今流行りの在宅勤務ってどんなメリットがあるの? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

今流行りの在宅勤務ってどんなメリットがあるの?

2018.10.03
Pocket

政府の働き方改革が推奨され始めて、在宅勤務も一般的になり普通の主婦の耳にも物珍しくなくなってきましたね。

それでも、いざ普通の主婦が取り組むとなると、不安ですし、そんな慣れない働き方をして続けられなくて逆に時間とお金の無駄になってしまいそうでなかなか踏み切れない自分もいるものです。

・そこで今回は在宅勤務というのは一体どんな働き方なのか?

・どんなメリットが個人的にはあるのか?

・大きなスケールで考えると、どんなメリットがあるのか?

・どんな人が向いているのか?

こういった観点からメリットを中心に少しご紹介してゆきましょう。こういったことを理解すると、普通の主婦の自分でももしかしたら取り組めるかもしれない、という希望にもつながりますし、そうなれば本当に今までとは全く違う新たな扉を開けるかもしれません。

そもそも在宅勤務とはどういう働き方なの?

在宅勤務とはその字のごとく、自宅で仕事をすることです。多くは会社と契約しその内容通りの業務を果たしてゆきます。

在宅勤務と似たようによく耳にする言葉として、在宅ワーク、リモートワーク、テレワーク等がありますが、若干の意味の相違点があっても、基本的な意味合いは変わらないようです。

その基本的な意味合いとしては、働く場所を自由に選べてどこでも業務を果たせる、こういったワークスタイルを指す語で今は幅広く使用されています。

こういったことから考えてゆくと自ずとわかるのはネット環境がないと仕事を果たしてゆくのが難しいということが見えてきます。

会社との打ち合わせや、出来上がった資料を送ったりするにも、遠隔地業務になるわけですから当然、すべてのベースとしてのネット環境が必須になります。

そうなると、在宅勤務の条件としては、ある程度のPC基本操作は出来ていることが求められてくることでしょう。

契約内容によっては様々な働き方や報酬の支払い方法が出てきます。

単に自宅で通勤をしないだけで、会社と密に連絡を取りながらオフィスにいるかのように働く場合もあるかも知れませんが、多くは、与えられた仕事を遠隔地で果たして、終わったら提出する、という能力次第で大変効率よく行えます。

そのため多くの在宅勤務の場合には勤務時間に縛りがなく、業務さえ滞りなく提出できるようにしさえすれば、非常に自分の時間を持てる、働き方になっています。

ですから、長時間働くことが美徳と古くからされている日本人には新しい働き方と感じられているようです。在宅勤務はそういったものではなく、効率よく、逆にオフィスにいるよりも質の良い仕事が出来ますし、そうなってくると、質の良い効率よい働きの結果を享受できる会社側にとっては本当に割の良い働かせ方でもあるのです。

このように、在宅勤務は雇う側にとっても、雇われる側にとっても、お互い美味しいところだけを取った、非常に合理的なワークスタイルと言えるのです。

ここまでで、在宅勤務の働き方をほんの少しお伝え出来ました。ではここからが本題になってきます。実際に在宅勤務にはどんなメリットがあるのでしょうか?先ず、個人的なメリットをいくつかご紹介してみましょう。

通勤時間の無駄をなくせる

在宅勤務にされたい方は先ずこれを上げる方が多いことでしょうね。通勤ラッシュで満員電車で揉まれながら、汗だくになって、降りたら走り出社をする毎日…

これが当たり前ながら毎日1時間以上です。そして帰宅時も同様…

人生にこんな無駄ってあるでしょうか?

電車で見ず知らずの人たちと揉まれながら清潔でもなく、時間の無駄でしかない時間です。

在宅勤務ではこの無駄を全てカット出来ます。もし、沢山働きたければその時間を業務に費やすことも出来ます。効率よく仕事を果たせるのであれば、1日のその時間だけで、その日の業務を終わらせることも可能かもしれないのです。

勿論、これがないということは結構運動量は足りなくなるのでその辺は自分でコントロールして、楽しく運動すればよいですしね。虚しくてストレスになる通勤で体幹を鍛えるなんてことをせずに、無駄な時間をカットして疲れを無意味にため込まず、集中して仕事に短時間で打ち込むことが出来ます。本当に願ったりかなったりです。

そして実はこのことは私たち一人一人の益になるだけでなく、大都市の機能をマヒさせないことにも大きく貢献してゆくという大切なメリットも秘めているのです。

例えば震災が大都市を襲った時に、もし会社に出勤しなければ業務自体が成り立たないのであれば、首都圏に多くの会社が集中しているため、一つの震災で大都市の機能は完全にマヒしてしまい、当然日本全国の生産性に大打撃となってしまいます。

これを防ぐ方法が今政府が取り組んでいる働き方改革の一つである在宅勤務なのです。

ですので、通勤の無駄をなくすというのは、私たちにとっても本当にメリットが沢山なのですが、今のうちにそれに慣れてできる限り多くの会社が導入してくれることで、将来の不測の事態に日本が備えているという、実は大きなスケールでのメリットがあるわけなのです。

私生活を犠牲にしない

これも在宅勤務を希望される方に多いウエイトを占めている分野です。

人生にも色々な側面が見られます。独身→結婚→子育て→親の介護等、長年の間には自分の体力の衰えのみならず、環境の変化に常に順応してゆかなければなりません。

今の時代は男女平等、等とは言われていますが、やはりこういった周囲の環境の変化に実際に対応してゆかなければならないのは主婦の立場の方かもしれませんね。

そういったこともあり、妻の立場の方が仕事を辞めて、子育てに専念したとしても、子供が出来れば今の時代は習い事やお受験、他にも沢山お金がかかります。

子育てで仕事を辞めても、逆にお金もかかってしまう時期になってしまい、何となく子供の今後の進学などのことを思うと経済的に不安です。

そんな時に強い味方となってくれるのが、政府の進めてくれている在宅勤務です。

家で子供と時間を過ごしながらでも効率よく仕事が出来ますし、急な熱で学校から呼び出されても対応が出来て、業務にも支障が出ません。

更にこれは男性の一家の頭にも関係があるかも知れませんが、自分が長男でいずれは親の世話を自分が見ないといけないのに、会社側の都合で実家の近くに転勤が出来なかったりして、故郷へのUターンが出来ない場合にも、在宅勤務は強い味方です。

帰郷したとしても、経済的には常に仕事がある状態なので本当に安心です。親の面倒を近くで見ながら、自分の家族を養うことが出来るのです。

こういった理由で最近政府も在宅勤務をすすめています。つまり日本の過疎地を減らす方向性へ持っていけますからね。

更に、こうなってくると少子化も防止が出来るという訳です。

子育てが仕事の邪魔になり、子供を持つことを断念される若い夫婦を減らしたり、日本の全国的に見た過疎を減らし、働き盛りの人材を田舎へUターンさせることが出来るという、政府にとっても大きなメリットがあるのです。

ですから、在宅勤務によって私たちの私生活を充実させることは、私たち個人としての幸福や満足感を増すだけでなく、結果的には大きなスケールで見る時に国全体の生産性も挙げていくことに繋がってゆくわけです。

こうしたことを考えると、なるほど、政府が在宅勤務を奨励していることがよくわかりますね。

体調管理がしやすい

これも在宅勤務の大きなメリットと言えるでしょう。

会社員として毎日出勤していた頃は、朝起きて少々体調が悪いな…今日は仕事休みたいな…と本気で思っても、これくらいで休んだら上司になんといわれるか考えたらゾッとして、無理して起きていたのも日常茶飯事だったことでしょう。

そんな無理がたたって、ついにはっきりとした病名が付いたら会社を堂々と休めたりするのでしょうか?

その時には身体もボロボロ、回復してももう以前のようには働けない身体になっていることに気づくでしょう。本当に本末転倒というか悲しいですよね。

在宅勤務に早めに切り替えておくならこういったことを予防することが出来るのです。

20代や30代のころと違い、40代にも差し掛かると、食事や定期的な自分の体力に合った運動をして無理をしいことが肝心です。

食事を気を付けるといっても会社勤めをしていたら、同僚との飲み会もありますし、ド派手な歓送迎会もありますし、毎日手弁当という訳にもゆかず、昼は外でランチとなります。

週末しか自分の健康に本当に気を付けた食生活が出来ず、なかなか健康管理が思うようにできません。

でもこれが完全に在宅勤務になるならば、自分の体調に合わせた食習慣を保つことが出来るのです。

間食も、自分が自由に時間を配分できるので、糠漬けを作って毎日それを間食にも出来ますし、一日の摂取カロリーを自分のペースで抑えたり上げたりコントロールできるのです。

それが積もり積もって還暦を迎えたなら、きっとそれは健康診断の数値になって表れてくることでしょう。もし普通にサラリーマン生活を続けて、否応なく暴飲暴食を続けていたならどうなるでしょうか?

それで普通の人は、これから余生をゆっくり好きなように過ごそう!と思っている矢先に退職後すぐに病院通いがスタートするのです…悲しいですよね。長年のつけを甘く見れない現実です。

こういったことを防ぐためにも、又、今現在の健康管理をしっかりさせてクオリティーライフを充実させてゆくためにも在宅勤務は本当に私たちの大きな味方と言えますね。

効率よく質の良い仕事が出来る

これも在宅勤務の大きなメリットです。

オフィスでは様々な雑用も同時にこなし、会議や全体ミーティングなどで沢山の時間を取られます。来客対応や予定外のことも当然入り込み、通常業務が直ぐに滞ります。

でも在宅の場合はとにかく効率よく頼まれた仕事だけを粛々と果たして、集中できるのは本当にありがたいです。そして効率よく果たして、しかも集中して業務に携わるので、出来上がった仕事の質も良いのです。

こうなればクライアント様からの評価も上がり、どんどん仕事の依頼も舞い込んできて経済的にも会社に毎日出勤していた時よりも収入が良くなります。会社にとっても快適なオフィスを確保しなくても質の良い仕事をしてくれる人材を確保できて、互いにウィンウィンの関係です。

慣れ親しんだ仕事を手放さなくて良い

これも在宅勤務の大きなメリットです。

一つの仕事を覚えるというのは非常に時間のかかることです。たとえ覚えたとしても、それがスムーズに出来ているかは別ですし、他の人から見て本当に良い仕事をしてくれていると認識してくれていることとは又話は別問題です。

ですから一つの仕事を本当の意味で習得してゆくという事はそんなに簡単なことではないのです。

それなのに、一般的に特に女性の方がありがちですが、本当に会社にとって有用且つ有能な働きがやっと出来るようになったと思った時期に、結婚と出産、子育てが入り込んできて、泣く泣く慣れ親しんだお仕事から身を引かれる方も本当に多いのが現状です。

今までしてきた仕事は専門職で比較的どこに行っても出来る、というタイプの仕事でなければなおさら、今後もそういったお仕事に携わることも出来なくなってしまいます。

こういった問題を解決してくれるのも在宅勤務です。離職してしまう前に、仕事を遠隔地業務として継続できないかを上司に打診して見られることをお勧めします。今の時代の流れに乗って、もしかしたら継続も可能かもしれません。

こういった経験も聞いたことがあります。ある人が経験がものをいう仕事をずっと楽しんで取り組んでいましたが、身体を壊してしまい、毎日の長時間の通勤が苦痛になってしまいました。

度々欠勤の申し出をするのにもストレスを感じ始めて、仕方なく辞表を提出することにしました。そしたら上司に呼び出されて、今やめてもらったら困ること、在宅で業務を継続できないか?という打診をされたそうです。

その方はこのようにして晴れて遠隔地業務として在宅で今も慣れ親しんだお仕事を自分のペースで行っています。

この経験から理解できるのは、会社を辞めなくてはならない事態というのは大抵の場合、会社側にとっても大きな損失になり得る、という事実です。

出来ることなら、慣れ親しんだお仕事を会社側としても続けてもらいたい、という希望もあるのです。

ですから自分にもう少し自信をもって、思い切って在宅で業務を継続させていただけないかを切り出されるのも一つの知恵の道かも知れません。

最初から報酬金額を高く設定してしまうと会社にとっても初めてのケースであれば負担に感じてしまうのかもしれませんが、無難な設定に最初のうちはとどめて、切り替えてゆくなら本当にメリットがあることでしょう。

このように会社側の視点で見る時に、逆に自信をもってこちらから提案も出来ますし、会社側にとっても有能な人材の流出を阻止することも出来て、この分野においてもウィンウィンの関係でいられるのです。

人間関係でのストレス軽減

これも在宅勤務では大いに軽減されます。

仕事自体は楽しいものでも、職場の人間関係は本当にストレスになることがあり得ます。

上昇志向がある人が同僚だと、大げさに言うと、直ぐに揚げ足取りをしたり、妬み嫉みで上司との仲を裂こうとしてきたりと、嘘のようなホントの話、という事は日常茶飯事となってきます。

それでもお金のためには続けたいし辞めたくない、という気持ちと、早く辞めたい~という気持ちの自分の中での板挟みのまま長年続けたりもしていますよね。

毎回ストレスになる飲み会も大変です。自分はそんなに飲めないのに、飲まなきゃチームとして成立しないなんて考えている上司や同僚たち…いつも付き合わされたりと、そういったことも結構ストレスだったりします。

在宅勤務ではこういったことなく、とにかく与えられた仕事をこなしてゆけばよいですし、人間関係に起因する出費も大幅に削減できるので、意外にも経済的にもメリットがあるのです。いずれにしても、会社組織というのは本当にややこしい人間関係が付きまとうものですね。

住みたい場所を選べる

これは先に挙げた私生活の充実に少し似ているかもしれません。ただ自分自身の今の必要というよりも長年の夢を実現させることとも関係している分野かも知れません。

若い時からどこかの南国で自給自足の生活を楽しみたい、自分の子供には、北の国からのドラマとまではいかなくても、大自然と直に触れ合って逞しく生きていってほしい、と夫婦で話し合っていたとして、でも先立つものがなければ当然話はとん挫してしまいます。

それを解決してくれるのが在宅勤務と言えます。

ネット環境が整っていさえすればパソコンと自分の技術でどこに行っても経済的に安心です。子供たちの学校の転勤を親のせいでさせることなく、家族の夢をかなえることも出来るのです。

しかも政府が提唱している理由の一つとして、人口密集地を拡散させることですが、自分たちの夢をかなえることがこうした政府の目的と調和しているというのも嬉しいことです。というのも、上昇気流には乗りやすいですし、人目も気にならないですからね。

ここまでで簡単に、在宅勤務のメリットをほんの数例挙げることが出来ました。

今流行りの在宅勤務は今の時代のニーズに本当にマッチした素晴らしい働き方です。自分の夢や大切な家族との生活を犠牲にすることなく、経済的にも逆に以前よりもゆとりをもって生活が出来るのです。

このような訳で、もし可能であればできる限り多くの方が、このワークスタイルを取り入れて、楽しんで生活していただきたいものです。

でもそのためにはメリットだけに目を向けるのでなく、本当に自分にその適性があるのかをじっくり計算しなければなりません。

メリットがどんなに大きくても、自分にその適性がなければ、取り組んだところでとん挫してしまい、家族まで路頭に迷いかねないからです。

そこで次に、どんな人が在宅勤務に向いているのかをご紹介しましょう。

在宅勤務に向いている人ってどんな人?

オフィスでテキパキと仕事をこなしている方でも、いざ在宅勤務になると結構向いてないことを発見したりと、新たな自分を見つけることがあります。

こればっかりは、経験しないと分からないことも多々あるので、どんな人が向いているのかを、書いてゆきますね。

 

  • 自己管理の出来る人

これはオフィスではわからない自分かも知れません。会社では決まった計画を上が決めて、それをその通りに果たしてゆくという従順さが求められてきます。

ある意味、あまり考えなくてもレールに乗ってしまえば誰でもがこなしやすく会社が気配りをしながら仕事をさせてくれるのです。

在宅勤務になるとそうはいきません。全てが自己責任になるのです。いつでも効率よく仕事をすれば大丈夫だからと、後回しにしてゆく習慣がつくと、最終的に納期にどれも提出できなかったり、納期が無かったとしても、後回しにし過ぎて経済的に苦しくなったりしかねません。

在宅勤務の良さは自由が利かせられることですが、しっかりと自分で前もって計画してそれに沿ってある程度は果たせる方でなければ向いてないのかもしれません。

 

  • コツコツと一人で仕事をするのが苦にならない人

在宅勤務はネット経由で勿論ミーティングや話し合いもありますが、基本は一人での作業となります。一人で計画し一人で取り組み、うまくいっても褒めてくれる人も周りにはいないのです。

ですので、チームとしてみんなで和気あいあいとした雰囲気の中で達成してゆきたい、という願いの強い人には、もしかしたら物足りないワークスタイルだとも言えますね。

上手くできない時にも、直ぐに教えてくれたりする同僚もいませんし、上司からのアドバイスもありません。ガッカリした時も一緒に飲みに行ってくれる友達もいません。とにかく効率よく、質の良い仕事を粛々と果たすことが来る日も来る日も求められてくるのです。社員旅行もありません。

こういったことが耐えられないのであれば、最初から飛び込まない方が安全ですね。

 

  • 会社の基本方針を遵守出来ること

在宅勤務は会社側との信頼関係が非常に大切になってきます。これは毎日通勤していた頃よりも重要になってきます。というのも会社側としては、雇っている方に大きな自由を与えています。

勿論質の高い仕事を提供しているのですから、会社側にとってもメリットはありますが、見えない分、どうしてもこれだけは守ってほしいというルールにはきちんと遵守しているかどうかを、見えている社員よりも要求してきます。

これを簡単に無視してしまったり、忘れてしまったりする癖があると、会社側としては見えない分不安要素となり、継続して勤務してもらうことが難しくなってしまうのです。

要は信頼関係を大切にしている証が会社側が決めたルールを遵守していることに表れていると、見ているということになるのです。

ですから、これをいちいちチェックしたり、それに沿って業務を行ってゆくことが一人では抜けてしまいがちな性格なのであれば、在宅勤務は最初から取り組まない方が無難かもしれませんね。

 

  • 社会人としての基本マナーが身についている人

これも信頼関係を築く上で大切な要素です。

在宅勤務のメリットとして、余計な人間関係のストレスの軽減を挙げてはいますが、これは社会人としてのマナーが必要ない、ということではありません。

かえって、社会人としての常識などは在宅勤務の方が要求されるといっても過言ではありません。

見えないクライアントさんとのメールでのやり取りや会社側との短い時間でのネット経由でのミーティングなど、短時間の間に、互いの信頼関係を築いて一緒に仕事をしてゆかなければならないのです。

こうなってくると、普段オフィスではゆったりとした時間の中でお互いに面と向かって話しながら、ちゃんと会社に籍を置いている人間として既に信頼関係がある中で仕事を進めてゆけますが、それがない分、自分自身で信頼関係を築いてゆく必要があるのです。

そのためには、対面したことがない方との円滑なコミュニケーション能力、一般的な会社としてのメール対応、言葉遣い、短い時間の中で、誰が見ても信頼できる常識スキルがなければなりません。

社会人としての常識とマナーが非常に求められてくることを忘れないようにしましょう。自由があるという事は、自己責任の分野は大きくなってしまうのです。

 

  • 読解力のある人

在宅勤務では基本的にわからないことは自分で調べて自分で解決します。会社側からの資料も参考にしていく必要があります。その際、読んでも分からない、相手の意図が読めない、等が自分の特徴であれば不向きかもしれません。

読んで理解し、その上で会社側が自分にどんな仕事をしてほしいのかを読み込んでいく能力のある人は非常に重宝されてゆくでしょう。

まとめ

在宅勤務には本当に沢山のメリットがあります。上記に挙げたのはほんの一例にすぎません。

家庭円満にもつながり、ひいてはそれは社会貢献にもつながるのです。社会が成り立つにはまず一番小さな単位である家族を強いものにすることであると昔から言われています。

ですから、あらゆる面でメリットのある働き方ですから、もし適性があるのであれば時代の波に乗ることをお勧めします。

きっと新たな自分や家族の夢が花開くことでしょう!

Pocket

pagetop