家庭との両立を図れる在宅ワークの探し方! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

家庭との両立を図れる在宅ワークの探し方!

2018.09.04
Pocket

近年、ネットさえ繋がっていれば手軽に本格的な仕事をこなせる時代になってきました。
雰囲気の良いカフェには、リモートなのか?働き盛りの男性が、コンセントを占領し、しっかりお仕事をされておられます。
私も子供も大きくなってきたし、そろそろ仕事も復帰したいけど…
でも、子供も幼稚園に行ったら、数時間で直ぐお迎えの時間になってしまうし、直ぐに熱を出したりと、なかなか出勤してまではまだ無理か……
色々と考えてしまいます。
だからといって、経済的に御主人ばかりに頼っていても、子供の習い事もどんどん今後は増えてゆくし、何かいい在宅ワークをどうやったら探せるのかしら?
主婦は家庭の責任をしっかり果たすことが一番の仕事ですし、確かにそれが手抜きになると、家族全てに影響が出てしまいますよね。
ですから、家庭との両立を図れる在宅ワークを選ぶのであれば、最初によく吟味して選ばないと、どれも中途半端になって、結局仕事も続かない事でしょう。
それで、今回は、家庭との両立を図れる在宅ワークの探し方、をテーマにお伝えしようと思います。
先ずはどんなことを考慮に入れて探すのか?
どんな職種があるのか?
どのように探すのか?
こんなことから少しお伝えしてみましょう。

主婦はどんなことを考慮に入れて探せばよいか?

手当たり次第、ネットや求人情報で在宅ワークを探すのも、勿論あるでしょう。
でも、今は調べてみたらわかりますが、在宅ワークは本当に多種多様で数も多く、選ぶのも大変です。
 
出来そうなものも、沢山ありますから、手当たり次第申し込んでしまうと、後で苦労してしまいます。
それで、家庭とのバランスを保ちながら出来る在宅ワークを探すのであれば、最初に自分の願いを書き出してみるのは良いでしょう。
 
このようにすることで考えがまとまり、少し無理をして金銭面の条件の良いものに飛びついて後でなく思いをすることになるのを防げます。
 
でも具体的に主婦の場合、どんな希望があるのでしょうか?
一例をあげてみましょう。
 
・納期がない
これは結構重要な要素です。
というのも、これがあると、たまたま家族の大切な用事が重なってしまった、という時に焦らずに、必要な時には家族のことに集中出来るからです。
 
・ドタキャンできる
在宅ワークでも会社とのやり取りを本当に時間内には忙しくこなして、チームとして行うものもあります。
こういった類の在宅ワークは時給は良いのですが、時間や曜日に融通が利かないのです。
本当にオフィスが自宅に移っただけ、という形になりますから、もし家族の用事が急に入ることが多いのであれば、この類の在宅ワークは避けるのが無難です。
 
・シフトが自由になる
これも主婦の場合は外せません。
子供の授業参観や、突然の親戚の訪問、ご主人の休日は付き合わなくてはならない等、主婦は大忙しです。
ですから、好きな曜日に好きな時間働ける在宅ワークを探すのは継続するのに肝要な要素です。
 
・あまり頭を使わなくても出来るお仕事
パソコンも基本操作は出来るけど難しいことは無理であったり、家事や育児やその他もろもろで神経がすり減っているのに、仕事でも神経使うのはちょっと…と思っている主婦の方も多いことでしょう。
こういった理由を考える時、その時間だけ集中すれば、仕事以外で考える必要のないタイプ等々、こういった要素で探すといいですよね。
 
以上、未経験の在宅ワークを探すのに、ある程度最初から妥協できない分野、特に主婦であれば挙げた方が良い条件をほんの一部書き出してみました。
 
では実際これをした後に探す段階で、上野条件を満たすような仕事はあるのでしょうか?
沢山あります。
具体的に次にそこから絞ってゆきましょう。

主婦に向いている仕事にはどんなものがあるの?

これも探しているママたちが今までに取得されている資格やキャリア、又は能力によって全然違ってくるでしょう。
 
それで今回は先ほどの上記の条件でのみ記載してみましょう。
そうでなく、もし自分には資格があって、それを生かして好条件の仕事をやってみたいという方は、その条件でネットで探せば本当に沢山ありますよ。
 
主婦に向いている、上記の条件を満たせるような自由の利く在宅ワークの一部を以下に挙げてみます。是非参考にだけされてみてください。
テレフォンアポインター
これは鉄板です。
主婦に大変向いていると言えるでしょう。なぜでしょうか?
この仕事も普通の在宅ワークと同じ出来高制ではあります。それでも、大体の平均での時給換算を見てゆくと普通のコンビニエンスストアでのバイトよりも高いくらいです。
 
しかも、不出・留守電でもカウントされるところが多くなってきていて、断られても1件あたりの金額が固定されているので、大体1000円前後が時給で多くなっています。
そして、子供の急な発熱や用事で仕事が出来なくなっても、報告さえしておけば全然大丈夫な所が多くなっているようです。報告もメールですから、パートの時よりもストレス度が全然異なりますよね。
 
逆に今日は急にオフで働きたい、という時も大抵追加で入れてくれたりも出来ます。
こういったシフトやドタキャンOKというのは本当にありがたいです。
更に、業務自体は完ぺきなマニュアルがあるので本当に簡単ですし、業務がその日終了すれば、次の仕事の時まで考える必要は全くありません。仕事の時だけ、と割り切れるのも嬉しいポイントです。
 
勿論デメリットも考慮に入れておきましょう。
電話応対になりますから、ペットが常に大声で鳴き続けている、等であれば、電話口の向こう側に聞こえてしまうのでよした方がいいかも知れませんね。
 
ライティング
これは本当に主婦に向いています。勿論、物書きが好きであれば、ですが。
ただライティングにも様々な種類がありますから、物を書くのが好きでない方にも、事務的にこなせるタイプのものもあり、これも探し方次第で、自分に合ったものに出会えたら本当に最高です。
 
例えばコラムニストであれば、自分が普段から関心のある分野での募集にアンテナを張り巡らしておくと良いでしょう。
自分は家に関心がある、というのであれば、不動産関係でコラムを募集していないか?いつもネットでチェックをしておくと良いでしょう。
 
というのはネットでのライティングの求人は登録さえしておけば簡単に直ぐ仕事をスタートさせることが出来るのもあるのですが、そういうライティングのお仕事は、その都度テーマが変わり、いちいち調べて書いてゆくため、一見手っ取り早いのですが、継続させてゆくのは大変です。
 
そして、単価も非常に安い場合も少なくありません。
ですから、最初からテーマが大体決まっている、きちんと会社から依頼されて書いてゆく仕事の方が、気持ちも経済的にも頭も、楽ちんなことが多いのです。
 
ただ、そういうきちんとした会社からのものは、募集の段階でライターとしての経験数を条件として挙げてくることがほとんどですから、そういう場合に、応募したくても条件が満たせない、ということが難点です。
 
それで、単価が安くて、少々面倒でも、とりあえず登録して出来るところで経験を積み、そうしていくうちに自分にはどういったジャンルが向いているかもわかってくると思うので、しばらくそこで経験を積むのも知恵の道です。
そのように経験を積みながらアンテナを張り巡らしていると、丁度よいタイプの仕事が募集かけているかもしれませんね。
なぜここまでしてライティングのお仕事がお薦めなのでしょうか?
それは、時、場所、を選ばず仕事が出来るからです。
 
ご主人様や子供さんがおられるときは当然家庭のことに集中し、子供が昼寝をして、ぽっかりと数時間空いた時にライティングのお仕事に取り組めます。
声も出す必要もないですから、子供が寝ているときにも取り組めますし、カフェですることも出来ます。
そして、子供やペットが楽しそうに遊んではしゃぐ声が聞こえても問題ないのです。
しかも、ライティングのお仕事の中でも、人気のあるコラム作成は、どうしても経験がものを言う世界です。
若くてパソコンが自由自在に操れる人がやりやすいわけではないのです。様々な価値観を認められる包容力やそういった中で自分が感じたこと、そういったことを読んでくれた人が価値を認められるような記事を作成してゆくわけです。
 
このようなコラムを作成するにはパソコンのスキルよりもある程度の人生経験が必須になってきます。
ですから時、場所を選ばず自由に出来る反面、人生経験のスキルと感受性を養ってきた主婦には本当に向いている職種なのです。
在宅ワークを探すのにこういった要素を考慮に入れておきましょう。
 
翻訳・通訳・外国語関連教師
これはある程度、以前取得した資格や外国での生活や留学経験をしたことが若いころに会った方にはお勧めです。
というのも、大学でせっかく英文科出ていたり、資格取っていても、主婦になり全然生かせていない方も多いことでしょう。
今はどの求人を見ても外国語関連は本当に尽きることがないほどです。
しかも単価も高い!
翻訳などはどうしても納期があります。
それでこの点でストレスが溜まるなら、外国語教師は主婦なら比較的楽に出来ます。
外国語、というと当然、英語やフランス語、アジアの言語、というのを思いつきますよね。
最近は日本語教師、の募集を数多く見つけます。でもこれも日本語教師の資格がないと務まらないのでは?と思いますよね。意外とそうでもないのです。
自分自身が資格なのです。
つまり国籍でありネイティブであればよいのです。
自分がネイティブ日本人であれば、それが日本語を学びたい外国人にとっては重要になってくるからです。
それで、Skypeで日本語で日常会話を世界各国の方々に30分単位等、教えるんです。
結構収入も立派な金額ですし、本当にエキサイティングな経験を積むことになり、自分の世界観も広がりますね。
ですから、外国語教師等の求人を探すとき、自分の資格を吟味すれば、今の時代は山のようにあるものです。
 
以上、今までで主婦にあった条件の仕事のほんの一部をご紹介しました。他にもまだまだ沢山あります。データ入力や音声の文字起こしなども簡単ですし今はきりがないほどありますから是非ネットでご確認もされてみてくださいね。

他の人の意見に耳を傾けて客観的に情報を得る

これは在宅ワークを探すのに非常に大切です。
というのは募集するときには多くの企業は当然簡単なことを書いてくれています。
例えば、1ヶ月簡単に10万以上稼げる副業!など美味しいワードがいっぱいです。
 
そういった謳い文句にいちいち踊らされて信じ、応募してしまったら、本当に時間も労力も無駄になってしまいます。
そうこうしているうちに、自分は在宅ワークに向かないのでは?と考えてしまって、全て諦めてしまいかねません。
 
ですから、ある程度、口コミや他の人の体験談にもよく耳を傾けて、自分に本当に出来るのか?出来ても、これから何年も継続できるのか?色々な角度から吟味するのに役立ててみましょう。
これの良いところは、自分には決して無理、と決めてかかっていた仕事が、意外にも出来るかもしれない、という勇気もわいてくるという点かも知れません。
ですから、高評価も低評価もすべて読んでみましょう。意外な自分の可能性が見えてくるかもしれませんよ!

まとめ

今は在宅ワークを探すのに一苦労します。それは無いからではなく、あり過ぎるからかもしれません。
自分に合ったものを探して継続させていくのも、そのために自分の努力次第、ともいえる時代です。それだけ職種や数は沢山あるからです。
 
ですから、自分のアイデンティティーをしっかり持って、譲らないと決めたことは譲らずに探されてください。
それでもほぼ確実に見つかることでしょう。それで、上記にも書いたように、譲れない分野を書き出して、それに見合ったものを探します。
 
その後は、応募して継続に努めます。継続させるためには、自分に無理な要求を少しでも課すことの無いようにします。
幾つか違う種類の職種を持っていても気分転換になるかも知れませんね。
このように取り組んで、とりあえずはやってみます。そして、合わないものは、自分を責めるのでなく、また頑張れば何とかなるのではないか?とストレスをため込まず、サクッと辞めるのが良いかも知れんせんね。人には人の向き不向きがあることを認めましょう。
 
このように少しずつ調整を図りながら数カ月を乗り越えると、自分に合ったものだけが残ってきます。
そしたら、それをマイペースにどうぞ継続されてください。
きっと、素晴らしい人生を支えるお仕事になっていることでしょう!
 
 
 
Pocket

pagetop