現役ママを応援してくれる「ママワークス」で最適な在宅ワークを見つけてみませんか? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

現役ママを応援してくれる「ママワークス」で最適な在宅ワークを見つけてみませんか?

2018.10.30
Pocket

結婚・子育てで慌ただしかった日々にも少し余裕が出てきて、これから子供たちの塾や進学、マイホーム計画を真剣に考える時期が到来しました。

でも現役ママたちにとって、子供が少し大きくなって時間が取れるようになったからと言って、フルタイムで働くなんて絶対に無理、という方も家庭の事情で多いことでしょう。

保育園もなかなか入れなかったり、やっと学校に行っても直ぐに何かの用事が出来たりお熱を出したりと、細々と大忙しです。

このような状況ですと、アルバイトを近所で始めたところで、ドタキャンも多くなり仕事がしづらくなるだろうし…と躊躇してしてしまいます。

そんな時にママを応援してくれる在宅ワークを紹介してくれるところがあったらいいと思われませんか?

実はあるんです。もしかしたら聞いたことはあるかも知れませんが「ママワークス」という求人サイトです。

見たことはありますか?

このサイトを上手に活用することで、現役ママでも上手にバランスを保たせながらお仕事が出来ることが分かり、本当に安心することでしょうし、経済的にもご主人様にだけ負担を負わすことなく生活できるかもしれません。

そこで、先ずは「ママワークス」という求人サイトとは一体どういうものなのか?ご紹介してみます。

それから現役ママが在宅ワークを探すにあたり、どんな注意点が必要なのかもお伝えしてゆきますね。

「ママワークス」って一体何?

先ずはホームページから確認してみましょう。現役ママに相応しく可愛いピンク色が素敵なページになっています。

『ママワークスとは?』という上の箇所をタップしてみると、『ママワークス』の趣旨が大きく出ていますね。

少し引用してみると…

「主婦が働きやすい会社が揃う主婦のための求人サイト」と大きく書かれています。

そしてその下に説明が書かれています。

「ママワークスには、働く「時間」と「場所」を自由に選べる仕事や働き方を臨機応変にご対応いただける企業様が多数掲載中です!!」

そうなんです。自分で現役ママに合った融通の利く会社をわざわざ探さなくても、すでに現役ママを応援してくれている求人サイトから更に自分に合ったものを絞り込んでいけば、本当に自分の状況でも続けられる在宅ワークが見つけられるんです。

このようなサイトなので安心して応募も出来ますし、継続もしやすいんですね。

最初から現役ママにあったものを在宅ワークで探すことは本当に至難の業なんです。というのも、今は在宅ワークがより取り見取りで非常に沢山の応募があります。

正直あり過ぎて選びにくくなっていると言っても過言ではありませんし、自分にあっていると思って申し込んで働いてみても、主婦のライフスタイルでは継続が難しい、ということも多々あるからなんです。

こういった現役ママの既にあるライフスタイルを熟知してくれた上で、募集をかけている企業をのせてくれているのは本当に安心ですよね。

でも他のサイトにも時々主婦に向けて仕事を募集しているサイトもありますよね。

特に「ママワークス」が現役ママにいいといえるのはどこなのでしょうか?

これからこの点をご紹介してみましょう。

「ママワークス」にはどんな特徴があるの?

先ほど述べた「ママワークス」のホームページからも確認してみましょう。ここにはほかの求人サイトとは違う6つの特徴が分かりやすくピックアップされています。

全てはここでは挙げませんが、幾つかは取り上げますのでご覧ください。以下の通りです。でもホームページからも直に見ていただくとより分かりやすいかも知れませんので、どうぞご確認くださいね。

 

  • ママでも働きやすい求人多数

現役ママには時間を長時間まとめて空けておく、ということが難しいことでしょう。

子供のお昼寝の時間や学校に行っている間だけ、という隙間時間しかない場合も当たり前です。

そんな時間を有効に使えるようなお仕事を紹介してくれるのでママ達には本当にありがたいサイトですよね。

 

  • 特別な資格がなくても企業へアピールしてくれるサイトがある

いくつかもチェック項目があり、自分は資格が何もないから無理だと思っていても必ず大体においては幾つかチェックできてそれを企業に送ってくれるので自分に合ったものを紹介してくれるのが助かります。

 

  • メールマガジンで新着求人をチェックできる

今週は自分に合ったものが見つからなくても、いつも定期的に現役ママたちにあった企業からの新着求人がチェックできるので、本当に自分に合ったものが見つかりやすいのも特徴です。

他にもキャリアカウンセリングでママたちに向けて電話対応でのご希望に近いお仕事も紹介できるようにしてくれていて、ママたちが陥りやすい孤独や不安を一緒に考えてくれるところです。

ですから一人でこれからは悩まないで、こんなにママたちを応援してくれている「ママワークス」に味方になってもらって、一緒に探して家庭と仕事の両立を図ってもらいましょう。

どうやって探せばいいの?

「ママワークス」がママたちを応援してくれるところであることが分かりましたが、実際にママにはどんなお仕事が向いているのでしょうか?

勿論、こちらのサイトからそれは沢山調べることが出来ます。

ホームページの上の欄に「求人を探す」という欄があります。

ここをタップすれば、働き方、雇用形態から職種までチェックするところがあります。そこをチェックする方法もありますし、フリーワード検索の欄から知りたい関連用語を入力して検索し探すことが出来ます。

少しチェックするだけで本当に沢山の在宅ワークが出てきます。

しかも在宅だけでもなく、出社することが出来るのもありますから、全部在宅にするのは不安、という方にも見てみるだけでも参考になりますよ。

このように「ママワークス」には本当に沢山の主婦に合った求人があることが分かります。なんだかハローワークよりも沢山あって本当にびっくり感謝です。

ただ、在宅ワークが初めてのママ達には、自分が本当に在宅に向いているのか?続けられるのか?少々不安なことでしょう。

それで次にこの「ママワークス」のサイトとは関係なく、在宅ワークに自分が向いているのかについてお伝えしてゆきましょう。

せっかく探していい条件のものが見つかっても、自分が実は在宅ワークが向いていなかった~なんてことが後から分かっても本当に残念ですし、時間もお金も無駄になってしまいます。

在宅ワークに向いている人の特徴

  • 一人でコツコツとするのが苦にならない人

どうしてもオフィスで大勢で働いているわけではないので、これは基本的に必要です。

逆に仕事はみんなで楽しく和気藹々とやってゆきたい、チームとしての一体感を持ちながらじゃないとやる気が出ない、という方にはもしかしたら不向きなのかもしれません。

勿論、求人サイトを見ると在宅ワークでもチームとしてやれるようなものもありますが、そうでない方が圧倒的に多いのは現状です。

しかも出来高制であることが多いので、一人で効率よく粛々と働いて、後は自由気ままに過ごします、という働き方です。ですからフリーランスという言葉もあるのです。

それでこの点に関しては、仕事は一人でしたくないという気持ちが強い方にはお勧めできまいかも知れませんね。

 

  • 計画を立てたらその通りに動ける人

在宅ワークは一人でやってゆくので働き方も一人でペース配分をしてゆきます。

納期があれば勿論それに沿ってやってゆきますが、まだ大丈夫~と仕事を後回しにしてゆくと立ち行かなくなってゆきます。

又、多くの在宅ワークはドタキャンも寛容な企業も多いので、今日はやる気になれないな~ということで、ドタキャンを繰り返していると、会社側は大丈夫でも、経済的にも計画通りにゆかず、苦しくなっていってしまいますよね。

ですからある程度のゆとりや自由は必要ですが、計画を立てたのであればその通りに出来るような自立した人の方が向いているのかもしれませんね。

 

  • 家にいることが基本的に好き

在宅ワークは基本的に自宅で行うワークスタイルです。

勿論余裕があったり、買い物の用事がてらカフェでノートパソコン開いて出来ることも仕事によってはあることでしょう。

それでも真剣に働く必要のある日は、自宅にこもりっきりになります。もしかしたら万歩計見てびっくり、ほとんど歩いていない日、ということもあり得ますよね。

こういったことから、自宅にこもりっきりでも仕事をこなすことのできる人が向いています。

とにかく身体を動かさないとやってられないスポーツマンタイプの方には向いていないかも知れません。それでこういった仕事のスキルなどには関係のないことも是非現実的に考慮されてから決められると時間の無駄を省けますよね。

 

  • ワークスペースを少しでも確保できる人

在宅ワークにも色々ありますし、この辺は一概には言えませんが、やはりお仕事、ですから遊びや適当に出来るものではありません。

時にはどんな単純作業で頭を使わないように見えても集中力が求められたり、もし電話応対などがあるのであればペットの鳴き声などが相手先の耳に入れば信頼を失ってしまいかねませんよね。

勿論在宅ワークにしたのは家族のニーズを満たしてゆくためかもしれませんが、お金をいただいている以上、適当な働き方は出来ませんし、そういったことを続けていたら仕事も継続は出来ないことでしょう。

ですからほんの少しのスペースでもよいので、ママであっても自分のワークスペースw確保できることが望ましいことでしょう。

 

  • 進取の気性のある人

在宅ワークはそれ自体が新しいワークスタイルです。更に仕事が開始したら、最初は色々と教えてもらえたことも、もう自分一人で乗り越えて仕事をこなし、提出しなければなりません。

データ入力のような仕事なら大丈夫でも、大抵の仕事は向こうから案件がやってきて自分で創意工夫を凝らして質の良いものを提出します。

いつも違う案件で、人に聞けず、自分で調べて提出します。

こういった仕事の場合、いつも人に聞かなければ新しいことに取り組めない性格だと少し苦痛になってしまうことでしょう。

進取の気性がある人の方が在宅ワークは向いているのかもしれませんね。

 

  • 社会人マナーが常識として使える人

これは意外に思われる方もいらっしゃいます。

というのは、在宅ワークは自宅で一人コツコツと、と思いがちなので、煩わしい人間関係などからの解放が売りのように思われているからです。

確かに自分の周りには人がいないかも知れませんが、その分仕事のやり取りをメールやチャットでしたり、電話で話し合ったりします。

顔を合わせていない分、逆に信頼関係を短いそういった機会に築いてゆくのです。

こういった理由で、その少ない機会に社会人マナーが必須になってくる、ということは忘れないようにしましょう。

まとめ

もしあなたが現役ママさんであれば、ぜひあなたを応援してくれるところの力を借りて一番自分に合ったお仕事を見つけて、これからも家庭と仕事の両立を頑張ってください!応援しています!

 

Pocket

pagetop