お金になる資格はどれ?主婦でも取得可能な資格をご紹介! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

お金になる資格はどれ?主婦でも取得可能な資格をご紹介!

2018.09.25
Pocket

在宅でスキルアップ!主婦がとるべきお金になる資格とは?

家事や育児で忙しい毎日を送っている主婦の中には、将来、独立開業や企業への再就職を目指して、資格取得の勉強に励んでいる方も少なくありません。

しかし、一刻一刻と変わっていく現代社会において、取得した資格が必ずしも生かせる職やビジネスにつながるというわけでもないのが実状です。

そんな現代社会において、高確率でお金になる資格には、どんなものがあるのでしょうか?

資格取得には、高い受講料や教材費がかかります。どうせ取るなら、お金になる資格を取りたいと考えるのが、当たり前ですね。

今回は、年収アップにつながる資格の中から、主婦でも取得可能でお金になる資格に焦点を絞って、人気の資格やちょっと変わった資格まで、バラエティ豊かな資格取得情報をお伝えします!

お金になる資格選びのポイント

お金になる資格取得を目指す前に、まずは、資格選びのポイントから見てみましょう。どんなに良い収入が見込める資格でも、資格取得に時間がかかれば、それだけ、経費もかかることになります。

そこで、資格を選ぶ際には、まず、自分にその資格があっているかどうかを見極めるのがポイントです。

チェック項目としては

・どんなビジネスで使える資格か

・資格の取得方法

・資格取得の難易度や時間

・資格取得にかかる費用

・自分の予備知識や経験を活かせるか

・受験資格の有無

上記のポイントの中で、特に重視したいのが、どんなビジネスで使えるかという天と、資格取得までにかかる時間や難易度の2点です。

あくまでも、お金になる資格を取る目的は、将来稼ぐということであって、資格取得自体が目的ではありません。将来性のある資格であることはもちろんですが、あまりにも難易度が高く、何年経っても取得できないような資格を目指すのは、効率的とは言えません。

情報収集をきちんと行い、自分に受験資格があるかどうかや、受験場所・受験方法が自分にとって参加しやすいものであるかなど、カリキュラムについても確認しておきましょう。

子育てしながら資格取得を目指すなら、座学が何回もあったり、実習がたくさんあるような資格だと、子供の預け先なども考慮しなければならなくなります。

その辺もきちんと確認した上で、お金になる資格の取得を目指しましょう。

お金になる資格1:ファイナンシャルプランナー

それでは、お金になる資格を早速ご紹介していきます。まず、一つ目にご紹介するのは「ファイナンシャルプランナー」(FP)です。

ファイナンシャルプランナーとは、金融や資産運用にまつわるお金の専門家のことで、私たちの暮らし回りに関わるお金についての様々な知識を備えた人に与えられる資格です。

ファイナンシャルプランナーのクライアントは、個人・法人など様々で、資金計画や将来設計などのアドバイスを行います。

ファイナンシャルプランナーには、3つの資格があり、それぞれ、ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP、CFPに分かれています

同じファイナンシャルプランナーでも、多少難易度がころなります。FPは、時代によって備えておくべき知識や情報がどんどん変わって行きますので、資格取得後も勉強を続けていくことが必要です。

また、提案力や情報力も重要となってきますので、資格取得だけでなく、働き始めた後も、地道な努力が求められます。

FP資格を生かして働ける業界は、保険業界が挙げられます。特に、営業として、様々なクライアントの相談に乗る立場の方は、FP資格を取得しておく方が良いでしょう。

企業に勤務している場合は、会社からの資格取得手当てなどで、FP資格を取得することも可能です。FP資格取得者は、高い人だと年収1000万円ほどを稼ぐ方もいるようです。

ファイナンシャルプランナーの資格は、自分の資産運用などにも活用できる資格ですので、家計を守る主婦にとっては、取得しておいて損はない資格であるとも言えます。

メリットとしては、成果報酬制の仕事なら、高収入を狙えるという点です。また、ファイナンシャルプランナー資格保有者に対する求人も多いので、仕事を見つけやすいというメリットがあります。

デメリットとしては、資格取得後も業界知識を増やすため、継続して勉強が必要になるという点です。

受験資格は、受けたい資格によって異なります。資格取得までにかかる時間は、約6ヶ月から1年ほどが目安です。

お金になる資格2:社会保険労務士

続いてご紹介するお金になる資格は「社会保険労務士」。社会保険労務士とは、法律事務所や、コンサルタント会社の他、独立開業して働くことができる資格です。

企業の人事や労務に関する幅広い知識が求められる国家資格の一つで、資格の合格率は、例年10%程度とかなり難しい資格と言われています。

社会保険労務士の資格を持っていると、一般企業の総務部などでも働くことができ、実際に、この資格を生かして働く人たちの平均年収は約670万円と言われてます。

しかしながら、その年収には400万円から800万円とかなり開きがありますので、高収入を狙う場合は、就職先や転職先をしっかりと選ぶ必要があります。

社会保険労務士のメリットは、収入が安定するという点です。また、いろいろな企業でこの資格に対する需要がありますので、求人を比較的見つけやすいというのもポイントです。

受験資格は、短期大学卒業、行政書士などの資格保有者となっています。資格取得にかかる時間は、約6ヶ月から1年ほどが目安となります。

社会保険労務士の資格は、保有資格の条件を満たせず受験資格がないという方が多いようです。既に行政書士の資格を持っていない場合は、その資格取得にも時間がかかりますので、他の資格を検討する方が効率的と言えるかもしれません。

お金になる資格3:普通自動車免許

続いてご紹介するお金になる資格は「普通自動車第一種免許」。ほとんどどの業界に行っても必要となる資格で、自動車運転免許を取得することで、就職活動や転職活動の幅が一気に広がるといっても過言ではありません。

車の運転ができれば、副業収入を得られるお仕事もたくさんありますので、そういう意味では、簡単にお金になる資格と言い換えることもできます。

普通自動車運転免許には、「限定解除」と「AT限定」の2種類の資格があります。AT限定だと、オートマ車のみを運転できる資格となります。

AT限定の方が、免許取得にかかる時間も短いため、取得期間をできるだけ短くして、資格取得にかかる費用も抑えたいと考える方は、AT限定の免許を取得しましょう。

運転免許は、普通自動車第一種免許を取得後に、大型二種など、別の運転免許を取得することも可能です。

この四角を取得するメリットとしては、就職や転職の際に、選べる仕事が増えるという点です。また、大型車の運転資格を取得すれば、大型車両を運転する高収入な仕事に就職できるというメリットもあります。

デメリットとしては、自動車学校などで資格取得にかかる費用が、最低でも20万円から30万円ほどかかるということです。

普通自動車運転免許証の取得は、AT限定コースなら最短20日で取得可能です。運転できないという方は、ぜひ、この機会に免許取得されることをおすすめします。

お金になる資格4:中小企業診断士

続いてご紹介するお金になる資格は、「中小企業診断士」。先述の社会保険労務士同様、国家資格となります。

中小企業診断士の仕事は、中小企業の経営に関するアドバイスを行ったり、経営改善の提案をしたりする仕事です。

活躍の場としては、コンサルタント業界や、一般企業などがあり、企業内に勤める「企業内診断士」という形で働いている方もいます。

日本は、中小企業が非常に多い国ですので、中小企業診断士の需要はかなり多く、仕事を見つけやすいという特徴があります。

中小企業診断士の資格保有者の平均年収は、約700万円から800万円ほどと言われています。本業でサラリーマンをやりながら、副業収入で稼ぐ人も多いようです。

副業にもできて、安定して高収入を得られるというメリットの高い中小企業診断士の資格ですが、試験の合格率はかなり低く、難易度の高い資格として知られています。

受験資格は特にありませんが、一般的に、専門学校などに通って、講座などの座学で勉強する方が多く、資格取得には少なく見積もっても20万円から30万円ほどの費用がかかります。

資格取得までにかかる勉強期間も1年以上と長くなりますので、よほどこの資格を取りたいということでもなければ、なかなか挑戦しづらい資格だと言えます。

お金になる資格5:看護師

続いてのお金になる資格は、女性に大人気の「看護師」。高齢化社会が進む日本において、医療・介護などの分野で活躍できる人材は常に不足している傾向で、女性も戦力として働ける看護師の仕事は、常に需要があり、ブランクが開いてもいつでも再就職でいる人気の職業となっています。

看護師の資格は、国家資格であり、年齢制限がありません。もちろん、専門学校や大学卒業資格保有者でなければ、受験できないという決まりがありますが、30歳以上の受験者もたくさんいます。

看護師の資格保有者が活躍する現場は、主に病院勤務の他、保育所、健康センター、介護施設などがあります。平均収入は500万円ほどと言われていますが、婦長など、他のナースを指導する立場につけば、さらに高収入を得られます。

看護師の資格を取得するメリットは、全国どこでも求人があって、女性でも安定して高収入を得られるという点です。また、医療の知識は、子育てや家族の健康を守るための日常生活の知識としても生かすことができると言えます。

資格取得までにかかる期間は、3年から4年ほどと言われており、専門学校などに入学しなければなりませんので、資格取得にもかなり費用がかかります。

しかしながら、看護師の資格は、年を取ってからでも働くことができるため、女性に非常に有利な資格と言えます。人の命を預かる大変なお仕事で、夜勤などもあるので続けていくには家族の協力が必要ですが、取得してしまえば、一生お金になる資格と言えるでしょう。

お金になる資格6:宅地建物取引士

続いてご紹介するお金になる資格は「宅地建物取引士」です。こちらも、先述の看護師同様、国家資格の一つで、取得すると不動産取引の専門家になることが可能です。

通称「宅建」で親しまれている資格で、昔から安定した収入を得られる資格として、幅広い世代に人気があります。

宅建資格を取得した方は、主に不動産業界で働く方が多いようです。就職先は、不動産関連の企業や事務所などで、従業員の5人に1人は必ず宅建資格保有者を配属しなければならないという法律があるため、資格を持っていれば、就職しやすいというメリットがあります。

宅建の受験には、特に受験資格が設けられていないため、大学卒業資格がなくても、チャレンジすることができます。試験の難易度は、最初にご紹介したファイナンシャルプランナーよりやや難しいぐらいのレベルと言われています。

宅建の資格合格者の平均勉強時間は、約200時間から300時間ほどと言われています。仕事が終わった後や、家事や育児の合間に1日2時間ほど勉強できれば、最短3ヶ月から6ヶ月ほどで資格取得も夢ではありません。

宅建の資格保有者の平均年収は400万円から500万円ほどと岩R手います。専門性の高い試験を受験しなければならないので、短期集中で勉強して資格取得に望むというやり方が一般的です。

子供の成長に合わせて、将来は不動産業界で働きたいと考える主婦にも人気のある資格のようです。

お金になる資格7:日商簿記

続いてご紹介するお金になる資格は「日商簿記」。企業の経理・会計に関する帳簿付けなどの基礎知識を得ることができる人気の資格です。

日商簿記の資格受験者は、毎年70万人以上と言われており、特に商用ライセンスとして価値の高い1級から3級を取得できれば、勤め先が増えるだけでなく、企業によっては、手当てが増えるなどのメリットもあります。

さらに、日商簿記の1級を取得できた方には、税理士の受験資格が与えられます。そのため、税理士を目指す方にとっては、まず、日商簿記1級が最初のハードルということになります。

確実にキャリアアップを狙える日商簿記の資格。難易度によって、企業の評価も異なりますが、できれば、2級以上を取得したいところです。

日商簿記の資格取得のメリットは、全国的に求人があるという点と、取得したレベルによっては、転職にも有利になり年収アップが見込めるという点です。

勉強時間は、日商簿記1級を目指す人で500時間から700時間ほどが必要と言われており、独学で勉強する方も多いようです。資格取得にかかる期間は、平均で約6ヶ月から1年ほどとなっています。

簿記は、どんな会社でも必要となる知識ですので、企業の経理などにも就職しやすく、どこでも求人があるというのが最大の魅力です。また、自分で個人事業を行う場合にも、簿記・会計の知識があれば、確定申告なども楽に行えますので、独立開業したい方にも持っていると便利な資格と言えるでしょう。

お金になる資格8:税理士

続いてご紹介するお金になる資格は「税理士」。スペシャリストとして、高収入が狙える税理士は、取得がもっとも難しい資格の一つです。

税理士事務所に就職する他、自分で独立開業することも可能で、その年収は、1000万円以上という方も非常に多い業界です。

最難関と言われる税理士資格も、国家資格の一つで、勉強時間は、2500時間から5000時間ほど必要と言われています。また、学識、職歴、資格あるいは認定の中から、どれか一つの受験資格を満たしていなければ、試験を受けることさえできません。

非常に取得が難しい資格ではありますが、取得すると高収入が得られるというメリットだけでなく社会的信用度が高くなるというメリットもあります。

女性でも安定した収入を得られますし、独立できる可能性もありますので、頑張ってみたいという方には、おすすめの資格です。

税理士資格は、独学で勉強する方と、専門学校などに通って勉強される方に分かれるようです。いずれにしても、受験までの勉強時間の長さや費用は相当かかると思ってください。

お金になる資格9:ITストラテジスト

続いてご紹介するお金になる資格は「ITストラテジスト」。ストラテジストとは英語で戦略家という意味で、「ITストラテジスト」は、IT関連のビジネスモデルやビジネス戦略を提案できる情報処理技術者に与えられる資格です。

企業のビジネスモデルを、最適化したり高度化するために、ITの知識や技術を駆使して、様々な提案を行うことができます。

ITストラテジストが活躍できる業界は、主にIT関連の企業となります。就職した人の平均年収は、約650万円ほどと言われており、IT系の職業の中では、比較的高収入を得られる人気の資格と言われてます。

IT業界は、これからも爆発的に成長が望める業界であるため、将来的にも安定して収入が見込める資格と言えます。今よりも、5年先、10年先を考えて資格取得したいと思う方であれば、ITストラテジストはおすすめの資格と言えます。

ITストラテジストの資格には、特に受験資格が設けられていません。資格合格率は、10%台となっておりやや難易度が高い資格となっています。資格試験では、ITの基礎知識の他、応用知識や技術が必要とされています。

IT業界の中でも高収入をのぞめるITストラテジストの資格は、資格取得までの勉強期間は約1年ほどが目安と言われています。元々IT業界で働いていた方や、今後、IT業界に転職を考えたいという方にもおすすめの資格です。

お金になる資格10:システム監査技術者

続いてご紹介するお金になる資格は「システム監査技術者」。先にご紹介したITストラテジストと同じく、高度情報処理技術者試験の1つとして、IT関連業界で活躍したい方に人気があります。

システム管理やシステム運営のスペシャリストとして知られるこの資格は、ITストラテジストと並んでIT関連企業で活躍できるおすすめの資格です。

ITストラテジストに比べて、やや年収は劣りますが、それでも平均400万円から600万円ほどの収入を得ることができると言われています。IT関連企業に勤めて、将来的にも安定した収入を得たいと考える方に人気があるようです。

求人件数は、やはり大都市が多いため、地方在住の方には、あまり取得メリットの少ない資格と言えます。

ITストラテジストと同じく、システム監査技術者の資格を取得するためには、専門学校などでIT系の知識を相対的に学ぶ必要があります。資格取得にかかる期間も1年以上と長く、費用もそれなりにかかるというデメリットがあります。

首都圏など大都市のIT業界で働きたいと考える方には、おすすめの資格ですが、IT初心者や地方在住者には、あまり挑戦するメリットがない資格と言えます。

試験を運営しているのは、民間団体のIPA 独立行政法人情報処理推進機構です。

IT知識がある方なら、プログラマーやフリーランスのシステム管理者として副業で稼ぐ方も多く、特にクラウドソーシングなどを介して、たくさんの仕事を受注することが可能です。

地方在住で、この資格の知識を生かして働きたいという場合は、クラウドソーシング経由で、仕事を受注するというやり方がベストだと言えます。

お金になる資格11:盆栽士

続いてご紹介するお金になる資格は「盆栽士」。あまり耳にすることのない資格ですが、日本の伝統文化である「盆栽」を育てるための専門知識を学ぶための資格です。

海外から日本を訪れる外国人旅行者の数は年々増加しており、芸術品として盆栽を購入する外国人旅行者も増えています。

盆栽は、見た目の美しさや木の形などによって、非常に高い値段が付く商品で、育て方を工夫することで、1鉢で何百万にもなるようなものを育てることも可能です。

盆栽士の資格は、現段階では民間資格のみとなっていますが、正しい知識と盆栽育成のスキルを身につければ、一攫千金を狙える資格と言うこともできます。

盆栽士の資格は、造園業を営む会社などに就職する場合にも使えますが、将来的に独立したいという方におすすめです。特に、副業として盆栽で稼ぎたいという方に有益な資格です。

独立すれば、年収1000万円以上を狙うことも可能と言われており、世界中から注目されているマーケットで活躍することも夢ではありません。

盆栽士の資格は、かなりニッチなマーケットになりますので、活躍できる業界は、非常に狭くなります。また、資格取得後も盆栽の育て方や管理に関する知識を学び続ける必要があるため、本当に植木や盆栽に興味のある方や、ガーデニングなどが好きという方におすすめしたい資格です。

比較的短期間で、盆栽士の資格は取得できますので、費用対効果はそこまで悪くないと考えます。成功して稼げるようになるためには、自分で、顧客マーケットを開拓できるセンスも必要です。

お金になる資格12:ジュニアスポーツ指導員

続いてご紹介するお金になる威嚇は「ジュニアスポーツ指導員」です。子育てを経験した女性にもおすすめのこちらの資格は、子供がスポーツに取り組む際の指導を行うスペシャリストです。

子供の発達段階に応じて、様々なスポーツのやり方や上達方法を指導したりするための専門知識を学びます。対象となる子供の年齢は2歳から15歳までと幅広く、子供の年齢に応じて適切なサポートを行いながら、スポーツの楽しさを伝えるスペシャリストとして活躍します。

ジュニアスポーツ指導員の資格保有者は、主に、スポーツクラブのインストラクターやスポーツ施設などで活躍することができます。

少子化に伴い、子供の習い事にかけるお金は年々高くなってきており、中には、体育が苦手な子供のために、鉄棒や跳び箱などを個人指導で依頼するケースなども増えています。

スポーツクラブなどに就職してインストラクターといて働く場合は、平均年収が300万円から400万円ほどと低めになっています。しかしながら、指導センスがあれば独立も十分可能で、個人でスポーツ指導を行う方なら、高収入を得ることも可能な業界です。

ジュニアスポーツ指導員の資格は、講習を受けるだけ取得することがでいます。他の民間資格の中にも、スポーツ関連の資格はたくさんありますので、子供の育成や運動などに興味のある方には、おすすめの資格と言うことができます。

資格取得の難易度も低く、これまでのスポーツの経験などもいかせるので、趣味の延長として取得するにもおすすめの資格です。年収はやや低めとなりますが、社会貢献もできる資格ですので、本業を引退した後に、副業として活躍したい方などにも向いています。

お金になる資格13:ビルクリーニング技能士

続いてご紹介するお金になる資格は「ビルクリーニング技能士」。ビルクリーニング技能士は、その名のとおり、ビルの掃除やメンテナンスに関連するスペシャリスト資格です。

しかしながら、国家資格の一つにも挙げられており、都市部ではオフィスビルが乱立していますので、常に需要のある業界と言えます。

ビルクリーニング技能士の資格取得者の年収は、平均して300万円弱と言われており、決して高収入とは言えません。しかしながら、シニア世代にとっては、再就職の際に有利になる資格と言われており、50歳以上の受験者も多いのがこの資格の特徴です。

ビルクリーニングのお仕事は、年齢・性別を問わず誰でも取り組めるお仕事であるため、シニア世代でも十分求人があります。また、肉体的な負担も思ったよりは少ないお仕事のようですので、女性や体力のない方でも取り組みやすいお仕事と言われています。

ビルクリーニングのスペシャリスト資格であるビルクリーニング技能士資格は、1級から3級まで3段階の試験を受験できます。合格率も50%と非常に高いので、難易度は低い資格と言えます。

受験資格は、1級と2級のみ実務経験と職業訓練を受ける必要があるようです。取得までにかかる期間は、1級を目指す場合は、5年以上かかります。シニア世代で、今後の再就職先としてビルメンテナンス業界を目指す方は、年齢に少し余裕を持って早めにスタートすることをおすすめします。

お金になる資格14:健康運動指導士

続いてご紹介するお金になる資格は「健康運動指導士」です。健康運動指導士とは、運動のプログラムやプランを考えて、体力づくりや健康増進のために社会貢献できる指導者のことです。

健康運動指導士の資格を取得するためには、指定された養成学校を卒業して、認定試験に合格する必要があります。合格後は、厚生労働省管轄の健康・体力づくり事業財団から資格認定証を授与されます。

健康運動指導士は、主に介護施設や保険施設などで働くことができ、今後、日本の高齢化が加速する中で、ますます需要が高まると期待されている職業です。

また、高齢者を寝たきりにさせないための運動指導などが、地方自治体などでも積極的に取り入れられていますので、健康運動指導士が活躍できるフィールドは今後も拡大していく傾向にあるといって間違いありません。

現在、健康運動指導士の資格保有者が得ている年収は、約300万円弱と言われており、あまり高い収入を望むことは難しい業界と思われています。しかしながら、国の介護従事者に対する現場改善なども叫ばれており、今後、年収アップしていくことも期待できます。

健康運動指導士の資格取得のメリットは、なんと言っても、今後仕事の需要が高まる業界ということです。社会貢献にもつながるお仕事ですので、誰かの役に立つ仕事をしたいと考えている方におすすめの資格です。

養成校を卒業しなければならないため、資格取得にかかる期間は4年以上と長くなります。子育てが少し落ち着いて、学校に通学できる余裕のある方が対象となります。

お金になる資格15:MR

続いてご紹介するお金になる資格はMR。MRとは「Medical Representative」の略称で、日本語にすると「医薬情報担当者」という資格になります。

MRの資格保有者は薬品を扱う企業で働くことができ、医師に新薬などの情報を提供する営業職として活躍する人が多いようです。

自社の薬を医師に使ってもらうために、様々な情報を提供するMRの資格は、教育研修施設で約300時間ほどの講習を受講する必要があります。

その後、資格試験が実施され、試験の合格者はさらに450時間の教育を受ける必要があります。受講がすべて完了した後も、半年間の実務経験が必要となり、すべての案件を満たした方のみ、MRとしての認定証が発行されるという仕組みになっています。

MRの年収は約400万円から600万円ほどと言われており、医療に関連するお仕事であることから、全国的に需要も高く求人が多いという特徴がります。

また、入社直後から400万円以上を稼げる人も多いため、MRの資格は非常に人気があります。キャリアを積んでいくことで、高収入も狙える人気のお仕事です。

MRには特別な受験資格も必要なく、学歴不問です。資格取得までにかなり時間がかかるというデメリットはあるものの、高収入で安定した収入を得やすい職業ですので、女性にもおすすめです。

お金になる資格16:公認会計士

続いてご紹介するお金になる資格は「公認会計士」。文系スペシャリスト資格として、かなり高収入が得られる公認会計士資格は、難易度の高さにも関わらず、例年多くの方が受験される人気資格です。

公認会計士資格の取得者は、会計事務所で働く他、将来的には、自分の事務所を持って独立開業される方も少なくありません。

また、国家資格ですので、社会的信用も高く、平均年収は800万円とかなり高額なのも魅力です。公認会計士は独立後は年収1000万円以上稼げる方もざらにいますので、女性でも高収入を得たいと考える方には、ぜひ、おすすめしたい資格です。

公認会計士資格のデメリットは、やはり難易度の高さです。資格取得までには、3000時間から5000時間ほどの勉強時間が必要と言われており、幅広い知識が求められます。

専門学校に通って、資格取得のためだけに、すべての時間を使って勉強しなければ、なかなか合格しづらいという実態があります。

受験資格は特に設けられていないようですが、資格取得までにかかる期間は、最低でも3年以上と言われています。

お金になる資格17:弁護士

続いてご紹介するお金になる資格は「弁護士」。言わずと知れた、難関資格の一つです。

弁護士も、高収入を狙える資格で、先述の公認会計士同様、将来的に独立も可能な資格です。平均年収も800万円以上と高く、独立後は1000万円以上稼ぐ方が多いようです。

弁護士資格を取得するためには、司法試験に合格しなければなりません。司法試験は、全資格の中で最も難しい資格と言われており、資格取得に必要とされる勉強時間も、8000時間から10000時間と言われています。

また受験資格として、法科大学院過程を修了していない場合は、予備試験に合格しなければならないというハードルも設けられています。

難易度が高い分、社会的な信用度も高く、高収入を得られる人気の職業となっています。資格取得までにかかる期間も3年以上と言われていますが、女性にも平等に活躍の機会がある人気の職業です。

お金になる資格18:一級建築士

続いてご紹介するお金になる資格は「一級建築士」。建築士にはいくつかの資格がありますが、特に難易度が高い「一級建築士」は、取得すれば高額報酬を得られる稼げる資格と言われています。

一級建築士の合格率は10%以下と言われており、資格取得には、最低2年から4年ほどの実務経験が必要とされています。

一級建築士の資格保有者の年収は、約400万円から800万円ほどと言われており、スキルやセンスによってかなり収入に開きがあるようです。人気のある建築士の場合は、年収1000万円以上を稼ぐ方も多いようで、企業に勤めるだけでなく、独立開業できるチャンスがあるというのも魅力的なポイントです。

建物の設計に関するスペシャリストである一級建築士は、常に需要のある資格で、住居、オフィスビル、店舗など様々な分野で活躍するチャンスがあります。

就職や転職のチャンスもたくさんありますので、全国的に求人数も多く、安定して収入が望める資格と言えます。なお、二級建築士であれば、合格率は20%ほどとなっており、一級建築士よりも受かりやすいという傾向にあります。

まずは、二級建築士を取得して、そこから実務経験を積むというやり方も良いかもしれません。資格取得に必要な期間は、一級建築士の場合で3年から5年ほどと言われてます。

お金になる資格19:初生ひな鑑別師

続いてご紹介するお金になる資格は「初生ひな鑑別師」。生まれてすぐのひなは、性別を見極めるのが難しいのですが、このひなの性別判断を行うのが初生ひな鑑別師の資格保有者です。

特に、ヨーロッパで求人の多いお仕事で、この資格を所有している方なら、年収700万円以上を稼ぐことも可能です。将来ヨーロッパで暮らしたいと考えている方には、非常に有益な資格です。

初生ひな鑑別師は、国家資格の1つで、受験資格も25歳以下に限定されています。資格取得のためには、半年から1年ほど養成所で学び、1年から2年程度の研修を受けたのちに試験に合格しなければなりません。

珍しい資格ですので、競合する人材が少ないという点がメリットですが、日本国内よりは、ヨーロッパで高評価を受けるため、働ける場所が限定されてしまうというデメリットがあります。

資格取得までには2年から3年ほどの期間がかかるのと、年齢制限があるというのもデメリットと言えるでしょう。

お金になる資格20:すし職人

続いてご紹介するお金になる資格は「すし職人」。世界的な日本食ブームに乗って、海外でも需要が高まっているすし職人のお仕事。今後、世界を舞台に活躍したいと考える方や、子供の教育のために、海外移住を考えている方などにおすすめです。

すし職人の資格は、民間資格のみとなっていますが、海外で働くなら、資格保有者というだけで高く評価されるため、年収1000万円前後の高額収入を得ることも可能です。

未経験でも高収入を狙えるというのがポイントで、女性よりは男性に人気がある資格のようです。

すし職人の資格は難易度も資格内容によって異なります。実技を中心に学べるスクールなどに通って講座を受ければ最短2ヶ月ほどで資格取得も可能です。

専門学校に通学して資格取得する場合は、年間50万円以上の取得費用がかかります。しかしながら、世界を舞台に活躍できて、高収入も狙える資格ですので、元は取れる資格と言うことができます。

お金になる資格21:診療放射線技師

続いてご紹介するお金になる資格は「診療放射線技師」です。この資格を保有している方は、主に病院などで活躍することができます。

放射線機器を扱う医療行為を行うことができる専門性の高い職業で、地方でも都市でも常に需要がある人気のお仕事です。

診療放射線技師は、年収約400万円から500万円ほどを稼ぐことができ、収入が非常に安定しているというのも魅力です。また、放射線治療というかなり先進的な分野に従事するお仕事ですので、今後も需要が増える見込みがあり、年収も増える可能性が高い分野と見て間違いありません。

診療放射線技師の資格は、国家資格となっており、養成校や特定の学校を卒業資格が必要となります。受験資格を満たすためには、通学しなければならないため、それなりに費用がかかるというのがデメリットと言えます。

受験資格を満たすのは大変ですが、試験自体の合格率は70%ほどとかなり高いので、試験の難易度はあまり高くないというメリットがあります。資格取得にかかる期間は、3年から4年ほどと言われています。

お金になる資格22:検診マンモグラフィー撮影診療放射線技師

続いてご紹介するお金になる資格は「検診マンモグラフィー撮影診療放射線技師」。この資格は、先にご紹介した診療放射線技師と合わせて取得するのにおすすめの資格です。

マンモグラフィーは、乳がん治療で必要となる特別な放射線検査のことで、この資格を取得すれば、放射線技師として、高いスキルを持っているということを証明することも可能です。

両方の資格保有者の平均年収は500万円から600万円と言われており、マンモグラフィー検査は、特に女性の放射線技師が求められるケースが多いため、女性にも有利な求人が多い職業と言えます。

検診マンモグラフィー撮影診療放射線技師の資格を取得するためには、放射線技師としての勉強の他に、マンモグラフィーの講習会や試験を受験しなければなりません。試験修了後は、AランクとBランクの2つにランク分けされて、資格認定を受けることになります。

Bランクに認定された場合は、ランクアップ試験を後日受験することで、Aランク認定を受けることも可能です。

女性の有資格者が少ないため、この資格を持っていると仕事を見つけやすいというメリットがあります。資格取得にかかる期間は、数週間から数ヶ月ほどと言われており、難易度はそれほど高くないようです。

お金になる資格23:公務員

続いてご紹介するお金になる資格は「公務員」資格。景気に左右されず、安定した収入を得られる公務員は、リーマンショックや長期に渡る不況で苦しむ一般企業勤務のサラリーマンと比べて、はるかに収入の良いお仕事として人気があります。

国家公務員と地方公務員の2つの職種がありますが、どちらも、リストラされる心配もなく、生涯に渡って充実した福利厚生を受けられるというのもメリットとなっています。

国家公務員や地方公務員になるためには、国家試験に合格する必要があります。各都道府県での就職を目指すか、あるいは官公庁などを目指すかによって、その難易度も変わります。

また、教員免許も公務員資格の一つになっており、妊娠・出産後も女性が安定して続けていける職業として、人気があります。

公務員資格の試験に合格するために必要な勉強期間は、半年から1年ほどと言われております。出題範囲が広いため、専門学校や通信講座などで体系的に勉強することがおすすめです。

受験者数が多い人気の職種を希望する場合は、合格するのは非常に難しいと言えます。望める年収は、300万円から700万円ほどと言われています。また、公務員資格は、受験資格に年齢制限があります。一番年齢が高い中途採用資格でも、33歳未満となっていますので、この点もデメリットと言えるでしょう。

お金になる資格24:玉掛技能者

続いてご紹介するお金になる資格は「玉掛技能者」。あまり耳慣れない資格ですが、「玉掛技能者」とは、工事現場で吊り具を使った作業(玉掛作業)をすることができる専門技術者のことです。

荷物をの吊り上げ作業や誘導は、危険を伴う作業であるため、工事現場では玉掛技能者の資格を持っている人材は、重宝されます。

国家資格にも認定されているので、資格取得後は、安定した収入が期待できるお仕事です。この資格を保有する人の平均年収は430万円ほどと言われています。

資格取得いは、指定された講習会への参加が必須となっており、受講後に資格試験を受験します。合格率も90%以上と難易度が低く、建築関係に興味のある方であれば、比較的簡単に資格を取得できるというのもメリットです。

また、工事現場ならどこでも需要のある資格ですので、全国的に求人を見つけやすいというのもポイントです。

資格取得も1週間と短期間ですので、そこも魅力ではありますが、期待できる年収は、400万円前後になりますので、高収入を狙いたいと言う方には、少しメリットが少ない資格かもしれません。

お金になる資格25:移動式クレーン運転士免許

続いてご紹介するお金になる資格は「移動式クレーン運転士免許」。

工事現場で移動式クレーンを操縦するための特別資格で、運転士の資格があれば、工事現場で採用される求人の幅が広がります。

先にご紹介した玉掛技能者の資格と両方合格していれば、高収入を狙うことも可能です。

移動式クレーン運転士免許の資格保有者の平均年収は、男性が500万円、女性は320万円前後と言われています。

試験は、学科試験と実技試験の両方が課せられており、合格率は50%以上と難易度も低めです。

安定して収入を得られるというメリットはありますが、外で働く現場労働者となりますので、夏は暑く、冬は寒いという過酷な労働環境で働かなければならないというデメリットがあります。

資格取得にかかる期間は、短い方で数週間、長い方だと数ヶ月かかると言われています。現場で働くのは男性が多いようですので、女性にはあまり向いていない資格かもしれません。

お金になる資格26:マンション管理士

続いてご紹介するお金になる資格は「マンション管理士」。2001年に誕生したこの資格は、まだまだ取得者が少ない資格の1つ。

マンション管理に関わる専門知識を身につけた管理士は、主に、マンション関連の管理が医者やコンサルティング会社などで活躍することができます。

マンション管理士の資格保有者の年収は、600万円から800万円ほどが相場と言われていますが、職場によって年収には開きがあるようです。

マンション管理士の資格は、50代からの受験者も多く、高齢になっても続けやすい仕事と見られています。その一方で、資格取得の合格率は10%以下になっており、専門学校などに通って学ばなければ、なかなか取得しづらい資格と言われています。

今後も需要がのびる可能性がある業界ですので、50歳以上で再就職したい方や転職を考えている方には、おすすめの資格です。資格取得にかかる期間は1年ほどと言われています。

お金になる資格27:第二種電気工事士

続いてご紹介するお金になる資格は「第二種電気工事士」です。第二種電気工事士の資格に合格すると、電気関係の仕事を請け負うことができます。

国家資格ですが、難易度はそれほど高くないため、40代からでも挑戦しやすいという特徴があります。合格率は、年によって多少変動しますが、多い時だと50%以上が合格するようです。

私たちの生活に欠かせない電気に関連するお仕事ですので、求人は全国各地にあり、比較的仕事を見つけやすい業界という特徴があります。

また、平均年収も400万円から600万円ほどと言われており、安定しているというのも人気の秘密です。

第二種電気工事士の資格を取得した後のキャリアプランとしては、実務経験を積んだあとに、第一種電気工事士の資格を種痘したり、主任技術者などを目指す方が多いようです。

若い世代であれば、今後のキャリアアップに重要な役割を担ってくれるおすすめの資格です。資格取得に必要な期間は数ヶ月から1年ほどと言われています。

お金になる資格28:ペットシッター

続いてご紹介するお金になる資格は「ペットシッター」。家族の一員としてペットを飼っている人は、日本で3世帯に1世帯と言われており、少子化などの影響で、今後ますますペットを飼う人の人口は増えると言われています。

そんな中、ペットの世話を専門に行えるペットシッターのお仕事は、全国的に求人が増えており、今後も活躍できる場が増えていく業界と考えられています。

ペットシッター士という資格は、日本ペットシッター協会が実施している民間資格で、ペットの世話や健康に関連する知識やスキルを学ぶことができます。

ペットシッターの資格は、他にも様々な民間資格がありますが、どれも合格率は90%前後と非常に高いため、主婦でも簡単に取得できる資格と言えます。

ペットシッター士の資格保有者の年収は、約200万円から300万円ほどが相場で、かなり低いと言えます。副業としてペットシッターを行っている方も多いので、独立開業しやすいというメリットはあります。

お金になる資格29:ケアマネジャー

続いてご紹介するお金になる資格は「ケアマネージャー」資格。ケアマネジャーとは「介護支援専門員」になる方が取得する資格で介護支援に関する様々な相談などに乗るお仕事です。

ケアマネジャー資格を取得したい場合は、「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなければなりません。合格率は20%未満とかなり難易度が高く、国家資格であるため、実務経験も必要とされています。

高齢化社会になって、ますます介護受給者が増えるこれからの日本においてケアマネジャーは、今後も需要が増えるお仕事と見て間違いなく、資格取得できれば、安定した報酬を得られることは間違いありません。

ケアマネジャーの平均年収は300万円から400万円ほどと言われていますが、今後高齢者の増加にともなって、将来的に年収が増える可能性も高い職業です。資格取得にかかる期間は、1年から5年ほどと人によって差があるようです。

お金になる資格30:インテリアコーディネーター

続いてご紹介するお金になる資格は「インテリアコーディネーター」。住まいのアドバイスやインテリアを提案するお仕事を行うインテリアコーディネーターは、女性にも人気のある資格です。

インテリアコーディネーターの資格取得を目指す方は、デザインや美術などインテリア関連に興味のある方が多く、民間資格がほとんどであるため、難易度が比較的低いという特徴があります。

インテリアコーディネーターの資格保有者の平均収入は、300万円から450万円ほどと言われており、女性でも活躍できる場が多いというのが人気の秘密のようです。

幅広い年齢層が受験するインテリアコーディネーターの資格、特に知名度の高い資格としておすすめなのは、インテリア産業協会が実施するインテリアコーディネーター試験です。

通信講座なども豊富に設けられており、在宅で、育児や家事の合間に勉強することも可能であるため、主婦にもおすすめの資格です。

インテリアコーディネーターは、資格そのものを持っているということより、実際にコーディネートを行うためのセンスや実績などが問われる職業で、この資格と合わせて、カラーコーディネートなどの資格を学ぶ方も多いようです。

特に力仕事などもないため、女性やシニア世代でも働きやすいというのがインテリアコーディネーターの特徴で、地方ではあまり求人が多くないようですが、人口の多い都市部では、定期的に需要がある人気の職業となっています。

インテリアコーディネーターを目指すメリットは、初心者や未経験者でも、比較的簡単に資格が取得できるということと、肉体的な負担も少ないので、女性やシニア世代でも取り組みやすい業界であるという点です。

デメリットとしては、狙える年収の幅が低く、高収入を狙うのは、なかなか難しいという点です。

お金になる資格31:MOS

続いてご紹介するお金になる資格は「MOS」。MOSとは「Microsoft Office Specialist」の略称で、ワード、エクセル、パワーポイントなど、マイクロソフト社のソフトウェアを使いこなせるスキルがあることを証明することができます。

MOS資格には、2つの難易度があり、スペシャリストになると、上記3つにアウトルックやアクセスも合わせた5科目の総合試験となります。

エキスパートレベルなら、ワードエクセルのみとなりますので、最短1週間でも合格可能な資格と言われています。

MOSの資格は、ソフトウェアがアップデートされると、その度に新しい機能が追加されるという点と、受験料が高いというデメリットがあります。

難易度の低さと勉強期間の短さは、他の資格に比べてハードルが低く、事務系のお仕事で将来再就職したいと考える方にも人気のある資格です。

独学で勉強することも可能ですが、パソコン教室や職業訓練コースなどでも学ぶことが可能です。

MOS資格の合格率は、60%から80%で、勉強期間も1ヶ月ほどが目安となります、受験料は、1科目あたり9800円から11800円となっています。

お金になる資格32:医療事務資格

続いてご紹介するお金になる資格は「医療事務資格」。一口に医療事務資格と言っても、関連する資格は35種以上もあり、受験の難易度や取得にかかる費用にも差があります。

医療事務資格の中で、特に人気のある資格には、医療事務認定実務者(R)、医療事務技能審査試験、医療事務管理士、診療報酬請求事務能力認定試験の2つがあります。

一番難易度の高い医療事務系の資格としては、「診療報酬請求事務能力認定試験」が挙げられます。合格率は約30%前後で、非常に難しいのがネックですが、取得しておくと医療事務の求人を探す際にも有利になるおすすめの資格です。

「医療事務認定実務者(R)」は、通信講座などで在宅で勉強することができるため、在宅で勉強したい子育て中の主婦にも人気があります。

医療事務資格の保有者は、病院での受付業務やレセプションなどのお仕事に従事することができます。

医療事務の資格取得にかかる期間は、難易度にもよりますが、平均して4ヶ月前後からとなっています。受験料は、試験を実施する団体によって異なりますが、大体7000円前後のところが多いようです。

お金になる資格33:危険物取扱者

続いてご紹介するお金になる資格は「危険物取扱者」資格です。国家資格であるこの資格を保有している人は、ガソリンスタンドや化学工場などで使用される可燃性の高い危険物を取り扱うことができます。

危険物取扱者の資格を持っている方は、研究機関や食品工場などでも求人があり、思ったよりも広い範囲で仕事を探すことが可能です。

私たちに一番身近な危険物取扱者の資格が生かせる職場はガソリンスタンドで、一般のスタッフより高い時給で採用してもらえます。特に、深夜営業やセルフ給油を行うスタンドなどでは、監視業務をする責任者が必要となります。そういった場面で、この資格を保有していれば、採用されるというメリットもあります。

国家資格ですが、受験資格も特に設けられていないため、誰でも挑戦することができます。また、難易度もそれほど高くありませんので、独学でも合格することが可能と言われています。

お金になる資格34:登録販売者資格

登録販売者とは、ドラッグストアなどで医薬品の販売を行える国家資格のことで、アルバイトやパートの求人でもよく募集されている人気のある資格です。

専門的な知識が必要なイメージがありますが、難易度は比較的低く、薬剤師などと違って、誰でもチャレンジできる国家資格の一つです。

薬局やドラッグストアだけでなく、近年ではスーパーなど小売業全般で就職するチャンスがあります。また、他のパート・アルバイトに比べて、一般的に時給が高く設定されており、主婦で子育てをしながらでも続けることができるため、子育てママにもおすすめの資格です。

資格試験は、都道府県によって実施内容が異なりますので、受験料も含めて事前に確認することが重要です。

お金になる資格を取得して稼げる主婦になろう!

誰もが知っているメジャーな資格から、あまり知っている人のいないマイナーな資格まで、お金になる資格を34選、厳選してご紹介しました。

在宅で勉強できるものや、国家資格なのに受験の難易度が低い資格など、主婦にもおすすめの資格がたくさんあります。

育児や家事の合間に勉強して十分合格可能な資格がたくさんありますので、今回ご紹介した資格を参考に、ぜひ、資格取得して稼げる主婦になりましょう!

Pocket

pagetop