在宅でも行えるダブルワークが熱い!サラリーマンや主婦に人気の仕事はどれ? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅でも行えるダブルワークが熱い!サラリーマンや主婦に人気の仕事はどれ?

2018.11.06
Pocket

ダブルワークにもおすすめ!主婦でもできる在宅ワークはどれ?

日本のサラリーマンの平均年収は420万円。そのうち男性の平均は518万円で女性に至っては平均年収は246万円とかなり低い水準です。
企業の再編・統合が進んでいることや、今後AIの登場によって、ますます会社に勤めて働く人たちの年収は下がって行くと予想する専門家も少なくありません。

終身雇用が崩壊し、リストラされるリスクや、景気によっては、減給、減俸される可能性もゼロではないので、できれば副業やダブルワークで他にも収入源を確保したいと考えるサラリーマンも多くなっています。
また、家計を支える主婦の立場から見ても、夫の収入が急激に上昇することはまずありませんので、やはり少しでも働いて収入を得たいと考える方が増えています。

しかしながら、核家族化している現代社会では、子供が小さいと預けられる場所や子育てのサポートをしてくれる両親・義理両親も近くに住んでいない方がほとんどで、家事・育児と両立しながら、女性が外に働きに出るのは、非常に厳しい状態です。

こういった社会背景を加味して、主婦やサラリーマンが選べる新しい働き方として注目されているのが「在宅ワーク」です。

今回は、自宅にいながら副業収入が得られる「在宅ワーク」に注目し、在宅ワークで得られる収入の金額や、ダブルワークにもおすすめの在宅ワークなど、もっと収入を増やしたい方必見の情報をお届けします!

在宅ワークってどんな働き方?

ダブルワークにもおすすめの在宅ワーク。ちょっと怪しい仕事なのでは?と疑う方もいらっしゃるかもしれません。
在宅ワークには、いくつかのジャンルがあり、資金ゼロで主婦でも始めやすいものから、休日や就業後の短時間だけ働けるサラリーマンの副業におすすめのものまで、様々な種類のお仕事があります。
代表的な在宅ワークのジャンルをあげると、パソコンを使って行うクラウドソーシング系のお仕事、コールセンター業務など、電話と使って行うお仕事、そしてスタート資金が必要な投資系のお仕事などがあります。

主婦におすすめの在宅ワークは、資金が必要なく、隙間時間を活用できる電話やパソコンを使った業務です。職歴・資格などがなくても働ける案件が多いのが特徴で、週1回1時間ほどから始められるお仕事もあります。

クラウドソーシング系の在宅ワークは、納期が決められているお仕事もありますが、基本的には作業する時間が自由に決められるので、就業時間後や週末に副業収入を得たいサラリーマンの副業にも向いています。

選ぶ在宅ワークの種類によって、稼げる金額も異なり、初期投資が必要な在宅ワークの中には、月収50万円以上の収入を目指せる株式投資や、月収30万円以上も可能なアフィリエイトなど、もしかしたら本業よりも高い収入を得られそうなダブルワークもあります。
在宅ワークを選ぶ際は、仕事内容の続けやすさ、運営資金の必要性、仕事に従事する必要な時間の長さなどをよく考えて、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶとよいでしょう。

在宅ワークなどダブルワークで得られる収入は月5万円以下?

在宅ワークを中心とした副業から得られる収入は、いくらぐらいなのでしょうか?

大手クラウドソーシング会社の調査によれば、在宅ワーカーとして登録している利用者の数は、約80万人ほどいるそうですが、そのうち安定して毎月20万円以上の報酬を得ているワーカーは、たったの111人という結果だったそうです。
この数字だけを見ると、在宅ワーカーは稼げないというイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、在宅ワークを行う方の中には、夫の扶養の範囲を越えないように収入を調整したい方や、会社が副業を認めていないので、確定申告が不要な範囲で小額のお小遣いを稼ぎたいという方なども含まれており、一概に、在宅ワークだと稼げないと判断するのは不適切です。

在宅ワークでは、仕事に従事できる時間の長さ=収入に比例しますので、作業できる時間が長ければ長いほど、その分収入を増やすということが可能なのです。
平成25年に厚生労働省が行った「在宅就業調査報告書」の調査結果によると、ダブルワークなどの副業収入でもっとも多かった金額は月収5万円以下で、在宅ワークに従事する人の約30%ほどを占めています。
続いて、月収6~9万円と10万円~19万円の層が2番目に多く、全体の約18%前後を占めています。

このような調査結果を元に考えると、ダブルワークで在宅ワークに従事する人が目指す妥当な収入の目標は、月収5万円ということになります。

在宅でできるダブルワークで収入を増やすためのポイントは?

では、月収5万円の収入を在宅ワークで得るためには、一体どれぐらいの労働時間を確保する必要があるのでしょうか?
例えば、時給1000円のお仕事を受注した場合、月収5万円を稼ぐには、月50時間の作業時間が必要です。週5日作業すると過程すると、毎日2時間30分の作業時間を確保しなければなりません。
サラリーマンのダブルワークで在宅ワークをするなら、平日毎日2時間30分の作業時間を確保するのは、かなり難しいのではないでしょうか?

サラリーマンの場合は、平日1時間から1時間半ほど作業し、週末にまとめて4、5時間作業時間を確保するといったスケジュールで、ダブルワークを行うというのが現実的ですね。
同じ在宅ワークをやるのでも、時給1500円のお仕事なら、月の作業時間は40時間になりますので、1週間に10時間の労働時間が確保できれば、月5万円を稼ぐことが可能です。
サラリーマンがダブルワークをするなら、できれば、時給1500前後のお仕事を選ぶというのが、副業収入5万円を達成するために現実的な数字と言えます。

在宅ワークで収入を増やすためのポイントは、自分の稼ぎたい金額もよく見ながら、仕事選びをするということです。作業内容が簡単で、短時間で終わらせられる仕事は、時給単価が低くなる傾向にあります。
反対に時給単価の高いお仕事は、その分、難易度が高かったり、専門性が高いというデメリットがあります。

収入アップのためには、やはりスキルアップして、徐々に単価の高い案件を受注していけるようにすることが、一番の近道です。

在宅でできるダブルワークに向いているのはどんな人?

在宅でできるダブルワークに向いている人は、一人でコツコツと作業することが苦にならないという方です。
会社に勤めるのと違って、在宅ワークは請け負った業務を一人で作業する場合がほとんどですので、分からないことがあっても周囲の人に聞くこともできません。

受注する仕事内容は、自分のスキルを生かして行えるようなものを選択し、特にサポートがなくても一人で作業を完了させられるような案件を選ぶというのも重要です。
仕事ぶりを管理する上司や先輩もいませんので、在宅ワークをする人は、自分でしっかりとスケジュールを組み、仕事の進捗状況や納期などを管理できる能力も必要です。
家にいると、眠気が来たらすぐ横になれますし、テレビやスマホなど誘惑も多いので、サボろうと思えばいくらでもサボれます。

ほとんどの在宅ワークでは、成果報酬制を導入していますので、成果物を納品できなければ、1円も収入がないということになります。
在宅ワークで稼ぎたいという人は、欲しい収入額から1日に達成すべき金額を割り出し、そこから仕事量と必要な作業時間を計算して、自分なりにノルマを決めて作業した方がよいでしょう。

ゴールセッティングした目標に向かって着実に仕事を進めていける意志の強さも、在宅ワークで稼ぎたい人にとって重要な資質の一つです。

在宅でできるダブルワークはどうやって探せばいい?

在宅でできるダブルワークを探す最も簡単な方法には、クラウドソーシングサイトへの登録や、ネットアルバイトのアプリなどを利用するという方法があります。

クラウドソーシングサイトを利用する場合は、無料でできるオンライン登録で、まずは会員になりましょう。
会員登録が終了したら、自分のプロフィールを作成します。いわゆる「履歴書」のような役割を果たすページで、クライアントは、このプロフィールを見て、お仕事を依頼するかどうかの判断をします。

プロフィール欄には、自分の顔写真を登録したり、運転免許証などを使って身分証明を行える項目などもあり、こういった項目を一つ一つ登録しておくことで、クライアントから「あなた」というワーカーが、信頼の置ける人物だと判断してもらえるポイントになるようです。
インターネット上で、業務委託契約を取り交わすという観点から、クラウドソーシングでは、どうしても匿名性が高くなってしまうというデメリットがあり、在宅ワーク従事者の側も、採用する企業側も疑心暗鬼になりがちです。

ワーカーとクライアントの両方に対して、仕事ぶりなどを評価できるシステムを導入している大手クラウドソーシングサイトなどもあります。
システムを活用して、評価の高いワーカーになれると、よりクライアントからの信頼度が高まり、単価の高い案件なども受注しやすくなるというメリットがあります。

また、仕事案件を探す時には、採用する企業の評価を参考にすれば、悪徳業者やネット詐欺などにひっかかるリスクも下げられますので、よく確認しながら仕事を探すようにしてみてください。
報酬額が高くて、簡単に稼げるといった甘い言葉でワーカーを探しているような業者は、大抵の場合ネット詐欺であることが多いようです。そんなにうまい話はありませんので、法外な報酬を得られる簡単なお仕事には、引っかからないようにご注意ください。

クラウドソーシングサイトを経由してお仕事を探す際のデメリットは、サイト利用料を徴収されるという点です。サイト利用料は、ワーカーが受け取る報酬額の5%から20%ほどに設定されており、登録する場所によって異なります。
例えば、クライアントからの報酬が1万円となっている案件でも、サイト利用料が20%かかる場合は、手取りが8000円となってしまいます。20%はかなり大きいので、ダブルワークで仕事をする会社員の場合は特に、こういったサイトを利用するのは効率が悪いですね。

サイト利用料無料で利用できるクラウドソーシングサイトもありますので、手数料などシステムをよく見比べて、どのサイトに登録するかを選ぶとよいでしょう。

在宅でできるダブルワーク1:パソコンを使うお仕事

ここからは、在宅でできるダブルワークおすすめのお仕事をご紹介していきます。

まず、一つ目は、パソコンを使って行うダブルワークです。スキルが必要なお仕事と、スキル不要のお仕事がありますので、まずは、簡単なものから見ていきましょう。

■データ入力
主婦にも人気の在宅ワークとして知られている「データ入力」は、クライアントから与えられた情報を元に、データを作成するのが主な業務内容です。
単発で行えるタスク形式のお仕事から、定期的にプロジェクトを受注する長期案件まで、様々な形式のお仕事があるのが特徴です。

データ入力は、多くの企業が募集していますので、定期的に仕事を見つけやすいというメリットがあります。デメリットとしては、誰にでもできる簡単な作業ということで、時給単価がかなり低く、まとまった金額を稼ぐためには、かなり多くの作業時間が必要になるという点です。

会社勤めのサラリーマンだと、平日副業に使える時間は、せいぜい1、2時間程度。タイピングスピードが相当早く正確にできる方でなければ、1時間1000円以上の時給を稼げないので、データ入力を行うなら、ダブルワークの収入は3万円ぐらいが目安かもしれません。

■ライター
続いてご紹介する在宅でできるダブルワークは、ライター業務。インターネットのまとめサイト、ニュース、趣味、芸能サイトなどで投稿する記事を執筆する「文章作成」を行うのがライターのお仕事内容です。
執筆できるジャンルは無数にあり、寄稿する媒体も、簡単なものならブログなど個人で運営しているサイトの執筆代行などがあります。

ライター業務の報酬は、成果報酬制となっており、長期で募集されている案件だと、執筆できる分量によってライターグレードが決まるような形になっている場合が多いようです。
短期で募集されているライター案件としては、体験談などを文章にまとめるお仕事で、例えば、転職体験や留学体験、あるいは何かのサービスを利用した際の体験談などを400字から1000字ぐらいでまとめるような内容が多くなっています。

もっと簡単なお仕事だと、商品レビューを書いたり、インターネットの漫画サイトを読んで、作品紹介や感想を書いたりするというような案件もあります。
このようなお仕事は、文字数も100字から300字ぐらいと分量も少なく、作業時間も10分から15分ほどで完了するような内容となっています。

ライター報酬の目安としては、1文字あたりの単価が安いものだと0.1円からで、100字書いても10円にしかならないと言った内容の案件もあります。

文字単価が2.5円から3円と高めとなっているジャンルは、医療、金融、不動産、証券といったカテゴリーですが、医療の場合は、介護士や看護師の有資格者や医師など、専門的な知識をもった方しか応募できないようになっている場合が多いようです。
趣味、芸能、旅行など一般的なコンテンツの文字単価は、0.5円前後が相場となっています。仮に0.5円で計算すると、1000字書いて500円ですので、1時間に2000字以上書けなければ、時給1000円は達成できないということです。

自分の得意な分野や知識が豊富なジャンルがあれば、1時間に2000字書くのはそれほど難しいことではありませんが、まったく知識がないジャンルを執筆するなら、ネット上で様々なサイトをリサーチする必要があり、リサーチだけで相当な時間がかかってしまうというのが実状です。

サラリーマンがダブルワークでライター業務をやるなら、自分の得意なジャンルを選択し、少なくとも、文字単価が0.8円から1円ぐらいはある案件を選ばなければ、目標とする月5万円を達成するのは難しいでしょう。

■RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)
ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotics Process Automation)とは、人間が行っている単純作業をAIに教えて代わりに作業できるようにさせることで、在宅でも行えるため、主婦やダブルワークをしたい方にもおすすめです。

AIに教える内容の一例をあげると、オフィスの経理処理や伝票入力、あるいはメール送信といった単純作業をコンピューターに覚えさせて効率化すると言った内容です。
膨大な顧客データの中から必要な情報を探したりするのも、AIが得意とする仕事なので、こういった作業を教えるのもRPAで実現可能です。

RPAの仕事を始めるには、所定の研修期間で1ヶ月半の講習を受講しなければなりません。コースでは、コンピューターで作動命令を教えるための方法などを学びます。
RPAと言うと、何だか難しそうなイメージがありますが、決められたコードなどを入力する単純作業なので、実際はデータ入力などとあまり変わらない内容で、主婦や未経験者でも簡単に始められます。
デメリットとしては、講習の費用として、初期投資5万円がかかるということです。

RPAの時給は2000円から3000円ほどと、かなり高収入で、1日1時間からでも作業することが可能です。途中で作業が中断しても、後で続きを行うことができますので、子育てをしている主婦にもおすすめです。
一定時間作業できる方なら、最低でも年収240万円ほどはRPAで稼ぐことが可能と言われており、今後AIを活用する企業が増えていくに連れてさらに需要が高まる将来性のある在宅ワークです。

短時間でもOKで、働く時間も決められていないこと、そして時給の高さから考えても、サラリーマンのダブルワークにかなり適したお仕事です。
RPAの仕事案件を探したい場合は、Googleなどで「RPA バイト」などのキーワードで検索してみてくださいね。

■システム開発
システム開発は、アプリの開発や、会計システムなど、様々なシステム開発を行うプログラミングなどを行います。
IT企業に勤めるサラリーマンや工学系の大学を卒業された方などにおすすめのダブルワークです。

高い専門性が必要となるお仕事ですので、誰でも行える内容ではありませんが、システム開発の案件は、1件で数万円から数十万円ほどの収入を得られるため、高額な報酬を得られるダブルワークとして人気があります。

2020年からは、日本の教育制度が変わり、小学生からプログラミングを学ぶことが必修科目となっています。そのため、最近では、子供向けのプログラミング講座なども開設されており、より多くの人が気軽にプログラミングを学べる環境ができつつあります。
大人向けには、オンラインで在宅で学べるプログラミングコースなども開設されており、最も短いものだと最短1ヶ月ぐらいで学べるものもあります。システム開発で使えるプログラミング言語は、いろいろなジャンルがあり、利用できる言語によっても、収入が変わります。

今後も需要が増えていくジャンルとしては、スマホのアプリ開発に使われるプログラミング言語です。

在宅でできるダブルワーク2:電話を使うお仕事

パソコンを使って行う在宅ワークを見てきましたが、中には、パソコンが苦手という主婦もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ここからは、電話を使って行う在宅ワークについて少し見ていきたいと思います。

■コールセンター業務
在宅でできるダブルワークとしておすすめの仕事には、コールセンター業務があります。
コールセンター業務とは、企業の商品やサービス、製品についてのサポートなどを電話で行うのが主な仕事内容で、在宅でも請け負うことが可能です。

例えば、Apple社の製品を紹介するアドバイザーも、コールセンター業務の一つで、製品の使い方やトラブルシューティングなどのお手伝いを電話で行うのが主な業務となります。
Apple製品アドバイザーの場合は、仕事で使うMacや通話用のヘッドセットなども、すべて企業側が提供してくれるので、初期投資がいらないというのも大きなポイントです。

また、コールセンター業務は、夜のシフトもありますので、サラリーマンでダブルワークをしたいという方は、夜に短時間シフトなどで働ける枠があるか、問い合わせしてみるとよいでしょう。

この他に、在宅で行う電話業務には、テレアポや代金の督促などを行う電話対応業務などもあります。テレアポの時給は、1300円前後とかなり高めですので、ダブルワークしたいサラリーマンにもおすすめです。

■チャットレディ
チャットレディのお仕事は、女性限定の在宅ワークです。いわゆるネット系水商売ですので、アダルトな内容のお仕事も含まれます。
ノンアダルトカテゴリーで働くこともできますが、アダルトカテゴリーで働くよりも、報酬額は低めのようです。

ライブチャットシステムなどを利用しますので、ビデオカメラやヘッドセットなどが初期投資として必要になる場合があります。顔出ししなくてもよい場合がほとんどですが、顔を見せている方の方が、顧客が付きやすい傾向にあるようです。
第三者や家族に知られたくないようなお仕事ですので、変装したり、顔をマスクで半分隠したり、メイクやつけまつげなどでごまかしたり、いろいろと工夫しながら働いている女性も多いようです。

チャットレディの時給は3000円から5000円で、人気のあるチャットレディの中には、1ヶ月に100万円以上稼げる方もいるようです。

家族に見つかりたくないという場合は、チャットレディ専用のオフィスを構えているサイトなどに登録して、近くまで出勤して働くこともできるようです。怪しいサイトに捕まらないように、くれぐれもご注意ください。

■モーニングコール
モーニングコールのお仕事も、女性の募集が多い在宅ワークの1つです。
早朝5:00から7:00ぐらいの時間帯に契約されたクライアントに電話をかけて起こすというのが、モーニングコールの主な業務内容です。

1件あたりの料金は100円前後が多いようです。時間が決められているので、たくさん仕事を受注するはできません。収入が固定されてしまいますが、主婦なら家族がまだ寝ている時間に稼げますし、出勤前OLさんのダブルワークとしてもおすすめです。

■カウンセラー
人の心の悩みに耳を傾けるカウンセラーのお仕事は、癒し系の主婦におすすめの在宅ワークです。
最近では、電話相談や無料通話システムSkypeなどを利用して、在宅カウンセラーとして活躍する人も増えています。

カウンセラーのお仕事を始めるためには、臨床心理士の資格を取得するのが最も近道で、将来、本格的に社会復帰をした場合には、医療機関や保健所、学校など様々なエリアで活躍できるチャンスがあります。

医療機関に在籍する専門のカウンセラーの場合、1時間の相談料は5000円から6000円が相場です。電話相談やSkypeなどの通話相談の場合は、2000円から3000円ぐらいと金額設定はやや低めとなりますが、かなり時給単価が高いので、まとまった報酬を稼ぎたい方に最適です。

カウンセラー業務は、日中に相談を受けるケースが多いので、サラリーマンのダブルワークとしては、取り組み辛い部分があるかもしれません。可能性としてはゼロではありませんが、心にストレスを抱えやすい職業ですので、仕事のストレスが多い方にはあまりおすすめできません。

在宅でできるダブルワーク3:初期投資が必要なお仕事

ここまで様々なジャンルの在宅でできるダブルワークを見てきましたが、最後に初期投資が必要となる在宅ワークについて見ていきたいと思います。

■アフィリエイト
サラリーマンの副業として、特におすすめの在宅ワークは、アフィリエイトがあります。アフィリエイトを始めるためには、まず、広告リンクを貼り付けられる独自のブログやサイトを運営することが必要です。
おすすめは、wordpressというコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)で、htmlやphp、あるいはCSSと言ったホームページ構築に必要なプログラミング言語を知らなくても、自分のウェブサイトが簡単に作れるサービスを利用することです。

wordpressをダウンロードする前に、まずは、独自ドメインとサーバーを取得します。サーバーの利用料は、月数千円ぐらいからとなっています。ドメインの取得にも多少お金がかかりますので、初期投資に3万円から5万円ぐらいのお金を用立てできることが重要です。

サイトの構築が終わったら、ブログ記事を投稿していきます。その際、A8.netなどのアフィリエイトサイトで、企業の広告リンクを入手して、自分のブログにリンクを貼っていきます。
後は、この作業を繰り返していくだけですが、アクセス数を増やせなければ、広告をクリックする方や閲覧する方の数も増やせないので、広告収入が一切得られないということになってしまいます。

ブログのアクセス数を増やすためには、検索システムで上位にくるようにSEO対策をしっかり行うということと、競合するサイトが少なく、かつ、ユーザーが求めていそうなサービスや商品を見つけて、ブログ記事にしていくという2点です。
アフィリエイトの収入は、スタートから軌道に乗るまでは、月数十円しかありません!しかし、一度軌道に乗ってブログのアクセス数が順調に伸びれば、一ヶ月に1000万円を稼ぐことも可能と言われています。

記事を執筆する方をアウトソーシングして雇うことも可能ですので、サラリーマンがダブルワークで始める場合は、ゆくゆくは人を雇うことも念頭に置いておくとよいでしょう。

■株式投資・FX
株式投資やFX投資は、投資に使える元手がある方限定の副業です。人気のあるFX会社を利用するためには、ユーザー登録するだけで、数万円の費用がかかる場合も多いため、融通できる資金があるサラリーマンにおすすめのダブルワークです。

投資できる銘柄は、かなり多岐に渡りますので、経済情勢や市場の先行きなどを見通せる力も必要で、常に勉強が必要なお仕事と言えます。

株式投資のやり方を一切分からない状態で、いきなり投資を始めるというのは自殺行為でしかありません!投資関連のセミナーに参加したり、ハウツー本などを熟読するなど、ある程度先行投資を行ってから始めましょう。

■ワンタップバイ
主婦や投資の素人でも気軽に始められる在宅ワークとしては、スマホで投資ができるOne Tap BUY(ワンタップバイ)があります。
ワンタップバイは、例えばアメリカの大手企業facebookやTwitterをはじめ、日本のトヨタなど、誰もが知っているような有名企業の銘柄を1000円から購入できる新しい投資サービスのことです。

投資全般に言えることですが、投資額が少なければその分リターンが少なくなりますので、例えば1000円投資しても、得られるリターンは数十円から100円前後が相場です。
しかしながら、お小遣い感覚で資金運用を始められるので、自由に使えるお金が少ない主婦にも、敷居が低いという特徴があります。

ダブルワークを始めたいサラリーマンの多くが、お金に困っているという現状から考えても、最小投資額1000円から始められるワンタップバイは、かなり魅力的な投資商品です。
スマホ一つで作業できるので、通勤中の電車の中や、会社のお昼休みなどに操作しながら、少しずつ資産を増やしていくというのも一案ではないでしょうか?

この他にも、素人でも取り組める小額投資商品としては、全自動投資や不動産ファンディングなどがあります。
全自動投資は、最小投資額10万円から、全自動投資は、プロの投資家が開発したAI(ロボットアドバイザー)が、あなたの代わりに投資を行ってくれますよ!
不動産ファンディングは、設立以来元本割れがほとんどない商品として注目されており、今後2020年の東京オリンピックまでは、さらに順調な伸びが期待できる見込みです。

会社員がダブルワークをする際の注意点

会社員がダブルワークを始める前に、まず確認しておきたいのが、会社の就業規則です。最近では、大手企業でも、社員の副業やダブルワークを認める会社が増えていますが、日本の企業は一般的にダブルワークや副業を認めていない会社が多いようです。

会社の就業規則に違反して、ダブルワークで収入を得ていることが発覚すると、最悪の場合は、本業のお仕事をクビになってしまうというリスクもあります。
就業規則に、ダブルワークに関する就業規則が明確に記載されていない場合は、会社の上司にまずは相談してみましょう。
副業したい明確な理由と、どういった仕事を行うつもりなのか、そしてダブルワークに従事する期間なども説明できるとよいでしょう。

会社がダブルワークを禁止する理由としては、本業が疎かになる可能性があるからと回答する企業が多いようです。本業に支障をきたさない範囲で働けるお仕事であれば、特別な規程のない会社であれば、ダブルワークを認めてくれる可能性が高いと言えます。
会社にバレないようにこっそり副業したいと考えるサラリーマンもいるようですが、確定申告後に、ダブルワークしているということが会社にバレてしまう可能性もあります。

在宅ワークで得た収入のうち、経費を除いた所得が年20万円以上ある場合は、必ず確定申告の必要があり、手続きをしないと今度は脱税で税務署に追徴課税されるリスクもあります。
会社からダブルワークすることに対する許可を事前にもらえそうにないと判断した場合は、確定申告の必要がない範囲で働くという方法が一番安全かもしれません。

在宅ワークに従事する主婦も確定申告を行いましょう!

在宅ワークに従事する方で、会社に勤めていない主婦やフリーランスの方は、収入から経費を除いた所得が年間38万円以上あると、確定申告を行わなければなりません。

主婦の中には、夫の扶養から外れることを心配して、確定申告しないようにする人もいるようですが、扶養の範囲から外れるのは、個人の所得が年間130万円を越える場合です。
該当する所得があるのに、確定申告していないと、罰則として追徴課税も納付しなければなりません。確定申告の金額から住民税も徴収されることになりますので、その辺もよく考慮して労働時間は調整しましょう。

また、夫の会社の福利厚生の規則によっては、年収130万円以下でも、福利厚生の基準から対象外となる場合もあります。世帯全体の収入が減ることのないように、しっかりと確認してから働きましょう。

在宅でできるダブルワークで今日から副業を始めよう!

在宅でできるダブルワークについて、ご紹介してきました。サラリーマンの副業や主婦のお小遣い稼ぎとして、在宅で行える仕事はたくさんあります。
一昔前の内職などに比べると、パソコンを使って行う在宅ワークは、かなり報酬がよく、バイトやアルバイトに比べると、気軽に始めやすいというメリットもあります。

子育て中の主婦で、未就園児を育てている方は、1日に在宅ワークに当てられる時間は、せいぜい1、2時間程度かもしれません。そう考えると、月3万円前後の収入なら、無理なく稼ぐことができそうですね。
サラリーマンがダブルワークで在宅ワークをする場合は、労働時間が短く、高収入が狙える株式投資やアフィリエイトがおすすめです。

それぞれのライフスタイルや特技、興味のあることに合わせて、自分に向いているお仕事から、まずは始めてみましょう。クラウドソーシング系のお仕事なら、面接も履歴書も必要ありません。早ければ、今日からでも副業収入を得ることが可能です。

いきなり仕事を始めなくても、短時間で終わるアンケートなどのタスクワークなど、お小遣い稼ぎ程度に取り組める仕事もありますので、まずは、どんなお仕事があるかだけでも見てみることから始めてみましょう。

今回ご紹介した内容を参考に、一人でも多くの方が、ダブルワークや副業でお金を稼ぎ、より豊かな人生を歩まれることを心から祈っています。

Pocket

pagetop