SEOとは?初心者向けの基礎・基本を解説 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

SEOとは?初心者向けの基礎・基本を解説

公開日: 2018.02.20
最終更新日: 2020.06.09

SEOとは?初心者向けの基礎・基本を解説
突然ですが、「SEO」という言葉を聞いたことがありますか?聞いたことがない方もいると思いますが、実はSEOは私たちの生活に非常に身近な存在です。
しかもSEOを理解すると、インターネットの閲覧や利用が、さらに楽しくなります!特に在宅WEBライターに興味のある方は知っておいた方がいいかもしれません。
では一体、SEOとは何か?ここでは、SEOについて分かりやすくご紹介したいと思います。

「SEO」の言葉の意味は?

SEOとは、“Search Engine Optimization” の頭文字をとった略語。なので「エスイーオー」と読みます。日本では「検索エンジン最適化」と訳されています。
ただ「検索エンジン最適化」だけでは少し分かりづらいと思います。そこで次に「検索エンジン最適化」についてもう少し詳しく説明したいと思います。

「検索エンジン最適化」とは?

おそらく、知りたいお店や分からない言葉などを探し出す際、まず“ネット検索”をする方が殆どではないでしょうか?
またその時、大抵の場合、検索結果の上位のサイトからアクセスしていくと思います。
だからサイト運営側としては、検索結果で上位に来ることが非常に重要。なぜならば、売り上げに大きく関わってくるから。
このようなある特定のウェブサイトが検索結果の上位に表示されるようにサイト設計をする手法の総称を「検索エンジン最適化」といいます。

SEO対策のステップ

SEO対策では、キーワード選定とホームページ作りの施策を試すというステップを踏んでいきます。

■キーワード選定
SEO対策を試す場合、どんなキーワードで自社のホームページに人を誘導するか決める必要があります。キーワード選びを間違がうとホームページに興味のない人が訪れるので、検索上位を取っても成果につながりにくいもの。

例えば自転車に関するホームページなら自転車に関するキーワード、脱毛に関するホームページなら脱毛に関するキーワードで検索上位を目指す必要があります。ホームページの種類に合ったキーワードを選定しないと、成果にはつながりにくいのです。

キーワードを調べるときには、狙うキーワードの検索ボリュームを調べるのがおすすめ。検索ボリュームを調べれば、上位表示の難易度、優先順位などの情報を知ることができるでしょう。

■ホームページ作りのための施策を試す
キーワード選定を行ったあとは、ホームページ作りのための施策を試すのがいいでしょう。ホームページの中身やタイトルの作成、場合によってはドメインやテーマの決定などを行わないといけません。

しかし上位を取れる確実な施策がないのがSEOの難しいところ。いろいろな情報がありますが、確実な情報はあまりありません。

SEOの重要性

SEOで上位を取れると、ホームページにたくさんの人が訪問してくれます。とくに1位を獲得できれば、ホームページに訪れる人が大幅に増えるので、会社の認知や売上アップなどのプラスの成果を得られます。ですから、いろいろなSEO対策を試してみて、キーワードで上位表示を狙うのが必要不可欠だといえます。

キーワードを入力して調べる人は、調べたときに上の方に表れているものが自分の悩みを解消してくれるものだと思うもの。ですから調べ物をしている利用者の悩み解決につながるコンテンツを作るのが上位表示の近道です。

そのためにSEO対策を施して、検索上位を勝ち取れるホームページ作りをするのが欠かせません。

検索エンジンの仕組みを理解するうえで大切なこと

検索エンジンの仕組みを理解するうえで大切なことは、検索上位を勝ち取るとたくさんの集客が行えること。

あくまで例えですが、家事代行サービスを行っている会社があったとします。家事代行サービスを行っている会社は自社の家事代行サービスを広めたいので、SEOで上位を狙う戦略をとることに。

キーワードは「家事代行」を狙い、見事「家事代行で」1位を勝ち取れたとします。その結果「家事代行」のキーワードで調べる家事代行に興味がある方がサイトを訪問するので、効率的に会社のサービスや商品を宣伝できます。

SEOで上位を勝ち取れると多くの人の目に触れられるので、売上アップや認知度の向上などの成果を期待できるのです。

SEOのメリット

SEOで上位表示する利点は、自社商品の売上アップだけではありません。ほかにも利点があるので、紹介していきます。

■ランニングコストがかからない
SEOで上位表示できた場合、その後のランニングコストがかからないという利点があります。お金を払って広告を表示するリスティング広告の場合、広告をだしているあいだはお金がかかり続けます。SEOの場合、上位表示できたあとのランニングコストはかからないのです。

■ブランディング効果
SEOで上位表示できると会社のブランディング効果があがります。一番上に表示されている場合「有名な会社なのかな?」と思ってもらえるので、会社の名前が世間に広まります。

SEOで上位を取れるとインターネット上で宣伝できるので、いろいろな場所にいる方にネットで拡散できます。

SEOの今後の動向

SEOは年々進化していて、利用者に寄り添っているホームページが上位に表示されています。

■利用者に寄り添っている内容
SEOでは、利用者に寄り添っている内容のホームページが評価されています。調べてきた人の悩みや疑問を解決するホームページが評価されるので、キーワードを詰め込む記事は上位に表示されなくなりました。

調べごとをしている人の悩みや疑問を解決できるホームページを上に表示することで、Googleの信頼もあがります。信頼を得られると人が集まってくるので、広告も集まるというプラスの流れが作られるのです。

■ページの表示速度
ホームページの表示スピードも重要なポイント。表示スピードが早いと利用者のストレスを軽減できるので、SEOにいいといわれています。

確かにページの表示が遅いと待ちくたびれてしまい、なんだか見る気をなくしてしまうことも…

表示スピードが早いとストレスのない状態でページに移れるので、いい気分でホームページを見れます。

本質的なSEO対策

SEO対策で重要なのは、こちらの2点。SEO対策を行う上で覚えておくと便利なので、ぜひご覧ください。

■内部対策
内部対策とは、中身を充実させるSEO対策のことです。充実した内容(読者の悩みを解決できているか?)、タイトルにキーワードを入れる、見出しタグの設定、画像のタグをつけるなどの細かな部分ですが、SEO対策を行う上で大切な要素だといえます。

タイトルひとつをとっても、32文字以内に抑えないと検索画面で見切れてしまう、キーワードは左側につめた方がいいなど、いろいろなことがいわれています。

■外部対策
いわゆる被リンクと呼ばれているもの。被リンクはほかのホームページに掲載されている自社のリンクのことで、被リンクが多いとSEO対策として有効だといわれています。

被リンクの数が多いと、ほかのホームページも紹介するほどの価値があるコンテンツを配信しているという風に評価してもらえます。

コンテンツSEOを成功させるには

コンテンツSEOを成功させるには、利用者のニーズの把握とサイトの中身の編集が必須。大事になるのは、利用者が求めている内容のサイトを作ることです。

■利用者のニーズを理解する
コンテンツSEOを成功させるには、ホームページを見る利用者がなにを考えているか理解すること。指定のキーワードを調べる利用者が「どんなことに悩んでいるか?」、「なにを知りたいのか?」などのユーザーの気持ちを考えるといいでしょう。

■ホームページの中身の編集
ホームページの中身を編集することも大切なポイント。目次や見出しを作成して、利用者がホームページのどの部分を見ているかわかりやすいようにしましょう。

文章の読みやすさだけでなく、文章の見やすさも気にするのが大事です。文字だけの記事、改行や空白のない文章などは、見た目が悪く読みにくいので利用者の離脱につながってしまうからです。

ですから文章が見やすいように改行や空白、箇条書きの使用、画像の使用など、文章が読みやすくなる工夫をするのも大事なポイント。

SEOとサイト運営

インターネット上には無数の同業他社サイトがあります。その同業他社との差をつける一番の方法は、まず“サイトに来てもらうこと”。そのためにサイト運営側は、非常に細かな分析を行っています。
例えば、ユーザーが検索する際の単語の組み合わせ方を何通りも想定、組み合わせをします。そして、誰が読んでも分かるように、漢字は常用漢字しか使わないというところも多いと思います。
またサイト内では商売気を前面に出すのではなく、お役立ちコラムを掲載して満足度を上げるなど、それぞれのサイトが創意工夫をしています。
ところでなぜこのSEOと在宅WEBライターの仕事が深く関わっていると考えられるのでしょうか。それは次でご説明したいと思います。

SEOツール

SEO対策を行う上でどんなツールを使えばいいか気になる方もいると思います。SEO対策を行う上であると便利なツールを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

■Google Search Console
ホームページの訪問者数や時間帯、キーワードごとのクリック数や表示回数などがわかるのがGoogle Search Console。検索順位も確認できるので、ランクインしているけどクリック数が少ない記事をみつけて手を加えることが可能です。

■ラッコツールズ
検索キーワードの上位記事の見出しやタイトルを抽出してくれるツール。文字数もカウントしてくれるので、記事を作成するときの参考になります。利用者のニーズを掴むのにおすすめのツールです。

SEOと在宅WEBライター

検索結果の上位に表示されるかどうかは、ある種在宅で働くWEBライターの手腕にかかっていると言っても過言ではありません。
例えば、検索の際よく用いられる単語。この場合、タイトルや文面をどこに配置するか、どれほど散りばめることができるかなどによって、その結果は変わってきます。また特にコラムサイトの場合、ライターの文章力は非常に大きいです。
 
実は私はもともと、紙面上の記事を書いていました。そんな私の在宅WEBライターの一番の醍醐味は、この“不特定多数のユーザーをどのようにして顧客化するか”だと思っています。
紙面を読まれる方というのは、基本、その紙面が好きな方。つまり“顧客”です。だからよほど期待外れのことがない限り、愛読し続けてくださいます。
 
一方WEBユーザーは、簡単にいろいろなサイトに行けます。つまり、気に入らなければすぐ他のサイトに行きます。また、より多くのサイトを見ているので、判断の目がより厳しいように感じています。だから、サイト運営サイドの研究は発達しているのではないでしょうか。
 
今回はSEOの基本と在宅WEBライターについてお伝えしました。次回は、在宅WEBライターがどれほどSEOと深く関わっているのかをもう少し詳しくお伝えしたいと思います。