口コミで人気!スマホでできる宅ワークとは? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

口コミで人気!スマホでできる宅ワークとは?

公開日:2018.08.16
最終更新日:2018.08.16
Pocket

最近、若者や主婦たちの口コミで人気という「スマホでできる在宅ワーク」。スマートフォン一つで在宅ワークができたら、こんなに楽なことはないですよね。

働く場所も時間帯も服装も自由。自分一人で仕事ができるので人間関係のストレスもなし。短い時間でもサクッと稼ぐことができます。

でも、本当にそんなうまい話があるのか、疑問にも思いますよね。

そこで今回は、今話題のスマホ在宅ワークについて、詳しくご紹介していきます。

スマホでできる在宅ワークはどんなものがある?

では具体的に、世の中にはどんなスマホ在宅ワークがあるのかを見ていきましょう。

 

【ポイントサイト、アンケートサイトのモニター】

アンケートモニターとは、インターネット上でアンケートに答えて報酬を得るという仕事です。仕事の流れとしては、アンケートサイトに登録し、日々流れてくるアンケートに答えていくというもの。

収入の目安としては、一つのアンケートに対して1~30円くらいです。ただし、アンケートサイトではお金ではなく、ポイントで報酬が支払われます。ほとんどの場合は1ポイント=1円となります。

作業時間は自由で、好きな時にアンケートに答えることができます。所要時間は短いものであれば1~2分、長いもので20~30分です。ただし、スマホで回答する場合、一回あたりの獲得ポイントが低いので、かなりの数をこなさないとまとまった収入を得ることはできません。

回答時間が短いアンケートは、獲得ポイントも少なくなります。しかし、アンケートの種類によっては、1回で100~5,000ポイントというものもあります。例えば、事前アンケートで調査対象者を絞り込んでから、本調査を行うというものです。

もしくは、在宅ではなく会場へ赴いて回答するという「会場調査」も高ポイント。こちらは、調査対象者のみが会場に集められ、商品の試飲や試食、テレビCMや映画の視聴などを行うというもの。その評価や感想をアンケート用紙に記入します。会場調査の報酬は、30分あたり3,000円ほどが一般的です。

また、「グループインタビュー」や「個別インタビュー」もあります。こちらは、あるテーマについて10人前後のモニターを集めて意見を聞く、というもの。司会者が進行し、だいたい1~2時間ほどで終わります。

個別インタビューでは、1対1のインタビュー形式で、あるテーマについて意見を聞きます。モニターには専門的な知識は必要ありません。主に新商品に関するインタビューが多いので、消費者としての正直な感想を伝えればいいのです。報酬の相場は1時間で5,000円、2時間で8,000円ほどになります。

なお、獲得ポイントは現金、電子マネー、各種ポイントに交換して受け取ることができます。在宅ワークでまとまった額の収入を得るためには地道な作業が必要になりますが、初心者が始めやすい仕事でもあります。まずは気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

【商品データの登録】

商品データの登録とは、ネットショップで商品を販売するために、画像、値段、在庫数などの必要な情報を登録するという仕事です。

クライアントから送られてくる資料を元に、ネットショップごとに決められたルール、フォーマットに沿って登録をします。報酬としては、1件あたり20円ほどになります。1日の作業時間をある程度確保できる方であれば、毎日コツコツ作業をすることで月に数万円稼ぐことも可能です。

作業内容によっては、同じ報酬でもかかる時間や労力が全く違うということもあります。同じデータ登録でも、紙媒体やPDFを元に登録をする場合と、エクセルやワードなどの資料を元に登録をする場合では、作業時間は大幅に違ってきます。

つまり、ワードやエクセルなどのコピペできる媒体の方が作業時間は短くなりますので、より短い時間で稼げるということです。

あるいは、データ登録にプラスアルファすることによって、1件あたり+50円や+100円に報酬アップも可能です。例えば、商品の紹介文やレビュー記事の投稿。商品を購入する際、口コミやレビューを重視する方は多いですよね。特にポジティブなレビュー記事を自分の言葉で書ける場合は、単価も上がります。

また、作業内容によっては、ネットで商品名を調べて情報収集し、登録をすることも。そのような場合は、報酬が少しアップする傾向があります。

データ登録の仕事をする上で重視されることは、「スピード」と「正確さ」です。まず「スピード」ですが、納期よりもなるべく早く納品するとクライアントから重宝されます。というのは、商品の販売時期が早ければ早いほど販売の機会が増えて他社よりも有利になるからです。作業スピードに自信のある方にはおすすめの仕事と言えますね。

次に「正確さ」ですが、大切な商品情報をネット上に載せる訳ですので、一つのミスも許されません。正確な入力と、きっちり自分でチェックできる几帳面さがなければ続けるのは難しいでしょう。

商品データ登録の仕事を受注するためには、上記のように作業の「スピード」と「正確さ」をアピールするのがポイントです。経験者が有利なのは言うまでもありませんが、初心者でも適正があると認められれば受注は十分可能です。

商品の中には、海外から日本へ輸入したもの、もしくは日本から海外へ輸出したものが多くあります。日本語の資料しかない、または海外の資料しかない中でデータ登録を依頼されることもあり、その場合は翻訳も同時に行うことになります。そのため、英語などの外国語ができると受注の確率はさらに上がるのです。

 

【ライティング】

ライティングとは、ネット上の様々なサイトに載せる記事の執筆のこと。スマホ・パソコンとインターネット環境さえあればすぐにでも始められる仕事です。

文字単価が1文字あたり0.25円のものから1円のものまで幅広くあるので、自分のレベルに合わせて仕事を選ぶことができます。

しかし、スマホだけで8,000文字などの長文作成は難しいでしょう。おすすめは、空いた時間にスマホで文章を書き溜めて置き、それをパソコンで仕上げるという方法です。パソコンであれば、誤字チェックがしやすく、全体のバランスも見やすいですよね。

次に、スマホで書きやすい記事にどんなものがあるのかご紹介します。まずは、「体験談や口コミ」です。これは、ある商品やサービスに対しての体験談を書くというものです。実際に自分が利用した商品・サービスについてしか書けないので件数は限られますが、自分の率直な感想なので楽に書くことができます。

もう一つは、「キーワードライティング」。これは、1~3個のキーワードを指定された回数使用して記事を作成するというものです。まずはスマホでキーワード検索をして、ポイントをメモしておくと作業が進めやすいですよ。

このキーワードライティングは、単価が1件50~300円ほどで競争率が高めではありますが、文章を書くのが好きな方にはおすすめの仕事です。

最後は、「人生経験を生かした記事」です。これは、恋愛や子育てなど、執筆者の経験などを元に記事を書くというもの。自分の経験や考えを記事にでき、それで報酬が得られるというのは嬉しいですよね。

特に今は主婦向けの媒体が増えているので、ママ向けの記事はとても需要があります。先輩方の経験談や生の声ほど参考になるものはありませんからね。

ただ、この手の記事はネタに事欠かない代わりに単価が高くはないので、量産しないとまとまった収入は見込めません。

 

【アフィリエイト】

アフィリエイトとは、ある商品をブログやSNS上で販売したり紹介したりする仕事です。仕組みとしては、紹介した商品が売れると、企業から紹介料として報酬が支払われるというもの。

自分のブログやSNSで集客して仕組みづくりをしなければいけないので、スタート時の難易度が高めではあります。しかし、一度仕組みを作ってしまえば放っておいてもアクセスが集まり、楽に収入を得られる仕事とも言えます。初期費用が無料で始められるので、リスクを負わなくていいのもメリットの一つですね。

まず手始めに無料のブログサービスで初めてみるのがいいかと思います。そして、もっと本格的に取り組みたいという場合は有料(月額600~1,000円程度)のサービスに切り替えると自由に広告を載せることができるので、アフィリエイトの効果が出やすいですよ。

スマホだけでも作業は可能ですが、パソコンと併用した方が効率的に進められます。外出先や移動中はスマホで、家にいる時はパソコンで作業する、というように使い分けるといいでしょう。

アフィリエイトには2つの広告タイプがあります。一つは「クリック保証型広告」。これは、ブログを訪問したユーザーが広告のバナーやテキストをクリックする度に報酬が発生するというものです。1クリックの報酬単価は1~30円と低めで、ブログのジャンルによって単価が違ってきます。

二つ目は、「成果報酬型広告」。これは、ユーザーがブログ内の広告をクリックし、広告主のサイトから商品やサービスの申し込みをすると報酬が発生するという仕組みです。クリック保証型広告より難易度は高い分、報酬も高くなります。

ただし、ユーザーに「申し込みたい」と思わせなければいけないので、文章力が求められます。まずはクリック保証型広告で経験を積んだ上で、成果報酬型広告にステップアップするのがいいのではないでしょうか。

 

【フリマアプリ、オークションアプリ】

今や多くの方が利用しているフリマアプリとオークションアプリ。これを使って稼ぐ方法もあります。労働ではありませんが、スマホを使って不用品を処分でき、さらにお小遣い稼ぎもできる一石二鳥の在宅ワークと言えます。

フリマアプリとオークションアプリは似ていますが、その仕組みなどが違います。オークションアプリは、ある商品に対して購入希望者が制限時間内に入札をしていき、最高値で入札した方が購入できるというもの。

一方、フリマアプリには制限時間はなく、売れるまでいつまででも出品することができます。また、出品者が自由に商品の価格設定ができ、その価格で買いたい方が購入していきます。さらに、フリマですので、購入希望者から値下げ交渉をされ、最終的に設定価格より安く販売する場合もあります。

また、出品者や商品にも違いがあります。オークションアプリは男性の利用者が多く、希少価値の高いものやマニア受けしそうな高額商品が中心です。何か希少価値の高いものをお持ちであれば、オークションに出品すると思わぬ高額報酬が得られるかもしれませんね。

フリマアプリは若い女性や主婦が多く利用し、商品も古着や日用品、ハンドメイド作品など、基本的には何でも出品できます。スマホだけで始めるのであれば、簡単に出品できるフリマアプリをおすすめします。

ただ、フリマアプリには膨大な数の商品が出品されているので、売るためには写真や文章を工夫したり、お客様が納得できる価格設定をする必要があります。フリマアプリでよく売れている出品者のやり方を真似するなど、色々と試してみましょう。

フリマアプリで稼ぐ際に一番ネックになるのは「販売手数料」と「送料」です。これらを抑えることで、利益を増やすことができます。

販売手数料が無料のサイトもありますし、商品を持ち込むことで送料を安くする方法などもあるので、始める前に下調べしておくといいでしょう。

スマホ在宅ワーク詐欺に気を付けて!

スマホで稼ぐ方法がいくつかあるのはお分かりになったかと思います。

しかし、スマホ在宅ワークを始める前に注意してほしい点があります。それは、「スマホ在宅ワーク詐欺に引っかからないこと」です。

残念ながら、スマホ在宅ワークの人気に目をつけた悪徳業者(サイト)も少なくありません。ここでは、悪徳サイトの手口について見ていきます。

 

【会員登録で個人情報を悪用する】

アンケートサイトなどのポイントで報酬を支払うタイプのサイトの場合、現金化するために口座情報を登録するのが一般的です。ところが、このサイトそのものが詐欺の手口として運営されていることがあります。

アンケートサイトを利用する場合、最初に会員登録を行います。その際、氏名や住所、口座情報などを登録しますが、これらの個人情報を不正に取得し、悪用するという手口です。

 

【資料請求で個人情報を悪用する】

アンケートサイトなどで、「資料請求をすると5,000ポイントプレゼント!」のような文章を見かけることがありますよね。しかし、中には資料請求のために住所や氏名を入力すると、それが悪用される場合があるのです。

内容がはっきりしない資料や、いいことばかりが宣伝してある資料は気を付けた方がいいですね。安易に資料請求をするのは控えた方がいいでしょう。

 

【出会い系サイトへ誘導する】

「登録するだけで10,000ポイント!」など、高額なポイントにつられて会員登録したら、実は出会い系サイトに登録していた、という手口もあります。氏名やメールアドレスを知られているので、複数の出会い系サイトから迷惑メールが大量に送られてきます。

また、登録した時の10,000ポイントについては、現金化して受け取るためには時間と労力がかかります。というのも、このような詐欺サイトでは現金化できる下限が18,000ポイント以上などと、一般的なサイトよりも高く設定してあるからです。

足りないポイントを稼ぐためには、1回10ポイント程度のアンケートに回答したり、広告をクリックするなどの地道な作業を繰り返さなければいけないのです。

 

【「本採用する」と言って高額な費用を請求する】

この手口はまず、サイト上で希望者を募り、メールマガジンやキャッチコピーを考える研修を行います。その後「本採用になった」との連絡が来るのです。

業者は、あたかもそのメールマガジンに反響があったかのように伝え、希望者に在宅ワークを始める気にさせます。そして、契約の時点でいきなり、ホームページ作成料などの名目で高額な費用を請求します。

さらに、アクセスがつながりにくい、ホームページを改良しなければいけないなどと追加費用を請求されることもあります。しかし、肝心の在宅ワークの報酬はほとんど支払われないのです。

 

【アフィリエイトの登録料などを請求する】

近年多いのが、ブログなどのアフィリエイトを利用した詐欺。これは、アフィリエイトを始める際に高額な登録料や教材費を請求するというものです。本来、アフィリエイトは無料で始められますが、全くの初心者であれば知らずに騙されてしまう方も多いようです。

なお、アフィリエイトで月に数万円稼ぐのは非常に難しいことです。しかし、悪徳業者は「月収数10万円も可能」や「初心者でも確実に稼げる」などとあり得ない勧誘をします。

 

【「文章を買い取る」と言って講座へ誘導し、高額な受講料を請求する】

これは、ライティングの在宅ワークを装った詐欺サイトです。手口は「昨日、私は海に行った」など、日本語として成立している文章であれば必ず数百円で買い取る、と勧誘するもの。

しかし、文章を買い取ってもらうには「業者が運営する高額なライティング講座を受講し、テストに合格しないといけない」という条件があります。

業者は高額な受講料を支払わせることが目的ですので、テストを受けても不合格になり、文章を買い取ってもらうことはないのです。

安全なサイトの見分け方

次に、詐欺サイトを回避するための見分け方をご紹介します。安全なサイトは以下のような特徴があります。

 

【最低でも5年以上の長期実績のある大手サイトである】

新規参入のサイトの場合、安全に利用できるサイトであるかを確認する必要があります。名前が知られた企業がスポンサーになっているか、サイト利用者がどれくらいいるかなどをチェックしましょう。ネットで口コミを調べれば確認できます。

 

【過剰な宣伝文句がなく、適切な報酬である】

前述したように、「登録しただけで10,000ポイント」や「誰でも簡単にできて高額報酬」などと過剰な宣伝をしているサイトは怪しいと言えます。また、仕事内容が具体的に明示されていない場合も注意が必要です。

在宅ワークでは簡単な作業ほど単価が低く、いきなり高額な報酬を得られるということはまずありません。

高額な報酬になると発注者にもリスクが発生するので、トラブルが生まれないように仕事内容は詳細に明示されているものです。

 

【サイトに運営者の氏名、住所、連絡先がきちんと記載されている】

当然ですが、在宅ワークの紹介サイトに運営者の情報が載っていないというのはおかしいことです。法律でも、連絡先の明示は義務付けられています。登録する前に、会社情報を必ず確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?スマホ一つでできる在宅ワークについて、その仕事内容や始める際の注意点、安全なサイトの見分け方を見てきました。

「場所も時間も選ばず自由に働ける」「主婦が家事や育児の合間に簡単にできる」などメリットも多い一方で、詐欺サイトに騙されるかもしれない危険もあります。

まずは慎重にサイトを見極めた上で、単価が低くても安全な仕事から始めてみましょう。続けていくうちに、自分に合ったスマホ在宅ワークに出会えるはずです。

Pocket

pagetop