薬剤師は年収が低いって嘘?薬剤師の平均年収と年収アップまでの流れを解説 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

薬剤師は年収が低いって嘘?薬剤師の平均年収と年収アップまでの流れを解説

公開日: 2024.05.17
最終更新日: 2024.05.17

薬剤師は年収が低いって嘘?薬剤師の平均年収と年収アップまでの流れを解説

今より年収アップできる職場に転職したい
年収を上げるためにはなにをすればいいの?
今の給与が薬剤師の平均年収より低い気がする

この記事に辿り着いたあなたは、現在の年収に対して不満を覚えている薬剤師なのではないでしょうか。

結論、年収アップを目指すなら、給与の良い職場にキャリアチェンジするのがおすすめです。

薬剤師の年収は職場によって変動が大きく、病院と製薬会社だと年間100万円近い差があります。

また薬剤師は年収は上がりにくく、昇進しも難しいので、早くに頭打ちになる可能性が高いです。

年収アップを目指すなら転職エージェントを使って、年収のよい職場に転職しましょう。

どの転職エージェントがよいのか迷った時は、求人数も多く、サポート体制が充実しているファルマスタッフがおすすめです。

本記事では、薬剤師の平均年収から年収アップの方法、おすすめの転職エージェントまで詳しく解説します。

本記事を読めば、薬剤師でも年収アップが目指せます。

この記事の要約・まとめ

薬剤師の収入って低いの?

むしろ一般の平均年収よりも高いです。

薬剤師の初任給は平均よりも高い傾向にありますが、一方で年収の上昇は緩やか。

そのため早い段階で年収が頭打ちになる可能性があります。

薬剤師の年収は職場によって大きく変動するため、収入アップを目指すなら転職するのもおすすめです。

薬剤師におすすめの転職エージェントはどこですか?

薬剤師転職に特化したファルマスタッフがおすすめです。

薬剤師の転職市場や職場の内部情報に詳しいため、市場や転職者の要望・キャリアに応じて的確な求人を紹介してくれます。

履歴書の添削や給与交渉なども行っており、サポート体制も充実しています。

キャリアアップや人間関係の悩みなど、転職目的に応じた求人紹介やサポートを行ってくれるため、おすすめの転職エージェントです。

薬剤師が年収アップを目指すなら、なにをすればいいの?

薬剤師が年収アップする方法は以下の2つが上げられます。

  • 今の職場で昇進する
  • 転職エージェントを活用して転職する

今の職場で昇進を目指すなら、薬局長や管理薬剤師などを目指せる職場環境かをチェックしましょう。

一方、転職エージェントを利用して転職をする場合は、求人先の口コミをチェックしたり、勤務条件を明確にしたりすると自分に合った職場に就職できる可能性が上がります。

優良な転職エージェントの証明
厚生労働省認可の職業紹介優良事業者認定医療分野における適正な有料職業紹介事業者認定を取得している

薬剤師の年収が低いと言われる理由

薬剤師の年収が低いと言われる理由

薬剤師の年収が低いと言われる理由は以下の3つが挙げられます。

  • 年収が上がりにくい
  • 職場によって給料差がある
  • 手当制度が整っていない**

今の職場で年収が低いと感じている場合でも、転職によって年収アップが期待できます。

まずは、薬剤師の年収が低いと言われる理由を解説していきます。

1-1.年収が上がりにくい

1つ目に、薬剤師は昇給しにくいため、年収が上がりにくい点が理由に挙げられます。

初任給は高く設定されている職場も多いですが、薬剤師は役職が多くないため昇格も難しく、給与が頭打ちだと感じる人も多いようです。

1-2.職場によって給料に差がある

職場によって給料に差があるため、「自分の職場の年収は低い」と感じる人も少なくないです。

薬剤師の主な勤務先には「調剤薬局」「ドラッグストア」「製薬会社」などが挙げられますが、業務内容だけでなく、給与にも大きな差があります

また都心部と地方でも年収が異なります。一般的に都心部よりも地方は薬局の数も少ないため、年収は高い傾向にあります。

今の職場の年収に不満がある人は、新たな職場へ転職することで年収に対する不満は解消できるでしょう。

1-3.手当制度が整っていない

手当制度が整っていないことを背景に、年収の低さを感じる薬剤師も少なくありません。

薬剤師として働きながら必要となる資格を取得したり、役職についたりすると手当が支給されますが、中には支給がない職場もあります。

薬剤師の年収が低いと感じる要因のひとつといえるでしょう。

薬剤師の年収が低いのは嘘?薬剤師の年収と平均年収を比較

薬剤師の年収と平均年収を比較

結論、薬剤師の年収は一般的な年収より高いです。

ここからは、薬剤師の職場別年収、生涯年収の推移を解説します。

最後に日本の平均年収と比較しますので、参考にしてみてください。

  • 薬剤師の年収
  • 日本の平均年収

順に見ていきましょう。

2-1.薬剤師の年収

薬剤師の年収は職場によって異なります。

マイナビ薬剤師が保有している求人情報を参考に職場別の薬剤師の年収と生涯年収の推移を見ていきましょう。

【職場別】薬剤師の年収

職場別で薬剤師の年収を比較すると、下記の通りです。

業種 平均年収
病院薬剤師 434.6万円
調剤薬局 488.3万円
ドラッグストア 512.5万円
製薬会社 543.2万円
参考:マイナビ薬剤師「薬剤師の転職Q&A転職準備」

薬剤師の年収で最も高かったのは製薬会社の約543万円、最も低かったのは病院薬剤師で約434万円でした。職場だけで比較しても年収に約100万円の差がありました。

薬剤師の生涯年収の推移

薬剤師は初任給は高い傾向にあるものの、年収が上がりにくい傾向にあります。

そのため、年収は早い段階で頭打ちになる可能性が高いです。

薬剤師が多く活躍している「調剤薬局」の平均年収から算出すると、65歳までの生涯年収は約2億円でした。

一方、年収の最も高い製薬会社の生涯年収を算出すると、約2億2,000万円なので、生涯年収は2,000万円も差があることがわかります。

2-2.日本の平均年収

30代の一般企業会社員の平均年収は435万円、薬剤師30代の平均年収は514万円です。(※2021年9月~2022年8月における約56万人の年収データ)

日本の平均年収と比較しても、薬剤師の年収は低いとは言い切れないでしょう。

参考:doda「平均年収ランキング(年代別・年齢別の年収情報) 【最新版】」

薬剤師で年収アップを狙う人におすすめの転職サイト・エージェント

薬剤師で年収アップを狙う人におすすめの転職サイト・エージェント

薬剤師で年収アップを目指すなら、転職エージェントを活用するのがおすすめ!

転職エージェントは転職のプロなので、業界の最新情報の提供から、面接対策のサポートまでしてくれます。

ここで紹介する4つの転職サイトはどれも薬剤師から高評価。それぞれの特徴や強みを理解して、自身にぴったりの転職サイトに登録してみてください。

  • ファルマスタッフ
  • お仕事ラボ
  • マイナビ薬剤師
  • アプロドットコム

順に紹介していきます。

3-1.ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、20代30代の薬剤師に支持されている転職エージェント。

公開求人は約41,000件と求人数の豊富さも特徴です。

職場の見極め方や履歴書の添削まで、初めての転職活動の薬剤師の人も安心の丁寧なサポートが充実しています。

転職するべきか悩んでいる人の相談にも対応してくれるので、転職を使用か検討中の方にもおすすめですよ。

 

>> (無料)ファルマスタッフに登録する

3-2.お仕事ラボ

お仕事ラボ

お仕事ラボは、利用者満足度90%超え、転職後の定着率が非常に高い転職エージェントです。

専任コンサルタントは転職先の事情を把握しているので、業界の動向や今後の見通しについてもアドバイスを得られます

希望条件に合う求人がない場合には、専任コンサルタントが職場に直接売り込んでくれるので、自身の希望条件と転職先のマッチング精度の高い転職を実現したい方は、まずお仕事ラボを登録しておきましょう。

 

>> (無料)お仕事ラボに登録する

3-3.マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、正社員薬剤師の公開求人数が業界トップの転職エージェント。

業界大手のマイナビグループの薬剤師専門の転職サイトです。

幅広い年代の薬剤師から利用され、薬剤師が初めて登録した転職サイトとしてもNo.1の実績を持っており、利用者の満足度が非常に高い点も特徴的。

地方求人も取り扱いが多数あるので、地方で薬剤師として転職を検討している方は、まずマイナビ薬剤師を登録しておくと良いでしょう。

 

>> (無料)マイナビ薬剤師に登録する

3-4.アプロドットコム

アプロドットコム

アプロドットコムは、幅広い雇用形態・業種の薬剤師を募集する求人を取り扱う転職エージェント。

クライアント1人につき転職エージェントが1人ついて、最後まで転職を徹底サポートしてくれるところが魅力的です。

転職ノウハウもサイト内にまとめられているため、薬剤師としてキャリアアップするための情報を集めながら転職をしたい人にぜひ利用してほしい転職サイトのひとつです。

 

>> (無料)アプロドットコムに登録する

年収が低いとこれから不安…薬剤師が年収アップする方法

薬剤師が年収アップする方法

今のままの年収に不安を感じる薬剤師の人もいるかと思います。年収アップには2つの方法があります。

  • 今の職場で昇進する
  • 転職エージェントを活用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

4-1.今の職場で昇進する

今の職場で年収アップを目指すには、役職について昇給する必要があります。

しかし薬剤師の役職ポストは少なく、昇給できない人も多いのが現状。

薬局長や管理薬剤師などを目指せる職場環境であるかどうか見極めが大切です。

4-2.転職エージェントを活用する

薬剤師は職場によって、年収が大きく異なるため、転職で年収アップを見込めるでしょう。

例えば、現在調剤薬局で勤務されている薬剤師の方であれば、製薬会社やドラッグストアを転職先の候補にするのがおすすめ

転職エージェントは転職のノウハウはもちろん、面接対策や履歴書作成もサポートしてくれます。

転職活動で不安を感じたり、悩みがあるときも大変心強い存在です。

口コミサイトをチェックする

転職エージェントの紹介や転職サイトで見つけた求人をもとに、現場の声を口コミサイトでチェックしておきましょう。

転職後のギャップを埋めるためにも、口コミは参考になります。

「転職の際の希望条件が満たされる職場環境であるか」「年収アップを見込めそうか」など転職サイトだけではわからない情報は自分で集めるのがおすすめです。

②勤務条件の希望を明確にする

転職の目的となる「希望条件」は早めに明確にしておきましょう。

今の給与に不満があるのか、残業の多さが負担なのかなど、転職したいと考えた理由から勤務希望条件を洗い出せます。

希望条件を明確にして、転職エージェントに相談すれば紹介求人もより自分の希望にマッチしたものと出会いやすくなるもの。

希望条件がすぐ見つけられない場合には、転職エージェントとの面談を通じて、希望条件を見つけるのも方法の1つです。

薬剤師の年収が低い?と感じたら「転職エージェント」で転職のプロに相談しよう

薬剤師は職場やエリアによって年収に差があります。年収アップを目指してキャリアチェンジしたい人は、転職エージェントを活用してみてください。

本記事で紹介した転職エージェントは薬剤師の人からも信頼されている利用者の多い転職サイトです。登録するサイトに迷ったら、まずは今回紹介した4つから選んでみてくださいね。

転職のプロに相談することで、自分の理想とする勤務形態や働き方を見つけられることを願っています。

その他記事