面接なしの在宅ワークはデータ入力がお勧め! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

面接なしの在宅ワークはデータ入力がお勧め!

2018.10.29
Pocket

最近有効求人倍率がバブル以来高値で推移しているのはご存知の事かと思います。一般的な有効求人倍率はハローワークの求職者数と求人数の比なので民間の人材紹介会社などを含めると現状はその倍はあるのではないかと言われています。

ではなぜ最近の有効求人倍率がこんなに高くなってきているかと言いますと人手不足や景気回復など様々な要因がありますが在宅ワークなどに従事している人が増えてきていることも原因の一つとして考えられます。そんな在宅ワークの中でもとても人気なのがデータ入力のお仕事です。あまり難しい仕事でないために面接なしで始められるところが人気のようです。

今回は在宅ワークとしてのデータ入力のコラムを紹介していきますので最後までお読みいただけると幸いです。

データ入力の仕事内容は?

データ入力の仕事内容はクライアントによって変わってきますが大きく分けて「文章を書くタイプ」「数字を入力するタイプ」に分かれていきます。いずれにしても正確性を求められますが人によっては文章を書くのが好きな人や数字を入力するのが好きな人がいるのでそこらへんはクライアントと確認することをお勧めします。

またデータの元となるものが「紙に書かれているもの」「音声」「PDFファイル」などがあります。紙に書かれているものを入力する場合はその書類が郵送で送られてきます。音声の場合は多く場合はCDやDVDなどのメディアが郵送されますがメール添付や動画投稿サイトにクライアントが一度アップロードするタイプのも増えてきています。

PDFファイルですとメールでの添付がほとんどですが自身のパソコンにAdobeリーダーがインストールされていない場合はインストールしておきましょう。PDFファイルは所有者によっては印刷の権限を制限している場合があるためモニター越しにデータをみて入力する必要が出てくる可能性があります。これには工夫が必要でスマホやタブレットを用意するかもう一つモニターを買ってダブルディスプレイで閲覧しながらの方が仕事効率が上がります。

実務経験は必要なの?

もちろんパソコンのキーボードの配列がわかっていれば問題ありませんがクライアントによっては面接なしなのでそれなりのキーボードの打つ速さを知りたいクライアントも多数いらっしゃいます。

トライアルで納期の速さで判断するクライアントもいらっしゃればオンラインのタイピング判定ソフトで入力ミスやタイピングスピードを見て判定するクライアントもいらっしゃります。キーボードの配列だけわかっていれば後は慣れの問題なのでインターネット上にはタイピング練習サイトが多数存在しているのでそちらで一度練習してみるのも良いでしょう。

データ入力なので文字を打つだけかと思いますがそれなりにwordやExcel、Outlookの知識は必須と言えるでしょう。OutlookはクライアントにwordやExcelと言った添付データを送信するのに必要ですが近年ではwordのように文章作成に特化したGoogleドキュメントやExcelのように表計算に特化したGoogleスプレッドシートなどを利用するクライアントも増えています。こちらはクラウド管理なのでwordやExcelなどと言ったMicrosoft officeのようにライセンス認証など必要もなく基本的な機能は変わりはありません。

報酬額はどのくらい?

報酬の支払いについては在宅ワークであっても「時給時間制」、「案件報酬制」、「文字単価報酬制」の3つが挙げられます。

時給時間制に関してはオンラインタイムカードにて管理されます。データ入力を開始する前にタイムカードのソフトをオンにすることによって勤怠管理がクラウドサーバー管理されてパートやアルバイトのように時給制で報酬が支払われます。報酬は時給で700~1200円が多いようです。

案件報酬制は1案件に対して報酬が支払われるタイプで、莫大な名刺や売上表などをひたすら入力していくことになります。入力量もそれぞれ違いますので案件によって報酬は異なりますが1案件2000~10000円程になりますので早く終了させることができれば次の案件に移ることができます。

最後に文字単価報酬制に関しては単純に1文字当たりの単価が設定されています。文字というよりは数字入力に対して支払いが発生することが多いですが平均して1文字当たり0.4~1.5円程にばらつきがあります。仮に文字単価が1円だったとすると2000文字で2000円の報酬になります。

最後に

最後にデータ入力の在宅ワークがやりたいという方にアドバイスをしてコラムをまとめていきたいと思います。

一般の事務職と同様に在宅ワークのデータ入力は事務職と同じような仕事内容になりますが事務職の有効求人倍率が高いようにデータ入力の在宅ワークも非常に人気であり面接なしでもなかなか仕事にありつけないことが多いようです。

クライアントは何を基準に選考しているのかと言いますと。上記に述べましたタイピングの正確さと速さに付け加え在宅でどのくらい時間が取れるのかを重要としています。主に昼間忙しくて数時間しか時間が取れないという方は対象から外されてしまうのが現状でありますのでフルタイムと同じように平日の昼間いつでも連絡が取れるような人を重要としています。面接なしの在宅ワークと言ってフルタイムと同じようにクライアントに報告・連絡・相談が密に取れる人が理想的と言えるでしょう。

家事に育児に忙しい主婦さんにとってデータ入力の在宅ワークはとてもお勧めですがまずは選考に通ったらコツコツとクライアントの信頼を勝ち取ってから時間を相談する事が大切と言えるでしょう。

 

Pocket

pagetop