在宅ワークでプログラミングの仕事を始める方法とは? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークでプログラミングの仕事を始める方法とは?

2018.08.16
Pocket

オフィスを持たない、いわゆるフリーランスの仕事が注目を浴びるようになった昨今、男女ともに働き方が多様化してきました。

パソコン一つあれば、カフェや自宅がオフィスとして仕事をすることが出来る世の中になってきました。場合によっては、旅先でも仕事を進められるといったように、国内に限らず海外にいても同じ仕事が出来るなど、仕事の多様化によって、生き方や在り方なども多様化してきていますね。

理想の人生設計や、ライフステージによる働き方の変化など、人それぞれ人生には色々な節目があります。男性ならば、転職、退職、独立、定年など、女性ならば、結婚や妊娠、出産などで働き方を変えなければならない瞬間があるでしょう。

女性でも、独立したり、フリーランスとして活躍する人も非常に増えてきています。

在宅ワークとしては、副業を充実させたい、収入アップを目指したいなど、雇用体系

がさまざまで正規雇用よりも派遣や契約雇用などが増えている昨今は、副業が当たり前の時代にもなってきています。

ここでは、プログラミングの仕事について見ていきますが、常駐オフィス勤務がほとんどだったプログラミングのお仕事が、在宅でも可能なのかどうか、どうやって仕事を進めればよいのかなど、プログラミングと在宅ワークについて調べてみましょう。

プログラミングの仕事とは?

プログラミングとひとことで言っても、Web系プログラミングを始めとして、通信系やゲーム系、制御系、オープン系などというように、さまざまな分野があります。

昨今のインターネットやスマートフォンの普及によって、必要とされるプログラマーも多様化しています。ご自身の得意な分野がぴったりとはまれば、どんどんスキルも上がり、確実に仕事を受けられるようになります。

また、システム構築や最新技術などのシステム開発だけではなく、それらのシステムで獲得したデータをどのように生かしていくかといった分野が注目を浴びています。

企業の視点が変化してきているのですね。大企業を始め、多くの企業がこのデータ解析が出来るデータサイエンティストを養成する方向にあります。

このように、企業が求めている人材を個人が把握することで、それに基づいたスキルアップが実現し、在宅案件でも契約をもらいやすくなります。

もう一つは、ゲーム系プログラミングの仕事です。いま、子どもから大人までがゲームと言ったらスマートフォンゲームに夢中なのではないでしょうか。

昔は、テレビゲームなどでテレビを囲んでみんなでワイワイといった光景が多かったのに対し、いまは大人でもスマートフォンの画面とにらめっこしながらゲームをする姿が目につくほど、スマートフォンゲームが溢れかえっています。

企業も同じように、いまはスマートフォンゲーム業界にどんどん参画し始め、ゲーム開発やゲームサイト立ち上げなどに力を入れ始めています。

また、個人がゲーム開発から起業するケースも多く、IT業界の中でもゲーム系プログラマーにとって大きな可能性がある職種となりつつあります。

スマートフォンゲーム業界は、新しい企業として、またゲーム開発といった内容から、個人を尊重し、自由な雰囲気、自由な社風が多いでしょう。

同時に、少数精鋭の小規模会社ということから在宅ワークを認め、フレックスタイムなどを導入するなど働き方にも自由で多様性がある傾向ですね。

趣味が高じて、ゲーム開発経験を積んできたような人にとっては、フリーランスとして働ける可能性は十分にあります。それが、在宅希望であればなおさら、ゲーム系プログラマーとして案件を探してみてはいかがでしょうか。

プログラミングの仕事は、パソコン一つあればどこでも仕事が出来ます。パソコンに加え、通信環境が整っていれば自宅での作業が可能であることからも、在宅でプログラミングの仕事を請け負う人も増えています。

いまは、クラウドサービスやエージェントなども豊富にあるので、登録しながら契約を取ったり、派遣先企業での仕事を請け負うなどフリーランスとしての働き方も個人の自由になってきました。

そのほか、企業に就職したのちに在宅勤務の希望を出す、企業営業をして回り、在宅勤務を実現させるなどの方法もありますね。

在宅プログラマーになるには?

在宅プログラマーになるには、ある程度のスキルと経験が必要です。といっても、誰もがすぐに経験値があるわけではなく、初心者を通らなければ経験を積むことは出来ませんね。

確かに、在宅を受注するには、企業に自分のスキルと経験をなんらかの形で証明しなければ仕事を託してはもらえません。そういった意味では、目に見えるスキルや資格などを保持していると有利ですね。

昨今は、企業側も利益率を効果的に上げるために、在宅勤務者を増やす傾向にあります。オフィス勤務による間接的な経費を削減するのが目的です。

プログラミングといった仕事の内容からも、いますぐに在宅案件を受注しまくるというのは非常に現実離れしていますが、スキルと常識的なビジネスマナーがあれば可能でしょう。

フリーランスとして在宅プログラマーで活躍する人の中には、企業勤務でスキルや経験、実績を積み、ある程度の時期に独立して起業するスタイルが多く見受けられます。

また、仕事斡旋などフリーエンジニアを支援する会社も増えているので、これらの企業を上手に活用して仕事を受注していくと良いでしょう。

そして、女性にとってもプログラミングの仕事や在宅ワークは働ける可能性の広がる分野ですね。女性が、家事や子育てと仕事を両立させるのに、在宅ワークは理想的な働き方といえるでしょう。

通勤に時間を費やす必要がない、体力消耗を最低限に抑えられる、育児、介護で時間も身体も拘束されているなど、女性が働こうと思うと多くの弊害が存在します。

これらの問題を明らかに解決出来るは、在宅ワークといったようなフリーランスとしての働き方です。

多くの企業が、まだまだITエンジニアの不足を訴えているのが現状です。逆に、ITエンジニアは企業にとって、欲しい人材ということになります。そのため、経験が少なくてもある程度のスキルがあれば、仕事を受注することが可能です。

アプリ開発が出来るようになる、を目標に学習していくのもひとつです。自分が作ったアプリがあることで、企業側にもスキルアピールが出来るでしょう。

そのためには、専門教育機関に通ったり、企業に先ずは就職して働きながらIT教育を受けるなどプログラマーへの道筋を考えてみてはいかがでしょうか。

アプリ、Webサービスが作れるといったスキルは、非常に有利なスキルですね。プログラミング未経験の女性でも、短期間でスキルアップの機会は十分あります。プログラミングのスキルを修得出来れば、在宅ワークのなかでも高い収入を得やすいでしょう。

では、プログラミングスキルはどうやって修得出来るのかを見ていきます。

プログラミングスキルはどのように得るのか?

短期間でプログラミングスキルを修得するには、やはり専門のプロに指導してもらうのが一番の近道です。

プログラマー養成に力を入れる企業の増加に伴って、それに対応すべくITエンジニア養成機関が増えています。これらの専門に学べる場所に通うことで、スキルを修得した後の働き方や仕事受注への道筋も明確に見えるはずです。

また、周囲に同じ分野を学び、すでにスキルを収入に繋げている先輩方の存在など、多くの刺激と気付きを得られるでしょう。

或いは、プログラミングオンライン講座や通信講座などのように、通信教材を利用して独学で学ぶ方法もあります。独学といっても、プロの指導を仰げるので修得効果は期待出来ます。ただし、プログラミングの教材は、1ページ開いた時点で難解な専門用語の羅列です。

これを、自分で理解して学習を進める段階で多くの人が挫折感を抱くといった傾向があります。入門から先に進めないといった状況が多いようですね。そういった意味でも、動画教材を利用したり、プロの指導者やメンターがいるシステムを活用した方が良いですね。

仕事斡旋サポートや就職サポートがある機関もあるので、自分に合った理想的な学習方法を選択してみてはいかがでしょうか。初心者は、とにかくプログラミングの基礎を十分に叩き込むことが大切です。とにかくインプットの時期には、インプットしまくるのがコツでしょう。

私たちが日頃スマートフォンやタブレットで利用しているLINEやFacebookなどのアプリやゲームアプリは、このプログラミングで作成出来ます。

プログラミングとは、私たち人間がコンピューターにやって欲しい作業や仕事を順番にして書き出した指示書を指します。コンピューターに分かりやすく伝わるプログラミング専門用語を用いて指示を与えます。

私たちの生活を豊かで便利なものにするアプリはプログラミングで支えられています。また、Excelなどの細かい作業やソフトやツールの連携を自動化することも出来ます。

プログラミングで何を実現したいのか?

プログラミングといっても、さまざまな分野があることが分かりました。

ご自分が、このプログラミングの学習で何をやってみたいのか、何を実現したいのかを明確にしてから始めることをおすすめします。達成したい目標を決めるのですね。

気追わずに、普段利用しているアプリケーションやゲームなど、作ってみたいものを決めてみるのが良いですね。

ご自分が理想とするWebサービスなどがあれば学びがいがあるのではないでしょうか。その内容は、本当に自分の好きな料理や雑貨、文房具、美容などなんでも良いのです。目標が決まったら、次に作成のために必要な言語を決めます。

Swift(スィフト)

ここからは、おすすめのプログラミング言語をご紹介します!

 

代表的な言語として、2014年にAppleが発表したプログラミング言語・Swift(スィフト)です。

Apple系ソフトウェアの開発言語で使用されていたObjective-Cの学習コストが高かったという扱いにくさを改善しています。

これまでのObjective-Cとの互換性を維持しているため、Swiftはこれからも必要な言語です。

このSwiftが使いこなせる技術者の需要が非常に高まっていて、エンジニアの中でも採用の際には優遇されるといったメリットがあります。

このように、引き続きアプリ市場が拡大しており、企業の多くがいまも参入し続けています。

Java(ジャバ)

Javaは、ソフトウェアに使用されているプログラミング言語の一つで、多くはAndroidアプリ開発やTwitterやLineなどのWebアプリ、また身近なサイト構築が可能です。

楽天など名の知れた企業がホームページやサイト構築にJavaを利用しています。

プログラミング言語のなかでも、常にランキング上位に上がるほどJava誕生から20年以上も変わらずの人気ぶりです。

Androidアプリや、Webアプリ開発のほかに、例えばファインディング・ニモやトイストーリーなど2D、3D映画のソフトウェアもJavaで開発されています。

ロケット、衛星に搭載されるソフトウェアのように宇宙開発、或いは全世界50億以上のクレジットカード決済もJavaによって処理が実施されています。

また、テレビ番組表や天気予報のような時系列表のソフトウェア、全てのブルーレイプレイヤーにJavaが使われています。

そのほか、オンラインバンクの承認や決済、銀行ATM、オンラインゲームやゲームアプリの開発、大きな顧客データ管理、ボーイング社など独自開発のビッグデータ用ソフト、家電などのソフトウェアによる製品故障、製品不良回避のためのOS、AdobeやScratchなどのソフトウェアに利用されています。

Javaの高いセキュリティと汎用性に加えて、処理速度は数あるプログラミングの中でも上位に入ります。

処理速度によって開発時間の短縮、コスト削減が実現したことで、多くのソフト開発の現場で採用されています。

また、Javaでコーディングすることで何処でもプログラムを実行することが出来ます。スマートフォンやスーパーコンピューターなど、Windows、Mac、Linuxでも可能です。

つまり、端末以外のソフトやサーバーで採用され、私たちの身近な生活を支え、現代社会のインフラに貢献していることが分かりますね。

多くの企業でJavaのエンジニア重要が高く、プログラミングで仕事を得るには欠かせない言語でしょう。

初心者を始め、Web業界で仕事をしたい人や起業を検討している人にとって、Javaを学ぶことは欠かせません。

Kotlin(コトリン)

Kotlinは、モダンな言語として2017年に登場しました。Androidの開発言語としてKotlinが正式に採用されています。今後、Androidのアプリ開発を進める人には、Kotlinの使用をおすすめします。

Kotlin(Kotlin Programming Language)は、JetBrainsが開発したプログラミング言語です。

Javaコードとの相互運用が可能なので、Javaからの以降が簡単に出来ます。Javaより簡潔に記述出来るとされています。Javaは、世界中の人が使用する人気の言語です。Javaによるシステムが多く運用されてきました。

KotlinコードはJVMで動作するJavaバイトコードへコンパイルされます。これをJVM言語と呼びますが、KotlinはJVM言語の一つです。

Javaによって書かれた既存の資産を有効に活用できるといった利点があります。

その互換性に加えて、速度もJavaと同じ速度、そしてJavaよりも安全、簡潔で実用的レベルを維持していると言われています。

静的型付け、型記述の省略可能、行末のセミコロンが不要などといった特徴があります。Androidの開発に、今後はKotlinが主流になっていくと言われています。

Kotlinを使いこなすエンジニアが少ないといった現状で、企業のニーズも高く受託単価も高い案件が多いです。

Javaは使えても、まだKotlinはこれから勉強するといった人も多いでしょう。

Python(パイソン)

Pythonは、1991年に登場した汎用プログラミング言語です。コードがシンプルで、少ないコード行数で書ける特徴を備えています。

扱いやすく設計されて、C言語に比べてもいろんなプログラムを分かりやすく記述出来ます。

型付けは、強い型付け、動的型付け言語です。多くのハードウェアとOSに対応し、複数のプログラミングパラダイムに対応可能です。

オブジェクト指向、命令型、手続き型、関数型といった型式でプログラムを書くことが出来ます。

Pythonで扱うデータ全てがオブジェクトで、単純な数値の基本的データ型や組み込みのコンテナ型、組み込み関数などのように、全て「型」を有しています。

よって、幅広い支持を獲得してWebアプリケーションやデスクトップアプリケーションなどの開発、システム用記述のほか、理工学や統計、解析、各種自動処理といった多分野の運用にとって有力なプログラム言語です。

Pythonは、静的型付けを持たないので、Javaのようなインターフェイスという言語上の仕組みは必要とされません。

有名企業では、GoogleがPythonを主要言語として採用しています。プログラミングが容易なため効率的、時間短縮、企業人員削減、コスト削減が実現します。

Go(ゴー)

2009年、Googleの開発、エンジニアのRobert Griesemer、ロブ、パイク、ケン・トンプソンによって設計されたプログラミング言語です。

他言語の多くが受ける批判、マイナス点を解決し、一方それらの言語の良い部分を可能な限り損なわないように開発されました。新しいプログラミング言語として設計されました。

型付けは、強い、静的型付け言語ですが、軽量スレッディングのための機能やPythonのような動的型付け言語プログラミングの特徴も備え、生産性を上げ、過度なボイラープレートが必要ありません。

C言語の置き換えとしてDockerといった基盤ソフトウェア開発で採用されています。プログラミングが容易で、実用性が高く、エンジニアのなかでも急速に人気が上昇しています。

発表当時は、LinuxとMac OS Xのみのサポートでしたが、2013年に発表されたバージョン0.1からWindowsもサポートされるようになりました。

2014年のバージョン1.4からは、Androidをサポート、2015年発表のバージョン1.5からiOSをサポートしています。Google App Engine1.5では、Go言語がサポートされています。

世界でも人気のGoは、日本においても求人数が急激に増え、言語エンジニアの収入提示においても1位を占め、多くの人に愛されている言語として証立てられています。

Scala(スカラ)

Scalaは、関数型言語として多くの企業が採用をしているプログラミング言語です。2003年に、スイス連邦工科大学ローザンヌ校のMartin Odersky教授によって開発されました。

Scalaは、オブジェクト指向と関数型プログラミングの両方を扱える点が大きな特徴です。Scalaは、膨大なJavaライブラリのほとんどをシームレスに利用出来ます。

Javaベースのオブジェクト指向言語上に、関数型機能を表現しています。

このように、ひとつのプログラミング言語をオブジェクト指向と関数型の両視点で扱えることは、言語に対して柔軟性と効率性をもたらします。

そして、Javaとの互換性を第一にしたプログラミング言語として、Javaライブラリは簡単にScalaから採用することが出来ます。

基本的に、ScalaとJavaは同じようにバイトコードに変換、実行されます。それによって、同じように高速で性能予測が出来ます。

Webサービスでは、TwitterやLinkedinがScalaを使っており、国内では、ChatworkやビズリーチなどがScalaを採用しています。

以上、数多あるプログラミング言語のごく一部を取り上げました。プログラミングを使いこなせるエンジニアは、まだまだ非常に少なく、企業側にとっても喉から手が出るほど欲しい人材とも言われています。

では、在宅プログラマーとして、またフリーエンジニアとしての働き方を見ていきましょう。

スタートアップ企業が狙い目

プログラマーとして、フリーエンジニアとしてお仕事発注を考えたときに、オフィス常駐案件ではなく在宅案件で受注出来ないかと、在宅フリーエンジニアを希望する人も多いですね。

作業場所や作業時間が自由な在宅ワークのなかでも、プログラマーはかなり専門性が高く、スキルを得るのも容易ではありませんが、作業単価が高く、またエンジニアが少ないため企業のニーズも高い前途有望な職業になるのではないでしょうか。

可能性の幅が広いフリーエンジニア志望にとって、採用の狙い目はスタートアップ企業と言われています。

スタートアップ企業とは、起業からおよそ2~3年の企業を指し、新たな市場を開拓する段階にある企業を言います。

企業による既存の概念にとらわれた経営とは違い、スタートアップ企業は働き方の考え方に寛容で自由な発想が生まれやすいでしょう。

新しく始めるエンジニアにとって、在宅ワークを実現しやすい環境と言えますね。

スタートアップ企業とは、企業形態を指す言葉ではなく、最近使われだした用語で、元々はアメリカIT関連企業が集中するシリコンバレーで使われていた用語です。

新しい試みや、挑戦が可能なIT関連業界でのスタートアップ企業に就職検討が現実的で高収入につながる働き方でしょう。

スタートアップ企業は、非常に勢いがあり、短期間で急激に発展、成長を遂げる特徴があります。

これまでの市場にはない、全くの新しいビジネスで社会にプラスの価値を与え、社会貢献することが目的とするのが、スタートアップ企業の定義です。「スタートアップ企業」と名乗れる条件とも言えますね。

企業の求人ニーズとエンジニアのスキルがぴったりと合致すれば、在宅案件で、システム開発分野で重要な仕事を発注してもらえるでしょう。

在宅ワークでも、このような高単価案件が実現する可能性が高いのがプログラマーのお仕事です。

仕事をもらい続けること

同じプログラマーでも、その人によってスキルはさまざまです。保持しているスキルが高く、能力が優秀であればあるほど在宅案件を受注することは可能でしょう。

それが、例え初心者であっても、企業によっては経験の少ないかけ出しのエンジニアを積極的に採用する企業もあります。

在宅発注する企業側のメリットは、必要経費や間接経費を最低限に抑えられる、企業利益率を上げる、人件費の削減可能などが挙げられます。

よって、作業単価を低く抑えるためには、このような初心者や若手エンジニアを歓迎する企業もあるのです。

一方、在宅受注するワーカーにとってのメリットは、スキルさえ伴っていれば男女の差や年齢の制限がないということですね。

スキルが備わり、納品期日を守れるといった最低限のビジネスマナーを備えていれば在宅案件はいくらでも仕事し続けることが出来ます。

また、企業や案件との相性、案件の数によって仕事をし続けるために、仕事を探し続ける、または採用してくれる企業を探し続けるといった目に見えない労力を強いられることもあります。

在宅ワークとして受注し続けるには、それなりの案件数が必要です。フリーエンジニアとして稼ぎ続けるには、仕事をもらい続けなければいけません。

このことからも、より良い企業と出会えること、より良い案件を受注出来るエンジニアとしてスキルアップし続ける必要があるでしょう。

スキルアップし続けるために

先に上げたように、プログラミング言語には幾多の種類が存在します。また、企業の求めるプログラミング言語に対応出来るエンジニアとして、スキルアップし続ける努力を要します。

プログラマーとしてスキルアップし続けるためには、仕事を受けながらスキルアップするのが一番おすすめです。難易度の高い案件を受注しながら、スキルをアップ、成長し続けると良いですね。

仕事をしながら学習して、取り扱える言語の種類を増やすことをおすすめします。扱える言語が増えることで、受ける仕事の分野が広がりそのまま収入に繋がること間違いなしです。

在宅プログラマーが仕事を受注するのに多いのは、前職企業から引き続き仕事を受ける人が多いですね。しかし、そのような繋がりがないエンジニアは、一から企業を探さなければいけませんね。

昨今は、クラウドソーシングサービスが進み、ネット上でも仕事を受注出来る企業を探すことが出来ます。

一つひとつの案件で信用を積むことで、受注案件が増えたり、採用企業が増え、それと同時にスキルを上げ仕事の幅が広がるといった働き方があります。

フリーエンジニアとして採用されるには、交渉力も重要です。プログラマーとしての希少価値を高めて自分をアッピールすることはとても大切です。

当初から、そのためのスキルアップとも言っても過言ではありません。企業にプログラマーとして交渉するための材料を揃えておくのですね。

そして、フリーエンジニアとしての交渉、折衝力、セルフマネジメント力を培っておきます。

フリーエンジニア、在宅ワーカーとしての働き方は、個人事業主の扱いですから、一定以上の仕事契約を結び続けるのも自分で行っていかなくてはなりません。

このように、プロジェクトマネジメント力が問われるのがフリーエンジニアです。

ただ、技術があるだけでは在宅ワーカーとしては働けません。コミュニケーション能力や折衝力、マネジメント力やセルフコントロール力などトータルスキルが求められます。

データ解析・データサイエンティストとは?

プログラマーのお仕事分野のなかでも、企業に重宝されるのがデータ解析可能なエンジニアです。

データ解析のお仕事は、これまでのシステム開発やネットワーク構築を土台にして集積したデータをいかに利用していくか、といったようなデータを解析していくお仕事です。

そのデータは膨大で、このスキルを持った人をデータサイエンティストと呼んでいます。

データ解析は、データを整理してまとめる作業ではなく、その先の集めたデータの仕組みを調べる「記述統計学」と言われています。

また、確率の考え方に基づいて、集団の一部のデータから集団全体を推測する「統計的推測」を実施します。

このようなデータ解析が出来るエンジニアは数少なく、企業側も積極的に人材養成を実施するなど、データ解析エンジニアの求人は数知れずといったところでしょう。

企業におけるデータの増加の一方で、データ解析人材の不足が深刻化しています。

企業でも人材育成に力を入れるなど業務を進める上で効率化が課題となっているようです。

データ解析によって、経営企画やマーケティングに生かすことが可能になったり、さらなる研究や開発のレベルを上げたり、品質管理や品質不良の解明が進むなどの業務効率が上がるとされています。

スマートフォンゲームアプリ開発

幅広い年齢層に愛用されているスマートフォンゲームですが、スマホに揃うアプリのなかでも老若男女に人気なのがゲームですね。

スマートフォンの普及によって、その圧倒的な巨大市場へ多くの企業が参入してきています。

これまでは、家庭用テレビゲームなどの機器開発を主力としてきた企業までもが、スマートフォンゲームアプリ開発にシフトしてきています。

スマホアプリは、新規参入しやすいしやすいことからも、最近ではスマホゲームアプリ開発を主に起業する企業が増えているのが現状です。

このような新規参入企業は、自由な社風だったり、少数精鋭のために自由な働き方が実現しやすいとも言えるでしょう。

今や、個人レベルでの開発が可能になり、エンジニアにとっても可能性の大きい産業となっています。

これからスマートフォンアプリの開発を勉強し始めても遅くはありません。アプリ開発する上でも、必須なのがプログラミング言語の習得です。

プログラミング言語を理解していなければ、アプリ開発は不可能です。

個人が、アプリを開発し、リリースする際にアプリで収益を得る方法もあります。アプリで収益を得るためには、アプリダウンロードを有料にしてアプリを販売します。

また、アプリ内には広告表示をして、広告収入を得ます。有料ダウンロードをせずに無料でアプリを使用してもらいながらでも、広告を出すことで広告収入を得られます。

もう一つは、アプリ内課金を設定します。アプリ内でゲームアイテムなどを販売することで収益を上げます。

このような方法でアプリをリリースすることで、個人レベルでもスマホアプリゲームで稼ぐことが可能です。

初心者プログラマーの挑戦

プログラミング初心者で未経験、でもプログラマーとして働きたいといったように、始めたばかりの準備段階の人におすすめは学習し続けることですね。

まずは、言語のことを学習する必要があります。ネット上には、無料の学習サイトがたくさんあるので、お金をかけずにプログラミングを学習できる環境はすぐそばにあります。

無料サイトや動画サイトでも、身近にプログラミングの学習が出来る時代ですので、出来ることからコツコツと学ぶことをおすすめします。

そして、ある程度の言語の学習が進んだ人は、簡単なWebアプリを作ってみましょう。自分で作ったアプリがあると、そのままそれが実績になるので企業へのアッピール材料になります。

実績がスキル証明になることを認識しておくことが大事です。学習や実践がそのまま企業採用につながるような、学習の方法や仕事をもらうまでの道筋をある程度描いて準備してみましょう。

プロでも初心者でもフリーエンジニアになれる!

在宅プログラマーは、その求められるスキルが専門性が高く、使いこなすまで修得するのが難しいスキルとされていますが、フリーエンジニアとして一度スキルを会得し、企業との契約が取れると長期にわたり案件に携わることが可能です。

在宅プログラマーとして、独立して仕事を請け負うと決めたら、どこまでもスキルを上げ続けるといったモチベーションと、仕事への責任感と強いメンタルが必要不可欠です。

受託案件に対応出来るスキルと納品期日と質を守り切る責任感、そしてトラブルに柔軟に対応出来る能力、頑強なメンタルが求められます。

フリーエンジニアは専門技術職です。そのスキルが他者よりも優れているといった確信が、企業から仕事を受注出来る大きな武器になります。

自分のスキルで何処まで勝負できるのか、どこまで挑戦出来るかといったところに、仕事の魅力やモチベーションを感じるのではないでしょうか。

育児や介護、または自身の体調など置かれている境遇によって、オフィス勤務や正社員として働くことが困難な人も多いでしょう。

或いは、独立して自分の力を試してみたい、思い切り稼いでみたいなど、フリーエンジニアとしての働き方を選択する人もいるでしょう。

在宅ワークを志望する動機は人それぞれですが、企業にとってエンジニアに求める資質は変わりません。いずれも、責任感と自主的取り組みが必要です。

企業側は、プログラミング言語を扱えるエンジニアの起用ニーズは高まってきています。それに対し、エンジニアの数が少ないのも現状であることからも、引く手あまたといった状況です。

しかし、フリーエンジニアが案件を探すのは容易ではありません。これまでの人脈をたどる方法のほかには、在宅ワークのクラウドソーシングの利用、お仕事マッチングサイトの利用、インターネットでの企業公募などによって案件獲得を実施していきます。

どの方法も、自分一人で行うので自身のスキルアッピール、折衝スキルとセルフマネジメントスキルが必要です。案件マッチングサイトの増加によって、チャンスや可能性の場は多くなってきています。よって、諦めずに案件を探し続けることが大切ですね。

また、最初から大きな仕事や高単価の仕事を選ぶのではなく、単価が低くても一つひとつの案件を丁寧に確実にこなすことで、企業との信頼関係を構築していくことも大事です。

その流れのなかで、確かなスキルと数多くの実績を積んでいくことで道が開かれていきます。

同時に、自分の得意分野や興味関心の強い職種を発見しながら、更に専門スキルを高めていくと良いでしょう。

企業ニーズが高まるなか、案件は数多く転がっていると考えて良いでしょう。

その状況下で、自分の強みをしっかりと握っていることは今後のエンジニアとしての仕事に大きな力となること間違いなしです。

「在宅」と「常駐」フリーランスの働き方

また、同じフリーランスでも在宅ワーカーと、もう一つ常駐フリーランスといった働き方があります。

常駐フリーランスとは、企業常駐の意味で、クライアントの現場において企画メンバーとして作業を行う働き方です。

例えば、週2~3日は常駐勤務、あとの残りの日数を在宅ワーカーとしてプログラミングの仕事を請け負うといった働き方もあります。

常駐勤務が短時日でもあるメリットとしては、収入の見通しが立てやすい、現場での経験や実績を積むことが出来る、仕事へのモチベーションを維持しやすい、仲間と仕事が出来、やりがいを感じられるなどです。

フリーエンジニアとして、実績とスキルを積み上げる段階では非常に有効的な働き方と言えるでしょう。

また、クラウドソーシングやマッチングサイトなどにも、在宅勤務と常駐勤務の両案件の提案、募集を実施しているところがほとんどです。

今回は、プログラミングの在宅ワークに着目しました。以上のように、在宅ワークのなかでもプログラミングのお仕事は、非常にニーズの高い、そして可能性の大きい専門技術職であることが分かりましたね。

大きな可能性とチャンスのある在宅ブログラマーに興味を持っている方は、今からでも遅くありません。プログラミング言語の勉強から、まずは始めてみませんか?

Pocket

pagetop