在宅ワークを始めて変わったこと | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークを始めて変わったこと

2018.01.25
Pocket

私のわがままな条件をすべてクリアしたのは「在宅ワーク」でした。

「子供も入園するし、そろそろ働こうかな」
これが私のきっかけでした。
 
しかし外へ働きに出る場合の
私の条件はとても厳しく・・・
 
○時間は午前中。または9時から14時頃まで
○急なお休みも可能である事
○土曜・日曜・祝日は休みたい
○希望としては週3くらい
○勤務地は自宅から近い場所
 
いやいや
無いわけではありません。
 
このわがままな要望5つ全ては
さすがに無理でも
3~4つ当てはまる求人は数件あります。
あるにはあるのですが
まだ幼稚園児の子供がいる
私にはこの5つがとっても重要なのです。
 
でも働きたい!
少しでも貯金したり
交際費にあてたい・・・
 
本当にわがままですよね。
自分でも呆れちゃいます。
 
でも子育てママの本音ではないでしょうか?
そこで、5つの条件をすべて満たすことのできる在宅ワークを始めました。
(5つ目は在宅ワークなので、通勤時間もゼロ!)
今回はそんな私が「在宅ワークをはじめて変わった事」についてお話いたします。

少しの勇気で変わった事・変わらなかった事。

社員として勤めていた頃、双子を妊娠しました。
私の場合、妊娠初期から酷い悪阻に見舞われ
入退院を繰り返していた為
これ以上会社に迷惑をかけられないと思い
退職する事を決めました。
 
それからというもの
家事と子育てに追われる毎日。
1日があっという間に過ぎ去っていきました。
子供達も大きくなり
あと数か月で幼稚園に入園する時期になると
考えたことは社会復帰でした。
 
しかし・・・
小さな子供が居ると急な体調変化もありますし
園に預けるにしても夏休みなどの長期休暇も・・・
働き始めると「また迷惑をかけてしまうかもしれない」
また会社勤めから離れて長くなると
 
社会復帰すること自体に自信がなくなり
一歩を踏み出す事が出来ませんでした。
 
そんな中、出会ったのが「在宅ワーク」です。
初めて知る在宅ワークは
私のような子育て中のママでも
出来る仕事が豊富にあり
何より自宅で仕事が出来るという事が
とても魅力的でした。
 
今まで家事を終えて
子供たちが寝静まった後は
のんびり自分の時間でしたが
その数時間を利用して
働いてみようと考えました。
 
少しだけ勇気を出して
求人に応募しました!
とってもワクワクしました!
 
変わったのは、その「のんびり時間」が「ワーク時間」になった事。
日中は変わらず、今まで通り過ごす事ができるのです。

子供との時間・こころのゆとり

仕事を始めて報酬を得ることによって
自分の中で「余裕」が生まれました。
仕事を始める前は何かにイライラして
心に余裕が全く無かったのです。
 
また「在宅ワーク」は
自分の責任で仕事を進める事が出来ます。
仕事の量や納期は基本的には厳守ですが、
事情によっては柔軟に対応してくれるクライアントも多くあります。
 
納期を守らなければならない使命感はあるものの
焦りを感じる事は無く仕事をする事が出来ました。
仕事内容によりますが、勤務時間・日数・曜日は自分次第です。
逆にいうと「休みの調整も自分次第」なのです。
それにより子供達に合わせて
スケジュールを組み動くことが出来るので
私が仕事を始めたからといって
ストレスを感じる事は無いように思います。
 
失敗もたくさんありますが
“在宅ワークへの挑戦”は、私の生活をより豊かにしてくれました。
 
Pocket

pagetop