英語を使う高収入の仕事15選!初任給30万から月収200万円以上も可能 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

英語を使う高収入の仕事15選!初任給30万から月収200万円以上も可能

公開日: 2024.04.30
最終更新日: 2024.06.25

英語を使う高収入の仕事15選!初任給30万から月収200万円以上も可能

英語を使う仕事で高収入って得られるの?
どれくらいTOEICの点数があれば、仕事で英語が使える?

この記事に辿り着いたあなたは、英語を使って高い収入が得られる仕事ってどんな職業があるのか疑問に思っているのではないでしょうか。

結論、外資系コンサルのような実際に英語を話す力が求められる職業であれば、初任給30万円以上の高収入が狙えるでしょう。

もし、英語力をつけて高収入への道を歩みたいと考えているなら「NativeCamp(ネイティブキャンプ)」を利用しましょう。

何回でもレッスンを受け放題になる非常にコスパの良いサービスであるため、月額6,480円(税込)以上の価値を受けられます。

この記事では、オランダの大学院出身で、英語が話せるライターとして受注依頼を数多く受けてきた筆者が、「高収入が得られる英語を使う仕事15選」をご紹介。

あなたにぴったりな「英語を使う仕事」を見つけて、好きな英語で高収入を獲得し、充実した人生を送りましょう。

この記事の要約・まとめ

Q 英語を使う仕事で高収入を狙うことは可能ですか?

A ビジネスレベルの英語力があり、かつ海外での就業経験があれば高収入を狙える可能性が高いです。

外資系企業や英語を公用語とする日系企業に就職すれば、月給30万円以上も可能です。

英語のスキルを磨くなら、「NativeCamp(ネイティブキャンプ)」の利用がおすすめ。

月額6,480円(税込)で回数無制限の英会話レッスンが受けられるため、コストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

将来英語を使って働きたい人は、ぜひ利用してみてください。

>> (無料)NativeCamp(ネイティブキャンプ)に登録する

Q 英語を使って働くために必要なTOIECの点数は?

A TOEIC600点以上あれば、英語を使って仕事ができるでしょう。

ただし業界や職種によっては、TOIEC700点、800点以上が採用条件になっている場合もあります。

自分がいきたい業界や職種で求められる英語力をリサーチしておきましょう。

英語を使って大手企業で働きたい人向けの仕事

TOEICの点数を武器にして、バリバリ稼ぎたいと考えている人におすすめなのが、英語を使って働ける大手企業への就職。

具体的には以下の仕事が挙げられます。


英語を使って大手企業で働きたい人向けの仕事

  1. 多国籍なプロジェクトで働く【外資系コンサルタント】
  2. 誰もが知ってるあの企業で働く【英語を公用語とする日系企業】
  3. 日本のものを海外へ広げる【海外営業】

これらはTOEIC800点以上の実力が求められる職種で難易度が高いですが、初任給から給与水準の高い企業が多いのが特徴です。

本章を参考に、英語を使って高収入を狙うための具体的な職種を理解しておきましょう。

多国籍なプロジェクトで働く【外資系コンサルタント】

外資系のコンサルタントファームの採用において、英語力は基礎的なコミュニケーション能力として評価されます。

プロジェクトによっては日本語で遂行される場合もありますが、英語を使うチャンスが多いのが特徴。

以下のような人は、外資系コンサルタントに向いています。


  1. 英語を使って海外のメンバーと一緒にプロジェクトを成し遂げたい
  2. 試行錯誤を繰り返すのが好き

英語を使ってコンサルティングファームで働きたい人は、英語力を高めて就職を狙いましょう。

ビジネスレベルの英語力を身につけるなら、オンライン英会話サービスを使って、英語に慣れることから始めることをおすすめします。

中でも筆者がおすすめするのは「NativeCamp(ネイティブキャンプ)」。

月額6,480円(税込)で月に何回でも受け放題になるオンライン英会話サービスであるため、好きなだけ英会話の練習ができます。

7日間の無料体験レッスンもあるため、そのまま受講し続けるかどうかは受けてから決めると良いでしょう。

英語を使って高収入を稼ぎたいなら、今のうちに十分に喋れるようになっておくと安心です。

>> ネイティブキャンプの無料体験を受ける

誰もが知ってるあの企業で働く【英語を公用語とする日系企業】

会議などで使う公用語を英語にして、グローバル化を図る企業においても、英語力は大きく評価されます。

英語を公用語とする日系企業の例として以下の3つが挙げられます。


  1. 楽天グループ株式会社
  2. 日産自動車株式会社
  3. 株式会社ファーストリテイリング

これらのような企業で働くには、高い英語力が不可欠です。

オンラインで英語力を高めるなら、NativeCamp(ネイティブキャンプ)を受講するのがおすすめ。

月額6,480円(税込)で月に何回でもレッスンを受講し放題になるため、好きなだけ英会話の練習ができます。

7日間の無料体験もあるため、お試し感覚で受けてみてください。

>> ネイティブキャンプの無料体験を受ける

日本のものを海外へ広げる【海外営業】

日本の技術やものを海外へ広めていく海外営業においても、英語は必須です。

特に経済成長の進んでいる、アジア諸国を相手とした営業へのニーズは高まっています。

車の部品や、産業機械を製造する企業において、英語力のある人材は、高く評価されるでしょう。

ビジネス英会話を学ぶのであれば、NativeCamp(ネイティブキャンプ)が最もおすすめです。

月額6,480円(税込)で月に何回でもレッスンが受け放題になるため、コスパ良く英会話の練習ができます。

7日間の無料体験期間もあるため、一度お試し的に受けてみて、良いと感じたらそのまま継続してみてください。

>> ネイティブキャンプの無料体験を受ける

日本と海外を繋ぐ仕事がしたい人向けの仕事

日本と海外の架け橋になる仕事として、以下のような職種が挙げられます。


日本と海外を繋ぐ仕事がしたい人向けの仕事

  1. 国と国の架け橋となる【外交官】
  2. 日本の入り口となる【入国審査官】
  3. 世界中から来たパイロットと協力【航空管制官】

これらの職種は高収入を狙える可能性もあるため、本章を参考に求められるスキルや英語力を把握しておきましょう。

国と国の架け橋となる【外交官】

外交官は高収入を狙える職種の1つです。

駐在する国によって給与額が異なり、特に情勢が不安定な国での勤務においては、特に高額になるようです。

外交官に向いているのは以下のような人です。


  1. 英語を使って世界を動かすような仕事がしたい
  2. 様々な国のトップと政治に関わる仕事がしたい

外交官には「TOEFL ibt 100点以上」もしくは「IELTS 7.0点以上」が求められるため、ハイレベルな英語力を身につける必要があります。

外交官を目指している人は、外務省専門職試験の勉強や一般人・学生向けの国際会議への参加など、できることからチャレンジしておきましょう。

日本の入り口となる【入国審査官】

入国審査官は、空港でパスポートやビザを確認して、国際線に乗ってきた日本人や海外の方が、違法な移動をしていないかを判定する仕事です。

近年問題となっている、難民問題などにも関連する重要な職業といえるでしょう。

入国審査官になるには、国家公務員採用一般職試験に合格する必要があります。

TOIEC400点以上のスコアも求められるため、「NativeCamp(ネイティブキャンプ)」で今から英語力を高めておきましょう。

世界中から来たパイロットと協力【航空管制官】

飛行機の離陸・着陸における指示を出すのが、航空管制官です。

指示を間違えると、大事故に繋がりかねないため、冷静な判断力を要します。

また、「航空管制官試験」も非常に難易度が高いので、英語で様々な分野の学術記事に読み慣れておくのが大切です。

>> ネイティブキャンプの無料体験を受ける

英語の資料を取り扱いたい人向けの仕事

英語の資料を取り扱う仕事がしたい人は、以下の職種がおすすめです。


英語の資料を取り扱いたい人向けの仕事

  1. 英語と数字に強い方必見【米国公認会計士】
  2. 輸出・輸入に携わりたいなら【通関士】

英語のリーディングが得意な人は、本章で紹介する職種になることも選択肢に入れておきましょう。

英語と数字に強い方必見【米国公認会計士】

以下のような人は米国公認会計士に向いています。


  1. 英語と数学に自信がある
  2. 国際的なM&A(企業の合併と買収)に携わりたい

米国公認会計士の魅力は、アメリカを含む9ヶ国で就労権が得られる点です。

また、日本では会計士としては働けないものの、監査法人やコンサルティングファームにて、経理における重要なポジションについて仕事ができます。

英語と経理のスキルを組み合わせて働きたい人におすすめの職種といえるでしょう。

輸出・輸入に携わりたいなら【通関士】

海外から届いた商品に関税をかけたり、日本の商品の輸送の手配を行うのが通関士の仕事です。

グローバル化が進み、海外の物が手軽に入る世の中に欠かせない存在となっています。

英語の読みとE-mailが書けるほどのライティング能力があれば挑戦できるので、「英語は好きだけど、得意ではない」という人でも挑戦できるでしょう。

英語を教えたい人 向けの仕事


英語を教えたい人 向けの仕事

  1. 英語を学ぶ楽しさを伝える【英会話教室の講師】
  2. 日本人の英語の水準をあげる【英語教員】

英語を使いつつ教育の現場で働きたい人は、本章を職業選びの参考にしてください。

英語を学ぶ楽しさを伝える【英会話教室の講師】

英語を学ぶ楽しさを人に教えたい人は、英会話教室の講師を目指すのがおすすめです。

英語と日本語には文化背景の差もあり、独学で理解しづらい部分も少なくありません。

日本人の英会話教室講師は、英語圏と日本の文化や価値観をどちらも理解した上でレッスンを進めることができるため、一定の需要があります。

英会話の講師として働く場合は、外国人講師とのやりとりも必要です。

そのため英会話教師の講師を目指す人は、オンライン英会話などを活用してネイティブ英語に慣れておきましょう。

日本人の英語の水準をあげる【英語教員】

小学校での英語教育の義務化の影響もあり、英語教員の需要は年々高まっています。

英語教員を目指すには、大学で教員免許を取得した上で、教員採用試験を突破する必要があります。

教員採用試験は、就職先の地域によって給与や合格難易度に差が出るのが特徴。

自分が就職したいエリアの採用倍率をチェックした上で、念入りに対策をおこないましょう。

旅行が好きな人向けの仕事

旅行が好きな人向けの英語を使う仕事は以下の2つです。


旅行が好きな人向けの仕事

  1. 世界中に飛び立てる【キャビンアテンダント】
  2. 海外生活をサポート【留学コンサルタント】

海外旅行の経験を活かしたい人や、海外に行く人を支える仕事をしたい人は本章を参考にしてください。

世界中に飛び立てる【キャビンアテンダント】

キャビンアテンダントは英語を使う高収入の仕事の花形ともいえる職種です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、一時期はリストラが増加した時期もありましたが、現在は再び需要が回復しています。

キャビンアテンダントは英語力だけでなく、ハイレベルな接客スキルも求められるため、接客アルバイトなどで礼儀作法を身につけておきましょう。

海外生活をサポート【留学コンサルタント】

旅行の計画を立てたり、海外の教育機関と連携をとりたい方には、留学コンサルタントがおすすめです。

海外の語学学校や大学を視察することもあり、海外を飛び回って仕事をしたい人に向いているでしょう。

キャリアアップをすれば、英語圏の現地エージェントで働くチャンスが得られるかもしれません。

留学経験のある人や、英語を使って学生のサポートをしたい人は、留学コンサルタントになることを検討してみてください。

ライティング・デスクワークをしたい人向けの仕事

英語のライティングをメインにおこなう仕事や、英語を使ってデスクワークをしたい人は以下の職種がおすすめです。


ライティング・デスクワークをしたい人向けの仕事

  1. 英語が話せない人を助ける【翻訳家】
  2. 海外のトレンドを国内に広める【英語ライター】
  3. 日本の出来事を海外に伝える【英字新聞記者】

英語のライティングが好きな人や翻訳が得意な人は、本章で紹介する仕事を目指して英語力を磨きましょう。

英語が話せない人を助ける【翻訳家】

英語の書籍や文章をメインに取り扱う仕事として、「翻訳家」が挙げられます。

特にメディカルライターや取扱説明書を翻訳する産業翻訳は需要が高く、未経験でも就職しやすいでしょう。

翻訳の正確さだけでなく、国の文化背景や考え方を反映した言葉選びも求められます。

翻訳家を目指す人は、「翻訳検定」などの資格取得から始めましょう。

海外のトレンドを国内に広める【英語ライター】

英語ライターは、海外・日本を問わずトレンドに敏感で、発信が好きな人向けの仕事です。

英語ライターはフリーランスとして活動する人も多く、場所や時間に囚われず働けるのもメリットです。

子育てと仕事を両立したい人にも挑戦しやすい仕事と言えるでしょう。

日本語でライターとして経験を積んだ後、英語ライターとして働くのがおすすめです。

日本の出来事を海外に伝える【英字新聞記者】

英字新聞記者の仕事は主に以下の2つです。


  1. ロイター通信などから英語で入手した情報を、日本語の記事として発信する
  2. 日本で起こったニュースをBBCやCNNなどに向けて英語で発信する

英語力だけでなく、日本を含めた世界中の国の政治・経済・文化に関する知識を要する仕事です。

英語で論文投稿をすれば、翻訳の練習にもなる上、記者に必要な教養を少しずつ身につけられるので、ぜひ実践してみましょう。

英語を使って高収入を得るために行うべきこと

英語を使って高収入を得るためには、以下の3つに取り組むことが重要です。


英語を使って高収入を得るために行うべきこと

  1. 英語力の向上
  2. 海外経験
  3. 今からできる勉強

将来英語を使って稼ぎたい人は、本章を参考にして今のうちからできることにチャレンジしましょう。

英語力の向上

言語能力は、一度伸びても、定期的に使わないとすぐに下がってしまいます。

英語を使って仕事をする以上、日々の英語勉強は欠かさず行いましょう。

英語勉強の習慣化のためには、家にいながらお手頃価格で学べる、オンライン英会話がおすすめ。

特に「NativeCamp(ネイティブキャンプ)」は、定額制でレッスン回数が無制限なので、お得に英語を学ぶことができます。

英語で高収入を得るための初期投資と捉えて、受講してみてはいかがでしょうか。

海外経験

英語で高収入を得る仕事に就くにあたって、海外経験は大きく評価され、有利に働きます。

特に、半年以上の長期留学であれば、インターンなどにも挑戦できます。

海外留学を満喫した上で、英語を活かして高収入を得る生活を実現できるかもしれません。

将来英語を使う仕事や、海外で働くことを考えている人は、留学やワーキングホリデーなどを検討しましょう。

今からできる勉強

英語を使って高収入を狙うなら、ビジネスレベルの英語力は不可欠です。

書籍などを使って独学することも可能ですが、実用的な英語力を身につけるにはアウトプットも必要です。

NativeCamp(ネイティブキャンプ)」なら、パソコンやスマホを使ってアメリカやイギリスのネイティブスピーカーのレッスンを受けられます。

インプットとアウトプットを繰り返し、日常でも使える英語力を習得できるため、ぜひ活用してみてください。

>> ネイティブキャンプの無料体験を受ける

まとめ|英語を使う仕事で高収入を得るならオンライン英会話を活用しよう

英語を使って高収入を得るなら、ビジネスレベルの英語力が必須です。

「TOIEC600点以上」など、明確なスコアが募集条件になっている職種もあるため、早めに対策を始めましょう。

将来英語を使った仕事で稼ぐためにも、オンライン英会話「NativeCamp(ネイティブキャンプ)」を活用して英語力を高めておきましょう。

この記事が、将来英語を使って働きたいあなたの参考になれば幸いです。

>> ネイティブキャンプの無料体験を受ける

英語を使う仕事で高収入を狙うときのよくあるQ&A

Q 日本で英語を使って働ける仕事はありますか?

A 外資系のコンサルティングファームや公用語が英語の日系企業に就職すれば、国内でも英語を使って働ける可能性があります。

英語を使う会社では、TOIECのスコアが700~800点以上求められる場合もあるため、早めに対策しておきましょう。


A 英語を使う女性向けの仕事は?

Q フリーランスの英語ライターなら在宅勤務がしやすく、ワークライフバランスが取りやすいといえるでしょう。

子育てと仕事を両立したい人にもおすすめの職種です。

参考文献

財務省 ー 英語力がもたらす経済効果

職業情報提供サイト(日本版O-NET)ー 「英語」の検索結果

その他記事