普通の主婦がライター職業としてやっていけるの? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

普通の主婦がライター職業としてやっていけるの?

2018.10.05
Pocket

結婚して普通に子育てをして早10年以上…あっという間に子供は手が掛からくなり、今までの忙しさが嘘のように少しの静寂を味わえるようにあるものです。

それでも又数年すれば子供の進学にもお金もかかりますし、この少しの暇な時間を近所でバイトでもして家計の足しにしたい…それでも近所のいい時間帯の求人はなかなか出てきません。

コンビニくらいしかないし、でも家族の用事も時々急に入るのでシフト自由で週末は休みたいとなると難しくなりますよね。

それで今回は、手に職のない普通の主婦として生きてきてしまった主婦が、その経験を活かしながら、時には人助けにもなれるような在宅ライターを職業として試してみられるように、在宅ライターという職業のご紹介をしましょう。

主婦は何も仕事をしていないようでも、実は毎日それぞれ特有の家庭を持ち、そこで柔軟にお仕事をし、そして沢山の人生経験を積んでこられています。

会社にお勤めだけが人生経験ではないものですよね。確かにお給料をもらえると、人は誤解していっぱしのお仕事をしているかのように感じてしまいがちですが…

それで毎日主婦業というお仕事に従事されている主婦に実はぴったりの在宅ライターを職業にするためにどういうことが求められるのか?

どのように仕事を初めて経験を積んでゆけばよいかを先ずご紹介しましょう。

在宅ライターの仕事はどうやって見つけるの?

先ずはこれが最初の段階です。

確かに在宅ライターの募集はウェブ上に沢山ありますよね。でもどれを選んだらよいのかわかりませんし、これはいいな、と思うと経験者が条件になっていたりします。

そのため、主婦の方であれば、最初は経験を積むためだけに、簡単に初心者でも仕事をくれるような、非常に単価の安いところにいくつか登録しておくと良いでしょう。

でもその単価の安さに驚かないでください。これは単なる経験のためと割り切って、とりあえず幾つも挑戦して経験をしたという実績を作ります。

そうこうしているうちに、自分の意外な得意不得意分野が見えてくることでしょう。

以前には決して関心のなかった不動産取引のコラムや記事作成が得意であることを知ったり、子育てや家族の責任に関しても以前より、より一層の理解や洞察ある文章が書けている自分がいたりと、思わぬ発見があるものです。

逆を言うと、女性関連のコスメのコラムや記事作成は得意と思っていたら、書けたとしても関心のない自分に気づいていたりと、意外な自分の進化に発見も変化もあるものです。

このように、取り合えず単価は非常に安くても経験を積むために在宅ライターの登録をして、沢山の案件をこなすことで、今後自分に合った在宅ライターを職業として選んでゆくのに非常に重要な自分に関するデータ集めが可能になってくるのです。

しかも、経験者、という条件や資格を満たせるので、今後は今まで諦めていたいい条件の在宅ライターの募集も選ぶことが出来て、安定した職業として普通の主婦でも結構な収入を見込めるようになってきます。

それで、普通の主婦が職業としてゆくゆくはライターを選んでゆきたいのであれば、先ず重要なのが、経験を積む、ということです。

これによって良い条件のライターのお仕事に巡り合えるようになることでしょう。

在宅ライターとして仕事が始まったら気を付けるべきこと

先ほどのように経験を積んで、だいぶ適性が分かったうえで、自分にとって条件の良い在宅ライターのお仕事に就けるようになった後、一体、どのようなことに注意して取り組んだらよいのでしょうか?

これからこの点をご紹介してゆきますね。

 

  • 先ず計画立てて、それをしっかり守るようにしましょう。

どうしても在宅ライターは職場が自宅になりますから、これは意識的に努力が必要になります。

納期はまだまだ先だから大丈夫、と思いきや、子供の病院の付き添いや、ご主人様の親族の急な来訪などなど、本当に主婦は大忙しなのです。

ですから、きっちり最初に計画をしておいて、果たせなかった時の為に、ゆとりを持った計画を立てておきましょう。

そしてどうしても出来ない時は主婦にはあるわけで、だからこそ在宅ライターを職業に選んだわけなので、そこは神経質にならずに状況に譲歩して、そしてもともとゆとりを持った計画ですから、直ぐに代替案を作成し、また計画通りお仕事をしてゆきましょう。

計画を立てておくのが良いのは、どういった時に出来なくなりやすいかを自分で把握しやすくなる、というのも一つの理由です。

計画を最初に立てる時に、無理な計画を立てることも防げるようになってきます。

 

  • 記事作成に必要な情報をできる限り読んでおいて自分の中で熟成させる

ライターは上手な文章だけでなくて、人が沢山ある中から、読みたい、と感じるような興味深い記事を作成する必要があります。

そのためには自分自身が読んで、興味深いと感じる記事を分析して見倣ってみることも必要です。

勿論、自分にも書きたい内容や、人が読んできっと役に立てるようないいものを持っていてそれを文章に詰め込んでゆく自信もそろそろ出てくるかもしれません。

でも読み手がそこから興味を持ってくれたり、最後まで読んでみたいと思うかは又違うかもしれませんし、題名が興味をひかないために、検索にさえ引っかからない、ということもあり得ます。

それが続いてしまうなら、せっかく得たいいお仕事の継続も難しくなってしまいますよね。

ですので、上手な文章や表現をされている、よく検索したら出てくるようなライターさんの書き方や構成をよく読んで、分析し、人の心を捉える方法を見倣ってゆけるなら、今後ライターという職業を安定したものとされるのにきっと役立つことでしょう。

なんでもそうですが、成長するためには手本は欠かせません。

子供は親の物まねをして大きくなってゆきます。

成長をして、自我が芽生え、それを通り越すと、自分の個性や自分の思考力を働かせて、その子独自のもので判断し成功失敗を重ねて、それからやっとオリジナリティーの大人になるのです。

在宅ライターを職業とするのも、少しそれに似ているのかもしれません。

物凄い非凡な才能があるなら別ですが、普通の人が仕事として成長してゆくには、どうしても良い手本から成長してゆくことは欠かせません。

そういったプロセスを経て、少しずつオリジナルを上手に出せるようになってゆけるでしょう。

要は、手本を分析して見倣えるところはそうして、成長してゆこう!ということですね。

 

  • 継続させるための環境整備

これは結構大事です。

最初は、普通の主婦ですので、当然自分の書斎を持っているわけでもありません。

でも少しずつ環境を整えてゆくことは継続させてゆくのに非常に重要です。

というのは、だんだん慣れてきて上手になってくると、それに応じて難しい大容量の案件を頼まれることが多くなってきます。

そうなると、今までは子供やペットに囲まれながらソファーでノートパソコンを開いて出来ていたお仕事も、それでは出来なくなってきてしまいます。

ですから、長時間座っても疲れないデスクや椅子、長時間集中出来るような空調、などをきちんと仕事用に作業できる自分用スペースを確保することは非常に重要なのです。

これによって、在宅ライターを職業として安定させることが出来て、経済的にも安定させて、それでいて在宅ですから、家族の責任もきっちりと果たせて、一番大切な家族との交流にヒビも入らず、幸福な生活をエンジョイできますね。

まとめ

ライターを主婦が職業として選ぶのは本当に素晴らしいことです。というのも、普通の主婦は、実は様々な毎日のお仕事で経験をたくさん積んでおられるからです。

マイホーム購入のために家族の意見を聞きながら不動産屋さんとの交渉や、子供の病院付き添いで、医療関係の情報や先生との話し合い、ご主人さんの会社の愚痴などから多方面に渡る人間関係の秘訣や取り組み方を日々考えているのではありませんか?

ですから、コラムを書くにも実感がこもっているかもしれませんし、実際、コラム記事作成には、何かの資格というよりも、人生経験豊富な人が求められているのが現状なのです。

自分には何の資格もないから、と躊躇されずに是非ともライターを職業として思い切って選ばれることをお勧めします。

そしてきっと読む人もあなたの経験をきっと必要としていますよ!

Pocket

pagetop