在宅でエクセルを使った内職はどんなのがある?どんなことが出来たらいい? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅でエクセルを使った内職はどんなのがある?どんなことが出来たらいい?

公開日:2018.11.19
最終更新日:2018.11.19
Pocket

エクセルが使えると在宅ワークの幅が広がります。
エクセルは身近なツールですが、実際に使いこなせる人というのは実はあまりいません。

エクセルが得意ならば在宅ワークに活かしてみましょう!
またエクセルにそれほど詳しくなくてもできる在宅ワークもありますよ。

エクセルが使えると在宅ワークでこんな仕事ができる!

在宅ワークには色々ありますが、エクセルを使わなければできないものも多くあります。
エクセルの本来の用途は表計算ですが、とても汎用性の高いソフトなので表計算以外にもマニュアルや報告書、社内文書、簿記用ソフト、簡易ツール、プレゼン用資料など幅広く使われています。

■エクセルスキルが求められる在宅ワークとは
エクセルスキルが求められる在宅ワークは主に企業内では処理をしきれない業務が多いです。

社内で処理をしようとすると余計な人件費や時間がかかってしまうので、エクセルが得意な外部に発注してしまおうというもの、あるいは高いエクセルスキルが求められるので社内の人では処理が出来ないもの二種類があります。

■エクセルを使った簡易なデータ入力
在宅ワーク初心者やエクセル初心者におすすめなのが簡易なデータ入力です。
操作自体はそれほど難しくはないですが、地道な作業がひたすら続きます。
正確に根気よくこなしていくことが求められます。

アンケート用紙の入力や分析、名刺の作成、納品書や領収書の管理や分析などです。
基本的なエクセル入力と簡単な表計算などができればすぐに始めることができます。

■少し高度なエクセルを使った仕事
簡易なデータ入力はあらかじめ決められた通りに入力していくだけですが、もう少し高度なエクセルスキルが必要な仕事もあります。
エクセル上級者におすすめです。
当然報酬も高いので、今は在宅ワークやエクセル操作のキャリアが浅かったとしてもゆくゆくはこれらの仕事がこなせるのを目指しましょう。

具体的な仕事内容はエクセルを使った調査、分析、グラフ作成、マクロ作成、ピッポとテーブルなどです。
グラフ制作はグラフの元となるデータと作りたいグラフが一致していないことが多いです。
データをきちんと活用したグラフを作ることが求められます。

マクロの作成は得に求められています。アドインや関数、入力規則などが得意な人は重宝されるでしょう。
マクロの技術があれば何万というデータを瞬時に処理ができるのでマクロができる人は大きな強みになります。

ピボットテーブルはデータ分析に欠かせないスキルです。
ピボットテーブルを使えば多次元でのデータ分析を自動で行うことが出来ます。
しかし実際には使える人が少ないので外部発注する企業が多いのです。

 

エクセルを使った在宅ワークで高収入を得るためには?

エクセルを使った在宅ワークでどれだけ稼げるかはその人のスキル、在宅ワークにかける時間などで決まってきます。
エクセル技術を磨いたり高単価の仕事を受注したりするコツについて紹介をします。

■まずはネット環境、パソコン環境を整えましょう
使うソフトがエクセル、パワーポイント、ワード、インターネット程度ならばそれほどハイスペックなパソコンである必要はありません。
しかしタブレットではなく、キーボードのあるブラウザーを選ぶようにしましょう。
エクセルを使う在宅ワークはある程度スピードを求められるのでブラインドタッチのできないタッチパネル式の機器ではとても不利です。

またパソコン自体はハイスペックでなくてもいいですが、パソコン周りの環境は整えるようにしましょう。
エクセルを使う在宅ワークは細かい作業を長時間行う場合が多いです。
目や首、背中、肩、腰などに負担を書けない姿勢や環境で行えるようにしましょう。
集中力が途切れがちな環境で仕事をしてもはかどりません。

パソコン作業にふさわしい照明にしたり、使い心地の良いマウスにしたり、正しい姿勢を維持しやすい椅子や机になるように心がけましょう。
在宅ワークだと部屋が散らかっているとついつい集中力が途切れてしまいがちです。
整理整頓されて機能的な「仕事をするスペース」を確保するようにしましょう。
BGMや香りなどで集中力をアップさせるのもおすすめです。

■エクセルはとにかく慣れが肝心
エクセルはとても汎用性の高いソフトです。
しかし機能が多彩過ぎて全ての機能を使いこなせるようになるためにはある程度の時間がかかります。

つまり最初からスピーディーに高度なことを出来る人などいないのです。
エクセルの説明書を読んでもスムーズに仕事ができなかったからといってすぐに「自分には向いていない」と諦めてはもったいないです。

エクセルは慣れの問題も大きいです。
何度も何度も作業を繰り返すことで技術が身に付きます。
単純な作業ならば頭で考えて処理をするのではなく、指が覚えるくらいまでやり込みましょう。
そうすればスピードは徐々に上がっていき、時給換算の金額も上がっていくでしょう。

在宅ワーク初心者やエクセル初心者はまずは多少報酬が安くても単純な作業をどんどんとこなしていきましょう。
スキルが上がるだけでなく、実績を積んでいけば高単価な仕事も受けやすくなっていきます。

■エクセル未経験ならばスクールに通ってスキルを身に付けるのもアリ
エクセルそのものをほぼ使ったことが無いと言う人が独学でエクセルの技術を身に付けようとするとかなり時間がかかります。
そのような場合は初心者向けのパソコンスクールやエクセル講座に通って習得をしましょう。
自分で参考書を読んで分からずに何時間も悩むよりも先生に訊いた方が早く解決します。
仲間もいるので切磋琢磨しながら楽しくエクセルやパソコンの技術を身に付けることもできるでしょう。

スクールによっては卒業後に在宅ワークの仕事の紹介を受けることのできるものもあります。
卒業後の面倒まで見てもらえるなんて安心ですね。

ただし気をつけたいのが悪質なスクールの存在です。
卒業後の仕事の紹介を餌に高額な入学金、高額なパソコン、高額なソフト、高額な教材、高額な試験、高額な登録料、高額な授業料などを求めてくるような場合は用心しましょう。
全部払って卒業しても仕事の紹介はほとんどないような場合も多いです。
入学するまえのスクールの口コミについてを検索してみましょう。

またハローワークに相談すると格安や無料、時にはお金をもらいながらパソコンスクールに通うことが出来る場合があります。
スクールによっては手厚い指導とまでは行かない場合もありますが、利用しない手はありません。

■エクセルの資格を取得する
エクセルの技術を第三者にアピールしたいとき、資格はとても便利です。
エクセルの資格として有名なのはExcel表計算処理技能認定試験、CS検定、日商PC検定、MOS資格などです。

逆に言えばそれ以外の資格はその企業やコミュニティーの中でしか使えないのであまり意味がありません。
高い受験料や受講料を払ってまで目指すものではないでしょう。

Excel表計算処理技能認定試験はエクセルの作成能力や実務につながる技術についての資格です。
素早い表の作成や計算などが求められます。
Excel以外のソフトの操作は問われない上、かなり実用的な技術が身に付くのでエクセル初心者におすすめです。

CS検定はエクセル操作の中でも少し応用の要素が多くなってくる資格と言えるでしょう。
関数の使い方やデータの抽出などが問われます。
やや高度なエクセル操作ができることがアピールできるでしょう。

日商PC検定試験はエクセル操作だけでなく、それを用いて資料を作ることができるという資格です。
エクセル操作だけでなく、エクセルのトラブルに関することも問われるので、パソコン全体について詳しいことも証明できます。

MOS資格はとても人気の高い資格です。
MOS資格はオフィス系ソフト全般のスキルが求められるソフトです。
エクセルにとどまらずワード、パワーポイントなどの知識も必要です。
これを持っていると在宅ワーク全般でかなり有利になるでしょう。

■エクセル以外の資格を取得する
エクセルを使う在宅ワークはエクセルのスキルだけを求められるとは限りません。

直接事務員や経理を雇う余裕のない中小企業や個人事業主は在宅ワーカーに帳簿や確定申告、税金処理などを委託する場合があります。
エクセルによる表計算だけでなく、簿記、帳簿付け、税金関係どの資格や知識などがあると重宝されるでしょう。

■仕事がはかどるソフトも導入する
エクセルを使う在宅ワークは純粋にエクセルだけを使って仕事をするとは限りません。

仕事自体はエクセルしか使わなかったとしても、仕事を受注したり納品したり相談したりするときにあると便利なツールというものがあります。
それは携帯電話、Skype、圧縮ソフト、暗号化ソフト、ビデオチャットシステム、メールソフトなどです。

■エクセルを使う在宅ワークにこだわり過ぎない
純粋にエクセルだけを使う在宅ワークはそう多くありません。
ものすごく卓越した技術があるのならばともかく、そうでないのならばエクセルにこだわり過ぎずに在宅ワークを探してみましょう。

エクセルを使わないデータ入力の仕事も多くあります。
文章を考えるライティングや画像検索などもそれほど難しい作業ではありません。

希望のエクセルを使う在宅ワークが見つからない場合はエクセルにこだわり過ぎずに在宅ワークを探してみましょう。
文章能力やデータ収集能力を身に付ければそれらとエクセルを組み合わせてさらに高度な仕事ができるようになるかもしれませんよ。

■仕事はとにかく正確に締め切り順守
エクセルの仕事はとにかく正確性を求められます。
せっかく作成したデータが間違っているのでは意味がありません。

まずは正確に。
それからスピードアップを意識しましょう。
出来上がったら印刷してみるのがおすすめです。
ディスプレイ上では気がつきにくいミスが印刷をすると見つかることも多いです。

そして締め切りの順守も大切です。
どんな事情があろうとも締め切りを破ってしまうと信用を失ってしまい、次から仕事を得られなくなってしまうこともあります。

最初から無理のない計画を立てて仕事を受注するのはもちろんですが、どうしても締め切りに間に合わない場合は早めに依頼先に相談をしましょう。

■在宅ワークはフットワークの軽さが大切!
在宅ワークを探す場合は仲介サイトに登録するのが一番簡単です。
仲介サイトはいろいろありますが、とくに事務仕事の依頼が多いものがおすすめです。
複数のサイトに登録をしても全く問題がないので、気になるサイトにはどんどん登録をしましょう。
その方が仕事に巡り合えるチャンスが増えます。

プロフィール欄にはエクセル履歴やそれまでの実績、所持している資格などを載せておくといいでしょう。

そして求人情報はこまめにチェックしましょう。
割りの良い仕事は募集をかけてもすぐに埋まってしまいます。
気になる仕事を見つけたらすぐに応募しましょう。

また仕事を依頼している多くは一般企業です。
つまり平日の日中に稼働して土日祝日夜間などは稼働していません。
平日日中に働いていて、エクセルを使った在宅ワークで副業をしようとしている人は仕事が終わった後や休みの日に求人を探そうとしてもめぼしいものは無いことが多いです。

夜や休日にやる予定の仕事は事前に探しておきましょう。
エクセルを使った在宅ワークはブラウザーパソコンでないとできませんが、仕事を探すのはスマホでも可能です。

勤務中の昼休みや通勤途中などに求人をチェックして申し込み、在宅ワークの予定を立てましょう。
ぼんやりしていると一日中パソコンブラウザーに張り付いて仕事を探している専業の在宅ワーカーに全て求人を持って行かれてしまいます。

■収入を安定させたいのならば長期契約を目指しましょう
在宅ワークの仲介サイトを使う場合、単発の仕事の依頼が多いです。
しかし、収入を安定させたり、仕事探しにかける時間を減らしたりしたいのならば長期契約を目指す必要があります。
長期契約を結べば作業やルールを一から覚える必要がなくなりますし、仕事探しの手間も省けます。
求人に「継続依頼の可能性あり」と書いてあるものを探してみましょう。

しかし継続依頼の可能性がある依頼主だったとしても応募すれば必ず長期契約を結ぶことができるとは限りません。
依頼された仕事のできが良くなければ今後も頼みたいとは思わないでしょう。
依頼された仕事は手を抜かずに締め切りを守ってやり遂げてください。

また長期契約をするというのは定期的に仕事をこなさなければならないと言うことです。
忙しい時であっても在宅ワークを休めなくなる場合もあるので気を付けてください。
何日も作業ができなくなる時は事前に相談をしておけば融通を聞かせてくれる場合も多いです。

ここに注意!エクセルを使った在宅ワーク

エクセルを使った在宅ワークはいいことばかりではありません。注意が必要なこともあります。

■オンとオフの切り替えを上手にとりましょう。
在宅ワークは家が仕事場なのでプライベートタイムを楽しみたいのに終わっていない仕事が気になって仕方がない、仕事をしなければならないのについつい掃除をしたりテレビをつけたりしてしまうなんてことが起こりやすいです。

オンとオフの切り替えができないと生活そのものが崩壊したり窮屈になったりしてしまうでしょう。

■自己管理能力が求められます。
時間を区切って仕事をしたり、仕事専用スペースを作ったりして自分なりにオンとオフが切り替えられるようにしましょう。

■エクセルや仕事の相談ができるようにしておきましょう。
在宅ワークは煩わしい人間関係に悩まなくて良いですが、一方で何か困った時にもすぐに相談が出来る上司や同僚などがいません。

■仕事やエクセル操作で分からないことがあっても自分で解決をしていく必要があります。
頼りになるエクセル操作の説明サイトやエクセル操作の指南書などを見つけておきましょう。

また仕事上分からない点がある場合は早めに発注者に問い合わせるのが一番良い手です。
「多分こうだろう」という思い込みで仕事をすすめると全て終わったあとに「やりなおしてください」と言われ、いままでの頑張りが無駄になってしまうリスクがあります。

それだけならばいいですが、今後の依頼まで失ってしまうこともあるでしょう。
良くないのは分からないことを分からないままにしておくことです。
それはエクセルや在宅ワークに限った話ではありません。

■疲れ目、肩こり、腰痛などに注意
パソコン仕事に集中したり長時間続けたりしているとついつい姿勢が悪くなってしまったり体に負担をかけてしまったりしやすいです。

目が乾燥したり肩や首、背中、腰などが痛くなったりしてきます。
特に目は疲れると乾燥したりしばしばしたりするだけでなく、頭痛や肩こりまで引き起こします。
正しい姿勢を心がけるとともに適度な休憩を取りながら仕事をしましょう。

オフィスで仕事をする場合、事務作業に適した机や椅子、照明などが用意されている場合が多いですが、家で仕事をする場合はそうもいかないことも多いでしょう。
悪化させてから対策をしようとすると大変です。
予防に務めましょう。

■データの流出に注意!
エクセルで扱うデータは企業の機密事項に関わっていることも多いです。
管理には十分に気を付けるようにしましょう。

在宅ワークとはいっても自宅でやるとは限りません。
喫茶店などでやる場合は画面を開きっぱなしにして席を立つなどということがないようにしてください。
ネット喫茶で仕事をする場合はログインしっぱなしで退席するようなことなどないようにしましょう。

また自宅で作業する場合も最新版のウイルス対策ソフトをしっかりと入れて安全対策に力を入れてください。
データの流出は依頼先からの信用を失ってしまうばかりか、場合によっては損害賠償を請求される可能性すらあります。

■必要に応じて確定申告や開業届などを
エクセルを使った在宅ワークは企業に直接雇用されるのではなく、個人事業主として仕事を受けることが多いです。
つまり雇われているわけではないので税金関係は全て自分でやらなければならないということです。
区分的には社員やアルバイトではなく、個人事業主ということになります。

本業があってお給料をもらっている場合は年収20万円、在宅ワークでしか働いていない場合は年収38万円を越えると確定申告をする義務が出てきます。
扶養に入っているか否か、本業があるか否か、扶養者の年収、家族構成などによって複雑に変わってきますが、一定以上の年収を超えると所得税や住民税だけでなく社会保険や年金などの支払いも生じてきます。

開業届をだして青色申告をすると大幅な節税が可能になるのでしっかりと稼ぎたい人は考えておくようにしましょう。
パソコン代やインターネット代、ソフト代、電気代などを経費として計上して節税できる場合もあります。

エクセルを使った在宅ワークはスキルを磨きが稼ぎを左右する!

エクセルは身近なソフトですが汎用性がとても高く、それゆえに完璧に使いこなせる人というのはなかなかいません。
だからこそ、企業が持てあましてしまう案件を在宅ワークで引き受けて稼ぐチャンスがあるのです。

エクセルや在宅ワーク初心者はまずは報酬や安くてもスキルをあまり必要としない地道な作業で経験を積み、仕事に慣れましょう。
資格を取得したり実績を積み重ねたりすることでより高度な技術を必要とする高単価な仕事をこなせるようになります。

エクセルの仕事はとにかくパソコンにつきっ切りになることが多いので目が肩、背中、腰などを痛めないように仕事環境を工夫したり適度な休憩をとったりすることも重要です。
副業として考えている人も本業として頑張ろうとする人も正確さを大切に頑張ってください。

Pocket

pagetop