ライターって、具体的にはどんな仕事? | ~ママのライフスタイル向上委員会~|在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

ライターって、具体的にはどんな仕事?

2016.10.19
Pocket

ライタープロフィール

東京都在。夫、私、4歳(年中)長男、0歳長女の4人家族。週3日のパート外勤に加えて、ライティングを中心に在宅ワーク中。

ライターの仕事

在宅ワークのなかで比較的多い職種のひとつが、ライティング(ライター)の仕事です。ライターの仕事は初心者向けから経験者向けまでその内容は様々ですが、具体的にどんな仕事をするのでしょうか?自身の経験から、いくつかの詳細をご紹介します。

まとめ記事を作成するキュレーション

インターネットで目にすることが多い「まとめ記事」の作成です。例えば、沖縄で安くて美味しい宿8とかチーズに合う食材7など、依頼主からのテーマに沿って、インターネット上のあらゆる情報を整理して分かりやすくまとめる、という作業になります。マニュアルがある場合が多く、テーマに加えて各見出しもすでに決まっている場合が多いので、比較的初心者向けだと思います。得意なジャンルであるほど、執筆しやすいので、興味のあるジャンルでの募集を探してみるのをおススメしますよ。

お店の商品説明文の作成

アパレルや雑貨店における、新商品などの商品説明文を執筆するお仕事です。定期的に多数の新商品が発売される場合がほとんどなので、継続して一定量の仕事をこなす必要があります。限られた文字数で商品の特徴や魅力を伝えるという技術は必要ですが、前例に沿ったリライトで対応できる場合もあるので、初めての方にも作業しやすい内容だと思います。

企画から執筆するコラムやコンテンツの作成

タイトルや構成から考案して自由に執筆するお仕事です。とはいえ、ブログのように好きな内容を好みの文体で作成するのはNG、あくまで依頼主あってのお仕事ということはお忘れなく。依頼主がどんな会社であるか、想定する読者はどんな内容のコラムが読みたいか、などを考えてテーマを設定します。また、文字数などは決まっていることが多いので、その範囲内で構成を考えて読みやすくまとめるという技術が必要です。

書けば書くほどに、スキルアップが期待できます

ライティングは、案件(数)をこなすことでキャリアにつながる職種です。様々な依頼主の仕事を受けることで、幅広いジャンルや内容に対応できるスキルが確実に、身に付きますし、何より、実績こそ信頼につながるものです。ライターとして実績を重ねていきたい!生計を立てたい!という方は、クレジット(自分の名前)掲載有無や報酬、報酬アップの相談ができるか、などの確認をしておくことも大切ですよ。

 

ライター 石井佳苗

Pocket

pagetop