おすすめ!打ち込みの在宅ワーク | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

おすすめ!打ち込みの在宅ワーク

2018.10.05
Pocket

昨今の働き方の多様化の流れのなか、政府の主導する働き方改革の推進も相まって、自宅で業務を請け負う在宅ワークが普及してきました。

パソコンの環境さえ整っていれば、このように自宅にいながら仕事をすることが出来ます。

このような働き方の需要は高まり、妊娠、出産、育児をこなす人や、親や家族の介護や介助が必要な人にとっては、有難い働き方として注目が集まっています。

また、正規雇用が減り、雇用形態も多様化され、派遣雇用や契約雇用、アルバイトなどはごく当たり前の世の中になりました。

当然、収面での格差や不足が生じ、2足、3足のわらじを履く人はざらに居るといった時代です。副業は当たり前の時代なのですね。

とくに、出産、育児などで会社を辞めざるを得なかった女性にとっては、自分の生活スタイルや家族を大切にしながらも収入を得られるというのは、最適な働き方ではないでしょうか。

ここでは、在宅ワークと言えば「データ入力」と言う人も多い、在宅ワークにおける打ち込み業務について見ていきましょう。

在宅ワーク・打ち込み業務「データ入力」の仕事とは?

在宅ワークとは、雇用先となる企業との「請負契約」によって仕事を始めていきます。

仕事の条件提示があって、それに対して仕事を完成させる約束を取り交わした後に、作業を開始。その成果物に対して報酬が発生します。

よって、納期や作業条件はしっかりと守らなければいけないこと、もし万が一納期が遅れそうな場合は、即連絡することなど、対面業務ではない分コミュニケーション能力が求められるなど、最低限社会のマナーが必要となります。

では、在宅ワークのなかでも、すぐに取り掛かれそうなお仕事「データ入力」について見ていきましょう。

パソコン環境が整っていて、パソコンの基礎スキル、ブラインドタッチなどのタイピングなどが出来れば、だれでもデータ入力業務を請け負うことができます。

データ入力は、その仕事の種類も多く、求人もたくさんあるので働きやすい仕事でもあります。

具体的には、企業から依頼されたデータを入力していきますが、元データはファイルだったり、紙ベースのデータだったりとさまざまです。

企業の住所録や顧客リスト、営業先、売上実績など、企業にとって重要なデータの場合もありますし、論文作成のための紙ベースデータの場合もあります。

基本的には、元データの文字や数字を見ながら、それをそのまま入力していく作業がほとんどなので、仕事内容としては簡単でシンプルなものが多いでしょう。

または、音声データを聞き取り、それを文字に起こすテープ起こし作業もあります。これは、ICレコーダーに録音された音声をデータで受け取り、文字にする作業です。

或いは、ある単語を検索してなんらかの結果を報告するもの、写真をネット上で探して指定場所に貼り付けるなどのような、コピー&ペーストを多用して完成させる作業など、パソコンを使ったデータ入力とはいえ、種類はさまざまです。

これらの作業内容と、成果物報酬、作業単価、かかる時間などを総合的に考慮し、その仕事を請け負うかどうかを判断します。

この判断は、在宅ワーカーの判断で自由な選択です。

データ入力業務の特徴と注意点とは

データ入力業務の特徴は、なんと言ってもその案件数が豊富なこと。そして、タイピングさえ出来れば、誰でも仕事を請け負うことが出来ること。

というように、データ入力業務は、未経験や初心者にとってもハードルの低い仕事のため、クラウドソーシングなどにもたくさん求人があります。

とくに、タイピングに自信のある人やブラインドタッチが得意な人は、文字入力が報酬に繋がることからも、多くの文字数を短時間で入力出来れば、作業単価が高くなり、時給換算が高くなります。

また、データ入力のメリットは、自分の好きなペースで進められるといった点でしょう。

主婦や子育て、介護に忙しく、家を空けられない人、拘束時間が多い人にとって、自分の生活に合わせながら好きな分だけを受注出来るデータ入力はぴったりのお仕事です。

一方で、データ入力業務の報酬は低単価の案件が非常に多いのが難点です。単純なデータ入力の場合、5~10文字で1円程度の単価です。

このことからも、なによりもタイピングスキル、とくにスピードが必要になってきます。タイピングのスピードと正確さは必須で、時給単価を上げるにはこれしかありません。

さらに、まとまった報酬を得るには、かなりの量をこなさなければなりません。コツコツと作業する根気強さと、集中力、そしてパソコンに向かう時間の確保が必要です。

どんなに能力に優れていても、パソコンに向かう時間を確保出来なければ、収入に繋がりません。

このように、データ入力業務はコツコツと丁寧に、正確にタイピング出来る人が向いていると言えるでしょう。

データ入力のコツは?

データ入力業務で報酬を確実に得るためには、入力ミスを絶対にしないということが大切です。

まとまった報酬を得るためには、膨大な量のデータ入力作業が必要ですが、作業量だけをこなすのではなく、データは文字でも数字でもぜったいに間違えない注意しましょう。

入力ミスを起こさないためにも、集中出来る時間しか作業しないことや、納品前には必ず見直して誤入力がないかどうかをチェックします。

また、適宜休憩時間をしっかりと取りながら作業しましょう。ご自分の集中力があるのかどうか、仕事の効率が落ちていないかどうかを判断しながら、休憩を取ります。

もう一つ、大切なことは必ず納期を守ることです。

データ入力に限らず、在宅ワークを受託する場合は、必ず納品期日を守りましょう。毎回、納期を守ることで、発注者の信頼を得ていきます。

こうして、納期と成果物によって信頼関係を築いていくことが非常に大切です。

継続的な受注、長期的な契約が実現できるかどうかは、ここにかかっていると言っても良いでしょう。

そのためにも、作業のスケジュール管理をしっかりとしていきます。自分のペースで、自由時間に作業が出来るメリットの半面、納品期日に向けた作業計画をしっかりと立てることが必要です。

その際、自分の能力と実際にかかる作業時間、生活のスケジュール、作業時間を確保できるかどうかを見極めて、受注、作業していきます。

このように、データ入力を始めとする在宅ワークは、ただ作業を進める能力だけではなく、作業計画を立て、そのスケジュール通りに作業を行う実行力、トラブルや納品が間に合わない状況時でもコミュニケーションを図れるコミュニケーション能力など、総合的な能力が求められます。

一つひとつ実績と経験を積み、コツをつかむ!

パソコンさえあれば出来る仕事、タイピングさえ出来れば受注できる仕事といったように、簡単作業の反面、スケジュール管理と長時間の単純作業で、実際には非常に大変なお仕事です。

しかし、自分の生活ペースに合わせながらいつでも、どこでも作業が出来るデータ入力は、とっても魅力的なお仕事です。

一つひとつの案件をこなし、発注者との信頼関係を築く、作業ペース、作業能力などを把握すること、そして何よりもデータ入力業務のコツを掴むことで、次第と時給単価が上がり、高額収入に繋がります。

未経験OKのお仕事がたくさんあるデータ入力を、今からでも始めてみてはいかがでしょうか。

Pocket

pagetop