安全な在宅ワークのおすすめは?求人の選び方も紹介【2022年版】 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

Let's start“在宅ワーク”

安全な在宅ワークのおすすめは?求人の選び方も紹介【2022年版】

公開日: 2018.11.05
最終更新日: 2022.04.23

安全な在宅ワークのおすすめは?求人の選び方も紹介【2022年版】

在宅ワークって怪しくない?安全にできる仕事はあるの?

日本の平均年収は420万円となっており、年々下がっていく傾向にあると言われています。パート・アルバイトに出て、少しでも家計の足しにできる収入が欲しいという主婦も多いと思いますが、子供が小さかったり、親の介護があったりと、なかなか外に出て働くのは難しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

様々な事情を抱える主婦に、おすすめの働き方としてご紹介したいのが「在宅ワーク」という働き方です。

家にいながらできる仕事なら、家事や育児とも両立しやすく、続けていきやすいという特徴があります。また、在宅ワークなら子供が幼稚園や学校に行っている時間帯や寝た後など、隙間時間を有効活用できるというメリットもあります。
面倒な面接や履歴書の準備などもいらず、いつでも働き始められるというのが、在宅ワークの魅力でもあります。

在宅ワークと聞くと、ネット詐欺や悪質な業者がいるというイメージもあり、「怪しいお仕事なんじゃ?」とどうしても勘ぐってしまいますよね。
そこで今回は、主婦が安全に働けるおすすめの在宅ワークを20選厳選してご紹介し、安全な在宅ワークを選ぶためのポイントや安全なお仕事かどうかを見分けるための報酬の目安、仕事を受注する際の確認事項などをまとめます。

 

安全な在宅ワーク選びのポイント

安全な在宅ワークを選ぶのに知っておきたい6つのポイントがあります。

 

1:報酬額が適当かを見る

 

同じような仕事を見て、その案件の報酬が極端に高い場合は注意が必要です。

求められる業務内容やレベルが高い恐れがるためです。

なかには、募集要項には書かれていなかったことを求められることもあります。

実際にはじめてみたら厳しくて思いも寄らなかった負担が発生したり、結局は長く続けられなかったりする恐れがあります。

多くの人から応募をしてほしいため、募集要項にはあまり細かい条件を書かないといった企業もなかにはあります。

 

たとえばライティングの仕事では、「週に最低5本」「取材が必要」「内容が求めるレベルに満たない場合は差し戻しあり」などと条件が細かく書かれている案件を敬遠する方が多いですが、事前に仕事を想像しやすいので「こんなはずじゃなかった!」が起こりにくいです。

とはいえ、良い在宅ワーカーを早急に得るために他と比較して高めの報酬を設定している企業もあります。ですから、高額案件の応募を全て見送るべきとは言えません。

大事なのは、契約前にきちんと内容の確認を行い、報酬額が見合っているか、自分にこなせるかどうかを見極めることです。

 

2:違う職種を紹介してくる企業に注意

 

割の良い仕事と思える案件に応募したら、「その仕事は定員になったが、あなたに紹介したい違う仕事もあります」と言われるケースがあるようです。

その紹介された仕事が本当にしたいのであれば良いのですが、「せっかく応募したし紹介してくれたから」などといった軽い気持ちで引き受けるのはあまりおすすめしません。

また、「元の募集案件に空きが出たら仕事を移れる可能性もある」などと曖昧な約束をして、その別の仕事をさせようとする場合もあります。

しかし、実際は最初に募集していた案件は餌で、その別の仕事の人集めをしている悪質な企業もあるようです。

いずれにせよ、自分が本当にその仕事をしたいか、できるかを判断して契約するようにしましょう。

 

 

3:初期費用がかかる仕事に注意

 

仕事をする条件として、最初に研修費用や専用ソフト代や備品などが必要だと説明してくる企業には注意しましょう。

「すぐに元が取れますし稼げます」などと甘い言葉で契約しようとしますが、詐欺の可能性が高いです。

「支払いをしたのにあまり仕事をもらえない」「元を取るのに何年もかかる」などというのは運が良い方で、全く連絡もとれず返金もされないなんてこともあり得ます。

もしそのような企業に出会った場合は、求人情報を掲載している企業や消費者センターに連絡するようにしましょう。

 

4:具体的な内容が書かれていない募集は避ける

 

「スマホで簡単に稼げます」「誰にでもできます」「1ヶ月に10万円稼げる」などという文面ばかりで、具体的な仕事内容が一切書かれていないものには注意が必要です。

アダルトな内容、もしくは詐欺、違法性のあるものの可能性があります。

話を聞いてからその仕事を断ることも十分可能ですが、氏名や住所、またはメールアドレスや携帯電話番号などが相手に分かってしまうことで、思わぬリスクもあることも頭にいれておきましょう。

 

 

5:企業の評判を確認しよう

 

クラウドソーシングサイトや求人情報サイトの場合、実際に契約した方が評価やレビューを載せている場合があります。

契約する前にどんな評価を得ているのか確認することがおすすめです。

もし掲載されていない場合は、インターネットで企業名と「口コミ」「評判」などというキーワードで検索してみましょう。

「怪しいな」と感じた場合は、「悪質」「詐欺」などの言葉でも検索すると良いです。

「〇〇(企業名)の募集は詐欺です。注意して下さい」などといったユーザーの口コミに出会うこともあります。

匿名性の高いものなので全部を信じることはできませんが、多数のレビューで評価が悪い場合は、詐欺などではなくても「社員が高慢」「契約以外のことまでさせられる」など、何かしら問題があることが考えられます。

 

 

6:(ライター向け)報酬のないテストライティングや極端に安い案件は避ける

 

ライターの場合、テストライティング、またはトライアルが条件となっている場合が多いです。

たいていは、1記事〇円、もしくは1文字〇円など、本来の額よりも少ないものの、報酬が支払われることがほとんどですが、なかには無料で書かせることころもあります。

その場合、最初から記事目的の可能性もありますので注意が必要です。

また、最初のうちは報酬が安価に設定されていることがありますが、どれくらいで本来の額にしてもらえるのか確認をすることをおすすめします。

たとえば、「1文字あたり1~2円だがスタート時は0.5円」などと書かれている場合があります。10本ほど書いたら1円に上がる場合もありますが、半年や1年たっても0.5円のままかもしれません。おおまかにでも報酬アップの目安を案内してくれる企業との契約をおすすめします。

 

在宅ワークの仕事を探すならママワークスがおすすめです。

求人一覧ページ

安全に行えるおすすめの在宅ワーク1:投資系5選

それでは、ここからは、安全に行えるおすすめの在宅ワークを、それぞれのジャンル別に5選ずつご紹介していきます。

トップバッターは、自宅で行える「投資系」の在宅ワークです。投資系の在宅ワークを始める場合は、まずは、投資できる資金があるということが前提となります。
ギャンブル的な側面もありますので、そういった意味では安全性が低いジャンルにはなりますが、知識を身につければ、主婦でも稼ぐことは十分可能です。

稼ぎたい金額と、投資のリスクを踏まえて、5つのお仕事を見ていきましょう。

■株式投資
主婦が安全に行える在宅ワーク、まず、もっとも一般的な投資と言えば、株式投資です。
株式投資は、パソコンを使ってインターネット上から投資できるものから、スマホでアプリを使って投資できるタイプまで、様々なものがあります。

社会情勢に疎い主婦には少しハードルが高い在宅ワークですが、高い利益を得られる銘柄を見極められれば、月収50万円以上稼ぐことが可能です。
株式投資の在宅ワークは、資産を失うリスクもあるので、そういう意味では、安全性は中程度ということになりますが、株主になることで、企業からの優待特典がもらえたり、経済や企業の仕組みに詳しくなるといったメリットもあります。

相場が下がりっぱなしになると巨額の損失を出してしまう可能性もあります。また、市場の動きを正しく読み取る知識が必要になりますので、定期的にセミナーに参加したり、株式投資関連の書籍を購入して勉強するなど、ある程度の努力と先行投資も必要となります。

株式投資は、最小投資額の単位が100万円単位になりますので、動かせるお金を持っていない主婦だと始められない在宅ワークとも言えます。

■FX
続いてご紹介する投資系の在宅ワークは、FX投資です。
FXとは、外国通貨と日本円の差額で稼ぐ為替取引の一種で、インターネットを使ってパソコン経由で取引するか、スマホのアプリなどでも取引が可能です。
一日中FXの動きを見て、うまく売買できるスキルが必要です。主婦でもカリスマトレーダーとなる方が登場するなど、かなり話題となっている在宅ワークです。

知識がまったくない主婦がFX取引に手を出すと巨額の損失を抱えて借金までしてしまう可能性もあるため、安全性という部分では、少し低めかもしれません。
FX投資は、スタート資金に最低1万円ほどの初期費用がかかります。人によっては、人気のFX運営会社を選ぶと初期費用だけで10万円から100万円使ってしまうというケースもあるようです。

FX投資を在宅ワークとして選ぶ際のメリットとしては、書籍や動画、ブログなども豊富で、情報収集しやすいというポイントがあります。また、うまく軌道に載せられれば、何億円という単位の巨額の収入が得られるというメリットもあります。
デメリットとしては、スタート資金に最低でも1万円は必要で、長時間パソコンとにらめっこして市場の動向を探らなければならないという点です。

■不動産クラウドファンド
投資というと、安全性の低いものが多いイメージがありますが、不動産クラウドファンディングのOwners Bookは、高い利回りとこれまで元本割れがほとんどない優秀な資産運用として人気があります。
不動産のプロが手がける投資として幅広い顧客を抱えており、運営元がしっかりしているという点でも安全性の高さが保証されています。

不動産クラウドファンディングで得られる報酬は、投資額によって異なりますが、最低月3000円ぐらいからスタートします。

投資に興味があるけど、主婦には難しそうで不安という方には、不動産クラウドファンディングがおすすめです。デメリットとしては、途中解約ができないという点がありますが、隙間時間を使ってお小遣い稼ぎをしたいという方や、初めての投資にチャレンジしてみたいという主婦におすすめの在宅ワークです。

■One Tap BUY
投資系在宅ワークの中で、もっとも気軽な副業として話題になっているのが、スマホアプリ株で副業の新定番として話題になっているスマホアプリOne Tap BUY(ワンタイップバイ)。
アメリカや日本の有名企業の銘柄を最小額1000円から投資して株主になれるという安全かつ低リスクの投資として、幅広い世代に人気があります。
取引銘柄には、あのfaceookやツイッターなど、誰もが知っている大企業が多く、敷居の低さと安全性の高さで、主婦にも始めやすい投資となっています。

在宅ワークとしてのワンタップバイのメリットは、何といっても初期投資の低さです。1000円から有名企業の株主になれるという設定がとにかく気軽に投資を始めてみたい方の支持を集めています。
デメリットとしては、投資額が少ない分、稼げる金額も少ないという点です。しかしながら、日本の銀行の超低金利な状態を考えれば、少しでも投資して銀行金利よりは多い金額を稼げれば、生きたお金の使い方ができると筆者は思います!

■全自動投資
投資系在宅ワークの中で、最後にご紹介するのは「全自動投資」。株取引のプロが開発したAI(ロボット)が、あなたに代わって投資に関わるすべての手続きを請け負ってくれるサービスです。
ウェルスナビやTHEOなど、有名証券会社や銀行が運営しているサービスが人気です。

全自動投資の最小投資額は、10000円からとなっており、将来稼ぎたい資産に合わせて、逆にいくらぐらいから投資を始めればよいかなども、試算してくれるサービスもあります。

株式投資に必要な知識の学習や株取引の売買に関連する手続きを行う時間などもいらないので、安全かつ効率的に資産運用できるサービスとして、主婦やサラリーマンの副業として人気を集めています。
全自動投資のデメリットは、小額から始められる分、リターンが少ないという点です。ワンタップバイほどではないかもしれませんが、手軽に行えると言うメリットもある安全性の高い在宅ワークの一つです。

安全に行えるおすすめの在宅ワーク2:ネットビジネス系5選

主婦が安全に行えるおすすめの在宅ワーク、続いてはネットビジネス系のお仕事を見てみましょう。

ネットビジネス系のお仕事は、パソコンを使って自宅で作業するものが主流となっています。中には開業資金が必要なものもありますが、やり方によっては、小額の初期投資や少ない運営資金で続けていけるものもあります。

■アフィリエイト
最初にご紹介するネットビジネス系の在宅ワークは、アフィリエイト。いわゆるブロガーと呼ばれる人たちが従事しているネット系ビジネスです。

購入した商品の感想や、美容サービスの体験談、あるいは、クレジットカードの種類など、様々な商品やサービスを自分の運営するブログで紹介し、企業の広告リンクを掲載することで収入を得る在宅ワークです。
すべての作業をパソコンで行いますので、隙間時間を利用して、自宅でコツコツと作業できるという点が主婦にも始めやすいポイントとなっています。

日記のようなブログというよりは、どちらかというとセールスコピー的なライティングスキルが必要になるのと、ブログ自体のアクセス数が増えなければ、利益が出ませんので、月の収入が数十円という状態が何ヶ月も続くという場合がほとんどです。
軌道にのるまで年単位で時間がかかる場合もありますので、辛抱強く執筆を続けていける忍耐力が求められる在宅ワークです。

アフィリエイトでは、うまく行けば月に30万円以上の収入を得ることが可能です。ブログの運営には、レンタルサーバーと独自ドメインの取得、さらにオリジナルブログの作成といった作業が必要になります。

主婦にもおすすめのコンテンツマネジメントシステムとしては、wordpressがあります。ドメインの取得とサーバーの購入には毎月数千円ほどの出費がかかりますが、wordpressは無料でダウンロードできます。

■ハンドメイド作家
続いてご紹介するネットビジネス系の在宅ワークは、ハンドメイド作家。
ミシンで洋服を仕立てたり、ストーンやパーツを組み立ててアクセサリーを制作したり、物作りが好きな主婦におすすめの在宅ワークです。
ハンドメイド作家は、ハンドメイドアプリ(Creema、 Minne)などを利用して作品を出品するほか、在宅でハンドメイドのワークショップを開催したり、イベント出店して実店舗で作品を販売したりします。

ハンドメイド作家として活動するには、まず、オリジナル作品を作成できるスキルが必要です。作品が完成したら登録料無料のアプリを使って作品をネット上にアップロードしましょう。
SNSを利用して販促活動を行ったり、ブログなどで作品について紹介したり、宣伝することも大切です。

利益が出るまでは、材料費や制作に使う道具などに投資が必要ですが、売れっ子作家になると、月収150万円以上稼ぐ方もいるようです。売れなければ利益ゼロという点では、他のビジネス同様多少リスクがありますので、安全性は中程度と考えるとよいでしょう。

■ネットショップ運営
ネットショップ運営も安全性の高い主婦におすすめの在宅ワークの一つです。楽天市場やヤフーショッピングなど、いくつかのEC市場に参加して店舗を運営することが可能です。
自分と同じ主婦層や子育て世代をターゲットにした商品を取り扱ったり、自分の興味が持てる商品を販売するなど、様々なジャンルの商品を扱える楽しみがあります。

ネットショップを運営する方法は、無料で開始できるレンタルカードなどを利用することもできますが、集客量が高い市場で出店する場合は、出店費用がかなりかかります。
最近では、新しいサービスとして、ネットショップを開設したい人が欲しい機能がすべて揃ったBASEのようなスタイリッシュなサービスも登場しています。

ネットショップを運営するメリットとしては、実際に店舗を構えてお店を経営するよりは、少ない費用でビジネスを行えるという点です。また、すべての業務をほぼ在宅で完結できるというのも、主婦にはうれしいポイントですね。
デメリットとしては、商品の仕入れや出店費用など、運営費がかかるという点です。また、顧客管理や商品管理などは、24時間365日発生しますので、そういった意味では時間のない方には、あまり向かない在宅ワークと言えるでしょう。

■せどり
主婦が安全に行える在宅ワーク、続いてご紹介するのは「せどり」というお仕事。
本やDVD、家電品など、中古品や新古品などを集めてインターネット上で転売して利益をあげるのが、せどりのお仕事内容です。

アイドルのお宝CDや希少性の高い書籍などを、オークションサイトなどに出品し、仕入れ額と転売した商品の価格の差額がせどりを行う方の利益となります。

亡くなった両親の遺品の中から、膨大なCDのコレクションが出てきたので、ネットで転売したというようなケースから、近所の家電量販店で閉店セールをやっていたので、そこで仕入れた新古品を転売して儲けたなど、せどりのやり方には、いくつかの方法があります。

せどりで稼げる金額は、月1万円前後からと言われていますが、どんな商品がどのぐらいの価格で販売されているのか?また、どういった商品なら希少性が高く、転売しやすいのか?といったマーケットのリサーチ力が必要です。

■Ebay
世界190ヶ国にマーケットがある巨大オンライン市場「Ebay」は、在庫なしでも始められるネットビジネスの一種です。
「せどり」と「ネットショップ」のいいとこ取りといった感じで取引ができるのがEbayの特徴です。
例えば、海外で人気のある日本のアイテム(楽器、車のパーツ、フィギュア)などを、Ebayに出品して顧客を探します。購入者が決まったら、商品を発送して代金をネットバンキングなどで受けとります。

Ebayでは利用手数料など多少の経費がかかりますが、日本のECサイトよりも広い市場で販売できるというメリットがあります。
商品発送までの期間が3日から5日、あるいは1週間などタイムラグがありますので、実際に商品が手元になくても、注文を受けてから仕入れるという「ドロップシッピング」の手法を使って商品販売を行えるというのが、Ebayのメリットです。
デメリットとしては、取引相手が外国人となる場合が多いので、最低限英語が使えるなど、顧客対応のスキルが必要という点です。

安全に行えるおすすめの在宅ワーク3:クラウドソーシング・リモートワーク系

ここまで、投資やビジネスなど、初期費用がかかる在宅ワークを見てきましたが、ここからは、初期投資がほとんど必要なく、パソコン、スマホ、インターネット環境さえあれば始められる安全な在宅ワークをご紹介致します。

クラウドソーシングとは、インターネット経由で受注した仕事を自宅などで行って成果物を納品することで利益を得る在宅ワークの定番です。

一方、リモートワークとは、企業に所属しながら在宅勤務という形態で働くことができる新しい働き方のことで、働き方が多様化する現代社会において、大企業なども導入してきている業務形態の一つとなっています。
それでは、早速どんなお仕事があるのか見てみましょう。

■Apple在宅勤務アドバイザー
安全に行えるリモートワークの代表として特におすすめしたいのが「Apple在宅アドバイザー」。
アップルコンピューターの商品や製品に関連するお問い合わせを、在宅勤務(リモートワーク)という形で行います。

通話システムを活用して、自宅にいながらコールセンター業務やメールでのお問い合わせなどに関連する業務を請け負います。仕事で使う機材(Mac、ヘッドセット)なども、すべてAppleから支給されますので、初期投資が必要ないという点でも主婦にとって魅力的なお仕事となっています。
福利厚生も充実しており、Apple社の正社員となれるルートもあるため、将来的に社会復帰したいと考える主婦の方にも’おすすめです。

デメリットとしては、作業に従事する時間がかなり長く、クレームの電話の場合なども、自分一人で対応しなければならないというストレスやプレッシャーがあります。

電話対応と高いコミュニケーション能力が必要とされる在宅ワークですが、一流企業と業務委託契約して働けるので、かなり魅力的な在宅ワークと言えそうです。

データ入力
続いては、クラウドソーシングサイト上でお仕事を見つけられる「データ入力」のお仕事。
データ入力とは、企業が行ったアンケート結果や、住所や電話番号、性別などの詳細な顧客データなどを、エクセルなどの決められたフォーマットに打ち込み直す作業を請け負ったり、PDFや紙媒体で配布された資料を、デジタルメディア(ワード、エクセル)などに再度打ち込み直す作業などを行うお仕事です。

データ入力に必要なスキルは、基本的なパソコンの操作がほとんど。ワード、エクセルが使える方であれば、特に問題なく業務に取り組むことができます。
クラウドソーシングサイトを利用する場合は、サイト利用料はかかるものの、クライアント自体の評価も見られる大手運営会社を利用するのがおすすめです。

他のワーカーからの相対的な評価が高いクライアントであれば、支払いや対応に問題があるケースは稀で、安全性が高く、安心してお仕事ができます。

<a style='color:#3F51B5; text-decoration: underline;' href='/list?lrj[parent_id][]=2'>データ入力</a>

<a style='color:#3F51B5; text-decoration: underline;' href='/list?lrj[parent_id][]=2'>データ入力</a>

 

ライター
続いてご紹介するクラウドソーシング系のお仕事は、ライターです。
ブログ記事の執筆や、まとめサイトの記事執筆の他、ネットで配信する様々な記事の作成を請け負うお仕事です。ライター業務は様々なジャンルがあり、子育て、ペット、音楽など、主婦の趣味や経験などを生かして執筆できる分野も豊富にあります。

ライターのお仕事の報酬は、文字単価が0.1円から3円ほどで分布していますが、相場の平均的な数値としては、1文字あたり0.5円から0.7円ぐらいのお仕事なら、妥当な金額と言えます。

募集案件の中から、安全性の高いお仕事を見極めたい場合は、この文字単価を基準に探してみましょう。クライアントとは、メールで仕事内容や報酬について最初に確認するようにし、必要があれば、金額交渉を行います。
研修中の単価と、本採用となってからの単価が違う場合や、ボーナス、インセンティブなどがある場合は、基準額と移行までの期間などもしっかりと確認しておきましょう。

中には、使えない記事(本採用とならなかった場合)は、掲載しないと言っておきながら、実際にはネット上で公開しているといった悪質な業者もいます。

採用の際に、テストライティングは無料というような一文がある時には、悪質業者の可能性もありますので、ご注意ください。初心者ライターの場合は、ライティング指導のサポートや、マニュアル完備のクライアントを選ぶのがおすすめです。

教育システムやマニュアルをきちんと設けていたり、チャットワークやSkypeなどで、フォローや修正に関するコミュニケーションをオープンに行うクライアントであれば、他にもワーカーがいて、運営実績があるという一つの目安になります。

募集案件を見るときには、こういったポイントにも着目して、安全性の高いお仕事を見分けるようにしましょう。

<a style='color:#3F51B5; text-decoration: underline;' href='/list?free_word=ライター'>ライター</a>

<a style='color:#3F51B5; text-decoration: underline;' href='/list?free_word=ライター'>ライター</a>

 

プログラマ
クラウドソーシング系の在宅ワークの中で、高い報酬が得られることで知られるプログラマーは、IT企業などに勤めるサラリーマンの副業としても人気があります。
主婦が一から勉強するには、少しハードルの高いジャンルになりますので、元々工業系の大学出身だったり、ITを専攻したことのある方でなければ、在宅ワークでプログラマーとして活躍するのは、非常に難しいかもしれません。

日本はプログラミングやシステム開発が行える高い技術力のあるプログラマーが不足しており、クラウドソーシングサイトでも、システム開発が行えるワーカーの需要がかなり高まっています。
安定して収入が得られる安全性の高い在宅ワークですので、興味のある方は、ネットで受講できるオンラインのプログラミングスクールなどに入学して学ぶというのも一案です。

 

 

在宅ワークの仕事を探すならママワークスがおすすめです。

プログラマーの求人一覧

 

 

 

■ウェブデザイナー
最後にご紹介するクラウドソーシング系の安全なお仕事はウェブデザイナー。ECサイトのランディングページや、企業のホームページなど、様々なウェブサイトのデザインを手がけるお仕事です。

簡単なものだと、フォトショップやイラストレーターでの画像加工などが行えれば、受注することが可能です。本格的なウェブデザインを行いたいなら、htmlやphpあるいはCSSと言ったウェブサイトの構築に必要なプログラミング言語を覚えることも必要です。

ウェブデザイナーも、プログラマー同様IT関連のお仕事で、需要が多く安定して稼げる人気のお仕事です。実績とセンスが重視される業界ですので、カラーの知識やデザインの知識などを持ち合わせた方なら、よりクライアントのイメージに近いサイト構築ができるので、そういった勉強をしておくというのも稼げるウェブデザイナーになるために重要な要素です。

 

在宅ワークの仕事を探すならママワークスがおすすめです。

ウェブデザイナーの求人一覧

安全に行えるおすすめの在宅ワーク4:自宅開業系5選

ここまでネットやスマホを使って行う安全な在宅ワークを見てきましたが、ネットを使わず、アナログで行える自宅開業系の在宅ワークも、主婦に人気があります。

自宅開業系の在宅ワークは、ある程度の開業資金が必要というデメリットがあります。また、客商売となりますので、運営する時間に縛りがあり、働く時間がある程度固定されてしまうため、仕事に従事できる時間を確実に確保できるか、お子さんがある程度手を離れて、自分の時間が十分に取れる主婦におすすめです。

また、習い事教室や学習塾などを運営する場合は、子供が学校や幼稚園から帰宅してからの時間帯に働くことになりますので、そういった意味でも、子供が小さいと開業するのは難しいと考えます。

■美容サロン・ネイルサロン
美容サロンやネイルサロンは、美容に関心の高い主婦に人気の在宅ワークです。特に、ネイルサロンは、趣味で始めたネイルにハマってしまい、本格的なネイリストのコースを受講して、ネイリストになるというケースも多いようです。

美容サロンの運営は、マッサージやフェイシャルスキルなどを体系的に学び、使用する商品のメーカーなどで講習を受けたりする場合が多いようです。

自宅開業のメリットは、出店費用が少なく押さえられるという点です。デメリットとしては、客商売なので、固定客を確保できるまでは、収入が不安定という点と、経理営業などのすべての業務を一人で請け負わなければならないので、数字が不得意な方はその点で苦労することもあるようです。

■学習塾
子育ての経験がある方や、子供を有名私立や有名大学に合格させたママなど、最近では、こういった女性が学習塾を立ち上げるケースも出てきています。

子供3人を現役で東大医学部に合格させたお母さんなどが、テレビ番組に出演したり、講演活動を行ったりと、子供の教育に関連することなら、主婦でも活躍できる場面がいろいろとあるようです。
公文式はフランチャイズで行える学習塾として、主婦が自宅で開業しやすいシステムの一つです。

メリットとしては、子育ての経験や自分自身の学歴が生かせるという点です。デメリットとしては、子供が在宅の時間帯に仕事をしなければならないという点と、受験対策や合格させなければならないというプレッシャーがかなり高いという点でしょう。

少子化の影響で、長期的に見ると学習塾の運営は、将来性がないという考え方の専門家も多いようですが、一人当たりの子供の教育費は年々高くなっていますので、まったく稼げない業界でもありません。

■英会話教室
2020年から日本の教育制度が変わり、小学生から英語の学習が必須科目となることが決定して以来、全国各地で幼児や低学年から始められる英会話教室の需要が高まっています。

ECCジュニアなどは、主婦でも自宅開業できる英会話のフランチャイズで、英語の素養がある方にもおすすめの安全な在宅ワークの一つと言えます。
また、オンラインの無料通話システムを利用して、Skype通話などで英会話を教えるというオンライン講師も増えており、自宅にいながら英語を教えて収入を得る人は年々増加しています。

反対の言語にはなりますが、オンラインで日本語を外国人に教えるというサービスも増えてきていますので、海外の人との交流などに興味のある方は、こういった在宅ワークにチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。

■そろばん教室・書道教室
そろばん教室や書道教室は、学習塾の運営に比べると、プレッシャーが少なく、主婦にも取り組みやすい在宅ワークです。
低学年の子供の習い事として、数字の概念を教えるそろばんや、書き方を教える書道教室の需要は定期的にあり、幼稚園や保育園などに近いお住まいの方であれば、自宅開業でも集客もそれほど難しくありません。

開業するには、子供たちに使わせるそろばんや書道具、また、珠算協会発行のテキスト(書道の場合は、書道協会への会費)など教室運営の資金が必要です。
また、珠算検定試験での高段者や書道の場合は、師範資格などの資格保有者であることが求められます。

■ピアノ教室・絵画教室
ピアノ教室や絵画教室は、趣味の延長で始められる主婦にも人気の在宅ワークです。

芸術系の習い事は、とにかくお金がかかりますので、開業するには、音大や芸大出身というだけでなく、コンクールでの入賞経験などがあるとより集客が楽になるようです。

安全性は高いお仕事ですが、指導できるレベルになるためには、技術取得のために相当のお金がかかるというデメリットがあります。

安全に行えるおすすめの在宅ワーク5:その他5選

これまでご紹介したどのジャンルにも属さない在宅ワークを最後に5つご紹介してみます。

■治験ボランティア
治験ボランティアとは、医薬品(新薬)のテストや、化粧品のパッチテストやサプリの服用モニターなど、医療系の新商品を人体実験する際に協力するというお仕事です。

外出する必要があるので、厳密には在宅ワークとは言えませんが、治験に協力するだけで、高額報酬が得られるため、主婦や学生のアルバイトとして人気があります。

なんだか怪しい仕事のように見えるかもしれませんが、そんなことはありません。アレルギーのある方などは、参加できない仕事もありますので、そういった面では、多少安全性が低いと考える方がよいでしょう。

■覆面調査員
覆面調査員とは、別名「ミステリーショッパー」を呼ばれるお仕事で、こちらも外出する必要があるため、厳密には在宅ワークではありません。
名前が怪しいので、安全性が疑われてしまうお仕事ですが、覆面調査員は、危険な仕事ではありません。

お店のサービスや商品についての調査を行うのが主な業務で、報酬が出る場合と、商品やサービスを無料で体験できるという内容自体が報酬となっている場合など、支払い方法には様々なタイプがあります。

■モーニングコール
モーニングコールは、完全在宅で行えるお仕事で、朝5:00から7:00ぐらいまでの時間帯に、指定されたクライアントを電話で起こすのが主な業務内容となります。

モーニングコールは、一件100円ぐらいの報酬をもらえるお仕事で、家族が起きてくる前の時間帯に活動できるので、子供がいる方でも取り組みやすい簡単な在宅ワークとして人気があります。

早起きが得意、朝型の生活をしなければならない主婦に、ぴったりの在宅ワークと言えるでしょう。

■ポイントサイト
スマホアプリで始められる「ポイントサイト」は、がっつり在宅ワークというよりは、隙間時間を活用してお小遣い稼ぎをしたいという主婦に人気があります。

ポイントサイトも、様々な企業が運営していますが、有名サイトでユーザー数も多いサービスを選択すれば、安全性の面では特に問題ありません。
大手アンケート会社の「マクロミル」やお小遣いサイトとして有名な「ポイントタウン」などは、利用者もかなり多く安全性の高いサイトとして知られています。

子供がお昼寝した際や、病院や銀行の待ち時間、あるいは寝る前にベッドの上でゴロゴロしながらでもお小遣い稼ぎができますので、気軽に始めてみることをおすすめします。

■Air bnb
最後にご紹介するその他在宅ワークは、Air bnb。世界中から日本を訪れる観光客に、あなたの所有する物件やお部屋を貸し出す在宅ワークで、いわゆる民泊サービスを提供するのが主なお仕事です。

クライアントとのメール対応などが主なお仕事となり、部屋の清掃はアウトソーシングしたり、鍵の管理もキーボックスなどを活用すれば、完全在宅ワークという形で運営可能です。

日本では規制が厳しくなり、開業届の提出が義務付けられていますので、この点がデメリットと言えます。

安全性に疑問が残る在宅ワーク

安全性に疑問が残る在宅ワークには以下のようなものがあります。

リスクを十分知ったうえで、「やる」「やらない」の判断をすることをおすすめします。

 

 

1:チャットレディ

 

「高額報酬」「簡単に稼げる」などという触れ込みで募集をしているチャットレディは、会員男性とお話をすることにより報酬をもらうシステムです。

ホステスのように実際に会うことはないので、危険性が少ないと言われています。

とはいえ、インターネット上に顔出しすることによる危険性が伴います。

チャットレディは基本的に自宅で行いますから、映像に映った背景を見て自宅を特定されるという恐れもあります。

チャットレディのサイトでは、「顔出しなし」をOKしているところも多いですが、顔出ししないとお客様がつきにくいという傾向があるようで、結局顔出しに切り替えたという方もいます。

その場合、自分だと特定されにくいようウィッグや眼鏡などで変装したり、窓の外が映らないようにするほか、個人情報が分かるようなことをうっかり話してしまったりしないような工夫が必要です。

なお、通勤型で場所を提供してくれたり、変装グッズを貸してくれるところもあります。

危険性を十分知ったうえで、判断や行動をするようにしましょう。

 

2:商品購入代行

 

商品購入代行とは、消費者の代わりに注文してあげることで報酬が得られるという仕事です。

または、購入しコメントやレビューを書くことで報酬が発生するといった、「ステマ」と言われる内容である場合もあります。

 

いずれにせよ、立替えた代金が支払われないなど、トラブルが続出しています。

 

最近は取り締まりが厳しくなっているため、「商品購入代行」という言葉が使われなくなってきているのでより注意が必要です。

「スマホで簡単に高収入」などと具体的な内容が分からない募集に応募してみたら、実は商品購入代行だったなんてケースもありますので、募集内容をよく理解して見極めるようにしましょう。

 

3:出品代行

 

「ブランド品をオークションやフリマアプリに出品代行して稼げる」などといった触れ込みで募集をしていることがあります。

しかし、実際には商品を一旦自分で購入し販売するといった内容であり、詐欺の可能性があります。

出品代行という本当の仕事もあるので見極めが難しいところですが、「一旦自分が商品を購入して出品する」などという条件がある場合は、厳密に言うと「出品代行」とは言えません。

「自分自身が仕入れて販売」という形になりますので、もし売れなかった場合は損をすることになります。

出品代行の場合、登録作業をすることにより1件あたりいくらもらえる、または時給制で契約というシステムです。自分が出費するといったことはありません。

 

なお、商品を一度引き取るとしても「特別なルートにより格安でお渡しできます」「1個売れるだけで数万の利益」などと美味しい言葉で勧誘されることがありますが、そもそも取り扱う商品がブランドのコピー商品である恐れもあります。ブランド品のコピー商品の販売は違法です。

犯罪の片棒を担ぐことになりかねませんから、注意しましょう。

安全な在宅ワークで今日からお小遣いを稼いでみよう!

主婦におすすめの安全な在宅ワークを20選まとめてご紹介致しました。

安全な在宅ワークを選ぶには、出所がきちんとした企業を選ぶということと、甘い話に飛びつかないという2点がありました。「1クリックで3万円」といったまずありえないうたい文句を掲げているようなお仕事には、絶対手を出さないように気をつけましょう。
また、ネット系の内職やアルバイトで、募集時に「有料講習を受講しなければならない」とか「仕事で使う道具や教材を購入しなければならない」と言った条件を持ちかけられた場合も、ネット詐欺の可能性があり、安全とは言えません。
働きたいのに、逆にお金を使うように言われたら、かなり怪しいお仕事ですので、安全のためにもこういった話は早めにお断りするようにしてください。

クラウドソーシングサイトなどでは、最初の募集内容や報酬金額通り支払わないというクライアントがいたりします。報酬をきちんと支払ってもらうためにも、大手クラウドソーシングサイトでは「仮払い」のシステムなどが導入されており、確実に報酬が受け取れる仕組みになっています。
サイト利用料は20%と非常に高額ですが、安心・安全を買うための料金だと思えば、クライアントとの信頼関係ができるまでは、クラウドソーシングサイト経由で金銭のやりとりをする方がよいでしょう。

自宅開業では、クライアントとのトラブルに特に注意するようにしましょう。美容系のお仕事は、クレーマーに遭遇する可能性もゼロとは言えません。対応や使用する商品の安全性を常に確認し、トラブルに巻き込まれないようにしてください。

今回ご紹介した20選のお仕事以外にも、主婦が安全にでいる在宅ワークはいくつかありますので、情報をしっかりと判別しながら、自分に合う在宅ワークで少しでもお小遣い稼ぎができるといいですね。

本文が、みなさんが安全に在宅ワークで収入を得られる一助となれば、幸いです。

その他記事