在宅ワークでまとめて稼ぐには? | 在宅ワーク・内職の求人・アルバイト情報なら主婦のためのママワークス

在宅ワークでまとめて稼ぐには?

2018.06.22
Pocket

在宅ワークはコツコツ出来る人は楽しくて仕方ないくらい、慣れてくると楽しい働き方です☆
だってこんなに家ですぐに仕事が出来るって、今まで経験ないですよね⁉ホント、昨年の働き方改革には感謝感謝です♪
ですが、外で稼ぐより、率が悪いケースがあることは、ある程度仕方ないかも知れませんね。
そこで、在宅ワークで稼ぐ為には、色々と工夫も必要かもしれません。
今日は一日家族も居ない日だから、長時間働いて、がっぽり稼ぐぞ!と意気込んでいたとしても、コツコツワークには限界もありますし。やはり、同じ作業だけだと、人間少々疲れますね。
しかも、在宅コールスタッフなど、職種によっては、時間帯が決まっていて、早朝や夜、休日などは働けない職種も多いかもしれません。
そうすると、今日は夜も働けるのに~~と思っても残念、仕事はありません。
そこで、今回は、そういう時にも、稼げるように幾つかの提案を載せてみます。

種類(職種)の違う在宅ワークを幾つか持っておく

これは結構、長時間働ける良い方法です。
というのも、手っ取り早く稼ぐのには在宅コールスタッフは近道なことが多いですから、これは始めておくと良いのですが、残念ながら、時間帯が決まっていることが多いです。
そして出来高制のことも多いため、繋がったかどうかで、収入も決まりますし、繋がってもアポイントになるかならないか?によって金額が変動しますから、その日の与えられたリストがたまたまアポイントにほぼ繋がらないものであったり、コール音のみだったり留守電ばかりですと、どんなに架電しても、時間ばかり経ってしまい収入につながらないこともあります。
しかも、土日祝日はコール業務ができない場合も結構あります。
だからこそ、予定はたてやすい上、ある程度の収入も入るのですが、上記のようにたまたま率の悪い日であったり、空いた時間帯がたまたま週末や夜だったりするときに働けず、収入に繋がりません。
そんな時に、もし在宅ワークのコラムや記事作成等のライティング業務を持っていれば、日中にはコール業務、終了したら少し休憩してから、夜にライティング、で頑張るとよいでしょう。
こうすれば、一日中フルに活用出来て、無駄がなく効率よく働いて、収入に繋がります。
できるときにまとめて働いておくと、後でお財布が助かることもありますよね♪

1つの職種でも幾つか案件を持っておく

何故でしょうか?少し例えで考えてみましょう!
お腹いっぱいになったとします。でも、お惣菜とは全く違うスイーツが最後の〆で出たとします。
お腹いっぱいでも、なぜか食べれることってありませんか?
実はこれには科学的根拠もあるようで、別腹とも昔から言うように、あながち嘘ではないようです。
レントゲンで胃の動きを見ると、スイーツを見ると胃に空洞が出来て更に食べれる余裕が出るそうです。
 
少し違うかもしれませんが、在宅ワークもこれと似たような仕組みと考えるとわかります。
同じ内容の仕事ばかりだと、飽きたり疲れたりで、あまり長時間集中出来なかったりします。
例えば、比較的簡単な記事作成がずっと続くと、同じ作業ではあっても、長時間経過すると、つまらないミスをしたり、簡単な作業にダラダラ時間を長くかけてしまいます。つまり、脳の飽和状態、なのでしょう。
でも、全然違う種類のコラム作成等に切り替えると、突然頭が動き出したりすることもあります。
コラム作成の場合には、記事作成と違い、自分で思考力を働かせて行う作業です。今までの、頼まれた形の記事作成ではないので、頭の違う部分を使うわけですね!
忘れてしまいがちですが、脳も筋肉と同じ身体の一部であって、筋肉疲労?のような事も生じるのかも知れません。
それで、在宅ワークのライティング業務も、幾つか種類を持っていると、頭が疲れることなくフル活用出来る、というわけです。

まとめ

要は
・しっかり稼げる在宅コールスタッフの他に、時間関係なく働ける在宅ワークを持っておく。
・時間関係なく働ける在宅ワークも幾つかの案件を持っておく。
 
こうすることで、空いた時間帯のフル活用が出来て無駄を極力減らせます。
 
そして、心と頭を上手にバランスよく活用出来るので、疲れを最小限にして、沢山稼ぐ事が出来る、ということにつながります。
心と頭のバランス?何を大袈裟な、と思うかもしれませんね。でも、ライティング業務だけですと、確かにマイペースに出来るかもしれませんが、コール業務等の仕事なら、ある人にとっては社会と繋がっている実感や人との関わりを在宅でも持ちながら社会性のある生き方もしたい、という必要を満たせるかもしれないのです。そうすれば、継続しやすくなるかもしれませんね。
様々論じてきましたが、まとめて稼ぎたい、のであれば、まず、何故そうできないか分析します。
そのあと、原因が幾つか出てくるので(日中しか出来ない在宅ワークしか無い、同じ作業で飽きて継続出来ない等)、それを解消するため具体的に方法を取り、試していきます。
その後、一番効率的で自分に合った方法を取り組んでいきます。
大切なのは、バランス、です。効率ばかりでは楽しくない上、疲れて継続出来ず、結果収入が減ってしまうでしょう。
 
在宅ワークは本当に恵まれた環境です。時間の許す限り、幾つか掛け持ちして、どんな時も働ける環境を自分で切り開きましょう!きっと今後もずっと楽しくやって行けますよ!
 
Pocket

pagetop