在宅ワークでのモチベーションの保ち方 | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークでのモチベーションの保ち方

2018.04.05
Pocket

「仕事が自宅でできる」「好きな時間にできる」という点が在宅ワークのメリットですよね。
しかし自宅にはテレビにソファ、ゲームなどの誘惑してくる物がたくさんあります。その誘惑に負けて仕事を後回しにしていませんか?
その誘惑に勝つために、やる気をだし、モチベーションを保つ必要があります。
今回は、在宅ワークでのモチベーションの保ち方を紹介します。

休日や休憩時間を作る

在宅ワークは自分の好きなように仕事ができるので、好きなだけ働けるし、好きなだけ休むことができます。ですから「働くこと」と「休むこと」の境界線が曖昧になってしまいがちです。

なのであえて「休日や休憩時間」を作るのです。会社勤めをしている時に「あと一時間頑張ればお昼休憩だから頑張ろう」とか「あと一日乗り越えたら休日だから頑張ろう」って考えたことはありませんか?

明確な休日や休憩があると「休みに向かって頑張ろう」という気持ちが芽生えるのでやる気がでてきますよね。
私は家族の休みに合わせて土日に休んでいます。それとは別に平日に一日だけ休みを取るようにしています。

休憩時間はその日のスケジュールに合わせて「自分が心身ともに休める時間」に取るようにしています。
働く時は働く、休む時は休む、というようにメリハリをつける事でモチベーションを保つことができます。

洋服を着替える・化粧をする

会社に出勤する時に部屋着で行く人や化粧をせずに行く人はいませんよね?仕事着に着替えたり化粧をしたりすることで「仕事モード」をオンにすることができます。

在宅ワークでも同じです。家から出ないのだから着替えるのが億劫、化粧なんてしなくないよ、と思うかもしれませんが、洋服を変えて気分転換することは大切なことです。
また女性は化粧をすることで気分転換にもなります。
仕事をするには「形から入る」というのもモチベーションを保つのに大切なことなのです。

仕事を好きになる!

難しいかもしれませんが、これが一番モチベーションを保つのには良いと思います。
私も最初はライターの仕事が苦手でしたが、今ではこの仕事が好きになり楽しんで仕事しています。
ライターという仕事は「情報を発信する仕事」です。自分の書いた文章が誰かの役に立つ、と考えると嬉しい気持ちになりますし、より良い文章を書こうと向上心も出てきます。
また記事を書くために調べものをしていると、自分の知らないことを知ることができるので、発見があり楽しいです。
このようにどんな業種でもやりがいや「好きな所」を見つけることができると思います。
ぜひ、自分の仕事の「いい所見つけ」をしてみて下さいね。
 
 
以上が在宅ワークでのモチベーションの保ち方です。簡単に実践できることばかりなので、参考にしてみて下さいね!
Pocket

pagetop