在宅ワークで大人気の内職「データ入力」のお仕事をご紹介! | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークで大人気の内職「データ入力」のお仕事をご紹介!

2018.11.04
Pocket

在宅ワークの「データ入力」は誰でもできるおすすめの内職!

子育てや介護で家を離れられない主婦にとって、昔からある身近なお小遣い稼ぎの方法と言えば「内職」ですが、作業工賃も低く、まとまった金額を稼ぐにはかなりの労働時間が必要となるため、かなり根気のいるお仕事です。

「内職に興味があるけど、あまり長時間作業できないから、もっと効率的に稼げる仕事があったらいいのに・・・」。そう考える主婦の方におすすめしたいのが、パソコン一枚とインターネット環境さえあれば、自宅で行える「データ入力」の内職です。

隙間時間を生かして行えるデータ入力は、簡単なパソコンの操作ができる方であれば、どなたでも取り組めるおすすめの内職で、主婦の在宅ワークの定番としてとても人気があります。

今回は、データ入力の内職では、実際にどんな業務を行うのか?また、データ入力の内職で稼げる金額の目安、そして、データ入力の内職を探すための方法なども含めて、内職探しに役立つ情報をまとめます!

データ入力の内職はどんな作業を行うの?

主婦が気軽に取り組める内職として、人気急上昇中の「データ入力」。パソコンとネット環境さえあれば、誰でも気軽に始められるお仕事とは言うものの、実際にはどんな作業をするのか気になるという方が多いのではないでしょうか?

データ入力では、一般的に企業が行ったアンケート結果や、住所録、さらには、PDFや紙媒体で配布された資料などを、エクセルやワードなどの決められたデジタルフォーマットに入力していくという作業を行います。

例えば、住所録などは、企業が管理するクライアントの名刺などを一覧にして入力していく作業や、アンケートの「はい」「いいえ」の数を入力していく集計作業なども含まれます。

データ入力のお仕事の中には、ICレコーダーで録音したmp3データから、インタビューや会議などの内容を聞き取って、パソコンで文字に入力していく「文字起こし」といった作業もあります。

「文字起こし」の案件は、会話スピードが早く、一回では聞き取れないような内容のものなどもあり、慣れないうちは意外と作業時間を取られることも多いようです。

この他にも、最近では、Youtubeなどの動画にテロップやタイトルを入れたりする文字入力の仕事なども増えてきており、マルチなスキルを生かして、効率的に内職でお小遣い稼ぎをする方も増えています。

一般的なワード・エクセルの操作方法が分かれば、大抵の案件は請け負えますので、最初のうちは、こういった内職から始めてみるのが良いでしょう。

 

データ入力の内職で稼げる金額はどれぐらい?

一般的な内職のお仕事は、1件辺りの作業工賃が1円にも満たないような安い価格設定をされている場合が多くなっていますが、データ入力の内職の場合はどうでしょうか?

データ入力の内職も、支払い方法は出来高制を採用している場合が多く、納品できたデータ量に応じて、報酬が支払われるというのが一般的です。
データ入力のお仕事は、1文字あたりの文字単価がかなり低い案件も多く、一ヶ月に稼げる金額は3万円から5万円ほどが相場と言われています。

データ入力は、他の在宅ワークに比べるとそれほど稼げない内職と言われていますが、受注案件が多く定期的に仕事を見つけやすいというメリットがあります。
また、同じ仕事でも、入力スピードをあげて行けば、短時間で完了させることが可能になりますので、仕事に慣れて行けば、時給1000円ぐらいの報酬を稼ぐことも難しくありません。

一般的な内職に比べれば、かなり収入が良いですので、同じ内職をするなら、データ入力の方が断然おすすめです!

データ入力の内職に向いているのはどんな人?

データ入力のお仕事は、会社や指定されたオフィスなどに出勤して行う場合もありますが、在宅ワークで受注できる案件がほとんどです。
一人で作業することになりますので、監督する人がいなくても、自分でスケジュールを管理して、コツコツと作業していくことが必要です。

データ入力のお仕事に向いている方は、自分のペースで決められた作業を進めていける能力のある方で、メールやチャットを利用して、ある程度コミュニケーションを取れることが前提です。
クライアントに決められた納期をきちんと守る責任感の強さと、単純作業を飽きずに地道に続けていける忍耐力があれば、データ入力の内職をうまく続けていくことが可能です。

他のパート・アルバイトと違って、会社に出勤する必要もなく、面倒な人間関係もないのが、データ入力の内職の一番のメリットです。
小さなお子さんがいる主婦の場合は、子供がお昼寝した時間や、就寝後などに、毎日1、2時間の作業時間を確保できれば、月2、3万円のお小遣いを稼ぐことが可能です。

また、在宅ワークでデータ入力を請け負う場合は、子供が急に体調を崩して学校を休んだり保育園に行けなかった時にも、自分で作業時間を調整できるというメリットもあります。
長期休暇など、あまり仕事を入れられない時期は仕事量を減らすなどフレキシブルな働き方ができるので、今は、子育てを中心に生活したいと考える主婦にも向いている内職と言えます。

データ入力の内職は、座り仕事で一日中パソコンとにらめっこして作業することになります。肩こりがひどい方や、元々視力が弱い方は、長時間のパソコン作業で、頭痛や腰痛などを引き起こす場合もあるようです。

自分なりに時間を見計らって、1時間に1回は休憩を入れたり、ストレッチをするなど、うまく体調管理やストレス発散をしていくことが、長く続けるためのコツと言えるでしょう。

データ入力の内職を探すにはどんな方法がある?

データ入力の内職を探す一番簡単な方法は、大手クラウドソーシングサイトに登録することです。

クラウドソーシングサイトは、どこも無料で登録することができ、まずは、クライアントにアピールするための自己紹介や職歴、資格などを登録します。
データ入力の内職を受注するのに有利な資格としてはマイクロソフト社のOS関連の資格があります。
もちろん、資格が無い場合でも、過去に事務系のお仕事ををしていた職歴があったり、基本的なパソコンスキル(ワード、エクセル、パワーポイント可)などのように記入しておけば、それだけでも十分です。

クラウドソーシングサイトでは、この他にもクライアントの信頼を得やすくする方法として、写真登録や身分証名書の登録欄などがあります。
また、これまでの受注実績が、継続的にサイト上に表示されるシステムとなっていますので、お仕事をたくさん受注できればできるほど、クライアントの信頼を得やすく、より単価の高い案件などを請け負えるチャンスが広がります。

これまで、一度もクラウドソーシングサイトを利用して内職をしたことがないという方は、まずは、時給単価の低いお仕事から始めてみましょう。
クラウドソーシングサイトでデータ入力のお仕事を探す際のポイントは、初心者・未経験者OKという案件を選ぶことと、納期までの期間がある程度ある案件を選ぶという2点です。

あまり経験が無いのに高単価の案件を選ぶと、納期が非常に短く、夜中まで作業しても仕事が終わらないというリスクもありますので、ご注意ください。

データ入力の内職で自宅にいながらお小遣いを稼ごう!

主婦が自宅にいながら始められる「データ入力」の内職についてご紹介致しました。
正確に早くタイピングできるようになれば、データ入力の内職は月10万円を稼ぐことも可能です!

特別な資格は必要ないお仕事ですので、キャリアアップにはつながりませんが、一般的な手作業の内職に比べて、まとまった金額を稼げるというのが魅力です。

まずは、クラウドソーシングサイトに登録して、どんなお仕事案件があるのかを探してみることからスタートです。データ入力の内職で、あなたもお小遣い稼ぎをしてみませんか?

Pocket

pagetop