人気の内職や在宅ワークをご紹介! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

人気の内職や在宅ワークをご紹介!

公開日:2018.08.28
最終更新日:2018.08.28
Pocket

内職や在宅ワークで人気の職種を一挙にご紹介!

子育てや介護など、働きたくでもなかなか外に働きに出られないという方でも、自宅にいながら収入を得る方法として、大人気の在宅ワークや内職。

少しでも家計の足しにするために、私も働きたいと考える主婦の方も多いのではないのでしょうか?

在宅ワークや内職は、どなたでもやれるお仕事から、資格やスキルが必要なものまで様々な種類があります。

今回は、在宅ワークや内職のお仕事の中から、特に女性に人気がある案件や、もらえる報酬の目安など、気になる情報をまとめます。

内職や在宅ワークが人気がある理由とは?

内職や在宅ワークがこれほどまで多くの方の支持を得ている理由は何でしょうか?

それは、通勤の必要もなく、好きなときに好きなだけ働けるという自由なワークスタイルが挙げられます。在宅ワークや内職は、基本的に家やカフェなど場所を選ばず、隙間時間を利用したり、子供が学校に行っている時間など短時間でも行えるものばかりだからです。

また、子育て中のママにとっては、子供の急な発熱や学校の行事など、突然仕事に行けなくなるといった事態が発生することもしばしば。いくらシフトを交代してくれる方がいると言っても、やはりパート・アルバイトで何度も休むというのも気がひけます。

在宅ワークや内職の人気の秘密は、それだけではありません。家で一人で作業するので、面倒な人間関係が一切ないということです。コミュニケーションや対人関係が苦手な方にとっては、在宅ワークや内職は、最適なお仕事と言えるでしょう。

内職や在宅ワークが支持される背景には、他にも、年齢不問で未経験の方でも仕事を受注しやすいということがあります。社会人としてブランクがあったり、シニア世代で再就職は難しい状況という方でも、内職や在宅ワークだったら、比較的簡単にお仕事を見つけることができます。

趣味や特技を生かしたお仕事も多いので、気軽なお小遣い稼ぎとしても、在宅ワークや内職は女性に人気があるようです。

最近では、男性でも副業として在宅ワークを行う方が多く、人によっては、サラリーマンを辞めて、在宅ワークのみで生計を立てている方もいます。

自由な働き方ができる昨今、会社に勤めなくても暮らしていける方が増えているようです。

人気の在宅ワークや内職で稼げる金額はどれぐらい?

子育てママやシニア世代に大人気の内職や在宅ワーク。一番気になるのは、いくらぐらい稼げるのかということです。

内職の場合は、商品を完成して納品した個数によって収入が変わる出来高制を採用している場合がほとんどで、家内労働法という法律で最低賃金が保証されています。

しかしながら、内職のお仕事は作業単価がかなり低く、1件1円にも満たないケースがほとんどです。そのため、たとえば1時間に100個の商品を仕上げたとしても、時給が100円にもならないといったケースもあります。ある程度作業に慣れて熟練した人でも、せいぜい1時間に100円から600円というのが、内職の時給相場のようです。

実際に、内職を行っている方の平均所得は、月1万円から多くて5万円ほとど言われており、どう考えても、お小遣い程度ということになります。

内職だけで生計を立てていくのは、かなり厳しいですので、あくまでも副収入という位置づけで取り組む方が多いようです。

一方在宅ワークについては、どうでしょうか?在宅ワークの収入は、業種によってかなり開きがあります。

例えば、在宅ワークの中でも単価の低いデータ入力のお仕事だと、平均収入は内職と同じく月5万円前後が多いようです。しかしながら、データ入力のお仕事でも、作業量の多い方だと月10万円以上稼ぐ方もいるようで、正確かつスピーディーなパソコンスキルを駆使して、たくさん納品できれば高収入も夢ではないお仕事のようです。

他にも、主婦に人気の在宅ワークとしては、ライター業務があります。ウェブライターのお仕事は、1文字あたりの単価が0.5円から3円ほどとこちらもかなり金額に開きがあります。

最低文字数の設定も200字前後のレビュー、ブログ、体験談などかなり短いものから10000文字を越える商品紹介やキュレーションサイトなどでのまとめ記事など、仕事の分量もクライアントによって異なります。

在宅ワークで主婦に大人気のライターのお仕事では、多い人だと月20万円以上を稼ぐ方もいるようで、大手ワーカーサイトの調査では、年収340万円以上稼ぐライターもいたようです。

主婦よりは、資格・スキルのある男性に人気の在宅ワークとしては、プログラマーやシステム管理などの在宅ワークもあります。また、ウェブデザイナーなども人気で、こういった職種の方は、時給単価も非常に高く、1案件受注するだけで50万円以上を稼ぐ方もいます。

主婦に人気がある在宅ワークの中で、他にも単価が高いお仕事としては、翻訳業務が挙げられます。英語が得意な方が、特技を生かして働けるお仕事として、根強い人気があります。

人気の在宅ワークや内職はどこで仕事を見つけたらいいの?

子育てママに大人気の内職や在宅ワーク。一体どうやって仕事を見つけたらいいのでしょうか?

【内職案件の探し方】

まず、内職の場合ですが、インターネットで内職の求人を出しているサイトはまだまだ少なく、各市町村にある「内職斡旋所」で仕事を探す方が多いようです。

「内職斡旋所」では、内職の職種の他、報酬や作業内容についてそれぞれ説明があり、自分に合った内職を探す相談にも乗っていただけます。

履歴書不要で、ひとまず仕事を回して下さる企業も多く、とりあえずやってみて続けられそうだったらそのまま受注するという形でも始められる場合が多いようです。

内職は、私たちが思っているよりもかなり根気のいる作業で、続けていくには、資材を確保するスペースや、作業時間をある程度確保することも必要になります。

また、手作業で行う仕事や軽作業がほとんどですので、コツコツと飽きずに同じ仕事を続けていける方に向いていると言えます。手先の器用さも必要ですが、納期をきちんと守るといった責任感も問われます。

スマホアプリで内職求人を探せる「バイトル」なども最近は人気を集めているようですので、内職をしてみたい方は、こういったアプリで仕事を探してみるのもよいかもしれません。

在宅ワーク案件の探し方

在宅ワークのお仕事の探し方は、一般的に大手ワーカーサイトなどに登録して、クライアントと直接契約する場合が多いようです。

中には、ウェブデザイナーのように、自分で作ったページなどを企業に直接売り込みしたり、薬剤師資格保有者で、ネットで見つけた薬のコラムなどを企業と直接契約して書くといった働き方をしている方もいます。

ワーカーサイトに登録すると、まず、自分のプロフィールを書くところから、作業がスタートします。プロフィールは、履歴書のようなもので、登録者の持つ資格やこれまでの学歴、職歴、さらには、趣味特技などを記入します。

サイトによっては、顔写真や身分証明書の登録を進めているところもあり、お仕事をより受注しやすくするために、プロフィールを充実させることがまず第1歩となります。

一般的には、自分が仕事を探したい職種別に案件を検索できるシステムになっており、タスク形式、プロジェクト形式、コンペ形式の他、一般受注のお仕事などがあります。

タスク形式のお仕事の場合は、単発や短期で終了するものがほとんどです。子育ての合間や隙間時間に行えるアンケートなどは、内職よりも気軽に取り組めるので、暇つぶしにも最適です。

プロジェクトやコンペ形式のお仕事は、入札すれば報酬が発生するという場合が多く、デザインやネーミングなど、ユニークなお仕事がたくさんあります。単価もクライアントによって大幅に異なりますが、ネーミングやアイデアなどは、経験不問で取り組めますし、キャッチコピーなども未経験者でもできるお仕事として人気があります。

在宅ワークでは、通常、ワーカーの方で興味のある案件を検索して、クライアントにメッセージを送り、先方と条件のすり合わせをして契約が成立したらお仕事を始めます。

中には、クライアントは、募集している人材に相当する方にワーカーサイトを通してアプローチして来る場合もありますので、とにかく、ワーカーサイトでの実績を積んでいくことが、次のお仕事を探す上で重要なポイントとなってきます。

内職で人気の職業を見てみよう!

内職や在宅ワークのお仕事を探し方も分かったところで、ここからは、主婦に人気のある内職や在宅ワークを例をあげてご紹介してみます。まずは、内職のお仕事からです。

 

【シール貼り】

内職のお仕事の中で、比較的求人案件も多く人気のお仕事と言えば、シール貼りのお仕事。

商品のバーコードや化粧品のパッケージ、さらには、お中元、お歳暮などの季節商品のシールなど、様々なシールを貼る単純作業です。中には、宛名などを貼るお仕事もあります。

テレビ番組で友近さんが挑戦して話題となってシール貼りのお仕事と言えば、ぞうさんのジョーロの内職です。

ジョー炉の水の出口を作成したり、カッターでギザギザの部分(バリ取り)をして、目のシールやバーコードを貼ると言ったいくつかの作業を組み合わせた内職です。

商品作りのシール貼りは、1個の単価は約15円ぐらいと、シール貼りの内職の中では、少し単価が高い方になります。時給に換算すると250円ほどですので、アルバイトに比べるとやはり内職のお仕事は、あまり割がよいとは言えないのかもしれません。

 

【うちわ作り】

続いてご紹介する人気の内職は、うちわ作りのお仕事。こちらは、先ほどのシール貼りと同じカテゴリーに入るお仕事です。

先ほどは、カッターでバリを削り取ったりする作業も含まれましたが、うちわ貼りのお仕事は、単純にうちわのシールを芯になるプラスチックに貼っていくだけの作業ととなります。

しかしながら、このうちわ貼りには、少しポイントがあり、ずれてしまうと商品として使えないため、かなり慎重に貼る必要があります。不器用な方だと、検品でひっかかってしまいますので、丁寧に素早くシールを貼れる技術が必要です。

うちわ貼りの内職のお仕事は、人気番組でいとうあさこさんが挑戦しましたが、1個20秒という驚異的な早さでうちわを貼っていたようです。

時給に換算すると331円で、番組で紹介された内職の中では、もっとも時給が高かったようです。

うちわは、企業の販促活動や夏祭りなどで配布されますので、需要が増える夏季に向けて、大体5月頃に求人が増える傾向にあります。シンプルですが、手先の器用さが求められる人気の内職です。

 

【チョップスティック組み立て】

続いてご紹介する内職のお仕事は、小さな子供や大人が箸の使い方を矯正するために使う「多機能チョップスティック」を組み立てるお仕事。

こちらは、お箸の組み立ての他、袋入れと検品までの一連の作業が内職のお仕事に含まれます。内職案件を探す時には「箸セット作り」と掲載されているものが、このお仕事に相当しますので、参考になさって下さい。

食品を扱う箸を組み立てますので、手袋をはめて作業します。手袋でケースを拭き取るなど、衛生面に気を遣う内職です。人気の内職とは言うものの、1本あたりの製作単価は6.5円で、時給に換算すると218円というかなり低い数字となります。

数量をこなして行かなければ、なかなかまとまった収入にするのは難しいようです。

 

【コサージュ作り】

続いてご紹介する人気の内職のお仕事は、パーティーや結婚式などで使う「コサージュ」を作成するお仕事。

コサージュ作りのお仕事は、決められたパーツを使って、組み立てていく作業になります。キットがありますので、その通りに作成しますが、多少なりとも見た目のバランスなどに配慮する必要があるので、手先の器用さだけでなく、美的センスも問われる内職と言えるかもしれません。

ハンドメイドや手作りが好きな方に、おすすめの内職です。

 

【ネイルキットの内職】

美容系の内職として人気を集めているのは、ネイルキットを作るお仕事です。付け爪やネイルアートに使う各種パーツなどを一つのパッケージに梱包していく作業を行います。

最近は、ネイル用のデコレーションアートを手がける内職も人気を集めていて、デコスイーツやデコ電話など、雑貨を作る内職もこの部類に入ります。ハンドメイドや手作りが好きな女性にかなり人気があるようで、趣味の延長としてこういった内職を楽しむ方も多いようです。

 

【「つけまつ毛」テスターの内職】

もう一つ美容系の内職として人気があるのが「つけまつ毛」のキットを製作するお仕事です。

まつげエクステなど、一般の女性でもバサバサなまつ毛にするのが流行っていますので、つけまつ毛市場は、かなり需要がある産業です。

つけまつ毛は、とても繊細な商品なので、ピンセットをつかって一つずつ作業していきます。非常に細かい作業で、根気がいる上に、目も疲れます。長く続けていくのは、ちょっと大変な内職かもしれません。

 

【検品・梱包作業】

最後にご紹介する人気の内職のお仕事は、検品・梱包作業のお仕事です。

企業の商品の品質や、納品された商品の数を確認したり、バーコードなどをつける軽作業が含まれるお仕事です。検品が終わった商品は、ダンボール箱に決められた個数ずつ梱包したり、案件によっては、発送準備までが含まれる場合もあります。

検品・梱包のお仕事は、立ち仕事になる場合が多いため、他の内職に比べて、多少なりとも体力が必要です。また、作業所などに出勤を求められる場合もありますので、申し込み前に、どこで勤務するのかなどをきちんと確認してから応募した方がよいでしょう。

​在宅ワークで人気の職業を見てみよう!

人気の内職に続いて、人気の在宅ワークを見てみましょう。無資格・未経験でも行える簡単なものから、スキルが必要なものまで、順番にご紹介します。

 

【アンケート】

まず、最初にご紹介する在宅ワークで人気のお仕事は、アンケートのお仕事。大手ワーカーサイトなどでは、タスク形式で受注できるアンケートのお仕事が人気です。

アンケートのお仕事は、サイト上にある企業が行うアンケートに、はい、いいえで答えていく作業で、一件1円からとかなり単価が低いものが多いです。

しかしながら、特に難しいことはなく、最短1分ほどで終わるような内容であることから、子供のお迎え待ちやレジに並んでいる時など、隙間時間にお小遣い稼ぎの感覚でアンケートに答えている方も多いようです。

仮に1件1円のアンケートに、100件答えても100円にしかなりません。1件1分で処理できたとしても、100円稼ぐのに1時間以上かかります。

1000円稼ぐのには、実に16時間もかかります!そう考えると、アンケートはあくまでも暇つぶし程度に行う作業と考えた方が良さそうです。

 

【データ入力】

続いてご紹介する人気の在宅ワークは「データ入力」のお仕事。企業の事務作業を請け負うデータ入力のお仕事は、未経験者でも取り組めるため、主婦や子育てママに大人気のお仕事です。

内職やアンケートに比べると、データ入力のお仕事は時給が高く、平均1000円ほどと言われています。

データ入力の案件は、企業の顧客データの入力や商品情報の登録など、内容によって金額にも開きがあり、時間単価制を導入している案件と、固定報酬制の二つのタイプがあります。

データ入力で時間単価制の案件の場合は、一日の作業量が決まっている場合が多く、月収1万円から5万円ぐらいが相場です。また、長期間契約を希望しているケースが多く、企業の正社員の補填や補佐的な位置づけで契約するクライアントも多いようです。

固定報酬制の案件の場合は、プロジェクトごとに作業価格が決められており、1件1万円のものもあれば1件数十万円というものまで、幅広い価格のお仕事があります。

固定報酬制のデータ入力のお仕事は、早く正確に入力できる方なら、短納期で商品を納品して、次の案件に進むことができます。1ヶ月に1件3万円ほどのデータ入力を週1回ペースで納品できれば、月収は12万円になります。

データ入力のお仕事は、短期でできるものと長期でできるものがあり、選べるのも人気の秘密です。また、子供が学校に行っている時間だけ、週に3日ぐらいと働く時間も選びやすいため、子育てママに人気があるようです。

 

【テープ起こし】

続いてご紹介する人気の在宅ワークは、テープ起こしのお仕事。こちらも、先ほどのデータ入力と類似するお仕事ですが、音声データを文字にしていくのが業務内容となります。

テープ起こしのお仕事も、未経験者歓迎の場合が多く、ワード、エクセルなどの最低限のパソコンスキルがあれば、どなたでも応募できる人気のお仕事です。

テープ起こしのお仕事では、原音となる録音データの長さによって報酬が変わります。◯分◯円といった形で報酬が記載されていますので、早く正確にタイピングできる人ほど収入が上がります。

また、テープ起こしのお仕事もデータ入力のお仕事同様、入力されたデータが正しいかどうかの確認を行う「校正作業」までが、業務に含まれます。タイピングスキルを挙げて、できるだけ作業単価の高いお仕事に応募すれば、高収入も夢ではないかもしれません。

 

【ウェブライター】

続いてご紹介する在宅ワークで人気のお仕事は、ウェブライター。未経験者で取り組める案件から、業界経験者限定となっている案件まで、様々なお仕事があります。

主婦に人気のウェブライターのお仕事は、主に、商品の感想を書いたり、キュレーションサイトなどに記事を投稿するお仕事で、1文字の単価相場は0.5円からとなっています。

金融関連の商品や保険、不動産など専門知識を使って執筆する記事のライターなどは、記事単価が高く、1文字あたり2円以上支払われる案件などもあります。

また、ウェブライターを募集しているクライアントの中には、納品数に応じて、別途ボーナスを設けているケースもあり、月に100本以上納品すると5000円ボーナスなど、様々な特典が得られる場合もあります。

ウェブライターの収入は、少ない人でも月5万円前後で、在宅ワークをしたいと考えている主婦が稼ぎたい理想金額とほぼ同額を稼ぐことができます。

また、大手ワーカーサイトの調査によると、ライター業務を行う方の中には、月収30万円以上、年収340万円以上稼ぎ出す方もいるようで、専門ライターとしてフリーランスのお仕事のみで生計を立てている方もいるようです。

ライターのお仕事に向いている方は、書くことが好きな方はもちろんですが、インターネット上で情報検索をしたり、流行やファッションなど、興味のある分野で詳しい知識を持っていることが挙げられます。

様々なサイトで記事を執筆することができますが、人気のあるカテゴリーは、芸能、美容、ファッション、ライフスタイルなどで、ダイエット商品を紹介するまとめサイトなども求人案件が多いようです。

ライターのお仕事は、少ないものだと200文字ぐらいからの単発案件などもあり、1文字0.5円で10分で作成できたと過程すると時給600円という計算になります。

内職よりは、時給が少し高い傾向ですが、パートアルバイトに比べると時給が低いという案件が多いのも事実です。

しかしながら、ライターのお仕事が在宅ワークで根強い人気を誇っている理由には、その手軽さにあります。書くことに慣れてくれば1時間に5000字の記事を書き上げるライターもザラにいます。一文字単価が0.5円だったとしても、この場合の時給は2500円とかなり高額です。

ウェブライターは、無資格、未経験で始められる在宅ワークのお仕事の中では、かなり稼ぎやすいお仕事と言えるでしょう。

 

【テレマーケター】

続いてご紹介する在宅ワークで人気のお仕事はテレマーケター。別名「テレホンアポインター」うあ「コールスタッフ」などの名称で案件があるテレマーケターのお仕事は、在宅で企業のコールセンターなどのお仕事を代行する業務です。

電話または、企業から指定された通話アプリなどを使って、顧客からの商品の問い合わせに答えたり、商品の紹介を行ったりするのが、テレマーケターの主な業務内容になります。

パソコンとヘッドホンなどを使用する場合もありますので、クライアントが求める通話環境があるということが、応募条件となります。ペットがいたり、乳幼児などがいるご家庭では、通話中に雑音が入ってしまうため、応募するのは難しいと考えます。

コールセンター業務を請け負う場合は、大抵の場合クライアントからのマニュアルがあり、マニュアルに添って問い合わせに答えます。また、商品紹介などを行うお仕事の場合は、ノルマがある場合もありますので、応募時に事前に確認することをおすすめします。

報酬は、固定報酬制よりは時間単価制を採用している案件が多く、時間帯は自由ですが、週何時間就業できるかを申し込みの際に確認される場合が多いようです。

話すのは苦手と言う方や、お子さんが小さくて電話対応が難しいという場合は、メールスタッフ(問い合わせメールに対応する)などもありますので、こういったお仕事に挑戦する方もいらっしゃるようです。

テレマーケターの時給は、1000円から3000円ぐらいが相場となっており、一般的なパート・アルバイトに比べて時給が高い傾向です。そのため、コールスタッフのお仕事はかなり人気があります。

 

ウェブデザイナー】

最後にご紹介する在宅ワークで人気のお仕事はウェブデザイナーです。ウェブデザイナーのお仕事は、企業のホームページの作成や、更新などサイト運営まで手がける場合もあり、案件によって報酬にかなり開きがあります。

イラストレーターやフォトショップなどの画像編集ソフトを扱える技術やサイト構築のプログラミング言語の知識まで、幅広いスキルが求められるお仕事です。

インターネットの急速な普及によってネット社会の構築に欠かせないお仕事なっているウェブデザイナー、求人案件も多く、作業単価も他の在宅ワークに比べて高いのが特徴です。

ウェブデザインを専門に行う男性在宅ワーカーの中には、年収1000万円を越える方もいるそうで、企業に勤めるよりも収入がよい方が多いようです。

しかしながら、クライアントを定期的に確保するためには、デザインのセンスや過去に作成したウェブサイトの実績などが問われる業界であるため、お仕事を安定して受注し続けるためには、安い単価のお仕事から実績を積み上げて行く必要があるようです。

ウェブデザイナーの能力を証明する認定試験や国家資格などもありますが、実際にクライアントが重視するのは、経験や職歴のようです。

過去にウェブデザイナーとして働いていた経験がある方などは、比較的新規で在宅ワーカーとして登録してもお仕事を受注しやすいようです。

まったく実績がないという方は、身近な友人などのホームーページを作成するなど、周囲の人に声をかけて製作を請け負ってみましょう。とにかく、一件でも実績を作ることが、次のお仕事を受注するためのきっかけとなるようです。

人気の在宅ワークや内職で今日から稼いでみよう!

内職や在宅ワークなど、子育てママに人気のお仕事をご紹介致しました。

全体的に見て言えることは、内職のお仕事は出来高制を導入している上、作業単価が低いため、在宅ワークに比べてやや収入が少ないということです。

しかしながら、年齢・経験不問でパソコンが使えない方でも簡単に取り組める上に、資材などはほとんどすべて取引先から提供してもらえるため、すぐに始められるお仕事ととして以前として根強い人気を誇っているようです。

在宅ワークのお仕事は、受注する案件によって報酬額にかなりの開きがあり、アンケートのようにスマホ一つで行える気軽なお小遣い稼ぎから、本格的にパソコンを駆使して取り組むウェブデザイナーなど、職種によって稼げる金額も大きく異なるのが特徴です。

在宅ワークの場合は、最低限の設備として、パソコンを持っていることが必要となりますので、初期投資とメンテナンスに多少のコストがかかります。

また、在宅ワークの場合は、お仕事を受注するまでクライアントとメールで交渉したり、採用テストを受けなければならない案件などもあるため、すぐ収入にはつながらないケースがあることも事実です。

日本の平均年収は300万円とも言われる時代で、夫と妻の収入を合わせても手取り収入が300万円に満たない世帯が全体の30%以上あると言われています。

残念ながら働く女性に対する日本社会のサポートはまだまだ未熟で、働きたくても働けない女性がたくさんいます。こういった背景が、内職や在宅ワークで稼ぎたいと考える方が増えている主な原因と考えられます。

在宅ワークや内職なら、子育てや介護などをしながらでも収入を得ることは十分可能です。月8万5000円ぐらいの収入であれば、年収103万円以内に収まりますので、確定申告を行う必要もありません。

今回ご紹介した人気の内職や在宅ワークを参考に、ぜひ、自分に合うお仕事を見つけて、今日から自宅で稼いでみませんか?

Pocket

pagetop