ネット環境とPC1台あればできる在宅ワークの魅力 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

ネット環境とPC1台あればできる在宅ワークの魅力

2018.10.05
Pocket

PCだけで始められる在宅ワークが熱い!

家事や育児と両立しながら、働く女性が増えています。パート・アルバイトや派遣でも、決められた時間に決まった場所に出勤して働くというのは、子供がいる女性にとっては、なかなか続けるのが難しいようです。

子供がいると、急な発熱や怪我などで、欠勤あるいは早退しなければならないという場面も出てきます。職場の理解を得たり、一緒に働く同僚に迷惑をかけたり、人間関係も含めて働くお母さんの悩みは尽きません。

そんな悩める女性たちの新しい働き方の形として、注目されているのが在宅ワークです。特にPCとインターネット環境さえあれば始められるクラウドソーシングを経由した在宅ワークは、資本金や出費もほとんどいらず、主婦や未経験者でも始められる人気のお仕事がいっぱいです。

今回は、PCを使った在宅ワークの探し方や、PCを使った在宅ワークでもらえる報酬額、さらに、PCを使った在宅ワークをうまく続けていくためのコツなどもご紹介致します。

在宅ワークでPCを使う仕事はどうやって探すの?

在宅ワークでPCを使うお仕事は、主に大手クラウドソーシングサイトなどで探します。

クラウドソーシングサイトを利用するには、まずは、会員登録が必要です。ほとんどのクラウドソーシングサイトで必要となるのは、メンバーIDとパスワードのみで、報酬の支払いのために口座登録を後ほど行うだけ。

登録料は無料ですが、大手クラウドソーシングサイトを利用する場合は、支払い額の約20%ほどをシステム手数料として徴収されます。

システム手数料を一切徴収しないサイトもいろいろとありますが、求人数の総数を見ると、やはりシステム手数料を徴収する大手クラウドソーシングサイトが数の上では群を抜いています。

サイトに登録したら、まずは、自分の職歴や学歴、資格などをまとめたプロフィールを作成します。クラウドソーシングでPCを使ったお仕事は、基本的に完全在宅で行えるものが多く、クライアントは、このプロフィールを見て、仕事を依頼するかどうかを決定します。

パート・アルバイトなどと違って、クラウドソーシングでPCを使うお仕事に応募するのには、面接も履歴書もないことがほとんどです。まれに、Skypeなどの音声システムを利用して面談を行うような案件もありますが、募集案件の多くは、こういった手続きが必要ないという特徴があります。

登録者は、企業が募集している仕事案件を、自分の得意なカテゴリーや、仕事の納期、さらには募集条件に応じて自由に選ぶことができます。

自分が興味を持ったお仕事があれば、サイト上から応募することができます。募集している企業に対して自分の能力やスキルをアピールして契約にこぎつけます。

クライアントと登録者の双方が、仕事の条件の面で一致したら、いよいよ作業開始です。

PCで、書類作成をしたり、データを収集したり、あるいはウェブデザインやプログラミングなど、クライアントの求める成果物を在宅で作業して完了させ、メールなどを使ってクライアントに提出します。

クライアントは、提出された成果物を検収し、問題なければ報酬を支払うという仕組みです。利用するクラウドソーシングサイトによっては、サイト上で報酬を受け取るシステムになっており、自分の登録した口座に出金されるという仕組みをとっています。

サイト利用料の支払いが必要ない場合は、クライアントから直接銀行振込を行ってもらうという形で報酬を受けとります。直接契約の場合は、クライアントから請求書を作成するように依頼される場合もありますので、要望にしたがって書類を準備します。

クラウドソーシングを利用した在宅ワークでは、このように応募から支払いまでのすべての業務をインターネットを経由してメールなどで行うという特徴があります。

在宅ワークでPCを使う仕事のメリットは?

ここからは、在宅ワークでPCを使うお仕事のメリットを見ていきましょう。

 

時間が自由

PCで行う在宅ワークの魅力は、何といっても働く時間を自分で自由に決められるという点です。例えば、パート・アルバイトや派遣勤務で働く場合は、シフトに入る時間や曜日がすべて決められています。

自分が体調を崩した時や、子供の学校行事など、急にイレギュラーな予定が入った時には、職場の人に迷惑がかかるということになってしまいます。中には、家庭の事情で仕事を早退したり休んだりすることに否定的な職場もありますので、子供が体調を崩しても、休み辛いというママも少なくありません。

その点、在宅ワークでPCを使って行うお仕事なら、自分で働く時間を決められますので、こういったトラブルはありません。また、子供の長期休暇など、仕事をする時間を減らしたい期間は、自分の裁量だけで仕事量を減らして働く時間を削ることもできます。

PCで行う在宅ワークなら、小さなお子さんがいる方でも、子供のお昼寝中に1時間といった隙間時間を活用して、細切れに働くということも可能なのです。

早朝や夜遅い時間帯など、家族が寝静まった時間に、毎日1,2時間でも作業できる時間を確保できれば仕事ができますので、家事や育児との両立もしやすく、続けていきやすいというメリットがあります。

 

場所も自由

PCを使う在宅ワークなら、会社員と違ってオフィスに出勤する必要もありません。在宅ワークなら、電車やバスに乗っている時間も、自分の働く時間に変えることができるので、非常に効率的と言えます。

もちろん、会社に出勤する必要がないので、服装や髪型も自由です。着るものに悩んだり、余計な出費がかかるということもありません。

また、PCを使う在宅ワークなら、パソコンとネット環境さえあればどこでも働けるため、例えば、子供の習い事の待ち時間などに、カフェや車の中を自分のオフィスにして働くといった時間の有効活用ができるのもポイントです。

暑い夏や寒い冬は、近所の図書館などを利用すれば、エアコンが効いた快適な空間で仕事をすることもできますし、お金もかかりません。

PCを使った在宅ワークを行う方の中には、旅行先や移動中の飛行機の中で仕事をするという方もたくさんいます。場所の制約を受けずに働けるというのは、子育て中の主婦にとっても非常にありがたいメリットです。

 

面倒な人間関係がない

PCを使った在宅ワークを行う人は、基本的に、クライアントと直接契約を結び、個人で仕事をこなしていくというワークスタイルになります。

もちろん、クライアントとはメールやチャットシステムを利用してコミュニケーションをとる必要はありますが、チームで働く業務でない限りは、メール上でも、他の人と関わることはほとんどありません。

そのため、パート・アルバイト勤務をした時のように、職場に面倒な上司がいたり、先輩、同僚とのややこしい人間関係がないという特徴があります。

パート・アルバイトをしてみたいけど、嫌な人が職場にいたら続けられないといった人間関係の悩みが理由で働く一歩を踏み出せない方もたくさんいます。特に、女性は人間関係が陰湿なので、それが嫌で内職などを選ぶという人もいるぐらいです。

PCを使った在宅ワークなら、こういった面倒な人間関係もいらないですし、休みを決めるのも自分なので、上司に休む許可をもらう必要もありません。

生理痛が重い人は、生理休暇が認められていますが、実際に勤務先で生理休暇を申請するのは、気が進まないものです。在宅でPCを使って行う仕事なら、自分の体調が悪い時にも、気にせず休むことができます。

こういった人間関係のストレスなしで働けるというのは、PCを使った在宅ワークのかなり大きいメリットの1つと言えるでしょう。

 

収入の増減を自分で決められる

PCを使った在宅ワークでは、自分の意志で収入の増減を決められるというメリットがあります。

例えば、どんなに仕事ができたとしても、派遣社員として働いていたら、時給が上がるのは、契約更新の際か半年から1年に1回ぐらいです。どんなにお金を稼ぎたいと思っても、社員として働いていたら、自分の気持ち一つで収入を増やすことはできません。

一方、PCを使った在宅ワークでは、自分の才能次第でどんどん仕事を請け負うことも可能です。というのも、PCを使う在宅ワークでは、報酬が成果報酬型になっている場合が多いため、納品数が多ければ多いほど収入が増えるというシステムになっているからです。

頑張った分だけ、自分の収入を増やすことができるので、仕事に対するやりがいが出てくるというのも、PCを使った在宅ワークのメリットです。

子供の成長に合わせて、仕事量を増やしていけるので、長時間作業ができるようになれば、多く稼いで高校や大学への進学資金を貯金したりするなど、具体的な目標に向かってお金を稼ぐことができます。

子供が小さいうちは、なかなか自分の時間もとれないかもしれませんが、それでも、月数万円でも自分で稼いだお金があれば、欲しいものを買ったり、プチ贅沢をしたりと、心のゆとりが生まれるのでおすすめです。

在宅ワークでPCを使う仕事のデメリットは?

ここまで在宅ワークでPCを使うお仕事のメリットを見てきました。ここからは、デメリットについて見ていきたいと思います。

 

スケジュールは自分で管理しなければならない

PCを使った在宅ワークでは、仕事のスケジュール管理を自分で行わなければならないというデメリットがあります。

会社勤務の場合と違って、自分の仕事を管理する上司や同僚などがいないため、ダラダラと時間を過ごしてしまったら、納期に間に合わないというリスクが出てきます。

眠気が襲ってきたり、テレビの誘惑があったり、あるいは単に怠けてしまったりしていては、PCを使った在宅ワークで方報酬を得ることはできません。

自分のスケジュールや稼ぎたい目標金額を設定するなどして、まずは、一日の作業量に応じた作業時間を決める必要があります。

自分の決めた仕事量を、どれぐらいの作業時間があれば終了させらるのかをある程度把握できれば、子供が幼稚園や学校に行っている間や、習い事に行っている時間、さらには子供が寝てからの時間などを細切れにつなぎ合わせて仕事をすることができます。

時間の管理、スケジュール管理を自分でしっかりと行えるということが、在宅でPCを使ったお仕事をするために、もっとも重要なことです。

 

収入の保障がなく不安定

PCを使った在宅ワークのデメリットは、とにかく収入が保障されていないという点です。

会社勤めのサラリーマンなら、例えば事故や病気などで入院した場合も、労災が下りて、生活に必要な資金をまかなうことが可能です。

それに対して、PCで行う在宅ワークの場合は、収入が保障されていないため、万が一のことが起こった時には、生活資金がゼロになってしまうというリスクも抱えています。

派遣社員として働く場合も、仕事の評価によっては契約打ち切りなどのリスクがありますが、PCを使って行う在宅ワークでは、成果物を提出できない、あるいはできても内容がクライアントの納得できるものでなければその場で仕事を受注できないということが確定します。

そういった意味で、在宅でPCを使うお仕事は、収入が非常に不安定と言わざるを得ません。

また、仕事を安定して受注できなければ、報酬が発生しませんので、思ったほど稼げないという方も中にはいます。クライアントの信頼を得るためには、クラウドソーシングサービス上で、仕事の受注履歴をコツコツと積み上げて行くと同時に、納期を守る、質の高い仕事をするなど、長期で続けて行けるような環境を整えていく努力が必要です。

 

PCなどの機材はすべて自分で用意

在宅でPCを使って仕事をする場合は、パソコンやパソコン周辺機器の準備もすべて自分で行わなければなりません。

ボールペン、電卓、A4紙など、PCに付随して在宅ワークに使用する文具なども、すべて自己負担で用意することになります。

パート・アルバイトや会社勤務の方は、仕事で使う機材やオフィス周辺機器はすべて、企業が準備してくれます。もっと細かいことを言うと、オフィスの家賃や光熱費などもすべて会社負担です。

在宅ワークでPCを使ったお仕事をしてみたいけど、パソコンがないから始められないという方もたくさんいます。

クラウドソーシングの求人案件の中には、スマホやタブレットでも作業できるようなお仕事もあります。いきなりパソコンを買うのは難しいという方は、こういったガジェットにBluetoothで接続できる別付けのキーボードなどを使って仕事をするという方法もあります。

 

税務処理手続きも自分で行わなければならない

PCを使った在宅ワークを行う人は、一定以上の収入が発生すると、税務署で確定申告を行わなければなりません。

所得税、住民税、社会保険料など様々な税金を支払う義務が出てきます。会社員やパート・アルバイトであれば、こういった税務処理のほとんどを雇用主である企業が請け負ってくれますが、在宅ワークを自分でしている方の場合は、個人で手続きを行わなければなりません。

最近では、会計ソフトfreeeなどが登場しており、在宅ワークの方でも、比較的申告手続きは簡素化されつつあるようです。

PCとネット環境があればできる在宅ワークの種類

PCを使う在宅ワークのデメリットやメリットを見てきました。続いては、どんな在宅ワークの種類があるのかをご紹介してみます。

 

データ入力

まず、最初にご紹介するPCで行える在宅ワークは「データ入力」のお仕事。

企業が行うアンケートや、住所録などの顧客データなどを、エクセルなどの決められたフォーマットにPCで打ち込んで行く作業などを請け負います。

データ入力のお仕事は、オンライン上で作業しなくても良い案件もあるため、作業中はインターネット環境がなくても、PC1台あればどこでも仕事をすることができる魅力的なお仕事です。

データ入力のお仕事には、他にもICレコーダーの音声データを文字に打ち直す「文字起こし」や、論文や学会のPDFデータなどをワードやエクセルに打ち直す作業など、様々な案件があります。

基本的に簡単なパソコン操作ができる方であれば、経験不問で、年齢性別も問われないお仕事ですので、社会人としてブランクのある主婦の方でも気軽に応募できるというのもうれしいポイントです。

データ入力のお仕事の報酬は、月5万円から10万円ぐらいが相場です。より多く稼げるようになるためには、正確でスピーディーなタイピングスキルと身につけるということがポイントとなります。

1分間に200語ぐらいの分量でタイピングできる方なら、計算上は時給1200円ほど稼ぐことが可能です。

よく使うワードなどを登録すると、入力時間の短縮になりますので、そういったテクニックを駆使して、効率的に作業を行いましょう。

 

ライター

続いてご紹介するPCだけで行える在宅ワークは「ライター」のお仕事。ライターと言うと、いろいろなところへ取材に行って、記事を作成するというイメージがありますが、クラウドソーシングで受注できるライター業務は、主にインターネット上から情報を集めて、記事を作成するウェブライティング業務を請け負うことになります。

ウェブライターとして執筆できるジャンルには、恋愛、芸能、エンタメ、趣味などの日常生活に即したジャンルから、金融、不動産投資、税務、医療など、専門的な知識が必要となる分野まで、様々な種類の案件があります。

ライター経験のない方でも取り組めるお仕事には、子育てやガーデニングなど、主婦が普段の生活の中で得た経験や知恵を書くといったテーマなどもあり、未経験でも取り組める案件があるというのも魅力です。

データ入力と同じく、ライターもクラウドソーシング上では、かなり求人案件が多いので、安定して仕事を受注できるというメリットもあります。

ライターのお仕事は、稼げる額がピンからキリまでですが、少なくとも月5万円前後から稼ぐことが可能です。ライターのお仕事は、文字単価の平均が1文字0.5円から3円前後で、納品数が多く短時間で記事を仕上げられたり、文字単価の高い案件を請け負える経験豊富なライターだと月30万円以上を稼ぐことも可能です。

 

翻訳

PCを使って行う在宅ワークには翻訳のお仕事もあります。英語や中国語など、メジャーな外国語を翻訳するお仕事から、最近では、タイ語やインドネシア語など、東南アジアのマイナー言語を使って翻訳を行う業務などもあります。

外国語が得意な方が受注できるお仕事は、日本国内のクラウドソーシングサービスだと、あまり仕事の案件が多くありません。

その代わり、海外で運営されているクラウドソーシングサービスから仕事を受注するということも可能です。

翻訳の仕事も、ワードなどを使って翻訳文を作成しますので、データ入力同様、オフラインでも作業できるというメリットがあり、常にインターネットに接続していなくても、働けるという点では、他のPCを使ったお仕事よりも、さらに場所を選ばずはたけるというメリットがあります。

翻訳のお仕事の報酬は、案件によって開きがありますが、簡単な内容なら1ワード2、3円ぐらいが相場となっています。専門性の高いコンテンツの翻訳であれば、料金はそれに応じてかなり高くなりますが、翻訳作業にも時間がかかりますので、簡単なコンテンツを受けて短時間で仕上げる方が、結果的に時給が高いという可能性もあります。

翻訳業だけで生計を立てるためには、とにかく安定して仕事を受注できるということがもっとも重要なポイントとなりますので、いくつかのワーカーサイトに登録して複数のクライアントから仕事を受注できるようにするというのもポイントです。

 

ウェブデザイナー

PCを使った在宅ワークには、ウェブデザイナーのお仕事もあります。イラストレーターやフォトショップなどのソフトウェアを使って、画像加工を行ったり、ホームページのランディングページなどをデザインしたりするお仕事です。

ウェブデザイナーは、センスを問われる職業なので、身近な人のホームページデザインを請け負うなど、まずは一つ実績を作るということが、仕事を受注するために必要なこととなってきます。

クライアントにアピールする場合は、過去に手がけた作品を見てもらうことが一番わかりやすいので、実績のない方は、安い案件でも良いので、実績作りのために仕事を請け負うというのも一つの作戦です。

ウェブデザイナーの報酬は、シンプルなランディングページの作成なら、1件あたり2000円から3000円ほどですが、もっと大きな案件になると1件で数万円から数十万円という高額報酬を狙えます。

大手クラウドソーシングサイトが行った調査では、ウェブデザイナーの中には、年収1400万円を越える収入を得ている方もいるようです。

PCを使った在宅ワークで今日からあなたも稼ごう!

PCを使って行える在宅ワークについてご紹介してきました。主婦やサラリーマンの副業として、いつでも気軽に始められるPCを使った在宅ワーク。

仕事の案件数も多く、選べるバリエーションが豊富というのも嬉しいポイントです。

今回ご紹介した仕事内容を参考に、あなたも今日からPCを使った在宅ワークを始めてみませんか?

Pocket

pagetop