開しています。

コンテンツマーケティングとは利用者に価値のある情報を配信して顧客を集客するマーケティング方法です。

webライターとは、このようにインターネット上に掲載する記事(コンテンツ)を作成する仕事です。

企業に所属しているwebライターもいればクラウドソーシングサイトを利用しフリーランスとして活躍しているwebライターもたくさんいます。

そしてどのライターの業務にも共通していることといえば「文字・文章だけで読み手に魅力や価値を伝えること」「読み手のもっと知りたい・欲しい・読みたいという意欲を高めること」です。

ライターの社会的役割

ただ文章を書くだけがライターの役割ではありません。

文章能力もライターにとって必要なスキルですがそれだけではライターとして活躍することはできません。

出版社や新聞会社に属しているライターもwebライターとして活躍しているライターも役割や必要なスキルは同じです。

ライターの役割とは記事を掲載する「伝え手」と、その記事を読む「読み手」のニーズに合った記事を作成することです。

まずは記事作成を依頼してきたクライアント(伝え手)が「どのような記事を作成してほしいのか」をくみ取るコミュニケーションスキルが必要となります。

クライアントの意向をくみ取ることができないと、記事を作成することができませんし、間違った解釈をしているとクライアントのニーズに合っていない記事が出来上がります。

それではライターとしての役割を担っているとは言えませんよね。

そして読み手のニーズに答えた記事を作成することが一番重要になります。

いくらクライアントの意向に答えた記事を作成したとしても、読み手に読まれなければ意味がないのです。

ですからクライアントのニーズに答えつつ、読み手が「読みたい!」と思うような魅力的な記事を作成することがライターの仕事であり役割となります。

先述しましたがインターネットの発展により、誰もが簡単に情報収集できる時代となりました。

情報があふれている時代だからこそ、情報を伝えるライターの存在が重要になってくるのです。

ライターに向いている主な人

ただライターになりたいといっても、実際にライターになるにはなかなか難しいとことがあるのが現実です。
そんなライターに向いている人となるのが
・文章を打つのが好きな人
・ひとつのことを長期的に続けられる人
・期限を守れる人
・文章力が高い人
・調べることがとくいな人
・まとめることがとくいな人
といった人たちが、ライターに向いています。

ライターへの道のりとスキル

まず、ライターになるための道のりとして、身につけたほうがよいスキルが複数あります。

 

・「エクセル」や「ワード」が使えること
エクセルは、データ種集やら会計などを行なうさいに使われるため、最低でもカンタンな入力作業ができることがひつようとなります。また、ワードは記事を作るうえで必要であり、ときに記事以外での文章を打つうえで必要なものです。
おもにこのふたつを使うことがメインとなるために、「エクセル」や「ワード」の知識は得ておくことが大切です。

 

・文章能力があること
ライターであるには、最大のスキルとなるのが文章力です。
まず、文章力がどれほどじぶんにあるのか、などを理解しておくことが大切であります。
ライターになるには、文字を打つのが主な仕事となります。そして、その文字はときにはいろいろなひとびとへの情報源ともなるのです。そのために、ほかのひとびとにとって理解していただくための文章が大切です。
また、いかにじぶんがひとつのものについて調べられ、そしてそれを詳しく伝えられるかが大切となるのです。

 

・調べる能力があること
ライターとしてさまざまなことがらを日々調べて、それを文章にしていくために、インターネットでの検索、そして、その成果によって知識や文章の表現のも違いがあります。なので、いかにしてひとつの事柄に関して調べられることが重要視されます。

 

・コミュニケーション能力

ライターはクライアントから記事作成の案件をもらい仕事をします。そこで必要なのがコミュニケーション能力です。クライアントの「どのような記事を、どのような人向けに書いて欲しいのか」という意向を正確にくみ取り記事を作成していきます。

ここでクライアントとコミュニケーションができないと記事作成ができない、もしくはクライアントの意向と反した記事を作成してしまいます。依頼された記事を正確に作成するためにもクライアントとのコミュニケーションが重要になってきます。

 

SEOライティング能力

このスキルはwebライターにとってとても重要なスキルです。SEOライティングとはGoogle検索エンジンのアルゴリズムを意識して記事を作成することです。簡単に言えばSEOとは「検索エンジン最適化」という言葉の略で、Googleで検索されたときに記事(コンテンツ)が検索結果上位にくるように意識してライティングすることです。

実際にクラアントから依頼を受ける時にSEOワードの指定があることが多く、SEO対策をするのとしないのとではウェブサイトの集客数が大きく変わるのでクライアントもSEOを重視しています。

ライターのスキルアップ方法

先述した通り、ライターの仕事はクライアントと読み手の両方のニーズにあった記事を作成することです。

ライターに一番求められるスキルであり、難しいスキルだと言っても過言ではないでしょう。

ライターの経験が浅いうちはテーマやタイトルに沿って記事を作成することすら難しく感じることがあります。

そんなライター初心者でも上手く文章が書けるコツを紹介します。

「5W1H」という言葉を知っていますか?

これは英単語のWho(誰が)When(いつ)Where(どこで)What(なにを)Why(なぜ、どうして)How(どのうように)の頭文字を取った言葉です。

これは伝えたい情報を正確に過不足なく伝えるための必要事項です。

「誰が、いつ、どこで、何を、どうやって、どのように」という項目を埋めるように文章を構成していくことで自然と分かりやすい文章を構成することができます。

どこかの項目が欠けていたり内容が薄かったりすると説得力のない文章になったり伝わりにくい文章になってしまいます。

またターゲットが不明確のまま書かれた文章は、曖昧な文章になってしまい結局誰にも伝わらずに終わってしまいます。

「誰のために記事を書いているのか」というターゲットを絞り5W1Hを意識することでライターとしてスキルアップすることができます。

更に別のライターが書いた記事を読んだときに「この人の記事分かりやすいな、魅力的だな」と感じることがあると思います。

その時に「なぜこの文章は分かりやすいのか、魅力的なのか」を分析し、良い意味でその人の技を盗むこともスキルアップに繋がりますよ。

ライターに必要な資格

先にも記しましたが、ライターになるために必要な資格はありません。

誰もが「なりたい!」と思えばライターになることができます。

しかし必要な資格がないからこそ、ライターとして活躍していくには難しいこともあります。

ライターは誰もがなることができる職業で、なおかつ在宅で仕事をすることも可能な職業なのでとても人気があります。

そのためライバルが多く存在しています。

しかし数多く存在するライターの中でも活躍している人たちは多くありません。

ライバルたちに負けずにライターとして活躍するためには、資格ではなく経験とライティングスキルが最も重要になります。

ライターへのステップ

ライターへのステップとして、まず始めは誰だってわからないものばかりです。
文字を打つスピードのも個人差があり、ひとつの案件に対して数分で終わる人もいれば、一時間とかかってしまう人だっているはずです。
なので、最初のステップとしてはカンタンなライティングから始めることをおすすめします。
500文字程度のカンタンな商品説明やら、商品紹介など。そのほか、数多彩にある文字打ちから初心者の人には500文字程度を目安にしていくとよいと思われます。
そして、その500文字も慣れていき、もっと文書が打てると思ったら1000文字、1500文字へと文字数を増やしていくことが大切です。
基準としては
カンタンな文字打ち(500文字程度)

記事への作成(1000~1500文字程度)

本格的な記事作成(2000~3000文字程度)
といった流れで進めていくとよいと思われます。
人によって、成長していくスピードは違います。
なので、じぶんにとって無理のない程度を目標にして、スキルアップしていくことが重要であります。また、文字を打つにあたって、数多くの文字を打つことによって、自然とキータッチのスピードも変化が現れてくるはずです。
なので、たくさんの経験を積むことによって、より高度なものへと足を進めていくとよいと思われます。

Webライターで注文が来る人の特徴

Webライターとして注文が来る人はどんな人なのか?注文が来る人とこない人の違いについて紹介していきます。

まず、注文が来る人の特徴を箇条書きで紹介します。

■自分の得意な分野を1つ、または複数持っている
■社交的で自分のネットワークを持っている
■迷った時は持っている著書で用字用語を調べ、表記や使い方を正しく使う
■紙触媒の執筆経験を持っている
■傾聴力がある
■質問力がある
■事前の準備が周到である
■自分の本を出版したことがある
■インタビューや自分の知らない業界の巣材も事前準備をしてこなしていること
■編集・校正・校閲の機能がないメディアでの二次情報の書き手としての経験がない
■ビジネスライティングの経験が豊富

いろいろと特徴を書き出しましたが、すべての条件を満たしていないと稼げないということではありません。傾聴力や事前の準備をする、質問力があるといった条件に対しては人として大切な部分でもあると思っています。

大切なのは「この人に仕事を安心して任せることができる」「わからないことはきちんと確認してくる」「準備を怠らず、前向きに仕事に取り組む姿勢」だと思います。自分だったらどんな人に仕事をお願いしたいかを考えれば、おのずと答えは出てくると思います。

Webライターで注文が来ない人の特徴

先ほどは注文が来るライターの特徴をお話ししましたが、では逆に注文が来ない人はどんな人なのかを調べましたので紹介していきます。

こんな人には注文したくないという人は

■事前に文章構成案を作成・提出しない
■主語と述語が一致していない文章が多い
■ロジカル・シンキング、ロジカル・ライティングの訓練せず、ロジカルでない旨を指摘しても理解できない
■校正・校閲の指摘を素直に受け入れない(赤入れに慣れていない)
■締め切りに遅れる
■わからないことを質問せず、そのままにしている

※ロジカル・シンキング(論理的思考能力):
主張したい物事に対して、全体を高いところから見下ろしてみた時に漏れなくダブることがない状態で、誰が見ても因果関係を明白に理解、誰が聞いてもわかるように説明することができることを指します。まとめると「主張とそれに紐づく根拠が明白で、一度読むだけで理解することができる」ということです。この能力を文章能力に取り入れた文章作成能力のことをロジカル・ライティングと言われています。

このような特徴を見てみると、やはり大切なのは「この人と一緒に仕事をしていきたい!」と思われるような人間性でないといけないということがわかります。締め切りを守るのは社会人として当然なことですものね。

ライターの求人について

出版社や新聞会社が募集しているライターは社員として募集している求人が多く、実務経験者が優遇される傾向が強いです。

またwebライターの場合は正社員よりも業務委託の募集が多い傾向にあります。

また業務委託の求人でも大手企業が運営する人気ウェブサイトの求人は、実務経験者を優遇していることも多いです。

業務委託の場合、自宅にパソコンとインターネット環境があれば、出社する必要がなく自宅で仕事ができる求人も多いです。

その他にクラウドソーシングサイトでも多くのライター募集の求人があります。

クラウドソーシングサイトで募集されている求人は、ライター未経験者でも応募できる求人も多数ありますので、まだライターになって経験が浅い方や、これからライターとして活躍したいと思っている方は手始めにクラウドソーシングサイトを使って仕事を探すことをオススメします。

業務委託契約を結び仕事をもらう場合の報酬は、文字数や記事によって単価が決められ、納品した数だけ報酬が支払われる完全出来高制がほとんどです。

また単価は自分の経験年数やスキルに応じて変わってきます。

ライターになりたての頃は単価が低くもらえる報酬は多くはありません。しかしスキルアップしていくことで確実に単価が上がりもっと多くの報酬を得ることができます。

ライターはなるために必要な資格がないので、誰でもなろうと思えばライターになることができます。

だからこそ、実務経験を積みライティングスキルを向上させていくことがライターにとって大切なのです。

Webライターで稼いでいく為の秘訣

稼げる・稼げない、どちらを選びたいかと言えば断然稼げるライターになりたいですよね。ではどんな方法で稼ぐことができるのかをここで紹介していきます!

◆ブログを作ろう!

SNSが普及した現代ではだれでも手軽にブログを作ることができます。そして、意外にもブログから記事作成の依頼を受けた人が売れっ子ライターになるケースも珍しくありません。

ブログを通して仕事の依頼が来るため、クラウドソーイングなどで行う面倒なやり取りも不要、何よりも依頼者は自分のブログを読んだ上で仕事を依頼してくるので、自分の好きなことを書いて収入を得ることもできます。

ブログが自身を売り出す「お店」としての役割を担い、お客として依頼主が来店してきます。そして商品(書き上げる記事)を気に入ってくれればリピーターとしてどんどん購入してくれるのです。料金(文字単価)も自分で設定できるので、安い単価の記事をひたすら書かなくてもいいのでまさにライターとしては素晴らしい環境で仕事ができます。

◆SEOの知識を身に着けよう!

SEOとは【検索エンジン最適化の略称で、わかりやすく言うとブログを上位表示して、多くのアクセスを集めること】です。先程ブログを作ろうと言いましたが、このブログもSEOを意識していかなければただの「自己満足のブログ」と化してしまいます。それを防ぐには、誰もが読みたくなるブログを作ることがポイントになります。いわば「みんなに役立つブログ記事を書くこと」なのです!今世間では何が注目され、どんなことに関心が注がれているのかを把握して記事を書いていきましょう。

本格的にライターとなったら

実際、本格的にライターへとなったら時間とじぶんへの管理が大切となります。
なによりも、決して仕事だけではいけないのが主婦であります。
なので、決して無理だけはせずに自分のペースで行なうことが大切であります。