在宅でできるアルバイトで高収入なお仕事はある? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅でできるアルバイトで高収入なお仕事はある?

2018.08.28
Pocket

在宅ワークはアルバイトよりも高収入?気になる全貌を公開!

働く場所も時間も自分で選べる自由なワークスタイルが子育て中の主婦や介護中のシニア世代にも大人気の在宅ワーク。

「私も在宅で働いてみたいけど、資格もないし、アルバイトより稼げるのかしら?」そう不安になる方も多いと思います。

在宅ワークには、資格不要でアルバイト感覚で始められる簡単なお仕事もたくさんあり、案件ややり方によっては、高収入が見込める場合も数多くあります。

通勤や面倒な人間関係のあるアルバイト勤務に比べて、自宅にいながら収入を得られる在宅ワークは、非常に魅力的な就労形態と言えます。

今回は、在宅ワークの中で、アルバイトよりも高収入が見込める案件や「どうすればアルバイトよりも時給単価があがるのか?」といった働き方コツまで、在宅ワークで高収入を得るためのポイントをを厳選してご紹介致します。

1.アルバイト感覚で始められる高収入な在宅ワークにはどんなものがある?

それでは、早速アルバイトよりも高収入を得られる可能性のある在宅ワークを、まずは種類別にご紹介していきます。

単価が低くてもスキルアップすることでアルバイトより高収入を得られるタイプの在宅ワークや、資格不要ですぐに始められる在宅ワークなど、いくつか例を挙げてみますので、参考にしてみて下さい。

 

記事作成】

まず、最初にご紹介するアルバイト感覚で始められる高収入の在宅ワーク案件は「記事作成」のお仕事です。

大手ワーカーサイトなどでも、かなり登録案件の多いお仕事として知られる「記事作成」業務は、1文字当たり0.5円から高いものだと3円ぐらいで記事を執筆するお仕事です。

記事作成のお仕事は、無資格で始められるものがほとんどで、案件によっては、アルバイトよりも高収入が見込める人気のお仕事です。

記事作成のお仕事に向いている人は、元々ライティングが得意な方や、ある一定の分野についての詳しい知識や経験がある方です。

特に、お仕事案件が多い分野は、美容・ファッション、芸能ネタなどの趣味を生かした記事を投稿するまとめサイトで、たくさん記事を執筆できる方なら、月10万円以上は軽く稼ぐことができます。

記事作成のお仕事を受注するには、ワーカーサイトにまずは自分のプロフィールを登録することから始めます。他にも、自分のブログを作成して、企業にライターとしての実績をアピールし、ライターとして採用されるなどの方法があります。

記事作成のお仕事に向いている人は、書くことが得意な方や、一緒に仕事をしていく編集者の方と円滑なコミュニケーションが取れるスキルのある方です。また、パソコンのスキルとしてはワードやwordpressなどの執筆ツールを使えるとより採用されやすいでしょう。

 

データ入力】

続いてご紹介するアルバイト感覚で始められる人気の在宅ワークは「データ入力」。データ入力は、出来高制を採用している企業がほとんどで、1件当たりの単価が数十円から数百円と記事作成に比べるとかなり報酬の低いお仕事です。

1件当たりの単価が低い分、資格なしでもどなたでも始められるお仕事となっており、どこの企業でも必要とされる作業であることから、求人案件は多く、仕事を見つけやすいというメリットがあります。

単価が低いので、質よりは量で勝負するお仕事になります。データ入力で高収入を目指すなら、できるだけ早く入力できるようパソコンスキルを上げることが必要です。

データ入力のお仕事の報酬は、少なければ1ヶ月に数千円、多い人だと数万円単位で稼げる方もいます。自宅にいながらアルバイトよりも高収入を得られる人気のお仕事です。

データ入力のお仕事は、大手ワーカーサイトへの登録が基本です。プロフィール欄には、ワード、エクセルなどの最低限のパソコンスキルを記入する他、タイピングスピードや事務員として働いた職歴などがあると採用されやすいようです。

 

【Webデザイン】

続いてご紹介するアルバイトより高収入の在宅ワークは「Webデザイン」のお仕事。Webデザインの仕事は、在宅でできるお仕事の中でもかなり高収入な部類に入るお仕事です。

1件の案件だけで安いものでも数千円から数万円になるお仕事も多く、常に募集があるおすすめのお仕事です。

サイト制作やランディング ページ制作など、プロジェクトベースで請け負うと数十万円になるお仕事もあり、スキルは必要ですが、需要も多く高収入を狙えるので、非常に人気があります。

Webデザインのお仕事を受注するためには、まず、デザインの基礎知識に加えて、Photoshopなどの編集ソフトを使えるスキルが必要になります。

Webデザインをするためにあると便利な資格としては、民間資格のWebクリエイター能力認定試験やHTML5プロフェッショナル認定資格のほか、国家資格であるウェブデザイン技能検定などがあります。

また、受注実績がないと、なかなかお仕事につながりませんので、友人や知人のサイトを作成するなど、何かしらの制作実績を作ることが必要です。

アルバイトよりはかなりの高収入になる在宅ワークではありますが、センスと知識を問われるお仕事ですので、すぐに始めるのは難しそうです。

 

【プログラミング】

同じくIT系の在宅ワークでアルバイトより高収入を狙えるお仕事としては「プログラミング」があります。HTMLやCSSといったプログラミング言語を使ってプログラムを作成するお仕事で、ウェブサイトを構築したり、システム管理やネットワーク管理なども行える人気のお仕事です。

プログラミングのお仕事は、使える使用言語によって収入も変わりますが、高いものだと1件で数万円になるような案件もあります。システムやツールを作るのが得意な方や、企業に勤めるプログラマーが副業としてフリーランスで仕事を始めるケースなども多いようです。

プログラミングのお仕事は、需要も多く、ワーカーサイトなどでも継続的に仕事が見つけやすいおすすめのお仕事です。しかしながら、専門知識が必要なので、アルバイト感覚ですぐに始めることはできないのがデメリットとなります。

 

【翻訳・通訳】

続いてご紹介するアルバイトより高収入の在宅ワークは「翻訳・通訳」のお仕事。大手ワーカーサイトでも、お仕事案件はあまり多くはありませんが、専門的な知識を使うお仕事なので、アルバイトよりかなりの高収入が狙える人気のお仕事です。

翻訳・通訳のお仕事に向いている人は、もちろん語学が得意であることが挙げられますが、独特の言い回しや翻訳センスも問われるため、日本語での表現力もかなり必要なお仕事です。

副業としてアルバイト感覚で翻訳・通訳のお仕事をする方も多く、収入は、案件にもよりますが、1ワードあたりの翻訳料金が10円から15円ほどとなります。1000ワードなら1万円を越えますので、長期で継続できるお仕事を獲得できれば、かなり安定して高収入を得られるお仕事といえます。

翻訳のお仕事を受注するためには、語学資格があることももちろんですが、クライアントに提出できる過去の翻訳実績やサンプルがあると良いでしょう。

まずは、大手ワーカーサイトなどに、語学資格を記入したプロフィールを作成し、どんな案件があるかを探すことがお仕事の第一歩となります。

 

【ハンドメイド】

続いてご紹介するアルバイト感覚で始められる在宅ワークは「ハンドメイド」のお仕事。ハンドメイド専用のアプリや、ネット市場も拡大している昨今、手作りが好きな主婦やものづくりを楽しみたいシニア世代にも人気を集めています。

材料の仕入れや制作に使う道具などを一式揃える必要がありますので、元々趣味でハンドメイドをするという方におすすめの在宅ワークです。

商品が売れてはじめて収入になりますので、作品をたくさん作っても売れなければ、収入にはつながりません。売れっ子作家だと、1ヶ月に数十万円を稼ぎ出す人もいるようです。

そういう意味では、ハンドメイドは、アルバイトより高収入になる可能性を秘めた在宅ワークと言えるでしょう。

 

【在宅秘書】

続いてご紹介する在宅ワークで始めるアルバイトより高収入のお仕事は「在宅秘書」。

在宅秘書とは、電話対応や、データ入力の他、資料作成など、様々な秘書業務を自宅で請け負うお仕事で、メール対応などクライアントの求めるお仕事を在宅で行います。

在宅秘書の給料は、時給1000円から1500円ほどとなっており、短時間勤務から、就業時間が一般企業と同じぐらい長いものまで様々な就業形態があります。

在宅秘書業務を請け負うためには、自宅にインターネット環境があり、パソコンや通話専用ツール(アプリや固定電話などクライアントが指定するもの)などが必要です。

在宅秘書に向いているのは、元々秘書業務を行ったことがある方や、事務職、営業補佐などのお仕事経験がある方です。派遣会社などで電話対応などのお仕事経験がある方も優遇されるようです。

お仕事の探し方は、大手ワーカーサイトなどに登録するのが一般的です。仕事を選ぶ時には、勤務時間や勤務場所の確認も忘れないようにしましょう。

案件によっては、クライアントの事務所などに通勤する必要がある場合もあります。子育て中のママは、電話対応などが難しいので、書類作成やメール対応だけの案件を狙ってお仕事を探すと良いでしょう。

アルバイトや派遣に比べて、在宅ワークだと社会保障が付かないのがデメリットとなります。しかしながら、在宅ワークなら、長時間働けない方でも、応募できる案件があるのが魅力です。

 

【愚痴聞き・悩み相談】

誰でも始められる在宅ワークで、アルバイト感覚でできる人気のお仕事と言えば「愚痴聞き・悩み相談」。「え?そんなことも収入になるの?」と驚く方も多いと思いますが、意外とニーズの多い人気のお仕事です。

恋愛相談や悩み相談などを受け付ける専門サイトがあり、相談相手になる場合は、無料の会員登録をする必要があります。

実際に依頼がこなければ、収入は発生しませんが、応募数に応じて、10分300円、1時間5000円など、様々な金額設定で悩み相談を受け付けることができます。

カウンセラーなど専門的な知識はなくても、人に相談されやすい、あるいは愚痴を聞くのが苦にならないという方なら、気軽に始められるのではないでしょうか?

 

【アフィリエイト】

最後にご紹介するアルバイトより高収入な在宅ワークは、「アフィリエイト」です。「アフィリエイト」とは、インターネットの広告収入のことで、企業が販売している商品やサービスを紹介することで利益を得られるお仕事です。

ネットビジネスとして広く普及しているアフィリエイトは、クリック報酬や、売上の数%をもらえる販売獲得数に応じた報酬など、様々な支払い方式があり、広告収入で得られる金額も、少ないものなら数円ですが、多いものだと1件で数万円にもなります。

 
アフィリエイトのはじめ方は、ブログなどを自分せ作成し、そこにクライアントの広告リンクやバナーを張り付けていくというのが一般的です。メールマガジンに貼り付ける広告などもあり、いくつかの仕組みがありますので、まずは、調べることから仕事が始まります。

アフィリエイトで高収入を得るためには、とにかくブログの集客数やメルマガの購読数を増やすことで、広告を貼りたい商品に興味をもってくれそうなターゲットとなる客層やマーケットをしっかりと見極めることも大切です。

一度軌道に乗ってしまえば、記事の執筆も数日に1回程度のメンテナンスでよく、長期的に高収入を得ることができる可能性もあります。ある意味、家賃収入のようなもので、座っていてもお金が発生するアルバイトよりずっと高収入のお仕事と言えるでしょう。

2.在宅でできるアルバイトのメリットとデメリット

アルバイトより高収入を得られる在宅ワークには、様々な業種がありますが、それぞれに共通するメリットとデメリットを挙げてみます。

 

【メリット1:好きな場所で働ける】

1つめの在宅ワークのメリットは、好きな場所で働けるということです。自宅やお気に入りのカフェの他、エアコンを節約したいなら図書館などに座って仕事をするのもおすすめです。

通勤もいらず、服装も自由で、面倒な人間関係もない!これが在宅ワークの最大のメリットと言えるでしょう。

 

【メリット2:気軽に始められるすぐに始められる】

在宅ワークの2つ目のメリットは、いつでも気軽に始められるということです。高収入をお仕事を受注するためには、スキルが必要なお仕事もありますが、ライティングやデータ入力などは、アルバイト感覚でいつでも始めることができます。

面接も必要ありませんので、思い立ったら今日からでも働けます!

 

【メリット3:初期費用が少なく、自分一人で始められる

在宅ワークの3つ目のメリットは、初期費用が少なくて、自分一人で始められるということです。

自宅で秘書業務を請け負う際は、パソコンの他にも、通話システムなどが必要となりますが、ほとんどの場合は、特別な機器やツールも不要で、パソコン一枚でお仕事を始められます。

また、個人契約ではありますが、従業員など人員も必要いりませんので、自分の身一つあれば、どなたでも在宅ワークを始められるのもメリットと言えるでしょう。

 

【デメリット:1収入が不安定

メリットに続いて、在宅ワークのデメリットを挙げてみます。

在宅ワークのデメリットは、何といっても収入が不安定ということです。定期的にお仕事を受注できる長期案件などを請け負った場合は、ある程度収入が安定しますが、短期案件や単発のお仕事、プロジェクトベースの場合は、一旦契約が終了してしまうと収入がありません。

常に営業をかけ、ある程度の仕事を確保しなければならない、それが個人契約の在宅ワーカーにとって、もっとも大変な部分の1つかもしれません。

デメリット2:アルバイトより時給単価が低い仕事も多い】

在宅ワークのデメリット2つめは、アルバイトよりも時給単価が低くなるお仕事も多いということです。

受注するお仕事内容によっては、作業時間が非常に長くかかる場合もあります。例えば、イラストレーターのお仕事などは、どこまでやったら「完成」というのがないため、自分なりの終業ポイントを決めておかなければ、延々と作業が続きます。

時給換算したら、アルバイトよりもずっと時給が低い!なんてことにもなりかねませんので、お仕事を受注するときには、この仕事の分量なら、どのぐらいの作業時間で終わらせられるかを見極めることも大切です。

 

【デメリット3:就業時間が深夜になることも】

在宅ワークの3つ目のデメリットは、就業時間が深夜や早朝になる場合もあるということです。アルバイトでももちろん深夜勤務や早朝勤務はありますが、その場合は時給単価が高くなることがほとんどです。

在宅ワークでは、時給は時間帯によって変わりませんので、納期に間に合わず夜中に作業することになったりすると、アルバイトよりも収入の面で劣ると考える方もいるようです。

3.在宅ワークでアルバイトよりも高収入を得るには?

では、在宅ワークでアルバイトよりも高収入を得るためには、どうすれば良いのでしょうか?在宅ワークをしていく上で、工夫できることを以下にご紹介します。

 

【ポイント1:まずは仕事を受注する】

たくさんのお仕事がある在宅ワーク。自分に何が向いているのか分からないという方も多いと思います。

そういう方にも、まずは、資格不要で始められる短期案件や単発のお仕事から取り組んでみることをおすすめします。

実際に業務をやってみなければ、在宅ワークのお仕事がどのように進むか分からないというのが事実。とにかく、やってみてお仕事を続けるうちに、自分に向いている仕事を見つけるというのも一つの取り組み方です。

最初は自分が興味のある案件の中から、比較的単価が低く、未経験者でも応募可能な案件から取り組むのがポイントです。慣れてきたら類似する業務の中から、長期で単価の高いクライアントと契約し、徐々にステップアップしていきましょう。

 

【ポイント2:質より量で勝負】

2つ目のポイントは、高収入を得るためには、質より量で稼ぐということです。

データ入力や記事作成のお仕事は、資格不要でアルバイト感覚で気軽に始められる人気のお仕事です。

たとえば、データ入力でも、慣れてくればタイピングスピードが早くなり、単価が低くても高収入を狙えるようになります。また、記事作成のお仕事は、納品数によって単価が上がる案件が多く、書けば書くほど収入が増えるシステムになっていることが多いようです。

 

【ポイント3:スキルを身につけて高額案件をゲット】

プログラミングやWebデザインなど、スキルが求められる在宅ワークは、1件で50万円を越える高額案件もあります。

在宅ワークで収入を得ながら、プログラミングなどの専門スキルを身につけて行けば、高収入のお仕事を受注できるようになります。

低単価のお仕事を長期で続けるのも一つのやり方ですが、できれば、専門的な技術を身につけて、高単価のお仕事を受注する方が同じお仕事でも効率が良いと考えます。

しかしながら、自分の不得意なことや好きではない分野で頑張るのは、とても辛いことですので、どうせなら在宅ワークの中でも自分が好きだと思える分野のお仕事を選ぶのがベストだと思います。

4.バイト感覚で始められる高収入の在宅ワークをやってみよう!

バイト感覚で始められる高収入の在宅ワークをご紹介致しました。

在宅ワークなら、子育てや介護をしながらでも、自宅で収入を得ることができます。

アルバイトより高収入を得られるお仕事もたくさんありますので、まずは、在宅ワークのワーカーサイトに登録して、今日からお仕事を始めてみませんか?

Pocket

pagetop