SEOと在宅webライターの関係とは?稼ぐにはどうすればいい? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

SEOと在宅webライターの関係とは?稼ぐにはどうすればいい?

公開日: 2018.02.21
最終更新日: 2020.01.08

SEOと在宅webライターの関係とは?稼ぐにはどうすればいい?

前回はSEOの基本と在宅WEBライターについてお伝えしました。今回は、在宅WEBライターがどれほどSEOと深く関わっているのかをもう少し詳しくお伝えします。

在宅ライターとして稼ぐコツ

では実際に在宅ライターとして稼ぐには、どんな風にしていけば良いのでしょうか?ここでは、稼ぐコツについてお話していきたいと思います。

◆スキルを磨こう

これは大前提ですが、自身のライターとしてのスキルを磨いていかなくてはいけません。在宅ライターは誰でも始めることが出来る仕事ですが、誰でもできるからこそ稼ぐために自分を磨く必要があります。
スキルと言っても、飛びぬけた語彙力・文章力というわけではありません。読んでいる人が違和感のない文章を書く必要はありますが、それとはまた別物です。

在宅ライターが執筆する場のほとんどがWebになります。Web上で読みやすい文章を書き上げるだけでなく、書き上げた原稿をCMS入稿(ブログやWorldPressなどへの入稿)するやり方を身に着ける必要があります。また、Web上の記事はアクセスしてもらう工夫が必要となるので、SEOの知識を身につけることが大切になります。これらの技術を持っているライターであればどの企業も欲しがる存在となるでしょう。
この技術を磨き上げるには、インプットとアウトプットすることが重要です。インプットをするのであれば、ライター関係の書籍や実際にかかれているWeb上の記事を読む、そして実際に記事を書き上げる訓練であるアウトプットをして磨いていきましょう。

◆仕事を探していく

大前提なのですが、仕事を請け負わなくては報酬を得ることはできません。稼ぎたいという思いがあるのであれば、積極的に仕事を探していきましょう。その仕事を探す方法として

・クラウドソーシングサービス
・求人サイト
・企業に直接営業をする
・SNSで探す

などいろいろな方法が存在します。

ライターとしてある程度経験を積んでいるのであれば、自身で営業を掛けるなどしてみることも良いと思います。まだ始めたばかりの初心者の方は、クラウドソーシングサービスや求人サイトで仕事を探してみると良いでしょう。

そして、意外にも需要があるのが、SNSで探すという方法もあります。特にTwitterはお勧めで、検索で「ライター 募集」などと検索してみると、募集しているユーザーを見つけることが出来ます。また、「bosyu」というSNS上で仕事を募集するサービスもあります。そのようなサービスをTwitterで検索すると仕事につながるということがあるそうです。そして、この方法で探す仕事は意外にも単価が高いものが多いそうです。
しかし、仕事を募集している人物がどんな人物かをしっかりと見極める必要があります。相手の顔が見えないやり取りなのできちんと確認してから応募するようにしましょう。

◆集中力を挙げる工夫をする

在宅ライターの仕事をする上で、最も難しいのは「集中力を持続させ続けること」だと私は思います。その「集中力」を向上するための工夫をすることも大切なポイントであると考えています。

自宅での作業となる在宅ライター。少しでも長く集中するために工夫できる点として

・室温・湿度を快適な温度に設定する
・好きな音楽を掛けて作業する
・アロマを使ってリラックスした環境を整える

等自分が“快適”な状態を保てるようにしてみましょう。これは「ポモドーロ・テクニック」と呼ばれており、作業と休憩を交互に取る方法です。このような方法を試してみるのも良いでしょう。

◆強気の営業も大切

効率良く稼いでいくためには、強気の営業も必要となってきます。自分の能力に自信がないからと言って、単価の安い案件ばかり受けていても稼ぐことはできません。
単価が安いと量を稼いでいかないといけません。下手をすると、正社員として働いている人達よりも働いているのにも関わらず、まったく稼げないということもあります。自分の実力よりもほんの少し上のレベルの仕事を受けていくことで、自分の技術を磨くことにも繋がります。そうすることで、単価の高い仕事も受けることができます。自分の実力をしっかりと見極め、適切な仕事を運ぶように心掛けていきましょう。

SEOは在宅WEBライター次第!?

前回お伝えしたように、SEOとは、ある特定のウェブサイトが検索結果の上位に表示されるようにサイト設計をする手法の総称のこと。
そして検索結果の上位に表示される有効な方法のひとつとして考えられるのが、検索されるであろう言葉をどのようにしてより多く使うか、ということになります。
だから在宅WEBライターの手腕次第で、検索結果の順位が変わる可能性があると言っても過言ではありません。

在宅WEBライターとは、あくまでも“仕事”です

ここまで読んで「在宅WEBライターって、“好きなことを自由に書けばいい”訳じゃないんだ…」と気付かれた方がいらっしゃるかもしれません。
実はお気づきの通りで、もし“好きなことを自由に書けばいい”のであれば、ご自分のブログでどうぞ、ということになります。在宅WEBライターはあくまで“お仕事”です。
だから、在宅WEBライターのお仕事の依頼のされ方としては、キーワードを2~3単語伝えられ、そこから記事を書いていくのが一般的なパターンのように思います。
この事実に対して「それじゃあキーワードが“縛り”になって、記事が書きにくいのでは?自由に書く方がやりやすいんじゃないの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

“自由”ほど難しいことはない!?

確かに“自由に書く”というのは言葉だけ聞けば、自分のペースで仕事を進められてやりやすいように思われるかもしれません。
例えば“文具”に関する記事を書いてください、というだけの依頼があって、あとは在宅WEBライターが自分で考えて記事を進めるという仕事もあります。
考えようによっては、自由に書けていいという考え方があると思います。しかし在宅WEBライターの大事な任務は、「いかにSEOで成果を伸ばすか」です。
なので“文具”だけだと、そのサイトを検索するユーザー層は、どんな言葉と一緒に検索するのか?ということを自分で考える必要が出てきます。
例えばそのサイトが乳幼児用の文具を扱っているところの場合は、「はさみ 安全」とか「クレヨン なめても大丈夫」とか「色えんぴつ 消せる」のような感じで自分で検索用語を想定して、記事を書いていくのです。
だから在宅WEBライターは、“自由”であるほど自分で掲載サイトの研究をしなければならないところが大変なような気がします。

結局SEOと在宅WEBライターとは?

自分がネットを検索した際「ジャストフィット!」と感じた経験を思い起こせば、SEOに繋がるヒントがあると思います。
その考え方を端的に表している言葉があります。それは『グーグルが掲げる10の事実』。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、まず1つめの真実は「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」です。これが全てを物語っていると思います。
それは在宅WEBライターも同じこと。普段のママとしての経験は在宅WEBライターをする上でもSEOに影響することが多々あると思います!
今からサイト検索をされる際、検索結果の並び順などにもぜひ注目してみてください。目線を変えると見え方が変わって、面白いですよ♪