在宅ワークでライティングのお仕事をしたい! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークでライティングのお仕事をしたい!

2018.07.31
Pocket

在宅ワークで大人気!ライティングのお仕事とは?

タスク形式のお仕事やコンペ形式のお仕事まで、専業主婦が在宅ワークで行えるお仕事には様々なものがあります。

翻訳やウェブデザインなど、資格が必要なお仕事も数多くある中で、比較的どなたでも始めやすい人気のお仕事には「ウェブライティング」があります。

ウェブライティング業務を行うライターに、求められる資質は仕事内容によって異なり、時給単価の高いお仕事になると、応募資格が過去に雑誌編集やライターとしての経験がある方のみという求人もあります。

しかしながら、近年では、まとめサイトや情報を発信するキュレーションサイトが人気を集めており、そういったサイトでライターとして活動する方のほとんどは、ライター初心者という方も少なくありません。

ライター業務は、運営する会社によっても異なりますが、基本的には、所属する会社の執筆マニュアルにしたがって記事を書くことになります。

会社によっては、記事執筆だけでなく、画像設置、リンク設置などを求めている場合もあり、ライターになる人は、マニュアルに沿って記事を作成していく必要があります。

ライターのお仕事は、短いものなら400字以下で作成できるようなお仕事もあり、隙間時間に5分ほどで完了させられるような案件も少なくありません。

自分が書きやすいタイトルやネタが多い会社に所属すれば、短時間でかなりの金額を稼げるようになるのもウェブライターのお仕事の人気の秘密です。

在宅ワークでライティングのお仕事に向いているのはどんな人?

在宅ワークでライティングのお仕事に向いている人というのは、どんな人なのでしょうか?

まず、ライターとしての経験が一度も無いという初心者ライターの場合は、基本的に求められる資質としては、文章を書くことが好きということが挙げられるでしょう。

学生時代から作文や論文の執筆で受賞歴があったり、ライター養成校に通っていた経歴がある等、書くことに自信のある方なら、未経験でも採用されやすいという傾向にあります。

また、在宅ワークの場合は、契約した企業の方の指示にしたがって業務を遂行することになりますので、顔の見えないお付き合いでもこまめに連絡を取り、自分勝手な判断で記事を執筆しない、納期を守るといった最低限のルールを守れることが前提となります。

初心者でもOKという案件の場合は、プロのライタースキルは求められていませんが、最低限「て、に、を、は」のチェックや誤字・脱字などのミスがないよう自分なりに校正をかけ、納品前にできる限り質の高い記事にまとめておくという姿勢が大切です。

企業にもよりますが、ウェブライティングでは、記事をチェックする編集担当者がつく場合も多いので、執筆ルールや要件を満たさない内容で提出してしまった場合は、書き直しを求められることもあります。

在宅ワークでライティングのお仕事をしたい方は、クライアントやチームで働く編集担当者と円滑なコミュニケーションを行える素質というのが必要になってきます。

在宅ワークのライティングの求人はどうやって見つけたら良い?

在宅ワークでライティングの求人を探すには、在宅ワークの斡旋サイトにまずは登録する必要があります。少しでも良い条件のお仕事を受注するためにも、パソコン関連の資格や文章執筆の経歴など、アピールポイントをしっかりまとめたプロフィールを作りましょう。

ライター経験がゼロという場合は、単発のお仕事や経験不問のサイトでまずはライターデビューし、一度職歴を作るというのもおすすめです。

継続案件に比べて、文字数の少ないライターのお仕事や単発の記事作成のお仕事は時給単価が低くなる傾向にありますが、1件でも受注することで、プロフィールに書ける「ライターとしての実績」を増やすことができます。

経験不問で、初心者ライターでも採用されやすい求人としては、ライフスタイルメディアや美容・ファッションなどを扱ったキュレーションサイト、及び恋愛や芸能ネタ等に関するまとめサイトなどが多いようです。

また、男性向けのライター求人としては、趣味や車に関連したサイトの他、脱毛など男性特有の関心事をまとめたサイトの求人などがあります。

高単価な求人の中には、金融、法律、不動産などの専門知識を生かして書ける記事のライター募集等もあります。

いずれにしても、ライティングのお仕事をやりたい方は、自分の特技や趣味を生かした分野で執筆するのが、ライターデビューするための一番の近道と言えるでしょう。

在宅ワークのライティングの報酬はいくらぐらい?

では、具体的に在宅ワークでライティング業務を受注した場合、いくらぐらいの報酬がもらえるのでしょうか?

ウェブライティングのお仕事の相場は、一文字あたりの平均が0.5円から1円ぐらいがほとんどで、専門的な内容の記事を執筆する場合や、編集者、記者など紙媒体でのライター経験のある方のみの求人などは一文字あたり5円から10円といった高単価の案件もあります。

まとめ記事の作成やブログ記事の執筆代行など、どなたでも書ける内容の場合は、記事単価が低くなる傾向にあります。

ただし、クライアントによっては納品数の数に応じてライターグレードを設けたり、ボーナスやインセンティブを設けている場合もあり、納品数が多ければそれだけ記事単価が高くなるケースもあります。

一つの記事の文字数は、最低1500文字から2000文字程度のことが多く、キュレーションサイトなどでは、3000文字、5000文字あるいは7000字以上の記事の執筆を求められる場合もあります。

例えば、一文字あたりの報酬が0.5円で1500文字の記事を執筆した場合の報酬は750円になります。30分程度で1500文字を書けるようになれば、時給1500円となります。

1時間に2本のペースで執筆できれば、毎日2時間しか働かなくても月10万円以上の収入を得ることも可能です。

しかしながら、実際にライティングをやってみると分かりますが、1500文字の文章を30分で書き上げるのは、なかなか難しいものです。

単発のライティング案件の中には、400文字から800文字など分量も少ない物もあります。収入額にこだわりがなければ、いきなり1500文字原稿用紙1枚分に相当する400文字ぐらいの案件からスタートしてみると良いのではないでしょうか?

在宅ワークで簡単にライティングができるようになるためのコツとは?

在宅ワークでライターとしてまとまった収入を得たいという方は、とにかく、ライティングスキルを身につけることです。

経験不問のライター案件を提示しているクライアントは、大抵の場合、記事執筆マニュアルと合わせて、記事を作成するための「参考URL」を提供しています。

まったくのゼロから記事を執筆するのは、素人ライターにはかなりハードルが高いので、提供された参考URLを見ながら、どのような内容なら、読者の興味を引けるのか、考えながら執筆していきます。

初心者ライターは、参考URLが多ければ多いほど良いと考えがちですが、実はそうでもありません。インターネット上に転がっているものすごい情報量のデータをあちこち走り読みしながら記事をまとめていくのは、実は非常に効率が悪いのです。

ライティングの時間を少しでも短くするためにも、参照するURLは1、2箇所にとどめ、情報を元に、自分の経験やこれまでの生活などに照らし合わせて、自分の言葉で記事を書いていく方が、圧倒的に早く書けます。

そうは言っても、在宅ワークで行うライティング業務の中には、執筆させてもらえるタイトルが、自分の不得意分野であったり、あまり知識の無い分野である場合もあります。そういう場合は、どうすれば良いのでしょうか?

自分にあまり専門知識がない分野の記事を執筆する場合は、リライトを行うのがおすすめです。インターネット上だけでなく、ほとんどの出版物には著作権がありますので、そのままコピーペーストするのは厳禁です。

そこで、いくつかのデータを参考に、情報を体系化して書くリライトなら、それほど詳しくない分野でも読者に分かりやすい記事を書くことができます。

しかしながら、長期でライティングの仕事を続けていきたいと思うなら、やはり自分が興味のある分野や趣味・特技などに関連する分野で執筆していく方が、断然早く質の良い記事を執筆することができます。

いくつか記事を書いていくうちに、インターネット上での情報の探し方や、リライトのスキル、さらには、タイピングスピードなども上がって行きます。

大切なことは、毎日30分でも1時間でも良いので、少しずつ「書く」という作業に慣れていくことがライティングスキルを上げるための近道と言えるでしょう。

在宅ワークでライティングする分野を選ぶポイント

在宅ワークでライティングの仕事を選ぶ際のポイントは、やはり自分の好きなことや得意分野を選ぶことです。

食べることが好きならグルメ情報のサイト、おしゃれが好きならファッションやコスメの情報サイトという風に、自分の得意分野や興味に合わせてクライアントを地道に探すことが大切です。

ライターとしてまだ駆け出しの方で、ひとまず、ライターデビューをしたいと考えている方は、経験不問の求人の多い芸能人情報やダイエット系の情報サイトや、子育ての経験を書くブログなどの求人に応募してみましょう。

一度ライターとしての経験を積めば、それが次のお仕事を探す際の職歴として役立ちます。

ライティングに慣れて来たらダブルワークに挑戦しよう!

ライターデビューも済ませ、ライティングのお仕事に慣れてきたら、類似するジャンルでより記事単価の良いクライアントを探してみましょう。

というのも、在宅ワークはあくまでもクライアントとの個人契約なので、サイト打ち切りや休止など、先方のご都合で、突然お仕事がなくなってしまうこともあるからです。

ライター業界は玉石混交で入れ替わりも激しく、なかなか継続して執筆できるライターがいないのです。そのため、インターネットのキュレーションサイトやブログ等は、定期的にライターを募集している場合も多く、一度、ライター経験をしたことがある方なら、より高単価のクライアントと契約できる可能性も高くなります。

応募時には、現在執筆しているサイト等を聞かれる場合もありますので、常にクオリティの高い記事を執筆することを心がけましょう。また、納品数の多い方は、優先的に採用される場合が多いので、タイピングスピードの早さや、正確さなどもアピールポイントとなります。

子育て中の女性なら、育児・出産に関わる記事や子供の教育に関する記事などは、非常に書きやすい分野です。自分の子育ての経験等も、絶好のアピールポイントとなりますので、応募の際は、その点もメッセージに記載してみて下さい。

長期間仕事をしていくことで、クライアントとの信頼関係ができれば、新しいサイトの立ち上げや、新人ライターの教育係に採用されるなど、一ライターとしてだけでなく、より高いレベルで活躍できる可能性もあります。

顔の見えない在宅ワークだからこそ、日頃からクライアントとのコミュニケーションをしっかりと取り、少しでも良い仕事ができるように努力していきましょう。

在宅ワークでライティングのお仕事をしてみよう!

在宅ワークで大人気のライティングのお仕事についてご紹介致しました。

ライティングのお仕事は、年齢・性別・経験不問で始めることができるおすすめの在宅ワークです。

女性ライターだけでなく、男性ライターやシニアライターなども多く、案件によっては、「終活」や「冠婚葬祭マナー」など人生経験豊富な中高年の方の方が書きやすいタイトルを扱うクライアントも数多く存在しています。

ライターデビューする際には、できれば執筆マニュアルや研修期間を設けているクライアントを選び、ウェブライティングの基礎知識として必要になる「SEO対策」や「wordpressの使い方」などを学ぶのもおすすめです。

研修ライター中は、思うように記事が書けず、時給に換算したらマクドナルドのアルバイトよりも時給が低いということにもなりかねませんが、コツコツ続けていけば、必ずスキルアップして早く正確に質の良い記事を書くことができるようになります。

ライティング技術が上がれば、通勤等の必要もなく週5で一日6、7時間の労働時間で月20万円以上の収入を得ることも可能です。

まずは、月5万円の定期収入を目指して、今日からあなたも在宅ワークでウェブライターを始めてみませんか?

Pocket

pagetop