薬剤師が辞めたい・向いていないと思う理由とは?転職準備と主な転職先を解説! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

薬剤師が辞めたい・向いていないと思う理由とは?転職準備と主な転職先を解説!

公開日: 2024.05.17
最終更新日: 2024.06.03

薬剤師が辞めたい・向いていないと思う理由とは?転職準備と主な転職先を解説!

自分には薬剤師向いていないかも…
他の職種にチャレンジしてみたい
もっと働きやすい職場に転職したい

この記事に辿り着いたあなたは、薬剤師から転職したいと悩んでいる最中なのではないでしょうか。

結論、薬剤師を続けるか否かに関わらず、今の職場が合っていないと感じたら転職をおすすめします。

薬剤師としてミスに対する不安やプレッシャーは、職場環境を変えることで改善できる可能性があります。

また薬剤師が自分に向いていないと感じた場合は、職種や異業種に転職するのも1つの選択肢です。

もし転職を迷っていたり、不安を感じていたりするなら、転職エージェントの利用を検討しましょう。

特に面談に力を入れているファルマスタッフなら、不安を共有しながら現状の改善法などを一緒に考えてくるのでおすすめです。

本記事では、薬剤師が辞めたいと思う主な理由と薬剤師におすすめの転職エージェント、転職の準備、主な転職先を紹介しています。

本記事を読めば、これからのキャリア展開についての答えが見つかるでしょう。

この記事の要約・まとめ

薬剤師におすすめの転職エージェントはどこ?

薬剤師として新たな職場で働きたいなら「ファルマスタッフ」、薬剤師以外の職種・異業種で働きたいなら「マイナビ薬剤師」がおすすめです。

ファルマスタッフは転職相談を丁寧に行っており、60分〜90分もの時間をかけてじっくりと要望やキャリアアップ・仕事の悩みと向き合うことができます。

マイナビ薬剤師は正社員だけでなくパートやアルバイトなど幅広い求人を扱っており、自分の希望に合った職場が見つけやすいです。

どちらのエージェントも一人ひとりに寄り添いながら転職サポートしてくれるため、はじめての転職でも安心して利用できます。

薬剤師以外の転職先は?

主な転職先として以下の4つがあります。

  • 薬局・ドラッグストア
  • MR(医薬情報担当者)
  • CRC(治験コーディネーター)
  • 公務員薬剤師

いずれも薬剤師の資格や知識・経験が役立つ仕事なので転職しやすい職場です。

転職エージェントではなにをすればいいの?

転職エージェントと話し合って、自分の希望条件や将来の展望などを洗い出しましょう。

大まかなイメージしかなくても大丈夫です。

サポート力に定評のある転職エージェントなら、自己分析をサポートしてくれたり、今の不満を解決する方法などを一緒に考えてくれたりします。

ファルマスタッフ」や「マイナビ薬剤師」などは面談に力を入れている転職エージェントなので、特におすすめです。

優良な転職エージェントを見分けるコツ
厚生労働省認可の職業紹介優良事業者認定医療分野における適正な有料職業紹介事業者認定を受けているかをチェック

薬剤師が辞めたいと思う主な理由

薬剤師が辞めたいと思う主な理由

誰しもが仕事でミスを経験したり、人間関係に悩んだりすることがあります。

しかし、薬剤師の仕事のミスは人の命にもつながるため、強いプレッシャーを感じる人も多いでしょう。

薬剤師が辞めたいと思う主な理由は以下4つが挙げられます。

  • 調剤ミスをした
  • 仕事のプレッシャーが強い
  • 職場の人間関係に不満がある
  • 薬剤師の仕事に向いていないと感じる

それぞれ解説していきます。

1-1.調剤ミスをした

調剤ミスは人命にも関わるため、ミスをしたことがトラウマとなり、同じようにミスをしたらどうしようと不安を感じやすい要因です。

しかし、調剤ミスは単に個人の責任とは言い切れません

お薬を患者さんへお渡しするまでの確認不足や体制が不十分であることが原因の場合も。

組織体制が万全な場所へ転職することで、不安を感じたまま業務に当たることは減らしていけるでしょう。

1-2.仕事のプレッシャーが強い

人員不足などを背景に、仕事の負担が大きくプレッシャーを抱えている人も薬剤師を辞めたいと感じやすいです。

仕事のプレッシャーが強いことで、精神的にも負担がかかり、心身の不調の原因にもなりかねません。

また、職場の人員が揃っていないことで、入社直後から十分な研修や指導をもらえずに苦労している人も

教育環境が整っている職場へ転職することで、プレッシャーではなく、仕事に対するやりがいを見出すことにつながるでしょう。

1-3.職場の人間関係に不満がある

職場の人間関係に不満があると、今の職場を辞めたい、転職したいと考える人もいます。

薬剤師の仕事は、同僚や上司と密に連携を取ることが欠かせません。

円滑にコミュニケーションができないままだと、調剤ミスといった人命に関わる重大なミスにつながるリスクもあります。

人間関係の不満が仕事に支障が出る前に、職場を変えることも大切です。

1-4.薬剤師の仕事に向いていないと感じる

薬剤師の仕事に向いていないと感じる人も、辞めたいと思うことが多いです。

特に、薬剤師の主な業務である「調剤業務」は単調な作業でありながら、責任感の重い業務。

薬剤師の経験を活かして、働ける職場は多岐に渡り、職場によっては業務内容も異なります

自分の強みが活かせる場所や働き方を見つけるために、転職をするのも方法の1つです。

薬剤師を辞めたいと考えたときに活用してほしい転職サイト・エージェント

薬剤師を辞めたいと考えたときに活用してほしい転職サイト・エージェント

薬剤師を辞めたいと考えたら、まずは転職エージェントに希望条件や退職を検討している理由などを相談しましょう。

ここからは薬剤師の人に活用してほしい転職サイトを4つご紹介します。

  • 薬剤師として新たな職場で働きたい人向け
  • 薬剤師を辞めて異業種も検討したい人向け

それぞれ見ていきましょう。

2-1.薬剤師として新たな職場で働きたい人向け

現在の職場環境に不満があるものの、薬剤師としてスキルアップを目指したい人には、「ファルマスタッフ」と「薬キャリエージェント」がおすすめです。

どちらも薬剤師の利用者数が多く好評なサイトですので、迷ったらまずは登録してみてください。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師から選ばれる転職サイトNo.1!

丁寧なヒアリングが特徴で、転職相談の満足度も高評価です。

業界の最新動向や薬剤師の転職向けの情報やコンテンツも充実しているので、情報をしっかり集めつつ、転職活動を進めたい人はまずファルマスタッフを登録することをおすすめします。

ファルマスタッフ 求人数 特徴

>> (無料)ファルマスタッフに登録する

薬キャリエージェント

薬キャリエージェントは、他では見つけづらい非公開求人数が充実している転職サイトです。

薬剤師の登録者数もNo.1で、迷ったらまず薬キャリエージェントへの登録がおすすめ。

薬剤師専門の転職支援サービスが手厚く、初めての転職活動を安心してサポートしてもらえます。

他にはない非公開求人にも目を通しておきたい人にぴったりの転職サイトです。

薬キャリエージェント 求人数 特徴

>> (無料)薬キャリAGENTに登録する

2-2.薬剤師を辞めて異業種も検討したい人向け

薬剤師に向いていないと感じている人は、薬剤師の経験を活かして転職することを検討してみてください。

薬剤師は「調剤薬局」以外でも幅広く活躍できます

調剤薬局から異業種を検討している人におすすめの転職サイトは「マイナビ薬剤師」「リクナビ薬剤師」の2つです。

どちらも知名度の高い転職サイトなので、初めての転職活動の不安に寄り添ってサポートしてもらえますよ。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、求人数は約6万件と業界トップクラスの求人数を誇る転職サイト。

正社員だけではなくパートやアルバイトの求人も取り扱っているので、雇用形態を転換することも考えている場合には、マイナビ薬剤師を活用すると良いでしょう。

地方の求人まで幅広くカバーしているので、地方での転職活動や手厚いサポートを受けながら転職をしたい方に特におすすめします。

マイナビ薬剤師 求人数 特徴

>> (無料)マイナビ薬剤師に登録する

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、非公開求人を多数取り扱っている点が特徴の転職サイトです。

手厚いサポートはもちろん、スピード感も重視しているため、早く転職したいと考えている人はまずリクナビ薬剤師に登録してみてください。

大手で多数の支援実績を持ち、豊富な転職ノウハウを元にサポートしてくれますので、安心して転職活動が進められますよ。

>> (無料)リクナビ薬剤師に登録する

薬剤師を辞めた後の転職先とは

薬剤師の主な転職先

薬剤師の活躍できる職場は「調剤薬局」だけではありません。

職場によって求められる業務内容も異なるため、今の薬剤師に対して感じている不満が解消できる働き方を探してみてください。

主な転職先は以下の4つが挙げられます。

  • 薬局・ドラッグストア
  • MR(医薬情報担当者)
  • CRC(治験コーディネーター)
  • 公務員薬剤師

それぞれ見ていきましょう。

3-1.薬局・ドラッグストア

最も多い職場は、薬局・ドラックストアです。

薬剤師の多くは「調剤や商品の販売」を行います。

職場の人間関係や労働環境に不満がある場合には、業務内容を大きく変えずに職場を変える転職をするのも良いでしょう。

3-2.MR(医薬情報担当者)

薬剤師は、製薬会社のMR(医薬情報担当者)として活躍できます。

MRとは、自社開発した医薬品の情報提供し、有効性や安全性について説明を行います。現場から情報収集し製品の改善につなげる重要な役割を担う仕事です。

薬剤師として得た医薬品の知識を最大限に発揮できる職種へ転職したい人はMRも検討してみてください。

3-3.CRC(治験コーディネーター)

薬剤師は、CRC(治験コーディネーター)として調剤ではなく被験者や医療スタッフと直接関わりながら働くことができます。

CRCの主な業務は治験プロトコルの管理、治験内容の説明や治験薬の管理などが挙げられます。

調剤業務に苦手意識がある人、医療の現場や新薬開発に携わりながら働きたい方におすすめの職種です。

3-4.公務員薬剤師

薬剤師は、公務員へ転職し国や自治体で勤めることができます。

公務員薬剤師の主な業務は、薬事行政関連の業務、保健所での衛生管理業務などがあります。

そのため、働く現場は医療現場だけとは限らない点は注意しましょう。

福利厚生が充実しており、収入も安定した職場へ転職を希望されている方は、公務員薬剤師を転職先の候補として考えてみてください。

薬剤師を辞めたい!転職に向けての準備ステップ

転職に向けての準備準備

薬剤師を辞めたいと考えたら、転職に向けて準備を始めましょう。

転職に向けて準備

  • 転職エージェントに登録
  • エージェントに相談
  • 職務経歴書作成

上記3ステップで解説していきますので、転職活動の準備の参考にしてみてくださいね。

4-1.転職エージェントに登録

まずは、転職エージェントに登録をしましょう。

転職エージェントでは、日々求人が追加されます。非公開の求人情報や、転職活動に関する情報を得られます。

転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴や強みがあります。

登録するサイトに迷ったら、複数登録してから、自分に合ったサイトを見つけるのがおすすめ。

4-2.エージェントに相談

転職エージェントの登録が完了したら、「面談日時」の予約をします。

自分の転職の方向性や転職までのスケジュールを転職エージェントと共有するために面談が実施されます。

面談の時点で、具体的に転職先の候補が見つかっていなくても大丈夫。転職エージェントのヒアリングで希望に沿った求人を提案してもらえるので安心です。

面談を通じて、自身の希望条件を洗い出しましょう。

4-3.職務経歴書作成

面接前に、欠かせない準備が「職務経歴書」の作成です。職務経歴書にはこれまでの勤務先だけでなく、経験した職務内容についても記入できます。

今までの薬剤師としての経験を、しっかり伝えられるよう入念な準備をしておくことをおすすめします。

薬剤師を辞めたい人は「転職エージェント」の活用がおすすめ!

薬剤師としてキャリアステップしていくには、転職エージェントの活用が欠かせません。

新たな職場で調剤業務に携わりたいのか、異業種で活躍したいのかをまずは転職エージェントに相談することで、最新の業界動向や転職に関わる情報を知ることができます。

転職サイトに迷ったときは、本記事でおすすめの4つの転職サイトにまずは登録をしてみてくださいね。

その他記事