ライターの報酬はどれぐらい?ライターだけで食べていくには? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

ライターの報酬はどれぐらい?ライターだけで食べていくには?

2018.10.05
Pocket

ライターで生計を立てるのは難しい?

主婦やサラリーマンの副業として、在宅でできるお仕事が人気を集めています。

中でも、未資格・無経験でも始められる案件の多い「ウェブライター」のお仕事は、クラウドソーシングやライティング専門サイトでたくさんの求人があり、主婦でも始められる人気のお仕事となっています。

一昔前は、ライターと言えば、雑誌や書籍、新聞など、紙媒体の出版などに携わる人が主流でしたが、現在では、インターネットメディアを中心とした記事が必要とされており、爆発的な勢いでライティングができる人たちの需要が増えています。

紙媒体のメディアが、一部の知識階級の人たちに限定された業界であるのに対し、ウェブライター業界は、素人でも参入しやすいハードルの低い世界となっています。

そのため、現代社会には、フリーランスでライターを目指す方も多く、ライターだけで生計を立てたいと考える方も多いようです。

今回は、在宅ワークで人気のライターのお仕事では、どんな仕事を受注できるのか?そして、ライターの仕事で成功するためには、どんな努力が必要か?また、ライター収入だけで食べていくことはできるのかについてまとめます。

ライターの仕事内容にはどんなものがある?

一口にライターと言っても、そのジャンルは幅広くいくつかの異なる媒体で、様々なライターが活躍しています。

ライターが必要とされる業界には、どんな仕事があるのか?以下にざっと紹介してみましょう。

 

<紙媒体>

新聞

雑誌

広告(コピーライター)

書籍(小説などのゴーストライター)

フリーペーパー

 

<ウェブ媒体>

企業の広告

企業のホームページ

ブログ

キュレーションサイト(まとめ記事など)

ニュース・情報サイト

その他

 

インターネットの普及により、今後紙媒体のメディアは、ますます衰退していく傾向にあり、代わりにウェブ媒体でのメディアがどんどん拡大していく傾向にあります。

紙媒体で働く多くのライターが、雑誌社や出版社などに所属して給与をもらっているのに対し、ウェブ媒体のライターは、その大多数がフリーランスという状況です。

報酬の差も歴然で、ライター業界でもっとも報酬が高いのは、小説家などに代わって取材・執筆を行う「ゴーストライター」で、作品が当たれば、印税も含めて1本数百万円という原稿料が支払われることもあります。

しかしながら、今後、紙媒体のメディアが斜陽産業となっていく流れを受けて、紙媒体のメディアで活躍できる人材の多くが、ウェブ媒体にシフトしていく動きは、ますます加速すると考えてよいでしょう。

一方、ウェブライターの報酬についてですが、中には1文字0.1円というありえないほど安い金額で執筆しなければならないような仕事案件もあり、ウェブライターは「買い叩かれる」というイメージがあります。ウェブライターの報酬については、後ほど詳しく説明致します。

ライターになりたい人は何をしたらいい?

一口にライターと言っても目指す業界によって必要とされるスキルや経験が異なります。

新聞記者や雑誌記者などの多くは、学生時代からライター養成講座などを受講し、難関と言われる入社試験を突破した生粋のライターという方もいれば、入社後にデスクや編集者の指導を受けながら、少しずつライターとしての経験を積むという方もいます。

では、なんの資格もない普通の主婦やサラリーマンで、ライターになりたい場合はどうしたら良いのでしょうか?

ウェブライターとして活躍するために必要な資質としては、やはり「書く」ことが好きということが最も重要です。ウェブライターのお仕事の中には、経験不問の案件も多くあり、ライターとして執筆した経験のない方でも採用してもらえるからです。

こういった駆け出しライターのお仕事に対して一概に言えることは、やはり報酬が低いということです。それでも、ライターとしての実績がない方は、こういったお仕事を受注することで、ライターとしての実績を積んでいくことがまず最初に必要なことです。

未経験ライターはどんな仕事から始めると良い?

元々、新聞記者だった、あるいは雑誌編集者だったけどフリーランスに転向したという方を除いて、未経験の主婦やサラリーマンが副業ライターとして仕事を始めるためには、いくつかのポイントがあります。

初心者ライターが仕事を選ぶ時には、ライター研修の有無やライターマニュアルの有無が一つ目のポイントとなります。

ウェブサイトを運営する多くの会社は、SEO(Search Engine Optimisation)と言って、ウェブ上で検索すうが多くなるような用語を意識的に盛り込んだ記事を作成することを求めています。

SEO対策をきちんと理解して記事を執筆することが、ウェブライターにとっても最も重要なポイントとなります。経験不問で採用してくれるクライアントのほとんどは、このSEO対策を専門に行うチームを持っており、ライターは、与えられたキーワードやタイトルに沿って執筆していきます。

また、クライアントによっては、記事をどのように執筆すべきか、具体的な構成案を提示したり、マニュアルを用意して執筆方法のルールなどを細かく設定している会社もあります。

キュレーションサイト(まとめサイト)などを運営する大きなクライアントなどは、ライター研修を実施しているケースも多いため、無資格・未経験のライターでも、こういった場で記事を執筆していくために必要な最低限のスキルを身につけて行くこともできるからです。

二つ目のポイントとしては、文字単価が低くても、記名記事(ハンドルネームやニックネームを含めて)で執筆できる仕事案件を選ぶということです。

初心者ライターが一番欲しいのは、「ライターとしての活動実績」です。特に、クラウドソーシングサイトなどを経由して、お仕事を受注する場合には、これまでどんな仕事を受注してきたかという実績をクライアントに見てもらうことが一番重要になります。

しかし、ライターとして経験値が上がってくれば、当然直接契約するということも可能です。そうなったときに、インターネット上でクライアントに見ていただける「記名記事」があると、クラウドソーシングサイトを利用していない企業でも、あなたの実績を見ていただくことが可能になるからです。

文字単価が高い案件は、非常に魅力的ですが、無記名記事も多く、たくさん書いてもライター個人の実績としてアピールできるポイントにはなりません。短期的には収入アップを見込めますが、長期的に見るとメリットが多いとは言えないのです。

ライター業界の報酬の相場はどれぐらい?

紙媒体のライターは、企業に所属していることも多く、その報酬は、ピンからキリまでです。一般的に紙媒体でフリーランスとして活動している方は、年収200万円から300万円の層が多いようで、なかなかライターだけで食べていくのは難しい業界と言えそうです。

それでは、ウェブライター業界の報酬の相場はどれぐらいでしょうか?先に少し触れましたが、安い案件になると1文字あたりの文字単価は0.1円ほどになります。この報酬だと1時間に1000字書いても時給は100円となり、恐ろしく時給が低いということになります。

クラウドソーシングなどでよく見かけるライター募集案件の平均的な文字単価は約0.5円が相場です。同じように考えると1時間に1000文字書いた場合の時給は500円となります。

こう考えるとライターの報酬の相場はかなり低いということになりますが、ライター業務に慣れてくると、1時間に3000字以上書ける人もいますので、そうなれば、文字単価が0.5円でも、1時間あたりの時給は1500円となり、パート・アルバイトの賃金よりは高いという計算になります。

ライター業務の中でも、金融、不動産などの専門知識がある方なら、文字単価が2円から3円といった報酬が高い案件もあります。他にも、公認会計士や税理士資格を持っている人限定で、文字単価が4円から5円となっている案件など、資格や経験に応じて文字単価の高い案件を請け負うことも可能です。

一般的に未経験の方でもライターとして受注できる案件の相場は、0.5円から2円程度と考えるのが妥当です。

文字単価0.5円の記事からライターとしてスタートした場合、文字単価が1円を越えるのに必要な目安は半年ほどと言われています。徐々に実績をあげて、より単価の高い案件を受注できるようになってくるからです。

文字単価が2円ほどの案件を受注できるのには、未経験のライターからスタートして1年ぐらいが目安です。

文字単価が上がれば上がるほど、読むに値するきちんとしたコンテンツが求められるため、ライティングにかかる時間が長くなるという傾向もあります。

場合によっては、専門性の低い安い案件のコンテンツを書く方が所要時間も短く、結果として時給が高くなるという場合もあります。

クラウドソーシングサイトのライター案件をよく見て、自分に取り組めそうな仕事は、どのような価格帯なのかを大まかに把握してからお仕事を選ぶと良いでしょう。

ライターが1ヶ月20万円以上稼ぐには?

ライターの収入だけで生計を立てるのは、難しいと言われていますが、とあるワーカーサイトの調査によると、実際に月収20万円を越えるライターは、全ライターの3%ほどと言われています。

クラウドソーシングなどのワーカーサイトを利用して稼ぐ人は、主婦やサラリーマンなどの副業ワーカーが多いため、例えば夫の扶養を越えない範囲で働きたいとか、サラリーマンなら確定申告の必要がない範囲で働きたいなど、節税対策でわざとたくさん稼がない人もいるので、この数字だけを鵜呑みにしてはいけません。

節税する必要がなくて、ライターだけで収入を得ても良いという条件であれば、稼げる人の数は、これよりももっと多いと考えてもおかしくないでしょう。

前章でライター業界の相場をご紹介しましたが、それを参考に、ライター業務だけで月20万円稼ぐためには、どうすれば良いかをシュミレーションしてみましょう。

 

<文字単価0.5円の案件を受注しているライター>

0.5円 x 20,000文字=10,000円

10,000円 x 5日 x 4週間= 200,000円

文字単価0.5円のライターが、月20万円の収入を稼ぎ出すためには、1日2万文字の原稿を週5日毎日書きつづける必要があります。

1時間に2000文字書けるライターなら、1日の作業時間は10時間、1時間に4000文字書けるライターなら1日の作業時間は5時間という計算になります。

 

<文字単価0.8円の案件を受注しているライター>

0.8円 x 12,500文字=10,000円

10,000円 x 5日 x 4週間= 200,000円

文字単価0.8円のライターが、月20万円の収入を稼ぎ出すためには、1日12,500文字の原稿を週5日毎日書きつづける必要があります。

1時間に2000文字書けるライターなら、1日の作業時間は6時間半、1時間に4000文字書けるライターなら1日の作業時間は3時間強という計算になります。

駆け出しライターだと、1時間に1000字書くのもやっとと言う方が多いかもしれませんので、そう考えると、このように低い文字単価で月20万円稼ぐのはかなり難しいと言えます。

しかし、経験を積んだライターなら、1時間に5000字近い記事を執筆できる場合もありますので、高単価の案件を受注できれば、毎月2週間ほど働けば、月20万円という報酬を得ることも十分可能です。

ライター案件をうまく見つけるコツ

クラウドソーシングサイトでライターのお仕事案件をうまく見つけるためのポイントについても少しご紹介してみます。

まず、ライター業務の相場は1文字0.5円ぐらいが妥当ですので、それより低く買い叩かれている案件などは、基本的に避けた方が良いでしょう。初心者歓迎の案件でも、どうしても採用されなかった場合のみ、文字単価が0.5円以下の案件を検討してみてください。

もう一つ、依頼内容を確認する時のポイントとしては、ライター業務に付随する業務の有無についての確認です。ブログやキュレーションサイトのライターとして活動する場合は、画像の選定やリンクの設置など、記事作成に加えていくつかの業務を行わなければならない案件もあります。

ブログなどの執筆経験がなく、サイトのリンク設置方法などにあまり詳しくない方、あるいは、サイト内画像を自分で提供しなければならないようなサイトだと、撮影や画像設置などの作業に非常に手間がかかります。

仮に、他の案件よりも文字単価が高かったとしても、記事執筆以外の作業でかなりの時間を必要とするような案件は、結果として時給が低くなりますので、あまりおすすめとは言えません。

自分の専門知識がある分野だと、初心者でも記事を書きやすくなりますので、主婦なら子育てや料理など家事や育児にまつわる案件を受注したり、サラリーマンなら趣味のアウトドアや音楽などに関連する案件を受注したりと言う風に、自分の書きやすい分野を選ぶというのも大切なポイントです。

文字単価が高い業界は、金融・不動産、投資業界などに関連する案件となりますが、こういった業界は、業界出身者かライター経験のある執筆者を求めていますので、まずは、他のライター業務を受注して実績を作り、そこから、文字単価の高い案件に挑戦するという流れなら、お仕事を受注できるチャンスも上がるかもしれません。

月30万円以上稼ぐライターは何をしているのか?

ライターとして活動する人の多くが、月1万円から5万円ほどしか報酬を得ていない一方で、中には、月30万円以上を稼ぎ出すライターがいます。

そういったライターは、一体何をして、そこまで高い報酬を得ているのでしょうか?

まず、ライターとしてコンスタントに月30万円という報酬を得るためには、クライアントの数を増やすということです。文字単価の高い案件のほとんどは、質の高い記事を求めている企業がほとんどですので、月に受注できる案件の数が4本から5本ぐらいと限られています。

そのため、いくら文字単価が高くても、受注量が少なければ、結果として収入が増えないということになってしまいます。

最低でも、3社から5社ほどのクライアントと、常時契約を取るようにして、安定してライター業務の仕事を受注できるようにするというのが、月30万円以上稼ぐライターが行っていることの必須条件です。

また、文字単価が低いコンテンツの場合は、記事そのもののクオリティの高さが求められない場合もありますので、そういった記事を短時間で大量に執筆するというのも、一つの対策です。

経験の長いライターや、良質な記事を書けるライターの中には、クライアントに対して「アクセス数に応じた成果報酬(ボーナス)」などの支払いをしてもらえる場合もあるようです。

純粋に「書く」ということだけでなく、読者に「読まれる」記事を書ければ、こういったインセンティブやボーナスといった副収入がもらえますので、これらをうまく組み合わせて行くのが報酬アップのためのポイントです。

もう一つのポイントとしては、記名記事などの執筆を多く手がけて、他のクライアントと直接契約を結ぶということです。クラウドソーシングサイト内で受注したお仕事は、すべてシステム利用料として、報酬の約20%ほどをクラウドソーシングサイトに徴収されてしまいます。

実力があって、記名記事でいくつかのサイトで執筆経験のあるライターであれば、ネット上で「ライター募集案件」を直接探し、クライアントに直接契約を申し込むという手もあります。

月30万円以上稼ぐライターの多くは、こういった直接契約を取り付けて高い報酬額で執筆業務を請け負っている場合が多いようです。

時給単価の高い低いはあったとしても、月30万円と稼ぐには、週5日働くと仮定すると1日に15000円は稼がなければならないということです。1文字1円のお仕事なら、1万5000文字という分量です。月30万円稼ぐためには、これだけの原稿をコンスタントに書ける能力が求められます。

クラウドライターから独立してブログやサイト運営

ライター業務を行っている方の中には、常に書き続けることでしか報酬を得られないクラウドライターから独立して、ブログやキュレーションサイトなどを個人で運営している方もいます。

クラウドライターとしてライター業務を行っていくと、キュレーションサイトやブログ運営のコツのようなものが分かってきます。

どんなキーワードがSEO対策に必要なのか?あるいは、どんなコンテンツなら読者に読まれるのか?ウェブライター業務を続けていくことで、そういった知識を大まかに身につけることも可能です。

クラウドライターの中には、こういった知識を生かして、自分でブログやサイト運営を手がけ、サイトにアフィリエイト広告を貼って広告収入を得ている方も増えています。

アフィリエイトは、企業の広告バナーや広告リンクなどを、自分のサイトに張り付けて、クリック報酬や、成果報酬などで収入をあげるシステムですが、長期的に読者の関心を惹きつけられる記事を執筆できる必要があるため、そういった意味では、ライター経験者に非常に向いています。

クラウドライターだと、とにかく数をこなさなければならないというプレッシャーがありますので、アフィリエイトで広告収入を得られれば、そこまで記事を書きつづけられないような年齢になった場合や、クライアントからの受注案件が減った時にも安定して収入を得ることができます。

ライターとしてある程度経験を積んでから、こういったサイドビジネスを展開するというのも、一つの選択肢と言えるのではないでしょうか?

主婦やサラリーマンの副業ライターはまず月5万円をも目標に

ここまで、ライター業務で得られる報酬額の目安と、ライターだけで生計を立てるためには、どのぐらい稼げばいいのか?あるいは、どうすれば収入がアップするのか?といったコツをご紹介してきました。

副業としてクラウドソーシングでライターをやりたいという方が目指す現実的な数字としては、月5万円という目標額が妥当だと考えます。

月5万円なら、文字単価0.5円の案件なら、週5日執筆すると仮定して、1日あたりの執筆分量は5000文字です。初めのうちは、1時間に1000文字書くのが精一杯かもしれませんが、慣れてくれば、1日1、2時間あれば執筆することが十分可能な分量です。

駆け出しライターの場合は、1日2時間しか作業できないなら、月の目標額は3万円に設定しましょう。

サラリーマンの副業ライターなら、平日は1日1時間、週末5時間で週に10時間の作業時間を確保するのを、まずは目標にしてみてください。

多くの副業ライターの方が、稼ぐことができない原因は、やはり自分でスケジュール管理ができないという点です。自分の稼ぎたい金額をまずは決めて、その金額を稼ぐために必要な一日の作業時間と月の作業日数をきちんと算出してみましょう。

1日の作業量の目安が分かれば、実際に執筆を終えた記事と報酬額などを一覧にして記載していくというのもおすすめです。仕事のモチベーションをいかに保つかというのが、在宅ワークを続けていくためにもっとも大切なことです。

会社勤めの場合と同じように、仕事のスケジュール管理をしっかりと行い、期日までにきちんと記事を収めてクライアントの信頼を得られるように努力していきましょう。

ライターだけで食べていくことは十分できる!

クラウドソーシングを介して主婦やサラリーマンでも簡単に行えるライター業についてご紹介致しました。クラウドソーシングサイトを経由して受注できるライター案件は、初心者歓迎というものも多く、誰でも取り組めるというのが魅力です。

しかしながら、実際にライターとして仕事を続けていくためには、コツコツと記事を執筆できる能力や忍耐力も必要となるため、思ったよりも稼げないという方がいるというのが実情です。

どんな在宅ワークにも言えることですが、仕事を続けていくためのモチベーションをいかにコントロールするかが、ライターで生計を立てていくためにもっとも重要なことです。

そのためには、稼いだ収入をどのように使いたいか、具体的な夢や計画を立てておくと、仕事を続けていける原動力となるので、おすすめです。
最近では、ノマドワークなども流行っており、世界中を旅行しながら、ライター業務を行っている方も増えています。

ウェブライターは、パソコンとインターネット環境さえあれば、世界中どこでも仕事ができる非常に魅力的なお仕事ですので、時間や場所にとらわれず、自由な生き方をしたい方や、会社での人間関係が苦手と言う方、あるいは、子育てや介護中で家から離れられないという方にもぴったりです。

毎日会社に通勤することに疲れた人や、会社の人間関係でうんざりしている人、あるいは、日々の生活に張り合いを感じられないという主婦の方には、まずは、副業からライターのお仕事を始めてみることをおすすめします。

副業収入があれば、いつでも会社を辞められる!あるいは、家にいてもやりがいを感じることができるようになります。もちろん、将来的に独立することも十分可能ですので、毎日をもっと充実したものにしたいと考える方にうってつけです。

ライター業務は、プログラマーやウェブデザイナーのような専門的なスキルも知識も必要ありません。他のクラウドソーシングのお仕事業界と違って、素人でも参入できるところが、最大の魅力です。まずは、副業ライターからお仕事を始めてみませんか?

Pocket

pagetop