webライティングの書き方を解説!効果的に記事を書くコツ | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

webライティングの書き方を解説!効果的に記事を書くコツ

公開日: 2018.07.13
最終更新日: 2020.03.19

webライティングの書き方を解説!効果的に記事を書くコツ

文章を書くことには自信がある! ブログもマメに更新している!という、あなたには、在宅ワークでのライティング業務、とても魅力ですよね。家にいながらにして、好きな文章を書きながら、しかもお金になるだなんて! しかも、プロのライターだなんてかなりかっこいい! ママ友にも自慢できそうです。そんなライターデビューを志すあなたに、今日は、在宅ワークとしてのライティングの書き方のコツをご紹介します。

1.まずはマニュアルをよく読むこと

気になるライティング業務を見つけて早速応募。まず一番にしなければならないことは、発注者から提供されたマニュアルにじっくりと目を通すことです。「ですます調」なのか「である調」であるのか。そして、読者のターゲット層も把握しておく必要があります。また、取り扱い説明書のように、事実を淡々とわかり易くライティングすることが目的なのか、それともブログに近い、自分の体験談などを交えたリアル感が必要なものなのかも、しっかり把握しておかなければなりません。せっかく頑張って執筆し、そしてそれがかなりのハイレベルな記事になったとしても、発注者が目指しているところと異なれば、差し戻しの可能性だってあるのです。そういう意味では、「どんな書き方にも対応できる」という柔軟性が必要となるのです。

2.テーマ設定の必要性について

なぜ記事を書く前にテーマを決める必要があるのかを、皆さんはご存知ですか?「テーマ決めなんて当たり前すぎ!」「今更そんなことを?」「テーマが明確でない記事を書くのは、記事の執筆が慣れてないライター初心者!」と思う人もいるかもしれませんが、実は初心者以外のライターさんでも多いのです。テーマは「記事の方向性を固める」例えるなら“方位磁石”のようなものです。
記事のテーマや軸が明確に固まっていないと、
・最初(文頭)と最後(文末)が異なってしまう
・不必要な要素が介在して話があちこちに飛んでしまう
など、読み終わった後に読者に「結局この記事は何を伝えたかったのか?」と思われてしまいます。
また、記事のテーマは「コンセプト」「切り口」そのもの。オリジナリティは記事のテーマに宿るので、ある程度記事を書き慣れてきたら、テーマを決めて自分の経験や思考を基に独創性のある記事を書き上げてみましょう。

記事のテーマを固める時は、5W1Hで整理するとしていくと、記事のテーマが定まり内容がぶれることなくなります。
5W1Hとは
When:いつ
Where:どこで(どこまで)
Who:誰が?誰に?
What:何を
Why:なぜ(どのような目的で)、どうして(理由)
How:どのようにして(どんな手段で)

今読んでいる文章に具体的に例えると
When:記事を執筆する際に
Where:わかりやすい記事を執筆できるようになるまで
Who:初心者Webライターが
What:チェックするべきポイントを
Why:読者に記事の内容をしっかり伝わる文章を書けるようになってもらうために
How:5つのステップに分解して紹介する
というような感じです。

3.タイトルの記載方法について説明する

テーマが定まったら次はタイトルです。タイトルを考えるにも「これは押さえてほしい」と思うポイントをご紹介していきます。

◆30文字を目安に
すでにライティング案件を請け負った経験のある方は、タイトルの文字数指定をされたことがあるかと思います。SEO向けの記事であれば大体が30文字程度を上限にしているはずですが、これは「検索エンジン」に表示される文字数を基準にしています。検索エンジンに表示されるタイトル数は32文字で、それを大幅に超えてしまうと大事な部分が表示されなくなってしまう可能性があるので、30文字を目安にタイトルを作成しましょう。

◆タイトルと本文をマッチさせる
記事の内容を読んで、「タイトルの内容が本文で全く書かれていない」という記事だと読者は「裏切られた」と感じてしまいます。せっかく記事内容が良くても、読者の印象は悪くなってしまうことでしょう。
特に「インパクトのあるタイトル」ばかりに気を取られすぎてしまった結果、「釣りのようなタイトル」になってしまう可能性もあります。
タイトルを決めるときは、本文とのバランスを考慮してタイトルを読んで「どんな人に向けた記事なのか?」「どんな内容なのか?」が分かるように決めると良いでしょう。

4.構成の考え方について

構成を考える前に文章を書き始めると、読者に対して「伝わりにくい文章」になりがちです。
自分の執筆した記事を久しぶりに読み返すと、「話題が飛んでしまっている」「何が伝えたかった記事だっけ?」と気づくことがあるかと思います。このような問題点は、文章を書く前に【構成】について考えたかどうかが大きくかかわってきます。
基本のポイントは
①全体の構成をイメージする
②伝えたいことを絞っておく
という2点を押さえておくことが重要です。
①は、話の流れと大枠を簡単にイメージする作業です。最初は紙面に書いてみると整理しやすい上に、イメージもしやすくなります。
伝えたいこと箇条書きにし、話の並びをパズルのように当てはめていくような形です。この作業に慣れてくると、紙に書かなくても頭の中でイメージできるようになります。

②も同じ作業で、伝えたいことが何か絞って紙面に書いておきましょう。1つの記事に伝えたいことが多すぎるかな?という場合はこの記事のように小タイトルをつけて書いたり、何回かに分けて書くなど、文字数のバランスも注意しながら構成しましょう。

5.読者に「得する」情報提供者になる

ブログでは、自分に起きた出来事が中心ですよね。「今日は、家族皆でピクニックに行ってきました!」「今日は、朝から並んで噂の○○店のクロワッサンをゲット! もぉ、バターの香りが濃厚でめちゃくちゃ美味しい!」などなど。在宅ワークにおけるライティングとはこの書き方とは全くの別物とお考えくださいね。プロのライターであれば、読んだ人が「このクロワッサン食べてみたい!」と思わせなければなりません。「今日は、今噂の○○店のクロワッサンについてご紹介したいと思います!」で始まり、「朝、7時にお店に行ったら既に10人くらいの行列ができていました」と、リアルな実情を教え、「実はこのクロワッサンの人気の秘密、バターを普通のクロワッサンに比べて2倍の量を使用しているとのことなのです」と、店員さんから聞いたコメントを。「これなら毎日でも食べたい!と大人買いしたいところですが、残念ながらこのクロワッサン、1人10個までなのだそうです。たくさん買いたい方は、ぜひご主人やお子さんと一緒に行ってみてくださいね」とアドバイス。これで、読者は「得する」情報をたくさん得られるというわけです。

6.主観や「~思います」の多用はNG

記事の規定にもよりますが、大抵の場合、主観や「~だと思います」といった、表現は禁止されています。もちろん、これらを推奨している案件もありますので、そういう場合は、この章はスルーしてくださいね。例えば、妊娠に関わる記事。千差万別であり、そしてその記事を読む読者はとてもデリケート。

例えば、

「安定期に入れば、旅行だって遠出だって、大丈夫だと思います。私なんて、安定期に入ってからは、遊びまくっていましたよ」

 

などは、絶対NG。あくまであなたの体験談であって、全ての方に共通すると思われてしまってはダメなのです。

 

「安定期に入れば、ずいぶんつわりも楽になり、お出かけもしたくなりますよね。体調の良いときは、無理のない程度にお出かけもチャレンジしてみてください。私の場合は、安定期に入ったとたん、気持ちが晴れ晴れとし、よく近場にお出かけしていい気分転換になりました」

 

のように、一歩ひいて、大勢の様々な事情を持つ女性たちが読むということを意識しましょう。言っていることは同じでも、下の文章のほうが、多くのプレママさんたちに納得いただける内容になっているかと思います。

7.前置きを考える

前置きは本文への導入、つまり「記事内容の紹介文」のような役割を持っています。読者はこの前置きを読んでから「この記事を読み進めるかどうか」を判断する人が多いので、実は大切な部分になります。
その為、前置きはダラダラと長く書くのではなく、「読者の興味を引く文章」で書くことが大切です。ここでは、簡単に前置きを書く時のポイントをお伝えします。

◆何から書き始めればよいかを決める
例えば、「七五三の時のママの服装」を提案するような記事を書くとします。
この時に、前置きとして七五三の歴史から振り返るような文章を入れてしまうと、読み手は「あれ?ママの服の話は…?」となってしまいます。この記事を読んでいる読者は、「歴史」ではなく「七五三の時のママがするべき服装」を求めています。この場合、「七五三の時の服装は着物か洋服か悩んでしまいますよね?」というような始まりであれば読者も違和感なく読み始められます。

◆共感できる「あるある!」を投げかけてみよう
次は、先程の「七五三の時のママの服装は着物か洋服か悩んでしまいますよね?」のなかに共感できる「あるある」を探していきましょう。
この記事のテーマを、まだ経験したことがない「未来」とすると「場違いの服装で行ってしまうのは恥ずかしい」という想いや、「洋服しかもっていないけど大丈夫かな?」という不安が考えられます。
それらの“想い”を前置きに含むことで、共感を得ることができます。
例えば
「七五三の時のママの服装は着物か洋服かどうしよう?神社へのお参りを洋服で参加すると、浮いてしまわないかな・・・?でもパパがスーツなのにママが着物にしたら、子供が主役なのに気合い入れすぎと思われないかな・・・?」と、いろいろ悩んでいませんか?

というような感じで進めていくと、「自分の求めている答えがこの先に書いてあるのかな?」と記事に興味を持ちます。
もし、この「あるある」が思いつかない場合は大手サイトの掲示板などで、「どんな質問が多くあるのか?」など調べると良いでしょう。そこには、自分が求めている答え以上の情報が掲載されている時もあるので、是非活用してください!

◆必ず、解決案があることを知らせる
前置きの最後には、この記事を読むことであなたが求めている“答え”が見つかりますよ!ということが分かるように書くことで、前置きから本文へとバトンを繋ぐことができます。
先に例に出した文章の場合ですと、このような形で完成します。

「七五三の時のママの服装は着物か洋服かどうしよう?神社へのお参りを洋服で参加すると、浮いてしまわないかな・・・?でもパパがスーツなのにママが着物にしたら、子供が主役なのに気合い入れすぎと思われないかな・・・?」と、いろいろ悩んでいませんか?
そんなお悩みを持つママに、子どもの服装と格の合った服装の合わせ方や、パパの服装との釣り合いがとれた服装を4つのパターンでご紹介!ご自身の家族構成に合った「服装選び」の参考に是非してください!

もちろん、この後に続く本文の内容に合わせる必要はありますが、このような流れで前置きを考えていくと、同じことを繰り返してしまうことやテーマからずれた内容の文章が入り込むことがなくなります。

8.本文を考える

Web媒体の記事は紙媒体のものに比べ「流し読み」のされやすい媒体です。本や新聞のように「座ってしっかり読む」というよりは、ざっと全体を見渡し、知りたい(興味・関心のある)箇所だけを読もうとする人が多いので、長すぎる文章は読みにくさを与えてしまうだけでなく、読者から敬遠されてしまいます。
ですが文章をできるだけ短くまとめるといっても、ライターが読者に「伝えたいこと」をしっかり伝える為には、ある程度の文章量がどうしても必要になってきます。その場合は下記でご紹介するポイントを踏まえて本文を作成するのがオススメです。

◆伝えたいことを絞って書く
まずは、1ページに対しての話題の多さや話題の選別をします。
伝えたいことが多くなる場合には、ページを複数に分けて書くと読者が読みやすくなります。ですが、1ページの文字数が少なくなったとしても、すべてのページを含めた記事全体の文字数が多くなってしまうと読者は飽きてしまうので、Wordの文字数カウントなどで文字数を確認しておくと良いでしょう。

◆語尾を揃える
「です」「ます」で終える文章と、「~だ」「~と思う」で終わる文章が混在しないよう語尾を統一します。
こんな些細なことでも文章はすっきり読みやすく変化します。ですが、「きっちり揃えないといけない!」と思う必要はなく、話し言葉とそれを説明する文章とで分けるという方法で伝わりやすくなることもあります。

◆文章を区切る
「で」「ので」といった接続詞を使いすぎてしまうと、1文がとても長くなってしまいます。例として接続詞を使いすぎてしまった文章を下記でご紹介します。

■少しでも早くコツを掴んでいただくきっかけになったら、うれしいので、文章の書き方のコツと効果的な見出しのつけ方の【基本】を解説します。

どうでしょう?
このような長い文章を読んだ読者は「くどいな」と感じて、読むことを中断してしまうということにも繋がってしまいます。先程の文章の接続詞を短く変更してみると

■文章の書き方のコツと効果的な見出しのつけ方の【基本】を解説します。
少しでも早くコツを掴んでいただくきっかけになったら、うれしいです。

伝えたい内容が同じでも、接続詞の使い方1つでここまですっきりした文章に変化しました。長い文章は適度に分解し、1文1文の意味が伝わりやすくするように心掛けましょう。

◆漢字を使いすぎない
漢字の使い方1つでも読みやすさは変わって来ます。
例えば
・早速→さっそく
・等→など
・是非→ぜひ
・出来る→できる

このように漢字ではなく、ひらがなで表記することで文章の雰囲気がやわらかくなります。漢字ばかりの文章はどうしても「固い」イメージを読者に与えてしまうのです。
読んでもらいたい読者の年齢層や、取り扱っているテーマに合わせて漢字とひらがなを取り入れてみると良いでしょう。

9.最後に

ここまで読んで「やっぱりプロのライターって難しそう」と思ってしまったあなた。ですが、ライティングって、結局は「慣れ」なのです。繰り返し書いている間に、知らない間にあなたのライティングスキルはアップしています。そして、ボキャブラリーを増やす為にも、本や他のサイトのコラムにもマメに目を通しましょう。「こんな書き方があったんだ!」とヒントになるキーワードが、たくさん見つかるはず。最初は、真似っこでも良いのです。コピペは厳禁ですが、ヒントをたくさん得ることは、必ずステップアップにつながります。さぁ、あなたも! 今日からプロとしてのライターデビューに挑戦してみませんか?

【参照元】
◆【ライティングノウハウ】文章の書き方と効果的な見出しのつけ方
◆読みやすい・伝わりやすい「Web文章」の書き方<4つのライティングルール>
◆【初心者Webライター必見】読者をひきつける記事タイトルの作り方
◆ライター初心者必見!伝わる記事の書き方7つのコツ【完全保存版】
◆Webライターが文章の書き方を覚えるときの4つのポイント