副業としての在宅ワークのやり方 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

コラム

先輩レポート

在宅ワークをはじめよう

前編

後編

オンライン会議がすぐ可能 meetin

電気料をポイント還元

新着コラム

よくみられてるコラム

副業としての在宅ワークのやり方

公開日:2018.01.04
最終更新日:2019.07.30
Pocket

今では誰もが知っている「在宅ワーク」という言葉。
 
その働き方や言葉自体が広く知られるようになったのは、2000年代初頭だそう。
しかしその当時は情報漏えいに関する問題への対処法などが今ほど整備されていなかったため、
クリエイティブで特殊な仕事(本の執筆・作曲やデザインなど)を「在宅ワーク」で行う人が多かったようです。
 
その後、インターネットの爆発的な普及により、誰にでも門が開かれたのが在宅ワークという働き方。
雇用関係があるかないかでだいぶ違ってきますが、私は、ネットを使った在宅ワークなら、
最初はある程度信用のおける会社との雇用形態で始めることをおススメします。

在宅ワークの収入額について

在宅ワークを行うと、どれくらいの収入があるのでしょうか。平成25年度厚生労働省委託事業における「在宅ワーカーに関する調査」によると、最も多い層は5万円未満で25.6%でした。その上の層で、5~10万円未満9.2%、10~20万円未満12.3%で、これらを合わせると約半数になります。

反対にいえば、残りの半数の人は20万以上の収入があることになりますから、まさに個人の能力と経験によって、収入は大きく異なることになります。これは在宅ワークが実績によって報酬がアップするという特性があることと、成果品の数が多いほど収入増になるため在宅ワークに費やす時間によっても収入が異なってくるからです。

つまり在宅ワークの収入を増やすためには、在宅ワークとしての実績の重ねと、仕事に費やす時間が大きな決め手となるのです。

在宅ワークに向く人

それでは在宅ワークは、どんなタイプの人に向いているのでしょうか。

在宅ワークは、いったん仕事を受注したら、後は自己管理によって業務を進めていきます。業務上の悩みが発生しても、あるいは少々体調を崩しても、すべては自分で解決していくしかないのです。このため在宅ワークは、自己管理がしっかりとできる人に向いているといえます。

また他人のアドバイスが煩わしいと感じたり、集団でひとつのことをやり遂げたりといったことが苦手な人も、在宅ワークであれば基本的に他者の意見が介在することはないので、在宅ワークに向いているといえます。とはいえ、成果品は一定のレベルを維持する必要があるため、そこには自己を客観的に見られる力が必要になります。

在宅ワークに向かない人

反対に、在宅ワークに向かないのはどんなタイプの人でしょうか。

在宅ワークは、自分の好きな時間に働くことができるとはいえ、最終的な納期はしっかりと決まっている仕事がほとんどです。このため、スケジュール管理が不得手な人には、苦痛に感じることがあるかもしれません。

在宅ワークは一人の作業が基本です。したがって日頃の不満のはけ口として、常に話し相手を求めているようなタイプの人は在宅ワークには向いていません。

また、たとえ本人が会話を求めていなくても、周囲には「聞き役」を求めている人が大勢います。こういう人に巻き込まれてしまうと仕事は捗りません。つまり他人の長電話につい付き合ってしまう人や、他人の誘いをきっぱりと断れないタイプの人は、在宅ワークには向いていないといえます。

実際にやってみて感じた事

Pocket

在宅求人を探したくなったらこちら
在宅ワークを探すならママワークス

pagetop