在宅ワークで記事を書く仕事を始めよう! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークで記事を書く仕事を始めよう!

2018.11.03
Pocket

記事を書く仕事といえば、新聞記者やジャーナリストなど、つい少し遠い世界の人達を想像してしまいませんか?実は今、在宅ワークで記事を書く仕事が注目されているのです。いったいどんなふうに、自宅で記事を書いているのか詳しくみていきましょう。

Webライターという仕事

今、インターネットには実に多様な記事が掲載されて、あらゆる情報を入手することが可能になっています。これらの記事を書いているのがwebライターと呼ばれる人達なのです。 

発注者から依頼されたテーマの記事をwebライターが書き上げ、締め切りまでに納品します。納品の方法はさまざまで、テキストファイルに書き込んで添付ファイルとして送付するものや、発注者の指定したサイトに直接書き込むものなどがあります。 

Webライターになるための資格は何もありませんが、絶対に必要なのはパソコンです。さらにインターネットができる環境下にあることも必須です。あとは書くことに興味があれば、今からでも始められる仕事なのです。 

在宅ワークで記事を書く仕事をするメリット

それでは、在宅ワークで記事を書く仕事には、どのようなメリットがあるでしょうか。順にみていきましょう。

①自分のペースで仕事ができる

Webライターは、与えられたレベルの記事を納期までに書き上げる仕事です。そのため自分の空いた時間に自由に仕事の時間を確保することができます。新聞記者のように「今夜中にこのニュースを書き上げて」といった、速報性を求められる仕事の依頼はまずありません。1週間単位のサイクルで納める仕事が主流を占めています。

②一定の収入を得ることができる

Webライターの契約は、1文字〇〇円といったように、文字数に対する単価で決められます。その単価は1文字0.1円~2円以上と実に大きな幅があります。

文字数で注意が必要なのは、そのカウントの仕方です。小説を書いたことのある人が陥りやすい勘違いですが、小説の場合は、400字詰原稿用紙〇〇内以内といったように、400字を1単位とした発想です。

したがって「4,000字以上で納品」を原稿用紙10枚だと考えて、原稿用紙単位で納品すると、たちまち「文字数がたりない」という指摘を受けることになります。

小説の場合は、行末の余白も文字数に換算されますが、Webライターの世界は、純粋に打ち込んだ文字数がカウントされるのです。ワードなどで下に小さく表示されている文字数をにらみながら、記事を作成する必要があります。

それでも無事に納品すると、その文字数への見返りとして確実に現金が振り込まれますから、何社か常連の発注者とつながりができると、安定した収入を得ることが可能になるのです。

初期の段階で少し慣れてくると月に5万円、さらにベテランの域になると月に10万円以上の収入を得ることが可能になります。

③自分の書いた記事が多くの人に読まれる

インターネットは全世界に通じていますから、人気のサイトだと読者数は何百万人という数になります。自分の書いた記事が世界中の多くの人の目に触れるのは、大きな喜びにも通じます。

記事を書く仕事で注意しなければいけないこと

在宅ワークで記事を書く仕事をする場合、気をつけなければいけないことがいくつかあります。順に紹介していきましょう。 

①他のサイトのコピーは厳禁

依頼される記事のテーマは、必ずしも自分が得意とする分野ばかりではありません。また得意とする分野だとしても、詳細な部分はどうしても、資料や他サイトの記事を参考にすることがあります。 

この際に気をつけなければいけないのが、他サイトの記事の一文を安直に流用してしまうことです。現在、サイトのコピーを発見するソフトが広く流通しています。コピーした記事は容易に発見することが可能なのです。 

発注者のほとんどは、一度でもコピーした記事が発見されると、二度と依頼をしないということを明言していますから、くれぐれも記事のコピーはしないよう、細心の注意とモラルが求められます。 

②パソコンの故障は致命的

パソコンが故障したりインターネット回線に不具合が生じた場合は、webライターにとっては致命的です。万一のトラブルにどう対処するのかを常日頃からシミュレーションしておく必要があります。 

③他人と喋る機会が極端に減る

Webライターの仕事が順調に回ってくると、パソコンの前に座ったままになり、人と話す機会が減ります。同じ記事を書く仕事であっても、新聞記者や小説家などは、会社の同僚や編集担当者と直接話す機会がありますが、webライターの場合、依頼主と直接言葉を交わすことは基本的にありません。

このため、仕事が増えれば増えるほど、人と話す機会が少なくなってくるため、気分の発散ができないことがあります。

 

まとめ

ここまで在宅で記事を書く仕事について説明をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

Webライターはパソコンがあれば、今からでも始められる仕事です。在宅で何か仕事がしたいと考えている人は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

Pocket

pagetop