初心者必見!在宅派WEBライターになるには?必要なスキルとは | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

初心者必見!在宅派WEBライターになるには?必要なスキルとは

2018.07.13
Pocket

専業主婦として家事や育児をこなしていると空いた時間に「自宅で生活費って稼げないのかな?」と思ってしまいますよね。

 家事の片手間でもWEBライターとして活躍している女性は多くいます。

言葉だけを聞くとはじめてだし自分にできるのかな?不安になりがちです。

 初心者がWEBライターになるには、どのようなスキルが必要なのかまとめてみました。

「WEBライターが文章で求められるもの」

WEBライターとは、雑誌や新聞ではなくインターネット上で文章をかく人のことをいいます。

「ネットの上での文章を書く」と言われても経験がなければ、どのようなスキルが必要かわからないですよね。

WEBライターが文章作成にあたり求められることは何があるのでしょうか。

 

 ①読みやすい文章がかけるか

普段わからないことあると、携帯やパソコンで調べたりをしますよね?

調べたときに「解決した!」と感じる文章ほど、読みやすく分かりやすい内容になっていると思います。

 読みやすい文章とは、悩んでいる人に向けてしっかりと解決策がかいてあるかどうかです。

クライアントと契約をすると、オリジナルの文章を書いて欲しいと頼まれることがあります。

ここで言うオリジナルとは質の高い記事のことを意味します。

自分の言葉で考えて、記事を作成し仕上げていくことを常に求められるのです。

 

② 正確性や信用できる記事になっているか

WEBライターが質の高い記事を書くためには、正確な情報をもとめられる点でしょう。

参考となる資料集めや、取材はすべて自分で行わなければいけません。

情報収集を自分ですることを「リサーチ」といいます。

WEB上ではカタカナ表記の業界用語が多いため覚えておくと便利でしょう。

 

リサーチをするためには、

・自分で現場までいき取材をする方法

・文献・公的機関・企業の公式サイトなどを参考にする方法の2つに分かれます。

 

また信ぴょう性が保証されていないリサーチ方法とは、

・個人のブログを参考にする

・運営者が存在しないサイト記事を参考にする

・掲示板サイトを参考にする

・参加自由型のキュレーションサイトよばれる「まとめ記事」を参考にする

などがあります。

 

他サイトからの記事をそのままマネをして、記事を作成することは禁止されています。

情報をいかに多くあつめるかが記事作成のポイントとなりますが、違反だけは絶対にしないように気をつけましょう。

 

記事を書くにあたりトレンドも求められる

WEB上の世界では常にスピードも求められます。

このスピードとは「流行」つまりトレンド記事のことです。

初心者であればトレンド記事がもっとも書きやすい案件だと感じます。

 「今の流行は知らない」と思うかもしれませんが、トレンド記事はファッションやネイルだけではなく季節的なものまで含まれます。

 

・日頃からテレビを見る人

・ママ友同士で話題になったこと

・新しい化粧品を購入したこと

・ランチでたべた新メニューのこと

・新しい習いごとを始めた

少し視点をかえるだけでも沢山の内容が出てきますよね。

 

主婦は特に話題のオンパレードと言っても過言ではありません。

毎日起こったことをどんどん記事にしていきましょう。

「WEBライターに必要なスキルの内容」

在宅でのWEBライターは、自分で仕事をとってこなければ業務が始まりません。

スムーズに進めるために必要なことは他に何があるのでしょうか。

 

・コミュニケーション能力

「在宅なのに?」と思うかもしれませんが、実際のクライアントと、どのように円滑に業務をすすめていくか打合せをしながら進めていきます。

場合によってはスカイプなどの打合せもあるため、今後の評価を考えると基本的なマナーは欠かせないでしょう。

 

・ワードやエクセルが使いこなせるか

初心者WEBライターが必要とされるスキルとは、文章作成ソフトが使えるかどうかがポイントになってくるでしょう。

ワードは文章をメインに、エクセルとは表計算をメインにしたソフトです。

 

場合によっては「スマホ」「タブレット」「メモ帳」でも納品可能なクライアントもあります。

ただし長文の記事作成を視野にするのであれば、基本ソフトが使えるかがポイントになるでしょう。

「スキルの向上のテクニック」

・自分が書きやすい案件を選ぶ

WEBライターになるには、とにかく記事を書き続けることが大切です。

女性であれば女性目線案件を選び、書きやすいテーマであれば続くと思います。

初心者に依頼される案件内容は

・コラム記事

・商品紹介

・体験談

クライアントは、生活の悩みなどの現場の声を求めています。

 

自然に脱毛・出産・子育て・生活・料理・掃除・ダイエット・恋愛に関することがたくさん出てくると思います。

「自分が解決した内容を他人に教えたい」といった思いで取り組むと、モチベーションアップにつながるでしょう。

 

・校正を勉強する

校正とは誤りを正すことを意味します。

記事に誤字脱字がないか、不適切な表現がないかをチェックするのは大切です。

たとえば「以外」→「意外」と使っている場合ですね。

 

案外、自分がかいた記事って読み返したくないものなんです。

そこでオススメするのは、

・初心者は他人によんでもらう

・プリントアウトする

・時間をおく

この3点を意識しながら、間違いを失くしていきましょう。

 

誤字脱字がおおければ修正依頼などが増えるため、時間を無駄にしないためにも校正力は身につけていきたいものです。

「初心者WEBライターが活躍できる場所」

働く時間の自由度が多いクラウドソーシングを活用して、実際に文書をかいてみましょう。

クラウドソージングとは、

クラウド=不特定

ソージング=業務委託

つまり不特定多数の人に仕事を依頼する場所です。

 

参加したい案件を自分でえらぶタスク型方式や、

クライアントと直接契約を結ぶもの、

直接作品を提出して1名だけを選出するコンペ方式

などがあるため自分が働きやすいものから始めてください。

 

最初から長文案件にチャレンジしてしまうと挫折する可能性もあるため、400文字程度の短文案件からトライしていきましょう。

 

400でも時間がかかってきつい!と思うかもしれません。

400文字がなれたら500文字と慣れていくと2000文字クラスの長文はスラスラと書けるようになります。

「まとめ」

初心者でもWEBライターになるには、リサーチ作業をしっかりすること、取り組みやすい案件に取り組むことでストレスなく続けられると思います。

ちょっとした空き時間に稼ぎたいと思う方は、スマホやタブレットで行うのではなくパソコンのスキルをあげましょう。

生活している悩みを記事にすることで、読者が解決するかもしれません。

環境を整えてあなたもWEBライターの世界で活躍しましょう。

Pocket

pagetop