在宅でできる内職の代表例、シール貼り。実際はどんな感じ? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅でできる内職の代表例、シール貼り。実際はどんな感じ?

2018.10.29
Pocket

在宅でできる内職にはいろいろなものがありますが、中でもシール貼りは人気ジャンルの1つです。

子どもの頃にシールを集めたり貼ったりした人は多いはずです。

シールを貼るだけの仕事ならば簡単そう、私でも出来そうと思うかもしれません。

確かに仕事はシールを張ることではありますが、子どもの遊びではなく、仕事です。

シール貼りの実際について紹介をしていきます。

内職のシール貼りってどんな仕事?本当に在宅勤務でできるの?

シール貼りの仕事は多岐にわたります。シールも張る物もたくさんの種類があり、難易度や納品方法なども様々です。

まずはシール貼りの仕事内容について知っておきましょう。

 

【シール貼りの仕事には色々ある】

シール貼りの種類はとてもたくさんあります。

値札シール、ダイレクトメールの宛先シール、バーコードやラベルのシール、商品シール、玩具や雑貨などに貼るシール、出版物の誤字や脱字の訂正シールなどもあります。

大きな商品に貼る大きなシール、湾曲した面に貼るシール、小さくて複雑な形をしていてピンセットで扱うシールなど難易度も様々です。

複雑な作業になればなるほど単価は上がります。

あなたのまわりにある様々な品物も意識してみると大小様々なシールが貼ってあるのに気づくはずです。

もちろん機械が自動的に貼ったものも多いですが手作業で貼ってあるものも少なくありません。シール貼りとはとても需要のある仕事なのです。

 

【シール貼りの仕事は本当に在宅でできる?】

シール貼りの内職はほとんどの場合在宅でできます。しかし家から一歩も出ないで完結するものばかりではないので、仕事を受ける際に良くチェックをしておくようにしましょう。

ネットで受注をして資材が自宅に届き、完成品をまた宅配で依頼主に送り届ける場合は家から一歩も出る必要がありません。

しかし採用面接だけは企業に出向いて行うという場合もあります。

また資材の受け取りや納品は自分で車などを運転して行うという場合もあります。その場合はガソリン代や運搬にかかる時間や手間などを考えて仕事を選ぶ必要があります。

自宅で内職としてシール貼りを行う場合、基本的に賃金は出来高制となります。どれくらい労働をしたのかではなくどれくらいの量の仕事をこなしたかで賃金が変わります。

一方、出勤してシール貼りをする仕事もあります。この場合は出来高制ではなく時給制が大半です。

出勤タイプのシール貼りの場合、出勤という手間がかかるうえに好きな時間にできるという内職のメリットがなくなってしまいますが、時給が保証されているので収入が安定しやすいです。

 

【シール貼りの内職で重視されることはなに?】

 

シール貼りの内職で重視されるのは正確にシールを張ることです。シワやズレやヨレなどが無いように丁寧にシールを張っていくことが求められます。ミスがあるとやり直しを命じられたり賃金から引かれてしまったりします。

反対に細かいシール貼りを綺麗に仕上げることが出来れば単価の高い仕事を紹介してもらいやすくなるでしょう。

それから納期を守ることです。内職は好きな時に出来ますが、納期は存在します。決められた期限以内に仕事を終わらせて納品しなければなりません。

ミスが多かったり仕上がりが汚かったり納期を守れなかったりすると契約を打ち切られたり仕事が回ってこなかったりしやすくなります。

最初は多少賃金が安くても難易度が低くて無理のない量を受注するようにしましょう。

シール貼りの作業に慣れて来たら徐々に単価の高い仕事を探したり仕事量を増やしたりするのがおすすめです。

シール貼りの内職の仕事は普通の通勤型のバイトやパートとは違い、従業員教育などほとんどありません。

出来なければ注意されない代わりに仕事が来なくなるだけです。成長をゆっくりと見守ってなどくれません。自分で難易度や量を調整しましょう。

在宅でシール貼りの内職をするメリットって何?逆にデメリットや注意点は?

在宅でシール貼りをする内職の魅力や大変なこと、注意点などについて紹介をします。

自分にはシール貼りの内職が向いているのか、シール貼りの内職に適した環境を整えることが出来るのかについて考えてみましょう。

シール貼りの内職は道具や資格などが必要ありません。誰でも始められます。シール貼りの内職は専用の道具などせいぜいピンセットくらいです。特別な資格や技術も必要ありません。今までやったことのない人でも気軽に始めることのできる内職です。

特別な資格や知識、経験などが無いけれど働きたいという人におすすめです。

 

シール貼りの内職はニオイや音の心配がありません。内職の中には大きな音が出たりニオイが発生したりするようなものもあります。しかしシール貼りの内職ではそのような心配はありません。

壁の薄い集合住宅でも気兼ねなく行うことが出来ます。家族と住んでいても眠りを妨げるようなことはありません。

 

【シール貼りの内職は在宅で好きな時に好きな格好で出来る】

シール貼りの内職は納期にさえ間に合えば好きな時に作業ができます。出勤の必要は全くありません。雨の日も雪の日も台風の日も出勤や交通機関の心配をせずに行うことが出来ます。

同僚の目も無いのでパジャマでやっても部屋着でやっても自由です。ただし髪の毛などが混入しないように注意しましょう。

働く時間も早朝、深夜、家事の合間、土日祝日など自由に自分で決めることが出来ます。音楽を聴いたりテレビをつけながらやったりしてもかまいません。

休憩も自由に取っていいのです。育児や病気、介護などで出勤が難しい人やダブルワークを探している人にもおすすめです。

 

【シール貼りは頑張った分だけ賃金の反映がされる】

シール貼りの賃金は出来高制です。頑張れば頑張った分だけ数字として結果が返ってきます。育児や家事、時給制や月給制の仕事ではなかなか難しいですが、頑張りと結果が分かりやすく正比例をするのです。

また副業ならば年間20万円、個人事業主ならば103万円を超えるまでは税金や社会保険料を取られないので稼いだ分が丸々手取りとなります。

組合費や退職金積み立て、雇用保険などの名目で賃金から引かれることはありません。

 

【シール貼りの内職はパートより賃金が低め】

シール貼りの内職は初心者の場合時給換算500円から600円程度です。上級者は1200円以上の人もいますが、実際問題、時給換算1000を超えられるのはほんの一握りです。

シール貼りで高収入、あるいはシール貼りだけで生活をするのはやや無理があります。副業や家計の補助程度として始めるのがおすすめです。

在宅でもっとしっかりと稼ぎたいと言う場合はパソコンを使う系の仕事やクリエイティブな仕事を探しましょう。

単純作業や誰にでもできる仕事などはシール貼りに限らず、総じて賃金は安い傾向にあります。

 

【シール貼りの内職は在宅で行うから人間関係の悩みはゼロ】

出勤して働く場合、仕事そのものよりも人間関係に苦労をしている人は少なくありません。しかしシール貼りの内職は在宅でできるので人間関係の悩みはゼロです。

人間関係や派閥などに振り回されることなく仕事をすることが出来ます。人付き合いが苦手、苦痛という人にはとても向いています。飲み会などもないので仕事にまつわる経費が必要ないのも大きなメリットです。

ただし、人によってはそれが寂しい、孤独だと感じる場合もあるかもしれません。

 

【シール貼りの内職は集中力と手先の器用さがとにかく大切】

シール貼りは綺麗に貼ろうとするととっても神経を使う作業になります。知識や頭の回転などが求められない代わりに集中力や手先の器用さなどが求められる作業です。

飽きっぽい人、不器用な人などには向いていません。反対コツコツ、こまごました作業が好きな人には向いています。

音楽をかける、アロマを炊く、適度に休憩を入れるなどをして作業効率を上げる工夫をするようにしましょう。

 

【シール貼りの内職は家にいる隙間時間を有効活用できる】

シール貼りの内職は基本的にシールを手で張るだけです。道具や機械の準備がいらないのですぐに始められ、すぐに片づけることが出来ます。家で過ごすほんの隙間時間を有効活用して働くことが可能です。

たとえば洗濯機が止まるまでの間、炊飯器が炊き上がるまでの間、テレビコマーシャルの時間、お風呂が沸くまでの時間、カップラーメンの待ち時間などを労働時間に変えることが出来るのです。

 

【シール貼りの内職は自己管理能力が必要】

シール貼りの内職は1人で行う作業です(家族が手伝ってくれる場合もあるかもしれませんが)。自分でスケジュールを組んで作業をし、納期に間に合わせる必要があります。

サボっても誰も叱ったり文句を言ったりしませんが、後々しわ寄せを被ることになります。モチベーションの維持もスケジュール管理も全て自己責任です。

サボりがちの人、人目が無いとついつい休んでしまう人、自分に甘い人は家で1人だけで仕事はあまり向いていないでしょう。誰も見ていなくても、誰も叱ってくれなくても自分に厳しく作業に取り組めるタイプの人である必要があります。

 

【シール貼りの仕事は在宅でできるからオンのオフの切り替えが難しい】

出勤するタイプの仕事は職場にいる時は仕事に集中し、それ以外の場所にいるときはプライベートとなります。

しかしシール貼りの内職の仕事は自宅が職場でありプライベート空間です。オンオフの切り替えに苦労している人も多いです。

隙間時間を有効活用できる一方で、リラックスタイムにしたいのにやりかけの仕事が気になってしまう、仕事に集中したいのに掃除をしたくなってしまうなんてこともあります。

プライベートタイプと仕事がどちらも中途半端になってしまって集中できなかったり楽しめなかったりすると生活の質が下がってしまいます。

特に本業、家事、育児、介護など複数のことに取り組んでいる人は要注意です。

優先順位をつけ、時には割り切って取り組むことも必要かもしれません。

徹夜でシール貼りをして寝不足になり本業のほうがおろそかになってしまったり、子どもを自宅で見たいからと在宅でできるシール貼りを選んだのにシール貼りに夢中になって子どもにはテレビばかりを見せていたりしては本末転倒です。

 

【できればシール貼りの内職専用スペースが欲しい】

シール貼りの内職はそれほどスペースを取りませんが、効率良く稼ぎたいのならば自宅にシール貼り専用のスペースがあると良いでしょう。

ダイニングテーブルなどで作業をしていると食事などの度に完璧に片づけなければなりません。しかしシール貼りの内職の専用のスペースや部屋あるのならば作業が途中のまま放置しても構いません。

とくに小さい子供やペットがいる家庭ならば小さい部品や作業中の資材がイタズラされないように隔離できている環境が理想です。

 

【シール貼りの内職は仕事量に波がある場合がある】

シール貼りの内職の仕事はある程度仕事量の調整が効きます。本業のほうが忙しい月は受注量を減らすことが可能です。

しかし一方でシール貼りの依頼量自体に波があります。ある日突然いつもよりも依頼量を減らされてしまったり、募集が減ってしまったりすることもあります。

賃金を安定させたいのならば長期契約が結べる企業からの仕事を積極的に探すか、複数の受注先を持つのがおすすめです。

在宅でシール貼りの内職をする場合の相場は?効率良く稼ぐコツも紹介!

在宅でシール貼りの内職をした場合、どれくらい稼ぐことが出来るのでしょうか?また効率よく稼ぐためにはどうしたらいいのかについても紹介します。

 

シール貼りの内職は1枚0.5円から数十円程度

シール貼りの内職は大体1枚あたり0.5円から数十円程度が多いです。封筒に住所を貼るような比較的簡単な作業は単価が安く、湾曲したオモチャに小さなシールをピンセットで張るような複雑な作業は単価が高くなります。

初心者の場合、簡単なタイプのシール貼りの作業をすると時給換算500円程度になります。もしかしたら200円未満かもしれません。地域の最低時給よりも低い金額になることが多いです。

しかしシール貼りの内職を続けることによって徐々にスピードが上がったりキレイに貼れるようになったりして効率良く働くことが出来るようになるでしょう。ベテランになれば時給換算1000円超えも可能です。

月々シール貼りの内職でどれくらい稼いでいるのかも人によって大きく違います。10万円以上稼いでいる人もいますが、初心者の場合はまずはお試しだと思って月額5000円程度を目指してみましょう。

最初から大きな仕事を受けてしまうとシール貼りという仕事自体が苦痛になってしまいます。

 

イベント前はシール貼りの内職のねらい目!

シール貼りの内職は収入を安定させたい場合、特定の企業と長期契約を結ぶのがおすすめですが、単発で稼ぎたい場合はイベント前がおすすめです。

クリスマス、バレンタイン、ハロウィン、ホワイトデー、ひな祭りなどのイベントはプレゼントが行きかいます。

オモチャやお菓子などを可愛くラッピングした商品が飛ぶように売れるので企業が臨時でシール貼りの仕事を募集する場合が多いのです。

在宅だけでなく通勤型もありますが、いずれも短期間の募集です。大量募集の場合も多いので競争率が低く初心者でも手を出しやすいでしょう。

一気に稼ぎたい人はイベント前になったらこまめにシール貼りの仕事が無いかチェックをしてみてください。

気に入った企業があればイベントの度に応募して長く繋がっていくのもおすすめです。

 

シール貼りの内職の探し方について

シール貼りの内職はアルバイト募集雑誌、アルバイト募集サイト、内職紹介斡旋サイトなどで探すのがおすすめです。

「在宅、シール貼り、内職」などで検索をするとヒットしやすいです。アルバイト募集雑誌は地域密着型の場合が多いので、地元の企業から仕事を受けられやすいです。

資材の受け取りや納品を運送業者など使わずに自分で行うことが出来れば送料分お得になる場合や採用されやすくなる場合があります。

内職紹介斡旋サイトはネットを使って仕事をしたい人と仕事を受けたい人を仲介します。単発の仕事や臨時の仕事なども多く紹介されています。

複数の紹介サイトに登録をしておくと多くの情報を集めることが出来るでしょう。

少し穴場の探し方としては役所のホームページのチェックです。

自治体の中には役所のホームページの中で地元の優良企業の内職を紹介している場合があります。

高収入の仕事とは限りませんが、役所のお墨付きの信頼できる企業です。

 

割りの良いシール貼りの内職を掴むためにはフットワークが大切

シール貼りの内職の募集はたくさんありますが、いわゆる割りの良いものはすぐに募集が殺到し、求人が打ち切られてしまいます。

割の良いシール貼りの内職を得て、効率良く稼ぎたいと思っているのならばこまめにシール貼りの内職の求人をチェックし、気になる仕事を見つけたらすぐに応募をしましょう。

後で応募しよう、後で詳しくみてみようなどと思っていると時間が出来た時には求人が打ち切られてしまっています。

フットワークの軽さがとても重要なのです。

「今取り組んでいるシール貼りの内職の仕事が終わったら次の仕事を探そうかな」などと思っているようでは遅いです。

今取り組んでいるシール貼りの仕事が終わらないうちに次の仕事を探すくらいの意気込みが必要です。

とはいえ、本業があってシール貼りの内職は副業だと言う人はそうこまめに求人情報をチェックするのは難しいかもしれません。

 

シール貼りの仕事は丁寧に正確に、締め切り厳守が信頼を作る

全くシール貼りの実績が無い場合、最初から高単価な作業や大量の仕事は任せてもらえません。信頼が無いからです。

しかしだからといって単純な作業をバカにしてはいけません。量は少なくても、作業が簡単であっても丁寧に取り組みましょう。

キレイな仕上がりだと受注先が認めてくれれば徐々に高単価で複雑な仕事も受けられるようになります。

実績を積み上げていくことで仕事の依頼が指名でくることもあるかもしれません。

 

シール貼りに拘り過ぎず在宅出来る仕事を探してみましょう

ほとんどの人がシール貼りをしたくてシール貼りの内職を探しているわけではないでしょう。

在宅で手軽にできる内職としてシール貼りを希望しているはずです。シール貼りに拘り過ぎず、自宅で出来る内職を探してみるのもおすすめです。

雑貨の組み立て、ボールペンの組み立て、タグ付け、カプセルトイの封入作業、封筒折り、お菓子の詰め合わせ作業、ポケットティッシュの広告入れなどシール貼りと同じような難易度の内職はたくさんあります。

ハンダ付けや業務用ミシンを使う物、耕筆作業などは特殊な道具や技術が必要になりますが、上記にあげた作業はいずれも初心者でもできるという点でシール貼りの作業と共通しています。

希望しているようなシール貼りの内職の仕事が見つからなかった場合、つなぎとしてシール貼り以外の内職にもチャレンジしてみるのがおすすめです。

シール貼りばかりでは飽きてしまうのでいい気分転換になるでしょう。またシール貼りよりも自分に向いている作業が見つかるかもしれません。

 

シール貼りに集中できる環境を整えましょう

シール貼りの内職はとにかく集中力が大切です。自分なりに集中できる環境を整えるようにしましょう。

たとえば集中できる音楽をかける、整理整頓した空間で作業をする、コーヒーを飲んでから作業をするなどです。

集中できるアロマなどもありますが、資材によっては香が映ってしまうこともあるので注意しましょう。

適度な休憩を取るのも大切です。集中し過ぎると肩や首が凝ったり目が疲れたりするので休憩時間には軽いストレッチをしたり目薬をさしたりするようにしましょう。

紙類をたくさん扱っていると手の水分が紙にとられてしまって荒れてしまいやすいのでハンドケアもおすすめです。

 

内職詐欺には注意しましょう

割のいいシール貼りの内職を探している時に気をつけたいのが内職詐欺です。好条件で仕事を紹介するといって近づいてきますが、実際には稼ぐどころかお金を巻き上げてきます。

シール貼りの内職はもともと在宅で気軽にできる軽作業というのが大きなメリットです。未経験者が普通のパートよりも効率良く稼げるような類の仕事ではありません。

シール貼の仕事を始める前に専用のマニュアルを購入する必要がある、シール代が実費、相場よりも高い賃金、月に10万円以上が余裕、登録料がかかる、紹介料がかかるなどと言って来る業者には近づかないようにしましょう。

大きな初期投資を求めてくるような内職はまともなものではありません。お金を払っても実際にはシール貼りの仕事の依頼などほとんど来ず、いつまで経っても黒字にはなりません。

万が一お金を払ってしまった場合はクーリングオフという手段があります。購入してしまったマニュアルやシール代などを取り戻すことが出来るでしょう。

相場よりも明らかに条件がいい求人があったら実際に応募する前に家族に相談してみるのもおすすめです。

自分だけでは気がつかないリスクについて指摘してもらえるかもしれません。

在宅でできる仕事を探しているのならばシール貼りの内職を候補にしてみては?

在宅で気軽にできる内職を探していると言う人にはシール貼りがおすすめです。

スーパーに並んでいる商品でシールが貼っていない物を探す方が難しいくらい、シール貼りという仕事には需要があります(全てのシールが手作業というわけではありませんが)。

シール貼りは決められた場所に決められた通りにシールを貼るのが仕事です。特別な技術や資格、道具などは必要ありません。せいぜいピンセットを使う程度です。

しかしシール貼りは甘く見てはいけません。単価が安いので慣れないうちは時給換算500円以下の場合もあります。

集中力と手先の器用さが求められる世界です。コツコツと丁寧に作業に取り組めばそのうち作業が早くなり、複雑で単価の高い仕事も任されるようになるでしょう。

賃金が高い内職とは言えませんが、気楽に出来る仕事を探している人にはおすすめです。

Pocket

pagetop