在宅ワークだけで生計を立てるって本当に可能なの? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークだけで生計を立てるって本当に可能なの?

2018.09.04
Pocket

近年よく耳にする在宅ワーク。
何となく非常に優秀な人だけが味わえる、悠々自適なライフスタイルのような響きにも感じます。
きっと自分のような普通の人間には無理だろう…と半ば最初から諦めも入ります。

でも本当にそうなのでしょうか?
そんなに普通の人には当てはめられない働き方であれば、働き方改革などと、政府の働きかけがあるのでしょうか?
それで、今回は、そもそも、在宅ワークとは一体どんな働き方なのか?からご紹介してゆきましょう。
そして、在宅ワークで稼ぐことの工夫をご紹介してゆきましょう。

そもそも在宅ワークってどんな働き方なの?

これは読んで字の如く、会社やオフィスではなく、自宅で仕事をしてゆくワーキングスタイルのことです。
時間や場所にとらわれない働き方のため、世界旅行をしながらフリーランスとして本当に悠々自適に働いていらっしゃる方も近年増えてきました。
個人事業主として働かれるスタイルもあれば、今まで企業で働いていた経験を活かして、同じ会社で遠隔地業務として認めてもらい、自宅で今までと同じ仕事をされておられる方も多いことでしょう。
 
どちらにしても、どこにいてもネット環境さえ整っていれば、仕事が出来て、それが収入になるのですから、今は本当に便利な時代です。
こういった、場所にとらわれない働き方、というだけのことなのですから、生計を立てようと思えば、さほど難しいことではないのです。
しかも、もしかしたら会社にいる時より稼ぐ金額も大きくなる方もおられることでしょう。
というのも、これまでの通勤の時間を考えると、もしかして勤勉な方であれば、それを全て、効率よく仕事に充てることが出来るとして、そして、在宅ワークの場合は出来高制も多いわけで、そうなってくると、在宅ワークの方が収入面が良くなることの当然のことながらあり得ます。
さらに、在宅での勤務スタイルは雇用型と自営型があります。
ですから、自分にあった働き方を選んですると良いでしょう。
例えば、雇用されているけど自宅や場所は問わない、という場合は、仕事も定期的に来るので、そういった面ではストレスフリーかも知れません。
その代わり、勤務先が変わっただけで、あまり自由が利かない、ということはあり得ます。
非常に自由を重んじるのであれば、自営型が良いでしょう。
自営型であれば、個人事業主ですから、とにかく自分で決めたとおりになるため、本当に自由が利くでしょう。
ただ、その代わり、自分で営業をかけたりしますから、そこもストレスになってします。
ですから、多くの方は会社に勤務していたころの知り合いのツテを使ったりしていい仕事を回してもらえるようにしているようです。
既に信頼関係もありますし、余計な中間マージンも取られないわけですから、お互いがウィンウィンの関係が成り立ち、一番安定・安心の働き方にもなります。
在宅ワークで大切になってくるのは実はここだからです。
見えない相手に仕事を頼むので、とにかくお互いが信頼できていないと、少しのことで交渉も破談になりかねない危険も絡んでくるのです。
 
少し長くなりましたが、在宅ワークでの働き方を少しだけご紹介しました。
近年あまりにも在宅ワークでの働き方の種類も増えてきましたから、限定した説明が難しくなってきています。
大きく分けると雇用型と自営型などの分け方もあるのかもしれませんね。
 
では生計を立てる程の収入が得られるような比較的自由が利く在宅ってあるのでしょうか?
次はその点からご紹介してゆきましょう。

生計を立てやすい在宅ワークの種類

生計を立てる、と一言で言っても、個人個人の生活スタイルや必要な収入額、個人の家庭での立場によって大きく異なります。
それで、次にあげるのは、まず家族を養えるほどの高収入を狙える在宅ワークをいくつかピックアップしてゆきます。
 
web関連のお仕事
これは多くの在宅ワークの方が高収入で生計を立てておられる代表格です。
web系エンジニア・デザイナーなどがあります。
これは近年在宅ワークが多くの方に知られる前から、在宅でお仕事されている方が多い職種でもあります。
ホームページ作成やサイトのデザインなどで、これまでの経験もものを言うお仕事です。
 
ですから以前の会社で経験済み、等であればもってこいですし、その時からの知り合いに仕事を回してもらうことも出来ます。すでに信頼関係も、自分のスキルも証明済みですから、自分に合った仕事を直ぐに回してもらえるかもしれません。そうすれば自分で営業する必要がないのも嬉しいポイントです。
収入面に関しても、いい仕事なら月収は優に100万円を超える方も沢山おられます。
こうなってくると自営で大工さんが、いい仕事を達成できたくらいになってきますから、生計を立てるのは簡単です。
 
翻訳業務
これも在宅ワークの代表格です。
以前大学で資格は取っていたけど生かせていない、会社で結構やらされていたけど今後は本業にしたい、等であれば、トライして本腰を入れやすいお仕事です。
ただこのお仕事も経験がものを言う職業です。単に外国語を日本語に翻訳すればよいのでもなく、美しい日本語表現にもたけている必要もあります。
そして、実績も当然求められてきますから、最初に人脈があるなら、それを活用してゆくほうが良いでしょう。
その人脈がないのであれば、実績を積むために翻訳会社に登録をしておいて、そこでしっかりと実績を積んでゆく必要があります。
 
一番気になる月収面ですが、一ヶ月40万円以上も可能のようです。
ただこれは、仕事が順調であれば、の話ですから、それを確保できない状況であれば最初は副業程度で、ツテが確実になった時点で本業に出来るでしょう。
 
CADオペレーター
これはパソコンを使って建築関係や板金の図面を設計や修正を行うお仕事です。
これも在宅ワークで悠々自適に生活されておられる方は沢山いらっしゃいます。
設計した図面をつかって発注・組み立てを行ってゆきますから、個人での営業も必要になってくることを忘れないようにしましょう。
というのも、こういった仕事は得意でも、営業は苦手、という方が多いのもこの業種にはいらっしゃいます。
ですから、以前会社で働いていた時の知り合いのツテ等、仕事を回してもらえる環境に整えておくのも大切です。
気になる月収面ですが、仕事がうまく入れば、一ヶ月30万から収入は確保できるようです。
在宅ワークで大切になるのはどうしても、日頃からオフィスにいるわけではないのでとにかく信頼関係が大切です。雇う企業側も信頼できる人に託したいので、元々一緒に仕事をしたことがあった、等は大切な要素になります。こういったツテがあるなら大いに活用された方が良いでしょう。
 
以上、在宅ワークでも高収入で生計を立てるのには向いている職種をご紹介しました。
今の時代は本当に多種多様で、逆に多すぎて紹介出来ないくらいになっています。今までオフィスで作業していたものは大抵在宅勤務に切り替えることは可能になっています。
 
皆で集まって会議をしなくてはならない時でも、今はネット回線で可能です。秘書でさえ在宅勤務での募集がかかっています。
ですから、高収入を狙って生計を立てたいのであれば、パソコン関係で当然資格やスキルが必要かもしれませんが、特にすごい資格がなくても職種は沢山ありますから、よく選んで行けば生計を立ててゆくのは決して難しい時代ではないのです。
ここまでで、在宅ワークで生計を立てるのはさほど難しくはないことを知ることが出来ました。
では在宅ワークで生計を立てる時に、実際そうしてみると、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
これを知ることはとても大切です。
 
では次に在宅ワークで生計を立てるようになることのメリット・デメリットを知ってから飛び込むことの重要性を論じましょう。
その後で、具体的なメリットとデメリットを記載してみます。

在宅ワークで生計を立てるメリットとデメリットを前もって把握しておくことの重要性

これは非常に大切です。
生計を立てる、と人が言う時には大抵の場合、自分以外の誰かを養っていくことも関係しているからです。
つまり自分だけの好みでは決められないし、決めてしまったら危険、ということです。
 
例えば、在宅ワークで生計を立てる時に皆が飛びつくのは、メリットを沢山聞くからです。
月収100万以上になるときがある、とか、好きな時に仕事が出来て自由を満喫&海外旅行満喫中…挙げれば切りがありませんが。
でも、人は本当のことをいつでも言ってるわけではありません。
勿論在宅ワークで生計を立てている成功している方のブログはいつでも嘘ではないでしょう。
でもどう思われますか?芸能人のブログに本当にすべての真実が書かれていると信じる人っているのでしょうか?都合の良い一面だけなのかもしれません。
そのため、デメリットもよく知る必要があるのです。
そして、大きな物事を決定するときの重要な要素は、メリットの大きさではなく、デメリットの大きさで決める方が良い、と昔から言われているのです。どうしてなのでしょうか?メリットが大きい方が正しく、良いことなのではないのでしょうか?
少し考えてみましょう。
ハワイ移住を考えているとします。家族をみんな連れて、子供もそこの学校に行かせることに決め、妻も、いずれは親もそこに連れてきたい、そうしたら介護の問題で日本に帰国する必要もない、と計画を練ります。
 
メリットは沢山あります。
家族は日本という狭い常識にとらわれた国ではなく広い心でゆったりと生活を楽しめて、世界共通語の英語も子供たちは自然にマスター出来て、将来的には世界で仕事が出来るような生活スタイルを持てる、などなど夢は広がります。
でもデメリットとしては、今の仕事が時々、収入面でその生活に見合った金額を常に得られるとは限らない、という最大の難所があります。
更に、親を受け入れる前に親が体調を崩した場合、そのための航空券費用などが急にかさみ、自分たちの生活自体が破綻してしまう場合もあり得ます。
 
こういった危険や可能性のデメリットをあえて無視して飛び込んでしまうのは危険である、つまりデメリットが大きくて生活自体が成り立たないのであれば、メリットがいかに大きくても沢山あって、魅力的でも、しない方が良い、ということです。
 
この現実を踏まえておけば以下に紹介するメリット・デメリットを考えて、メリットだけで決めてしまうことがないでしょう。
そしてここで注意しておきたいのは、デメリットの大きさはそれぞれの個人の長所・短所によって変わってくるでしょうし、家庭環境によっても変わります。
ですから、そういったことも踏まえて以下のことを少しの参考程度にしていただければ幸いです。

在宅ワークで生計を立てる時のメリット

家族との時間を大切に出来る
これは在宅勤務での大きな要素です。例えば、小さなお子さんたちが何人かおられるのであれば、お子さん一人一人の成長をいつも見守ることが出来ます。
子供の成長はあっという間です。
今までサラリーマン時代には子供がまだ寝ている時間に起きて満員電車に乗って通勤。帰宅は子供が寝静まってから。
いつも見れるのは子供の寝顔だけ…
せっかくの休日は自分の体も休めたいし…
こんな残念な日常から離れ、子供が一番可愛くて親の愛情を必要とするときに側にいてあげられる、これは在宅勤務の醍醐味かもしれません。
そして配偶者が子守を頼みたい時にいつでも出来るので夫婦も仲良くなってゆきます。
 
好きな場所に移動できる
よくフリーランスで働かれる方のブログを見ると南国での生活を家族でエンジョイしていたりするのをアップしています。
ここまでのことをしなかったとしても様々な責任を果たすために自分たちで住む場所を必要な時に選んで移動できるのは助かります。
 
例えば自分は長男でいずれ実家に帰らなくてはならない、でも田舎だから仕事がない、定年までは会社の言いなりになるしかない…と思うこともあります。
そんな時に、今までの会社に所属しながらリモートとして、働けるのであれば本当に親も安心ですよね。
 
そうでなくても在宅ワークで生計が立てられれば、子供も小さいうちに引っ越して、親に孫の一番可愛い時期をいつも見せてあげられる、こんなことも出来ます。
子供たちにもこれは転勤を繰り返さなくてもよい、ということですから寂しい思いをさせることも減らせます。
 
身体に優しい環境
在宅ワークを考える時に、物凄く健康で体力に自信があります、という人よりも、少しこの生活に身体が疲れている、とか身体がもう持たない、という人の方が考えることが多いでしょう。
在宅ワークでは自分が体調悪い時には休めますし、食生活も安定します。
身体に良い、自分の体調に合った食べ物を朝・昼・晩、食せるので、やはり医食同源ともいわれていますから、体調は改善されてゆく方も多いことでしょう。
余計な人間関係に気を使わない
これも有難いですね。
 
以上、挙げれば切りがないメリットのほんの一部をご紹介しました。
ではいよいよデメリットにいってみましょう。

在宅ワークでのデメリット

運動不足になる
会社に勤めていた時とは大違いなのがここです。
サラリーマン時代は家から駅まで走り、満員電車で体幹を鍛え、駅から又走り、仕事を昼までしたらランチの場所まで歩き、そして帰社し仕事し、コピーだの電話だの走ったり歩いたり動き回り、終わったら又歩いて帰宅です。
何も特別していなくても凄い運動量ですね。
ですから在宅ワークになったら、自分で筋トレ、ジョギング、等を組み込んだ方が良いでしょう。
 
経済的な安定が難しい
在宅ワークは出来高制が多く、報酬もなかなか満足ゆくものも多いのですが、出来高制、という所に盲点があります。
つまり自分がさぼるとそれがすぐに収入に反映されてしまいます。
ですから、きちんと自分で計画し、勿論家族の用事にも合わせますが、最低限の線引きをして、絶対に仕事量の減らせないラインを計画しなければなりません。
最初は会社から解き放たれて、楽に出来ていても、だんだんダレてしまうこともあり得るのでここは本当に注意しましょう。
会社の時のようにはっぱかける嫌味な上司ももう居ないわけですから。
 
周囲の理解の無さ
都会ではこういったことはもうないかも知れません。
でも田舎にはまだリモートとか在宅ワークなどは縁遠いのかもしれませんが、こういった話はよく聞きます。
 
親の必要で実家に帰っているのに、近所の目が何となく…
これはしばらくは覚悟した方がいいようです。最近では政府でさえ働き方改革などと言っていますから、あまりにも理解の目がなく感じたら、こういった時事問題を使って説明してみるのもいいかも知れませんね。
 
ラジオは田舎の人でも聞き流しているわけですから、少しわかってくれるかもしれません。
日本人は特にまじめですから、出勤するとか長時間労働するとか、そういった働き方が仕事であり勤勉な人の証、と考える傾向はあるものです。ですから田舎の人がそう考えるのも無理はないので、こちらの側でそこに理解を逆に示してゆきましょう。

まとめ

在宅ワークで生計を立てることは今の時代、本当に難しくなく、逆に合っていたら報酬も会社勤務のころよりもアップするのも決して大変ではありません。
でも上に挙げたように、デメリットもいくつかあります。もし自分がそのデメリットに当てはまりそうで、きっとそうなったら耐えられないし、継続出来ないタイプであれば、副業程度にとどめておくことが知恵の道かも知れません。
 
でもせっかくの上昇気流です。乗り換えには本当に最適な時期、人生にはチャレンジや変化も必要です。出来ると踏んだら是非頑張ってみてください。
あなたの努力、応援しています!
Pocket

pagetop