社会人におすすめのオンライン講座6選【無料や生涯役立つジャンル】 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

社会人におすすめのオンライン講座6選【無料や生涯役立つジャンル】

公開日: 2024.04.30
最終更新日: 2024.06.27

社会人におすすめのオンライン講座6選【無料や生涯役立つジャンル】

オンライン講座って色々あるけど、何を選べば良いの?
仕事しながら勉強できるかな?
おすすめのオンライ講座を知りたい!

この記事を読んでいるあなたは、おすすめのオンライン講座を知りたいと思っているのではないだろうか。

「スキルアップしたい」

という人、

「なんとなく何かを学んでみようかな」

という人など、とにかく勉強したい大人におすすめできるオンライン講座は沢山存在する。

この記事では、「社会人にオンライン講座がおすすめな理由」や「おすすめジャンル」、具体的におすすめなサービスを紹介。

最後まで読むことで、自分にぴったりなオンライン講座を見つけられ、スキルアップをしたり、ハリのある生活を遅ったりできるようになるだろう。

社会人はオンライン講座で学ぶべき理由【メリット】

好きな場所・好きな時間で学べる

オンライン講座で学ぶべき一つの理由は、好きな場所と時間を選んで学べること。

本業があって忙しい中で勉強するのは大変だが、オンライン講座であれば効率よく学べるだろう。

例えば、「仕事終わりに1時間だけスタバで講座を受ける」といった受講の仕方であれば、続けやすいのではないだろうか。

好きな場所と時間を選べるのは、対面講座にはないオンライン講座ならではの魅力だ。

復習しやすい

2つめの理由としては復習しやすいことが挙げられる。

1度学んだだけで全てを吸収するのは難しいが、オンライン講座の多くはビデオを何度も見返せるようになっているので、何度でも復習可能だ。

復習で知識を定着させやすいのもオンライン講座の魅力の一つだろう。

場所に関係なく有名講師や実力のある講師の授業を受けられる

オンライン講座であれば、地方に住んでいても有名講師・人気講師の授業を受けられる。

有名講師は東京や大阪などの都会で授業していることが多く、地方住みの人が対面授業を受けるのは難しいだろう。

そんな中で、オンラインであればどこに住んでいても関係ないため、特に地方住みの人には非常におすすめだ。

オンライン講座のデメリット

今までオンライン講座のメリットを説明してきたがデメリットももちろんある。

オンライン講座のデメリットを把握した上で快適な学びの機会を得てほしい。

質問がしにくい・できないこともある

オンライン講座は質問しにくい場合もある。

録画を見るだけの講座であればその場での質問はできない。

また、ライブ授業であっても対面授業と比較すると質問しにくいと言えるのではないだろうか。

「チャットで質問を受け付けてくれる」といった対応をしているところもあり、自分が困らない程度に質問できるかどうかを確認してから受講を決めると良いだろう。

デバイスやアプリの慣れが必要

オンラインで学習するためには、PCやスマホを正しく使う必要がある。

大抵は丁寧に教えてもらえるので大丈夫だと思うが、「極端に機械音痴」「自宅の通信状況が悪すぎる」といった人はオンライン講座を受講するのは難しいのではないだろうか。

デバイスやアプリをある程度使いこなせる自信のない人には、オンライン講座はおすすめできない。

オススメジャンルは英語・会計・IT領域

どの企業においても重宝される

英語、会計、ITの3領域は、「ビジネスの3種の神器」とも呼ばれるほど汎用性の高い分野になる。

今この記事を読んでくれているあなたは自動車業界、アパレル業界、鉄鋼業界、人材業界、不動産業界など色々な場所で働いていると思うが、どの業界においてもこの3種の神器は役に立つ。

今はどの企業もグローバルに事業を展開しているし、仮に今していなくても今後グローバル展開を検討している企業は多くあるだろう。

そのような企業に英語力のある人材は重宝される。

また今後は少子高齢化による人口減少により、一層外国人と働かなくてはならなくなるだろう。

会計は自社・取引先の経営状況を適切に把握するために必須の学問であり、知っていると知らないのとではビジネス理解に大きく差が出る。

出世を目指したい人ほど必須の学問であると言えるだろう。

ITスキルも同様だ。

今はどの企業・産業でもDXというワードが身近なものになっており、既存業務の効率化はどこの企業も力を入れている。

またビジネスモデルもデジタルを中心としたものに変革せざるおえなくなっており、高度なITスキルが必要になっている。

このような環境下の中で、デジタル人材のニーズはとても高く市場からも求められている。

国内だけではなくグローバルに活躍できる

人口が年々減少している日本において、今後はより一層国外とビジネスをする機会が増えてくる。

そのためのツールとして、海外とコミュニケーションを取るための世界共通言語である英語、取引先の経営状況を把握するために必要な世界共通言語である会計、0→1を生み出すITスキルや業務を効率化するITリテラシー、これら3つを習得する事で国内企業だけではなくグローバル企業への転職の可能性も出てくる。

英語、会計、ITのスキルを高めつつ、あなたの専門分野と掛け合わせる事で海外転職も見えてくるだろう。

世間からの声


Excelはコスパのいい自己投資!ってか大学時代に「英語・会計・IT」全部やっときましょ!

X(旧Twitter)より抜粋



何人かの先輩からこれからはITと会計と英語が全部できたら市場価値ヤバいらしいよ的な話と聞いた
当時プログラミングばかりで会計のかの字も知らなかった僕はその足で専門学校に公認会計士のパンフレットもらいにいった

X(旧Twitter)より抜粋


オススメのIT領域オンライン講座!

プロゲート

プロゲート
引用:プロゲート

まず最初に学ぶオンライン講座として、プロゲートはとてもオススメだ。

HTML・CSS・JavaScript・PHP・Pythonなど主要な言語を網羅して勉強することができる。

プロゲートの良い点は実際に手を動かしながら学ぶことができる点だ。

通常のオンライン講座は動画を視聴することがメインとなるが、プロゲートでは実際にコードを書きながら実戦で覚えるというスタイルを取っており、教材もわかりやすいことから独学でも進めやすい。

値段も良心的でプログラミングの基礎を培うにはコスパのよいサービスにはなるが、自分で進めていかなくてはならないため自己コントロール能力が高い方に一層むくサービスだと言える。

>>プロゲートをオンラインで受講する

Udemy

Udemy
引用:Udemy

Udemyとは主に動画学習サービスを提供している世界最大級のサービスだ。

Udemyの個々のコンテンツは業界のプロが作成しており、自分が学びたい専門学問をプロから学ぶことができる。

そして、疑問点はその講師に質問もできるため、より深くITスキルを高めたいといった方にはとてもオススメできる。

Udemyは動画買い切りのサービスになるため動画毎で価格は変動するが、頻繁に大幅セールも実施しているため、タイミングを見計らってぜひ利用の検討をオススメしたい。

>>Udemyをオンラインで受講する

ExcelPro

ExcelPro
引用:ExcelPro

今までは、ウェブサイトやプロダクトを作るための「プログラミング スキル」に焦点を当ててきたが、日々の業務を効率化するためのITスキルにも焦点を当て、オンライン講座をオススメしていきたい。

このExcelProではその名の通り、エクセルやパソコンワークを極めるための講座になる。

教育系YouTuber「おさとエクセル」として有名な方が講師をされており、伊藤忠商事で培ったエクセルや業務効率化ノウハウをふんだんに詰め込んだコンテンツになっている。

VBAやエクセル、ショートカットキーによる業務効率化スキルは、学べば今日から効果を実感できる、コストパフォーマンスの高い学びになるので、この機会に是非「業務効率化の鬼」を目指して学習に勤しんでほしい。

今までエクセル実務を書籍で学んではいたが、挫折してしまった方がもしいれば動画で学ぶことも是非検討してみてほしい。

いきなり有料で講座を受講することに抵抗がある場合、YouTubeで無料視聴できる動画コンテンツも数多く公開されているので、まずはそちらをご覧いただくのも良いだろう。

>>ExcelProをオンラインで受講する


様々な媒体で無料で有益な情報発信を行っているので活用しよう

動画で学びたいならYouTube「ユースフル/スキルの図書館」、 オフィスなどYouTube視聴できない環境で学びたいなら、画像・GIF・テキストで学べるWEBメディア「ユースフル」を使用してみてはいかがでしょうか。


世間からの評判


奮発してユースフルのエクセルプロ購入して良かったかも

X(旧Twitter)より抜粋


キャリフリ

キャリフリ
引用:キャリフリ

キャリフリはスキルアップスクールと転職支援をまとめて提供するサービス。

土台となるスキルを磨き、あなたの市場価値を高めることにより働き方の選択肢を増やせる。

「会社員」「フリーランス」といった枠にとらわれずに、自由にキャリアを選択したい人におすすめだ。

今ならLINE追加とアンケート登録するだけで無料カウンセリングが受けられるので、自分に合うプランを知りたい人はぜひ受けてみてほしい。

世間からの評判


「フリーランスも興味があるし、正社員の安定も捨て難い。」そんな時にいいとこどりができるキャリフリを受講して本当によかったです。

キャリフリより抜粋


オススメの英語領域オンライン講座!

では英語力を高めるためのオンライン講座をご紹介していきたい。

まず英語力を高めるための指標として、 TOEICスコアを高めることをオススメする。

今もなお日本ではTOEICスコアが高ければ高いほど、就職や転職に非常に有利な傾向があり、その分選択肢やチャンスも広がる。

TOEICの勉強をすることでリスニングとリーディングと文法スキルを高めることができるため、英語の基礎スキルを醸成することもできる。

そのため社会人はまず TOEICの勉強をすることをオススメする。

ネイティブキャンプ

TOEICの勉強と並行してスピーキングの能力向上にも是非努めてほしい。

TOEICではスピーキングテストはないためTOEIC満点を取っていても英語を話すことはできない。

本物の英語力を獲得するためにも英語で積極的に話す時間を是非取ってほしい。

数ある英会話スクールのなかでネイティブキャンプがオススメだ。

その理由としては、レッスン回数無制限であり、24時間365日いつでも好きな時に受講できるからだ。

大抵他スクールだと、レッスン回数は決まっており事前に予約をしなくてはいけない。

ネイティブキャンプ ではやる気次第で一日中オンラインで英会話のレッスンをすることも可能だ。

>>ネイティブキャンプをオンラインで受講する

スタディサプリENGLISH

 TOEICのスコアをあげるに当たって書籍や問題集を通して勉強することもできるが、私はスタディサプリENGLISHを活用することをオススメする。

スタディサプリでは「ベーシックプラン」と「パーソナルコーチプラン」があり、それぞれで内容が異なる。

ベーシックプランに登録すると、カリスマ講師の動画が300本、 TOEICテスト20回相当分のテスト問題などがアプリ上で学習できるようになる。

単語、文法、リスニング、リーディングがこのアプリだけで網羅されており、スマホ一つで TOEIC学習を効率的かつ効果的に進めることができるのだ。

またパーソナルコーチプランでは自分専属のコーチがつき、学習プランの提案や進捗管理など学習におけるサポートをしてくれる。サボりがちになってしまう方がいればぜひこのプランをオススメしたい。

>>スタディサプリENGLISHをオンラインで受講する

世間からの評判


スタサプEnglish 1年間の勉強終了
自信を持ってお勧めできる教材だったよ

X(旧Twitter)より抜粋


プログリット

もしあなたが英語学習に本気で最短で求める結果を出したいと考えているなら、英語コーチングを受けることをオススメする。

英語コーチングとは、英語に長けたコンサルタントの方があなたの学習課題を発見し、本質的な解決策を立案、学習スケジュールの提案までを一気通貫で実施してくれる。

英語コーチングのプログリットのコンサルタントは採用率0.88%を通過したビジネス英語のプロ集団であり、その中からあなたにあったコンサルタントが専属でつく。

本気で英語を極めたい、習得したいという方にはぜひ検討してほしい。

>>プログリットをオンラインで受講する

オススメの会計領域オンライン講座!

最後に会計を学ぶためのオススメのオンライン講座を紹介して本記事を締めくくりたいと思う。

会計に関してはまずは簿記の勉強をすることをオススメする。

簿記資格の勉強をすることで知識を網羅的に勉強することができ、会計の概念や仕組みを理解するのに役立つからだ。

スタディング 簿記3級・2級

まず簿記の学習を進めていくにあたって、スタディングを活用することをオススメしたい。

オンライン講座ならではだが、スタディングなら教材・問題集がアプリ一つで完結でき、勉強も復習もしやすい。

またAIが個別最適した復習スケジュールを提供してくれるため知識も定着しやすい。

ここまでなら他社と大きく違う点はないと思われるかもしれないが、スタディングの良い点は圧倒的なコスパだ。

受講料がとても安く簿記3級・2級を取得するにあたっての講座料金が22,000円と大変お得だ。

高いスクールだと10万円〜15万円かかるところもある。

>>スタディング 簿記講座をオンラインで受講する

資格の大原 国際会計検定

資格の大原 国際会計検定
引用:資格の大原

会計といえば日本の簿記資格を連想すると思うが、今は多くの企業が海外投資家とコミュニケーションをとる必要性を迫られていることもあり、決算資料を英語で作成する必要が出てきている。

このため英語で財務諸表を読む力がある人材も今後は非常に重宝される。

なので、英語に強い方もしくは英語プラスアルファを身に付けたい方は国際会計検定の受験もオススメしたい。

国際会計検定のオンライン講座はあまり多くはないが、資格の大原では通信講座を提供している。

簿記3級の学習経験者の場合、計4回の講座で英文会計をしっかりと学習できるコースを提供しているので、まずは日本の簿記を勉強してみて興味があればこちらもチャレンジするのが良いだろう。

>>資格の大原をオンラインで受講する

Abitus

Abitus
引用:Abitus

ここまで日商簿記や英文簿記の紹介をしてきたが、よりグローバルに活躍するために英語と会計を極めていきたいと考えている方には、米国公認会計士の資格取得も是非検討してほしい。

この資格はアメリカの公認会計士として働くことができる資格にはなるが、グローバル需要が高まっている日本でも米国公認会計士の資格取得は自身のキャリアに更なる磨きをかけてくれる武器になる。

この資格は日本の公認会計士よりは難易度が低く、働きながらでも1年〜2年で合格を狙うこともできる。

ただ問題文は全て英語であり、英語が得意な方ではないと挫折のハードルが高くなる。

よって英語力はTOEIC最低800点以上、会計は簿記2級以上を取得してBATICを通して英文会計に慣れた状態で本試験に挑戦することをオススメする。

この米国公認会計士の資格取得をサポートしてくれるスクールでは、Abitusをオススメする。

Abitusでは日本語版教材も併用して学習を進めながら、本試験日に対応できるように設計されている。

また忙しい社会人のために各講座も短く設定されており、アプリなども活用して効率的に学習を進めることができる。

他社スクールだと日本語版教材がないスクールもあり、帰国子女や TOEIC満点保持者でないと授業について行けない可能性が高い。

その点、アビタスでは丁寧な日本語版教材から徐々に英語で問題を解くことに慣れてもらうスタイルをとっているので挫折リスクが少ない。

>>Abitusをオンラインで受講する

まとめ|オンライン学習でスキルアップ!

ここまでは、英語・会計・ITの軸でオンライン講座をオススメしてきた。

この3種の神器は勉強しておいて損はないため、ぜひトライしてほしい。

またオンライン講座は忙しい社会人にも無理なく学習ができる設計になっているスクールが非常に多いため、今回ご紹介した記事の中からあなたに一番マッチしたスクールを是非選んでほしい。

今回の記事をきっかけに、学びを通してあなたの人生がより豊かなものになれば、これほど嬉しいことはない。

その他記事