美容師から異業種へ転職可能?美容師経験を活かせる仕事とおすすめ転職サイトを解説! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

美容師から異業種へ転職可能?美容師経験を活かせる仕事とおすすめ転職サイトを解説!

公開日: 2024.05.16
最終更新日: 2024.05.23

美容師から異業種へ転職可能?美容師経験を活かせる仕事とおすすめ転職サイトを解説!

美容師から転職したい方必見!未経験から挑戦できる職種をはじめ、美容師からの転職で活かせるスキルと主な転職先を解説します。

未経験・異業種でも安心して利用できる転職エージェントも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

◆本サイトの表記には、一部プロモーションを含みます

美容師から異業種への転職はできる!

「仕事内容にミスマッチを感じる」「休みが少ない」などの理由を中心として、美容師として働いていくことに悩みを抱える人は少なからずいます。

将来のキャリアを考え、未経験でも転職可能なのか気になるところ。

ですが結論、美容師でも異業種への転職は可能です。美容師として日々当たり前にしている接客対応や美容に関して精通している点は、転職先でも活用できます。

本記事では、美容師から未経験の業種に転職する上で準備すべきこと・主な転職先・おすすめの転職エージェントについて解説します。

美容師の離職率は高い!転職理由とは?

美容師の離職率は高いと言われています。

厚生労働省が2021年10月に発表した「新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況」によれば、美容師を含む「生活関連サービス業・娯楽業」の就職後3年以内の離職率は、46.5%

産業別の全体で見ても、2番目に多い離職率です。

主な離職理由には、労働時間の長さや給与の低さ、長時間の立ち仕事などが挙げられます。美容師を長く続けることに不安を感じる人が多いようです。

参考:新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況

美容師からの主な転職先

続いて、美容師の主な転職先を紹介します。

美容師はお客さまの意向をヒアリングしながら業務をしているため、営業職に向いている方が多いです。

特に美容系の商材を扱う営業職であれば、美容師経験や知識が営業する際の武器にもなり得ます。

他にも、まつ毛への施術を行う「アイリスト」が、美容師免許を活かした仕事として挙げられます。

アイリストは、2008年から美容師の免許取得が必須となった仕事で、経験を活かした転職が望めます。

美容師には、異業種・異職種であっても、これまでの経験を活かせるスキルが備わっています。未経験や異業種への転職は前向きに検討してみることをおすすめします。

転職先で活かせる美容師のスキルとは

美容師として働く中で得た経験や培ったスキルは、同業界内・別業界で活かせるものも多くあります。

「美容業界で活かせるスキル」と「美容業界以外でも活かせるスキル」 に分けて、それぞれ見ていきましょう。

美容業界で活かせる美容師のスキル

美容師から同じ業界である美容業界への転職で活かせるものには「美容知識」「美容師免許」が挙げられます。

美容知識の具体例として、ヘアカラー薬剤に関する知識があります。薬剤に関する知識量は美容師ならではの魅力です。

美容室で得た知識や経験は、美容関連の企業をクライアントとする会社で重宝される可能性があります。

また、美容師免許は他の職種にも活かせる資格。「アイリスト」「アイブロウデザイナー」「カラーリスト」などは美容免許が必須な職種です。

免許があれば、必要な技能を身につけることで転職が実現できる職種です。

美容業界以外でも活かせる美容師のスキル

美容師は接客業でもあるため、接客経験やコミュニケーションスキルは異業種でも活かせるスキルです。

他にも希望のヘアスタイルをお客さまの話から汲み取り、デザインする創造性の高さも美容師の強みとなります。

顧客の希望を聞き出す丁寧なヒアリング力は、営業において重要なスキルの1つ。

ヒアリングを元に提案を行う力は、サービスや商品を企画する「企画職」にも活かせる可能性があります。

美容師からの転職におすすめの転職サイト・エージェント

美容師から未経験職種へ転職には、不安がつきもの。

まずは、業界をよく知り具体的に働き方をイメージすることが重要です。

未経験の転職は、転職エージェントを利用するのがおすすめ。求人紹介から選考対策まで一貫したサポートを受けられます。

美容師からの転職におすすめの転職サイト・エージェントを3つ紹介します。

それぞれの特徴と魅力を見ていきましょう。

1. リクルートエージェント(RECRUIT AGENT)

リクナビエージェントは非公開求人数が約10万件と日本最大級の転職エージェント。

情報提供の充実度はもちろん、選考に関わる応募書類の添削、面接アドバイスのサポート体制も万全です。

美容業界の美容師以外の仕事や他業界含め、条件問わず幅広い求人を揃えています。

まだ希望の業界が固まっていない人や、転職エージェント選びで迷う人など、多くの人におすすめできるのがリクルートエージェントなのです。

>> (無料)リクルートエージェントに登録する

2. doda(デューダ)

dodaは未経験業界への転職、初めて転職活動する方におすすめの転職エージェントです。

求人職種は幅広く、公開求人数は約12万件。丁寧なサポート体制から利用者の満足度は非常に高いです。

また、dodaは職務情報を見た企業側から直接スカウトが届く機能も。

まだ転職先の希望が固まってない人も、選択肢を広げつつ求人を探せるのです。

情報収集をしっかりしながら転職活動したい方は、dodaを利用するのがおすすめです。

 

>> (無料)dodaに登録する

3. マイナビエージェント(マイナビAGENT)

マイナビエージェントは20代や未経験の転職支援に強い転職エージェント。

キャリア相談や求人紹介、選考対策に至るまで、手厚いサポートが魅力で、初めての転職にもおすすめ。

全国に拠点があるため、地方求人にも強く、業種・職種問わず幅広い求人を揃えています。転職活動に不安がある方は、マイナビエージェントを利用しましょう。

>> (無料)マイナビエージェントに登録する

美容師からの転職|転職エージェント活用のコツ

美容師から未経験職種への転職を考えている方・初めて転職活動する方は、転職エージェントを活用し、納得できる転職を実現させましょう。

非公開求人への応募や、知らなかった業界や職種についてアドバイスを貰えます。

ここからは、転職エージェントの活用のコツ3選を解説します。1つずつ見ていきましょう。

1. 担当者と職務経歴を共有する

転職エージェントに登録後は、始めに担当者との面談があります。

面談では、これまでの職務経歴について情報を共有し、これからの転職活動の方針を担当者と一緒に考えます。

面談までに準備すべきこと

  • 理想の働き方
  • 転職理由
  • 職務経歴

担当者とのに面談時点で、転職先の候補が見つかっていなくても問題ありません。

まずは、上記の3つを正確に伝えられるように準備しておくと良いでしょう。

2. 自己PRを考える

美容師から転職する際には、自分のアピールポイントを整理することが重要です。

接客対応でお客様に喜んでもらったこと、美容師として大切にしてきた価値観などは、転職先でも活かせるスキルとして見てもらえるでしょう。

魅力的な自己PRを作るポイントは、これまでの職務経験の中の自分ならではのエピソードを書き出すこと。

何を意識して仕事を行い、経験の中でどんな成長ができたかを整理してみましょう。

担当者との面談の中で、思いもよらなかった点が強みになる場合もあるため、漏れなく伝えることが重要です。

3. 今後のキャリアを明確にする

美容師からなぜ転職しようと思ったかを明確にしましょう。

ライフイベントに伴い、労働時間を見直したい、自己成長に見合った給与を受け取りたいなど、理想とするキャリアが思い浮かぶと思います。

まずは1年後、そして5年後にどのような働き方を実現していたいのかを把握することで希望する職種や業界を見つけやすくなります。

美容師から異業種へ転職しても活躍できる!

美容師から未経験でも異業種への転職は可能です。美容師としての業務経験や強みを自己PRで伝えられるように、しっかり経歴を洗い出しましょう。

美容師からの転職を考えたときには、まずは転職エージェントに登録をして、エージェントに今後のキャリアを相談をしてみることをおすすめします。

その他記事