SEOは在宅ワークに深く関わってます!〜その2:SEOと在宅WEBライター〜 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

SEOは在宅ワークに深く関わってます!〜その2:SEOと在宅WEBライター〜

2018.02.21
Pocket

前回はSEOの基本と在宅WEBライターについてお伝えしました。今回は、在宅WEBライターがどれほどSEOと深く関わっているのかをもう少し詳しくお伝えします。

SEOは在宅WEBライター次第!?

前回お伝えしたように、SEOとは、ある特定のウェブサイトが検索結果の上位に表示されるようにサイト設計をする手法の総称のこと。
そして検索結果の上位に表示される有効な方法のひとつとして考えられるのが、検索されるであろう言葉をどのようにしてより多く使うか、ということになります。
だから在宅WEBライターの手腕次第で、検索結果の順位が変わる可能性があると言っても過言ではありません。

在宅WEBライターとは、あくまでも“仕事”です

ここまで読んで「在宅WEBライターって、“好きなことを自由に書けばいい”訳じゃないんだ…」と気付かれた方がいらっしゃるかもしれません。
実はお気づきの通りで、もし“好きなことを自由に書けばいい”のであれば、ご自分のブログでどうぞ、ということになります。在宅WEBライターはあくまで“お仕事”です。
だから、在宅WEBライターのお仕事の依頼のされ方としては、キーワードを2~3単語伝えられ、そこから記事を書いていくのが一般的なパターンのように思います。
この事実に対して「それじゃあキーワードが“縛り”になって、記事が書きにくいのでは?自由に書く方がやりやすいんじゃないの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

“自由”ほど難しいことはない!?

確かに“自由に書く”というのは言葉だけ聞けば、自分のペースで仕事を進められてやりやすいように思われるかもしれません。
例えば“文具”に関する記事を書いてください、というだけの依頼があって、あとは在宅WEBライターが自分で考えて記事を進めるという仕事もあります。
考えようによっては、自由に書けていいという考え方があると思います。しかし在宅WEBライターの大事な任務は、「いかにSEOで成果を伸ばすか」です。
なので“文具”だけだと、そのサイトを検索するユーザー層は、どんな言葉と一緒に検索するのか?ということを自分で考える必要が出てきます。
例えばそのサイトが乳幼児用の文具を扱っているところの場合は、「はさみ 安全」とか「クレヨン なめても大丈夫」とか「色えんぴつ 消せる」のような感じで自分で検索用語を想定して、記事を書いていくのです。
だから在宅WEBライターは、“自由”であるほど自分で掲載サイトの研究をしなければならないところが大変なような気がします。

結局SEOと在宅WEBライターとは?

自分がネットを検索した際「ジャストフィット!」と感じた経験を思い起こせば、SEOに繋がるヒントがあると思います。
その考え方を端的に表している言葉があります。それは『グーグルが掲げる10の事実』。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、まず1つめの真実は「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」です。これが全てを物語っていると思います。
それは在宅WEBライターも同じこと。普段のママとしての経験は在宅WEBライターをする上でもSEOに影響することが多々あると思います!
今からサイト検索をされる際、検索結果の並び順などにもぜひ注目してみてください。目線を変えると見え方が変わって、面白いですよ♪
Pocket

pagetop